まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:嘘

    1: まぜるな!キケン!! 2021/02/25(木) 11:49:16.40 ID:CAP_USER
    中国外務省の汪文斌報道官は23日の定例記者会見で、
    新疆ウイグル自治区の収容施設での性的暴行を証言した少数民族ウイグル族の女性の写真を手に「うそつき」と非難した。

    証言を報じた英BBC放送についても「多くのデマをまき散らしてきた」と批判。欧米などは人権抑圧の調査を求めるが、中国は猛反発している。

    汪氏は、女性は以前にも複数の取材を受けたが施設での性的虐待や自身の被害を話したことがなかったと述べ、
    「米国で(反中)勢力の訓練を受けた後に説明を変えた」「中国を中傷し攻撃するための役者にすぎない」などと主張した。(共同)

    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/210224/for2102240001-n1.html

    引用元: ・【中共の嘘】ウイグル女性の性的暴行証言に「うそつき」「デマだ」と中国は猛反発 [ザ・ワールド★]

    【嘘の上塗りを繰り返す【中共の嘘】ウイグル女性の性的暴行証言に「うそつき」「デマだ」と中国は猛反発 [ザ・ワールド★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/11/10(火) 18:49:10.41 ID:CAP_USER
    夫を信じ切っていたAさんは、この架空の投資のために、貯金を少しずつ切り崩していったという。

    11月8日、ソウルでショッキングな詐欺事件の判決が下された。 「永遠の愛を誓います」 資産家の夫と華やかな結婚式を挙げたAさん。大勢の招待客に囲まれて幸せの絶頂にいたAさんは、その後、不幸のどん底に突き落とされることになる。 Aさんが知人の紹介でキム容疑者(39)と出会ったのは2009年。外資系の金融マンで、ソウル市内にビルを1棟持つ資産家という触れ込みだった。二人は恋人関係へと発展し、まもなく結婚。

    「しかしこの結婚式、実は出席していたキム容疑者の母親も金融機関の同僚も、代理出席のサービス会社から派遣された人たちだったのです」(韓国紙記者) Aさんは夫婦生活を送りながら、2012年から2014年にかけて、7回にわたり計5845万ウォン(約550万円)を巻き上げられる。 「金融機関に勤める同期たちは、融資の実績が増えると成果給が上がるらしい。貸してやったら成果給の10%をバックしてくれるんだ」 夫を信じ切っていたAさんは、この架空の投資のために、貯金を少しずつ切り崩していったという。

    「被害はAさんの家族にも及んでいました。Aさんの母親には『イスラエル武器関連の投資で2倍以上の収益が得られる』とウソをつき、900万ウォン(85万円)を二度受け取っていたのです。Aさんの弟には投資情報を持ちかけて1000万ウォン(94万円)をだまし取っていました」(前出・韓国紙記者)

    外資系の金融会社に勤務というステータスは、詐欺にはもってこいである。キム容疑者がだまし取ったお金は、すべて自分の借金の返済に使ったのだそう。犯罪が発覚するとキム容疑者は逃走した。 Aさんはショックだっただろう。エリートの資産家だと思って結婚した夫が、実は契約職の警備員だったうえに借金まみれ。学歴も職業も財力もすべてウソだったのだから。 「このような詐欺事件は、韓国で頻繁に起きています。事件に共通するのは、相手の華々しい経歴と財力に目がくらんでいること。貧富の差が激しい韓国では、ステータスのある男性と結婚することが、アッパークラスにのし上がれる近道だからです」(前出・韓国紙記者)

    今年5月には、中国でも似たような事件が発生している。出会い系サイトで出会った女性のすべてがウソで塗り固められていて、結婚式に出席した新婦側の家族も全部役者だったというものだった。 1人の男が女性の一家に入りこみ、すべてを吸い取っていく。この男には今月8日に懲役10カ月の判決が下った。 「韓国の詐欺事件は金額を基に刑量が決まります。精神的な苦痛までは反映されていないのです」(前出・韓国紙記者)

    このニュースを見た人からは《懲役10カ月じゃなくて10年の間違いじゃないの?》《第二の被害者が出ないように名前も公表すべき》《まるでドラマみたい》など、驚きの声が上がっている。

    11/10(火) 17:12配信 記事元 週刊女性
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20201110-00010004-jisin-soci

    引用元: ・【韓国で頻繁】学歴も職業も財力もすべて嘘 外資系金融マン夫は契約警備員[11/10] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【結婚詐欺の起源は【韓国で頻繁】学歴も職業も財力もすべて嘘 外資系金融マン夫は契約警備員[11/10] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/08(木) 23:29:08.70 ID:CAP_USER
    2019年8月8日、外国為替市場では、ウォンの対米ドル相場は、このところ1212~1231ウォンでもみ合っている。

     ホワイト国からの除外について日本は、同盟国であるアメリカからも、日本が韓国に輸出している部品が、第三国向けに武器として売られているという情報を得た。これについて、韓国に調査と報告書を求めた。

     しかし、遅々として報告書が提出されない。日本はかなりの時間を待ったが、真面(マトモ)な回答は無い。催促をした。すると、問題を徴用工問題にすり替え、口汚い言葉で日本を罵倒し始めたのだ。日本の大臣も私的感情を発した。すると益々、理解できない理由をつけ、報告書問題は消え去ってしまっているのが現在だ。

     ただホワイト国から除外しても、韓国の真面(マトモ)な企業には、ほとんど影響がない。国としての3年間の包括許可は無くなるが、真面(マトモ)な企業は既に企業ごとの3年間の包括許可の対象になっているからだ。複雑で分かりにくい事を利用して、文大統領は北朝鮮へのシフトを強力に進めている。

     日本は、韓国に経済戦争を仕掛けていないし、禁輸もすることは無い。文大統領お得意の偽りファンタジーで民衆を扇動する。韓国では真実の歴史を伝える学者が過去には、袋叩きにされることが有ったが、SNSで多方面から情報を入手する人も増え、今では、真実の歴史を伝える学者に賛同する意見も多く集まるようになった。

     しかし、文大統領は、選挙制度を工夫して、文政権を支持する議員精力を増やし、自らの地位を盤石にするため猛進している。韓国の主要なメディアは、文大統領の嘘を拡散するための機関で、真実や文大統領の企みを報じることはできない。

     第2次世界大戦中に日本政府は、同盟通信社を通じNHKや新聞に大本営発表を伝えさせていたのと同じだ。どこの国の主要なメディアも政府が安易に報道管制することは簡単だ。特にテレビは電波法で国の許認可事業だからだ。韓国は日本のその時代と同じだ。

     人間は感情の動物だ、国家間でも言葉は選ばなければならない。至に、ホワイト国除外になったわけだが、韓国政府はその理由すら、理解しようとしない。国際的にきちんとした国家の方針、スタンツを持たないと、ウォンの下落は続き続けるだろう。

     ただ、韓国政府の支離滅裂な日本叩きにウンザリしている韓国市民も増えているが声を上げにくい状況だ。

    【編集:KK】

    http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=5825&&country=1&&p=2
    -Global News Asia- 2019年8月8日 7時00分

    引用元: ・【報告書問題】ホワイト国除外を理由に凶暴化する、文大統領の嘘[8/8]

    【狂犬病の動物見てるみたいな気分【報告書問題】ホワイト国除外を理由に凶暴化する、文大統領の嘘[8/8] 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2017/11/04(土) 11:00:15.08 ID:CAP_USER
    メディアに登場する奴婢や良人など下層民は、主人に忠誠を捧げ、身分制社会に同調したように見えるが、実際、朝鮮時代、両班(ヤンバン)たちは家の奴婢の扱いに困った。

    遠くの村に使いに行かせれば、帰りに贈られた貴重なヒラ(曹白魚)を焼いて食べ、失くしたと嘘をつく。働きたくなくて仮病を使ったりもした。両班は自分だけが見る日記に「憎らしい」とぼやくだけだ。表向きには、死んだ奴婢のために棺を組み、財物を出して商売もさせる。奴婢の労働力を離さすことなく最大限活用しなければならなかったためだ。

    同書は、「KBS日曜スペシャル」、EBS「歴史の中への旅行」など約20年間、ドキュメンタリー放送作家として活動した著者が出した『支配と抵抗で見る朝鮮史』4部作の2作目だ。昨年出版された『二つの顔の朝鮮史』が支配層の二重的な統治戦略に集中したなら、今回は支配層と被支配層の関係に焦点を合わせた。

    著者によると、朝鮮の百姓たちは、支配層の制度と規則に順応したが、時に支配層と結託したり逆らったりもした。人間としての本能と生存に必要な条件や要求事項は直接・間接的に伝えられた。これに対し、権力者が「徳治」で反応し、歴史は進歩し発展していった。権力者も暴力や抑圧だけでは望むものを得られなかった。

    朝鮮王朝実録、備辺司謄録などの史料や学術資料を参考にして著者が背景描写など想像力を加えて会話体で構成した「エピソード」コーナーが読者の理解を助ける。農民、荷役人夫、流浪芸人、妓生、白丁など様々な民衆の暮らしを覗き見ることができる。


    November. 04, 2017 10:12
    http://japanese.donga.com/List/3/08/27/1116572/1

    引用元: ・【東亞日報】嘘をつく 仮病を使う 朝鮮の奴婢は両班に無条件に服従しただろうか[11/04]

    【【ただのクズ自慢】嘘をつく 仮病を使う 朝鮮の奴婢は両班に無条件に服従しただろうか【東亞日報】】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2016/11/27(日) 01:42:32.48 ID:CAP_USER
    no title

    ▲「韓国人の嘘」/キム・ヒョンヒ著/216ページ/1万3800ウォン

    チェ・スンシル国政壟断で全国がごたごたしている。連日、容疑がふくらんで事実が繰り返し確認されても本当の実体は五里霧中だ。陳述と主張がひどく交錯して国民は混乱するばかり。誰かは明確に嘘をついて一貫して隠蔽しているはず。なぜこのように嘘が乱舞して明らかな嘘を堂々と口にできるのだろうか。

    今年6月、日本の経済雑誌‘ビジネスジャーナル’の韓国関連記事が論議になった。内容を要約すれば「韓国人は息をするように嘘をつき、韓国は世界で一番の詐欺大国」というものだ。その記事でなくとも「嘘をつく国」韓国は様々な統計を通じて暴いている。

    2013年、世界保健機構(WHO)発表によれば韓国は全犯罪に対する詐欺犯罪の比率が世界1位だ。2014年、ホテルスドットコム調査によれば韓国は休暇および旅行経験と関連して嘘をたくさんつく国3位にランクされた。検察庁犯罪分析統計資料によれば2013年に発生した犯罪のうち詐欺事件は27万4086件と調査された。これは同期日本の3万8302件より何と7.2倍多い水準だ。

    この様な不名誉な現象はどのように説明できるだろうか。警察教育院外来教授が書いたこの本はその‘嘘と詐欺の国’韓国を掘り下げる。韓国人がどのように嘘をつくのか、韓国人だけの特殊性を5年余りかけて追跡して暴いた。直接、足を運んで周辺の人々の嘘習慣事例を収集し1038に整理して言語的、音声、ボディランゲージに細分化して分析した点が目立っている。

    著者は多くの大学者の嘘に対する助言は概ね信頼できると話す。しかし、韓国の嘘に関連しては、このような助言を適用できない特殊性が存在すると指摘する。例えば韓国人は嘘をつく時、鼻に触ることもなく、視線をそらすこともない。一般的に気がとがめれば視線をそらすというが、目を見れば挑戦と受け入れる韓国文化ではかえって嘘つきが相手と目を合わせる場合が多かった。

    特に韓国人の嘘の事例を調べると男女の違いが目立つ。男性は嘘をつく時、無数に多くの真実を提供することによって嘘を隠す戦略を取る傾向がある。韓国人男性は嘘をつく時、言葉が多くなるという。女性は提供する情報自体を極端に遮断する戦略を取る。すなわち、韓国人女性は嘘をつく時、口数が少なくなる。

    それでは、そのような差と特殊性はどこから始まったのだろうか。「朝鮮人は人を欺く傾向が非常に強い。人を欺けば恥ずかしいと考えず、かえって上手くやったと感じる」(‘ハメル漂流記’)「どうすればこの民族が現在の衰退から抜けだして幸福と繁栄の将来に引き渡せるか考える兄弟姉妹に差し上げます…第一に嘘や欺く行動をなくすことです。」(アン・チャンホの‘民族改造論’)

    300年の時を越えて登場するこの二つの指摘には明確に共通の歴史的、文化的背景がかくれていると著者は鮮やかに指摘する。「韓国人にとって近現代史はそれ自体が巨大な嘘も同然な時期であり、数多くの嘘に脅かされた時代であり、嘘が上手でなければ生き残れなかった時代であった。」著者はその時代を生きた人々が今の韓国を作り、いまだに生存していると主張する。

    その言葉に続けるなら、私たちは騙されないためにあがき、同時に騙して生き残った嘘つきの子孫だ。過ちを犯しても「だまされた奴がバカだよ」と堂々と言う世相の土台には私たちの歴史の中のトラウマが位置しているわけだ。嘘が横行する社会には二種類の前提がある。一つはしばしば騙す加害者がおり、もう一つはしばしば騙される被害者がいなければならない。言い換えるなら私たちは嘘をついてはならないが、嘘が上手でなければならない時代を生きている。
    (中略)

    「韓国人が嘘が上手な理由は頭が良いからではなく、よくだまされる人々が多いからだ。韓国人がよくだまされる理由は頭が悪いからではなく欲が多くて不安なためだ。」そしてその‘韓国人の嘘’に向けた提言は次のように結ばれる。

    「私たちは私たちがどのように嘘をついてなぜ嘘をつくのかを直視すべきだ。それが韓国人の嘘に対する悩みの第一歩であり結論だ。」

    キム・ソンホ選任記者

    ソース:ソウル新聞(韓国語) だましてこそ成功?嘘通じる韓国社会
    http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20161126018004

    引用元: ・【書籍】 なぜ韓国人は息をするように嘘をつくのか?韓国人だけの「特殊性」5年間追跡分析~キム・ヒョンヒ著「韓国人の嘘」[11/25] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【ノーベル賞に匹敵】 キム・ヒョンヒ著「韓国人の嘘」なぜ韓国人は息をするように嘘をつくのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ