まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:営業益

    1: まぜるな!キケン!! 2020/01/30(木) 12:56:40.93 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子が30日発表した2019年通期の連結決算によると、本業のもうけを示す営業利益は27兆7685億ウォン(約2兆5580億円)で前年比52.8%減少した。売上高は前年比5.5%減の230兆4009億ウォン、純利益は51.0%減の21兆7389億ウォン。半導体不況が響いた。

     ただ、19年10~12月期は半導体事業の営業利益が前期比で増加し、底を脱する様相を見せ、20年の業績見通しを明るくした。

     19年10~12月期の営業利益は7兆1603億ウォンで前年同期比33.7%減となった。売上高は59兆8848億ウォン、純利益は5兆2271億ウォン。前年同期に比べ、高級セット製品の販売好調で売上高は小幅に増加した一方、営業利益は半導体メモリーの低調で減少をみせた。

     10~12月期の部門別業績を見ると、半導体事業は営業利益が3兆4500億ウォンで前期比13%増となった。売上高は前期比5%減の16兆7900億ウォン。

     半導体メモリーは堅調な需要の増加をみせたと分析される。前年同期と比べると、半導体メモリーはDRAMの価格下落で業績が落ち込み、システムLSI(大規模集積回路)は高画素イメージセンサーと高性能コンピューティング(HPC)チップの需要増で利益が増えた。

     ディスプレー事業は営業利益が2200億ウォンで前年同期比77%急減した。中小型ディスプレーは一部の高級製品群の需要低調で業績が小幅に落ち込み、大型ディスプレーも業界の供給拡大で業績が低下した。

     スマートフォン(スマホ)事業を担うIT・モバイル(IM)部門は営業利益が前年同期比67%増の2兆5200億ウォン、売上高が同7%増の24兆9500億ウォンだった。スマホのフラッグシップモデルの販売拡大や「ギャラクシーA」シリーズのラインアップ見直しで業績が改善したと分析される。

     消費者家電(CE)部門の営業利益は前年同期比19%増の8100億ウォン、売上高は同8%増の12兆7100億ウォン。量子ドット技術を用いたテレビや超大型テレビなど高級テレビの販売が増え、冷蔵庫や洗濯機の収益性が高まったことが業績を押し上げた。

     サムスン電子は19年に約26兆9000億ウォンの設備投資を実行した。事業別では半導体が22兆6000億ウォン、ディスプレーが2兆2000億ウォンなどだった。

    聯合ニュース
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020013080121

    2020/01/30 12:36

    引用元: ・【サムスン】サムスン電子の19年営業益52.8%減 半導体不振で[1/30]

    【どういう会計してんだよ、これ 【サムスン】サムスン電子の19年営業益52.8%減 半導体不振で[1/30]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/01/31(金) 12:15:48.01 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国の半導体大手SKハイニックスが31日発表した2019年通期の連結決算(速報値)によると、本業のもうけを示す営業利益は2兆7127億ウォン(約2485億円)で前年比87.0%急減した。売上高は前年比33.3%減の26兆9907億ウォン、当期純利益は87.0%減の2兆164億ウォンにとどまった。半導体市場の低迷に打撃を受けた。

     特に10~12月期の業績が悪化した。営業利益は前年同期比94.7%減の2360億ウォンで、市場の予想(4637億ウォン)を大きく下回った。売上高は6兆9271億ウォンで30.3%減少。当期純損益は1182億ウォンの赤字に転落した。

     SKハイニックスは「貿易摩擦で世界経済の不確実性が増し、顧客企業の在庫の増加と保守的な調達により需要鈍化と価格下落が続いたため」と説明した。

     今年の半導体メモリー市場については、サーバー用DRAMの需要回復と次世代通信規格「5G」対応スマートフォン普及に伴う販売増で、需要が下半期から改善すると見込んだ。NAND型フラッシュメモリーは、パソコンとデータセンターの高速記憶装置ソリッドステートドライブ(SSD)の需要増加と大容量化が加速すると予想した。

     一方で、以前に比べ市場がはるかに複雑化し不確実性も存在するとして、「より慎重な生産・投資戦略を取る方針だ」と述べた。

    Copyright 2020YONHAPNEWS. All rights reserved.
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200131-00250399-yonh-int

    関連スレ
    【サムスンに続き】LG電子の19年10~12月期 純損失780億円=通期は約9割減益[1/30]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1580374671/

    【サムスン】サムスン電子の19年営業益52.8%減 半導体不振で[1/30]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1580356600/

    引用元: ・【韓国経済】半導体のSKハイニックス 19年営業益87%の大幅減[1/31]

    【悪い時もある、ドンマイ! 【韓国経済】半導体のSKハイニックス 19年営業益87%の大幅減[1/31]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/24(木) 21:31:39.82 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車が24日に発表した7~9月期の連結決算によると、本業のもうけを示す営業利益は3785億ウォン(約351億円)、売上高は26兆9689億ウォン、当期純利益は4605億ウォンだった。

     営業利益は、現代自動車グループ製造のエンジン「シータ2 GDi」に関連した品質コストが約6000億ウォン反映され、前期(1兆2380億ウォン)に比べ69.4%減少した。前年同期比では31.0%増加した。

     売上高はスポーツタイプ多目的車(SUV)の新車を中心とした販売拡大、米市場でのインセンティブ節減などにより前年同期比10.4%増加した。当期純利益も同50.5%増えた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191024-00000054-yonh-kr
    10/24(木) 16:21配信 記事元 聯合ニュース

    引用元: ・【韓国】現代自動車の7~9月営業益 前期比約7割減[10/24]

    【日本車不買なのにこの業績【韓国】現代自動車の7~9月営業益 前期比約7割減[10/24] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/08(火) 11:45:11.73 ID:CAP_USER
    10/8(火) 11:43配信AFP=時事
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-00000013-jij_afp-int

    【AFP=時事】スマートフォン・メモリチップ製造の世界大手、韓国のサムスン電子(Samsung Electronics)は8日、2019年第3四半期(7~9月)の営業利益が前年同期比56.2%減の7兆7000億ウォン(約6900億円)になると発表した。

     世界の半導体市場の低迷が続く中、サムスン電子は半導体価格の下落やモバイル機器の需要減少に直面しており、営業減益は4期連続。【翻訳編集】 AFPBB News

    引用元: ・【企業】サムスン電子、7~9月営業益56.2%減 4期連続で減益

    【韓国の半分の利益を占めるんだっけ?【企業】サムスン電子、7~9月営業益56.2%減 4期連続で減益 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/05/19(日) 12:35:16.04 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】

    韓国の財閥情報サイト、財閥ドットコムによると、資産上位10企業グループに属する上場企業95社の1~3月期の営業利益(単体ベース)は計14兆9000億ウォン(約1兆3716億円)で前年同期の26兆590億ウォンより42.8%減少した。

    中でも半導体の好況で昨年過去最高の業績をたたき出したサムスン電子とSKハイニックスの営業利益が急減した。

    サムスングループの上場企業の営業利益は5兆1730億ウォンで、前年同期(12兆6570億ウォン)に比べ平均59.1%減少した。サムスン電子の営業利益(3兆8970億ウォン)が同65.2%減少した影響が大きい。

    SKグループの上場企業の営業利益は4兆2780億ウォンで同41.4%減少した。SKハイニックスの営業利益(1兆2170億ウォン)が同72.1%減と大幅減益になったため。

    ハンファグループも営業利益が770億ウォンで同79.3%減少した。上場企業7社のうち6社が減益か赤字となった。

    このほか、LGグループ(1兆2200億ウォン)が同20.2%減、ロッテグループ(7240億ウォン)が21.1%減、ポスコグループ(1兆270億ウォン)が13.6%減、GSグループ(4790億ウォン)が29.6%減と、いずれも減益だった。

    一方、昨年業績が振るわなかった現代自動車グループは営業利益が1兆4470億ウォンで同50.4%増加した。農協グループと現代重工業グループもそれぞれ9.0%増、3.7%増となった。


    2019.05.19 11:29
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190519000200882

    引用元: ・【聯合ニュース】 韓国主要10グループの上場企業 営業益4割減=1~3月 [05/19]

    【まあ数字のねつ造してこれだから【聯合ニュース】 韓国主要10グループの上場企業 営業益4割減=1~3月 [05/19] 】の続きを読む

    このページのトップヘ