まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:善意

    1: らむちゃん ★ 2018/04/30(月) 19:38:02.42 ID:CAP_USER
    レコードチャイナ 2018年4月30日 18時40分 (2018年4月30日 19時23分 更新)
    https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20180430/Recordchina_20180430040.html

    2018年4月29日、環球網は、南北首脳会談が行われた2日後にソウルにある戦争記念館に赴き、韓国市民に朝鮮半島問題に関する話を聞いたことを伝えた。

    記事はまず「車を降りると、2人の軍人が抱き合う高さ11メートルの『兄弟像』が目についた。朝鮮戦争時に兄弟が劇的な再開を果たすも、それぞれ韓国軍、北朝鮮軍の敵同士という身分だったという実話に基づいた像なのだが、27日の会談当日に韓国テレビ局の記者が、
    金正恩(キム・ジョンウン)氏が軍事境界線を越えて文在寅(ムン・ジェイン)氏と握手したシーンを見てわれわれは一つの民族であり兄弟だと語ったことが脳裏に浮かんだ」とした。

    そのうえで、今年30周年を迎えた戦争記念館に娘とともに訪れた父親が「娘はもうすぐ小学1年生になるのでここに来た。首脳会談は過去2回と同じで、時間が経ってみないとその成果を評価できない。ただ、悪くはないと感じている。いい出来事になることを期待している」と語ったことを紹介している。

    また、記念館で10年近くボランティアをしているという高齢の女性は「会談は正しいことであり、韓国の全国民が望んでいた。多くの成果があり、とても良かった。テレビを通じてみた金氏の言動は、現代教育を受けた若者という印象を覚えた。これまで抱いていたイメージよりも良かった」と笑いながら語った。

    一方で、朝鮮戦争の話になると「まだ4歳だったが、戦争の記憶は今もしっかり焼き付いている。多くの死体を目撃して、とても恐ろしかった。

    もう戦争もしないでほしい。こんなことは二度と起こしてはいけない」と涙を見せた。

    引用元: ・【中国メディア】韓国人は金正恩氏の“善意”を信じているのか?ソウルで聞いてみた

    【【中国メディア】韓国人は金正恩氏の“善意”を信じているのか?ソウルで聞いてみた 】の続きを読む

    1: LingLing ★@\(^o^)/ 2015/09/07(月) 18:48:31.34 ID:???.net
    ■梨畑に中国人ら 「もっとくれ」「タダでくれ」「いただこう!」「それっ!!」・・・職員押しのけ突入!
    no title


    河北省保定市高陽県内で8月下旬、周辺住人が農業会社が所有する梨畑に押し入り、思い思いに
    梨をもいで持ち去ったことが分かった。畑を囲む壁は押し倒された。職員が制止しようとしたが、押しのけら
    れた。北京青年報が報じた。

    農業会社は現地で養鶏場の建設を目指して2014年、現地で200ヘクタールあまりの土地を取得
    したが、周辺住民の反対で計画は進められていない。取得した土地は梨畑で、会社は畑の管理を続け
    ている。

    梨の収穫は8月だ。会社は、養鶏場建設計画のためにも周辺住民との親善を図ろうと、収穫した梨を
    無料で配った。1人当たり2.5キログラムを配り、全部で5トン強を配ったという。その後は、割引販売を
    続ける予定だった。

    会社側の「善意」が裏目に出た。周辺住民が「梨はタダでもらえばよい」と考えるようになったらしい。
    毎日のように、「タダでくれないのか?」と言う人が来る。「摘むのが手間だと言うなら、私が自分で摘む。
    だから、タダでいいだろ」と“交渉”しはじめる人もいる。

    断るといずれも、怪訝そうな、あるいは不快そうな表情で帰って行く。会社責任者によると、「最初は
    1日に3-5人でした。ところが、だんだん多くなってきたんです」という。

    「異変」が発生したのは24日午前9時ごろだった。畑に突然、住民40-50人が押しかけた。
    「梨をくれ!」と言って押し入ろうとする。職員が食い止めた。一方で、警察に連絡した。到着した
    警察官も加わり、なんとか“撃退”に成功した。

    翌25日になった。またやってきた。前日よりも人数が大幅に増えていた。一斉に畑に侵入しようとした。
    畑を囲む壁の一部が押し倒された。工具を持って来て、鉄条網を切断して、壁を乗り越えた人もいた。
    会社職員はそれでも阻止しようとした。多勢に無勢だった。いとも簡単に押しのけられ、突破された。
    梨畑は“陥落”した。

    次々に梨畑に突入した。各々が、大きな麻袋を持っている。「梨狩り大会」が始まった。梨畑で「散開」。
    思い思いに、よく成っている木を見つけては作業開始だ。現地では、農業に従事している人が多い。
    手慣れたものだ。どんどん“収穫”する。畑の外に、荷運び用の車を止めていた人も多い。畑と車の間を
    往復した。

    ようやく警察が到着した。梨畑から退去するよう警告した。警告にもかかわらず、何度も畑の中と外を
    往復し、梨を運び出していた7人は、「特に悪質」として身柄を拘束した。

    会社によると、持ち去られた梨は少なく見ても5トン程度で、市場価格に換算すると20万元(約378
    万円)以上の損害という。(編集担当:如月隼人)(写真は同件を伝えた北京青年報紙面から)

    http://news.searchina.net/id/1587704?page=1

    引用元: ・【中国】 善意が裏目に…梨畑に周辺住人、職員押しのけ突入!「もっとくれ」「タダでくれ」「いただこう!」「それっ!!」[09/07]

    【住民「問題ナシある」 【中国】 善意が裏目に…梨畑に周辺住人、職員押しのけ突入!「もっとくれ」「タダでくれ」「いただこう!」「それっ!!」[09/07]】の続きを読む

    このページのトップヘ