まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:和牛

    1: まぜるな!キケン!! 2021/05/21(金) 12:25:17.81 ID:CAP_USER
    民俗韓牛がGSリテールに独占供給する牛肉商品が「優越韓牛」というブランドでGSザ・フレッシュに陳列されている。 写真=GSリテール提供
    no title


    韓牛の畜舎が近づくが、干し草の特有のにおいが漂うだけだ。2000頭を飼育する空間にはクラシック音楽が静かに流れている。韓牛の畜舎の象徴「ウシバエ」は全く見られなかった。畜舎の主は塀もなく、近くに家を建てて暮らしている。最近訪問した韓牛ブランド「民俗韓牛」の慶尚北道安東(アンドン)農場は、予想とは全く違う風景だった。

    民俗韓牛は日本の「和牛」に挑戦している韓国国内の畜産業者だ。国内で高級牛肉基準として知られる「マーブリング」ではなく、世界美食家の判断基準の「オレイン酸」含有量で勝負している。

    「オレイン酸」は、国内外の畜産専門家が牛肉特有のコクを決める要素に挙げる脂肪酸だ。和牛の筋内脂肪酸のうちオレイン酸の比率は52%以上で、多ければ60%になるという。

    一方、韓牛等級判定基準は肉量と肉質だけで判断する。味に関する基準はない。「1++」は「マーブリング」の程度で決まる。

    民俗韓牛のクォン・ヒョクス代表は「韓牛もグローバル化のためにはオレイン酸を基準にする必要がある」とし「民俗韓牛はオレイン酸50%以上の韓牛の出荷比率を増やしている」と説明した。民俗韓牛は慶尚北道(キョンサンブクド)の畜産農家56戸が連合して約3万頭を飼育している。軍威郡(グンウィグン)では先端食肉処理・加工施設(LPC)を運営している。民俗韓牛が和牛に挑戦できるのは一貫した品質の韓牛を大量に生産できるからだ。

    飼育および食肉処理、加工、出荷まで一貫システムを構築した国内唯一の農業企業だ。クォン代表は「農家56戸の飼育方式を100%統一し、どこから出荷されても同じ品質の韓牛を出すことができる」とし「本社が金融を支援し、一線の農家と利益を共有するシステムのおかげ」と話した。無利子または低利融資で農家を支援する農協中央会とは違い、「インセンティブ」を最大化する方式というのがクォン代表の説明だ。

    民俗韓牛の成長にはGSリテールの支援がある。本社の安東農場で生産される牛肉全量をGSリテールに独占供給する。GSリテールのイ・ジェヒョク・スーパー事業部チーム長は「『優越韓牛』というブランドで民俗韓牛製品をGSザ・フレッシュなどで販売している」とし「流通会社が指定韓牛農場を運営する唯一の事例」と説明した。

    GSリテールが本格的に民俗韓牛を支援し始めたのは2012年。当時の商品本部長だったホ・ヨンス副会長は「GS=韓牛がおいしい店」という公式を作ろうと力を注いだ。当時の流通業界では初めて「共生融資」15億ウォンを支援した。

    2010年の口蹄疫問題で1000頭ほど殺処分しなければならなかったクォン代表はGSリテールの決断のおかげで再起に成功した。2014年にも20億ウォンの資金が支援された。

    大企業との共生は好循環につながった。資金に余裕が生じると、民俗韓牛は畜舎の環境の改善に取り組んだ。民俗韓牛安東本社の農場(2000頭匹飼育)は横5メートル、縦10メートルの空間に牛7頭を飼育する。1頭あたりの空間は2.1坪規模で、一般韓牛農家の密集度の半分ほどだ。民俗韓牛の1+等級出現率は75%にのぼる。全国の平均出現率が50-60%という点を勘案すると、高品質製品を安定的に供給しているということだ。

    民俗韓牛は安東生命科学高校と共に国内初の肉加工学科の開設を推進している。軍威郡LPCに勤務する20歳の青年の初任給は年3900万ウォン(約377万円)だ。クォン代表は「大企業の支援を地域との共生に結びつけていく」と述べた。

    中央日報日本語版 2021.05.21 12:04
    https://japanese.joins.com/JArticle/278845

    引用元: ・【中央日報】 「和牛に挑戦」…クラシック聴いて育った「民俗韓牛」の正体 [05/21] [荒波φ★]

    【またパクリかよ 【中央日報】 「和牛に挑戦」…クラシック聴いて育った「民俗韓牛」の正体 [05/21] [荒波φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/12/11(金) 00:01:16.79 ID:CAP_USER
    no title

    ▲済州(チェジュ)黒牛
    no title

    ▲記者会見するバク・セピル教授

    済州(チェジュ)黒牛が一般韓牛、日本の和牛とは異なる独特の遺伝学的特性を持っており、栄養学的にはもちろん味も他の品種に比べて優れていることが明らかになった。

    農食品技術融合創意人材養成事業畜産物高品質生産管理技術開発研究センターの「済州黒牛大量増殖および産業化」課題研究責任者である済州大パク・セピル教授は10日、済州大共同実験実習館で記者会見して「済州黒牛の固有性と優秀性を初めて科学的に立証した」と明らかにした。

    パク教授が率いる済州大済州黒牛研究センターは遺伝子情報を利用する方法で韓牛と国内産乳牛だけでなく日本和牛、西洋の主な商業的牛種を比較分析し、済州黒牛の遺伝的特性を究明する研究を推進してきた。

    その結果、済州黒牛が韓牛はもちろん毛色が似た日本和牛とも異なる遺伝的特性があることが確認された。済州黒牛が遺伝学的に済州だけに棲息してきた差別化された特性がある韓牛の一品種であることが科学的に立証されたわけだ。

    国の主要祭事の時、祭事品として大事な接待を受けた済州黒牛は日帝強制占領期間の収奪と民族文化抹殺政策で不本意ながら「日本牛」と誤認されてきた。

    パク教授は「済州黒牛は陸地から遠く離れた済州島環境に適応しながら他の品種と異なる独特の遺伝的特性を持つようになったと見られる」として「今回の研究を通じて済州黒牛のアイデンティティが確立され、これまで日本和牛を含む他品種と歴史的、起源的に混乱があった部分を正すことができた」と説明した。

    済州黒牛研究センターは合わせて済州黒牛と韓牛、和牛のアミノ酸と脂肪酸比較分析を通じて済州黒牛の栄養学的優秀性を究明した。パク教授は「済州黒牛は血液内コレステロールを下げる不飽和脂肪酸と免疫力強化を助けるアミノ酸であるグルタミン含有量が高いことが確認された。また、味と風味を増進する機能性物質であるオレイン酸(Oleic acid)含有量も他の品種より高かった」と話した。
    (中略:実際の数値。元記事参照)

    この二つの研究結果は最近、関連分野の国際学術ジャーナルに論文としてそれぞれ掲載された。パク教授は「今回の研究で済州黒牛のアイデンティティと栄養学的優秀性が証明された。研究成果を基に済州黒牛だけの固有血統を維持しながら大量増殖と産業化システムを構築し、済州島地域社会の収益増大を導きたい」と話した。パク教授は合わせて「関連農食品技術融合創意人材養成を通じて国家産業発展にも助けになる」と付け加えた。

    済州黒牛は高麗と朝鮮時代、サムミョンイル(三名日=君主誕生日、正月一日、冬至)の正規献上品であり、国の主な祭事の際の祭事品として大事な接待を受けた。しかし日帝強制占領期間に韓牛から除外され、1980年には肉量中心の牛産業政策で体つきが小さく肉量が少ない済州黒牛は淘汰の危機にひんした。2004年国際食料農業機構(FAO)韓牛品種の系統で韓牛、斑牛、内陸黒牛、白牛とともに公式登録されて命脈を維持することになり、2013年、天然記念物第546号に指定された。

    [聯合ニュース]

    ソース:毎日経済(韓国語)済州(チェジュ)黒牛が日本ワギュボだおいしい…遺伝的優秀性科学的立証
    https://www.mk.co.kr/news/business/view/2020/12/1268730/

    関連文献:Genetic characteristics of Korean Jeju Black cattle with high density SNP chips
    https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32882779/
    Comparisons of Beef Fatty Acid and Amino Acid Characteristics between Jeju Black Cattle, Hanwoo, and Wagyu Breeds
    https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31304469/
    aken together, our results suggest that Jeju black cattle beef had higher savory flavor and umami taste which affected consumers preference for the meat.

    引用元: ・【韓国】 民族抹殺政策で「日本牛」にされた済州黒牛、和牛よりおいしい…遺伝的優秀性を科学的に立証[12/10] [蚯蚓φ★]

    【客観的な事実がどこにも無いwww 【韓国】 民族抹殺政策で「日本牛」にされた済州黒牛、和牛よりおいしい…遺伝的優秀性を科学的に立証[12/10] [蚯蚓φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/12/02(月) 09:43:34.21 ID:CAP_USER
    |最近2年間、香港への輸出が足踏み・・・ブランドを統一して市場の位置決めを

    (写真)
    no title

    ▲ 韓牛まつり
    ____________________________________________________________

    本格的な輸出拡大を模索中の国産の韓牛が海外で、ダンピング販売や誤魔化しなどで『分捕り合戦』をしているという指摘が提起された。

    2日、韓国農水産食品流通公社と韓牛輸出研究事業団によれば、最近発行された『韓牛輸出国家市場および製品動向』の報告書では、香港での韓牛の輸出状況について「初め高級肉として市場を攻略したが、一部の後発業者の無分別な輸出によって物量が停滞し、単価は下落している」と診断した。

    香港は、2015年から本格的に輸出している韓牛の最大市場だが、最近2年間は実績が停滞している。

    香港への韓牛の輸出量は、2015年の1トンを皮切りに2016年は48トン、2017年は58トンに増え、昨年は53トンに減少した。

    輸出額も、2015年の8万7千ドル(約1億ウォン)から2016年は347万8千ドル(約41億ウォン)に増加したが、2017年は330万8千ドル(約39億ウォン)、昨年は290万1千ドル(約34億ウォン)に減少した。

    これは一部の業者が市場占有率の向上を目的に、等級が低い韓牛を安く販売するなど、ダンピング販売で市場に混乱を起こした結果であると解釈される。

    特に、冷凍肉を冷蔵肉と偽って販売する事例まで発生して、韓牛のプレミアムイメージに悪影響を及ぼしていたことが分かった。同じ等級なのに、品質が均一でない点も問題として挙げられた。

    韓牛自体の競争力は、十分であると評価されている。

    香港の消費者を対象に韓国と日本、米国の牛肉を評価した結果、韓国産牛肉が最も高い点数を受けて、日本が僅差で2位、米国産は3位だった。

    韓国産はマーブリング(サシ・霜降り)と肉汁が、日本産は新鮮度が優れていると消費者は答えた。

    これによって報告書では、韓牛の差別化の地点と市場の位置を明確にすべきであると分析した。香港でのプレミアム市場は日本産の和牛、中低価格市場は米国産の牛肉が主導権を握っている状況で、韓牛がこれらの『隙間』を詳細に把握した後、緻密なマーケティング戦略を立てなければならないとのこと。

    同時に日本産の和牛をベンチマーキングして韓牛ブランドを統一し、これを基に地域別の韓牛ブランドの特徴と優秀性を紹介する戦略を提案した。

    報告書は、「輸出初期の頃、日本の和牛も多くのブランドが乱立して我々と同じような状況を経験したが、その後は統一したブランドでプレミアムイメージを作った」とし、「韓牛の豊かな肉汁と低脂肪など強みを前面に、体系的で多様なマーケティング戦略を展開すれば十分成功できる」と期待を示した。

    ソース:ソウル=聯合ニュース(韓国語)
    https://www.yna.co.kr/view/AKR20191129111100030

    引用元: ・【韓国】韓牛、ダンピング輸出でイメージダウン・・・日本の和牛のベンチマーキングをすべき[12/02]

    【精子パクるんだろ【韓国】韓牛、ダンピング輸出でイメージダウン・・・日本の和牛のベンチマーキングをすべき[12/02] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/11(日) 23:20:38.04 ID:CAP_USER
    ■ウォン・ヒリョン知事 「日本祖上 済州黒牛 世界化 先頭」
    済州道畜産振興院、済州黒牛飼育現場を訪問
    no title

    11日午後、済州道畜産振興院済州黒牛飼育現場を訪問したウォン・ヒリョン済州道知事が郷土家畜遺伝資源関係者たちと一緒に話を交わしている。(済州道提供)ニュース1

    (済州=ニュース1)オ・ミラン記者=ウォン・ヒリョン済州道知事は11日、「済州黒牛を世界的なブランドに育成して行く」と述べた。

    ウォン知事は、同日午後、済州道畜産振興院内の済州黒牛飼育現場を訪問し、郷土家畜遺伝資源関係者と意見を共有しながら、このように明らかにした。

    ウォン知事は、「済州黒牛が肉牛に比べて肉の量が少なく、まだ農家に安定した収入をもたらすことができない」とし、「済州黒牛の品種保存・改良努力と共に、補助金や設備、マーケティングのための支援策を講じなければならない」と述べた。

    特に、「日本との関係が好転すれば、済州黒牛に由来すると知られている日本の和牛との相互研究結果を共有するなど、体系的な協力関係を積極的に備える必要がある」と付け加えた。

    ウォン知事は、「済州黒牛が韓国内だけでなく、国際的にも公認を受けられるように品質保存・改良研究に取り組むべきだ」とし、「国際専門家の諮問も得て、『郷土家畜遺伝資源産業化計画』も一段階アップグレードさせなければならない」と強調した。

    一方、紀元前から済州で飼育されてきたことで知られる済州黒牛は、朝鮮王朝実録、耽羅巡.歴図、耽羅紀年など、昔の文献に祭享・進上品として供出されたと記録があるほど、その歴史と文化的価値が大きいと認められ、2013年7月に天然記念物に指定された。

    ソース ニュース1(韓国語)
    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=421&aid=0004139804

    【韓国起源】 日本の「和牛」として知られている「黒牛」は、実は我が国から強奪して行った韓牛だ★2[07/08]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1562665151/
    【食】韓国在来の牛「黒牛」…日帝が奪い取った「韓牛」という名前[08/18]
    https://mint.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1471577213/
    【食文化】 「韓牛、食べる?」伝統を守り、味の保全を ~和牛は済州黒牛を改良、スキヤキはウリナラの牛肉料理由来★2[11/22]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1511356195/

    引用元: ・【韓国起源】 「日本和牛の祖先として知られる済州黒牛、世界的ブランドに育成する」 ウォン済州道知事[08/11]

    【また捏造と泥棒のコンビネーションかよw 【韓国起源】 「日本和牛の祖先として知られる済州黒牛、世界的ブランドに育成する」 ウォン済州道知事[08/11] 】の続きを読む

    1: LingLing ★ 2017/11/22(水) 22:09:55.21 ID:CAP_USER
    [毎日春秋] 韓牛 食べる?
    no title


    北東アジアで牛肉の元祖国はよく韓国と言う。

    中国で牛肉は羊肉に押され、豚肉と同様に安っぽい待遇を受けたという。

    豚肉である東坡肉は、蘇東坡が庶民のために作ったと言われているが、牛肉も同じ類だったという。

    日本では当初、明治維新前までは牛肉を食べさせないようにしたから歴史も短い。

    和牛は済州黒牛を改良したものとし、スキヤキという日本の代表食も、我が国の牛肉料理から由来したものだという。

    一方、我が国は古くから肉の中で牛肉を最上と打ち出し、重要な行事に使用された。

    部位も、日本や中国よりも遥かに多い種類に分類してきたり、種類によって食べ方も違う。

    それだけ、牛肉においては周辺国よりも遥かに発達して、味も他国より優れているようだ。

    韓国農林畜産食品部は牛肉を、「韓牛」、「肉牛」、「輸入牛肉」に区分する。

    「韓牛」は種子ごとに分けて韓国産伝統牛を意味し、「肉牛」は外国で生産されても韓国内に持ち込んで6ヵ月以上育てたり、外国の種子を韓国内で育てたことを表し、「輸入牛肉」は最初から外国で育てた牛を輸入したものと分類している。

    ところが、同じ肉類である豚肉は、韓国産豚肉である「韓豚」と「輸入豚肉」から分類している。他の家畜はそのような分類方法を使わない。

    結局、韓豚と韓牛は同じ単語使いこそするものの、その内容では完全に別の意味で使われているのが明らかだ。

    我が国の家畜類を見ると、牛やヤギの一部は在来種という韓国産種子が残っているが、豚や鶏など他の家畜はそもそも韓国産がほぼ絶滅した状態に近い。

    韓国産種子が残っていても、それですら商業性を持つのは牛やヤギだけだ。

    ある意味では、伝統韓国産種子を守ろうと動物園や一定地域に閉じ込めて保全しようとするのではなく、畜産農家が商業的に飼育できる環境に持っていくほうがよさそうだ。

    行政、司法当局は、韓牛を保存して外国の種子と差別化するために、原産地表示を違反したり、きちんとしていない牛肉販売店主を取り締まっている。

    年間の摘発件数が約1千件だとは驚かされる状況だ。その結果は一般人にはあまり知られていない。

    違反した業者を十分に制裁しないから再び原産地表示を破るという話を聞いて胸が痛い。

    韓牛を引き続き育てて牛肉をこれからも食べるには、まず韓牛農家が私たち国民の趣向に合った牛を生産するべきではないか。

    同時に口に合う私たちの韓牛と他の牛肉との社会制度的、構造的差別化も重要ではないか。

    それが伝統牛を守りつつ韓牛の味も保全する道ではないだろうか。

    なんだか今晩は知人と韓牛パーティーなんて一つやってみたい。

    [クォン・ジュンホ弁護士]

    ソース 毎日新聞(韓国語) ※日本の毎日新聞とは関係ありません
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=088&aid=0000515110

    前スレhttp://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1511348454/
    ★1:2017/11/22(水) 20:00:54.49

    引用元: ・【食文化】 「韓牛、食べる?」伝統を守り、味の保全を ~和牛は済州黒牛を改良、スキヤキはウリナラの牛肉料理由来★2[11/22]

    【【和牛もすき焼きも起源が欲しいってさ】 「北東アジアで牛肉の元祖国はよく韓国と言う。和牛は済州黒牛を改良したもの、スキヤキも我が国の牛肉料理から由来」毎日新聞(韓国語)】の続きを読む

    このページのトップヘ