まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:告発

    1: 名無しさん@おーぷん 2017/03/13(月)23:05:30 ID:cYY
    韓国の動物愛護団体「釜山動物虐待防止連合」は13日、
    朴槿恵前大統領が12日に大統領府の公邸から退去した際、飼っていた犬9匹を置き去りにしたとして、
    動物保護法違反で警察に告発したことを明らかにした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00000137-jij-kr

    引用元: ・朴槿恵前大統領、飼い犬9匹を公邸に置き去り

    【【ペットなのか家畜なのか】釜山動物虐待防止連合「朴槿恵前大統領を動物虐待で警察に告発」】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★@無断転載は禁止 2017/02/28(火) 08:58:24.22 ID:CAP_USER
    外信が告発した「バッカスおばさん」高齢者売春の現実

    no title


    シンガポールニュースチャンネルニュースアジア(CNA)は、去る1月29日「大韓民国のおばあちゃん売春婦」というタイトルで「バッカスおばさん」を扱うドキュメンタリーを制作して配信した。

    「バッカスおばさん」は、高齢者に疲労解消剤などを渡しながら、売春や類似売春をする高齢者の女性を意味する言葉で、主に鍾路など高齢者層が多く訪れる鍾路などで会えると知られている。

    ドキュメンタリーは「高齢者の性売買」という刺激的な素材を扱うが、すぐに「バッカスおばさん」は、韓国の深刻な高齢者貧困率と政府支援の不足のために現れる社会現象という巨視的な問題を皮肉っている。

    ドキュメンタリーに出てくる売春高齢者朴某さんは、「恥ずかしいが仕事をするしかない」と自分の数奇な事情を打ち明けた。

    朴さんは「子供たちを育てたが、一つも教育をさせなかった。(子供たちの)父が賭博で全て失ってばらばらになった。ソウルに住んでいた子供たちを小学校にやることができたのに...」と言いながら、自分の境遇を嘆いた。

    朴さんの夫は、朴さんが継続的な治療が必要な神経痛を患うという事実を医師に聞いた後、家出して消息が絶えたという。

    朴さんは、「私が痛くて深刻な神経痛を生じたが、赤ちゃんの父親は医師にそれ(病名)を聞いて後ろに倒れて家を出た」、「政府支援で飢え死にしませんが、薬の価格が高すぎる。だから、ここ(仕事)に来た」と話した。

    South Korea's Granny Prostitutes | Get Real | CNA Insider
    https://youtu.be/_G-TxKz6iww



    韓国崇実サイバー大学イ・ホソン教授は、バッカスおばさんたちに「なぜ売春をするのか」と尋ねたところ、「あなたも餓えてみよう」という回答が返ってきたと明らかにした。売春高齢者の女性のほとんどが、最小限の生計維持のために働くという事実を知ることができる部分である。青年たちも雇用不足に悩まされている韓国の現実で老年の女性が職を求めることは不可能に近い。

    イ教授は、「ソウル市もこの問題に関心を持っているが取り締まりだけしていて、福祉などの支援はないとし、この方々(バッカスおばさん)だけを別に福祉支援することはできないからだ」と語った。

    韓国の高齢者貧困率は、OECD 1位、2015年基準49.6%である。高齢者全体の半数近くが貧困に悩まされているという意味である。高齢者の自殺率もOECD平均の実に3倍に達する。このような現実で「食べて生きる」という問題が切迫した高齢者に、倫理の物差しを突き付け後ろ指を差しても何も解決できない。

    支援のない政府の一方的な取り締まりは、売春がさらに日陰化する副作用を生むだけだ。高齢者の貧困を解決することができる実質的支援や高齢者雇用の用意などの対策が必要な時である。

    ソース:YTN 2017-02-24 15:30(機械翻訳)
    http://www.ytn.co.kr/_ln/0103_201702241530063655

    引用元: ・【韓国】シンガポールが「大韓民国のおばあちゃん売春婦」というドキュメンタリーを制作[02/28] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【これは銅像決定! 】シンガポールで「大韓民国のおばあちゃん売春婦」の告発ドキュメンタリー】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/08/24(水) 18:00:51.47 ID:CAP_USER
     韓国公正取引委員会が韓国ロッテグループの創業者の辛格浩(シンギョクホ、日本名・重光武雄)氏に対し、日本の関連企業の株式持ち分を虚偽申告した可能性があるとして、公正取引法違反で検察に告発する方針を伝えたことがわかった。
    韓国財界関係者が明らかにした。

     公取委は、韓国ロッテグループの系列企業11社に対して追徴金5億7千万ウォン(約5千万円)を科す可能性についても伝えたという。ロッテ側は、日本の系列企業の状況を十分把握できなかったためで故意ではない、と釈明している。

     一方、韓国ロッテグループの横領、背任行為などを捜査しているソウル中央地方検察庁は25日、秘密資金作りに関わった可能性があるとして、同グループの政策本部幹部を被疑者として取り調べる方針を固めた。

     幹部は辛氏や次男で同グループ会長の辛東彬(シンドンビン、同・重光昭夫)氏の側近で、両氏に対する捜査に進展する可能性がある。(ソウル=牧野愛博)

    http://www.asahi.com/articles/ASJ8S5HCZJ8SUHBI022.html

    引用元: ・【韓国】韓国公取委、ロッテ創業者を告発へ 株式を虚偽申告か[8/24]©2ch.net

    【韓国公取委、ロッテ創業者を告発へ】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2016/06/30(木) 20:04:28.06 ID:CAP_USER
    伝統文化の保全のために外国系の飲食店の営業を禁止した全州(チョンジュ)の韓屋村(ハノクマウル)に中華料理店がオープンして論議をかもしている。

    全州市は28日「外国系の飲食店が禁止された韓屋村に先月4日、中華料理店を開業した容疑(国土計画・利用に関する法律違反)でチャン氏(43)を警察に告発した」と明らかにした。

    チャン氏が建築物用途を地区単位計画に含まれていない中華料理店に変えたのは違法だという判断からだ。

    「全州都市管理計画」によれば、伝統文化区域である全州韓屋村ではコンビニエンスストアやフランチャイズ コーヒー専門店、パン屋、ファストフード店や日本食・中華・洋食など外国系の飲食店がオープンできないようになっている。

    チャン氏は都市管理計画が立てられる前から韓屋村にあった日本料理店を譲渡されて中華料理店の許可を受けた。飲食店を譲り受けた後、完山区(ワンサング)庁に地位継承および用途変更を申請したのが受け入れられたのだ。

    だが実際に店がオープンすると全州市韓屋村事業所が営業にブレーキをかけた。韓屋村では既存の飲食店を買収しても外国系の飲食店は開けないのに完山区庁がこれを間違って解釈して許可を出したと判断した。

    韓屋村事業所は今年2月から韓屋村内の飲食店許可業務を担当している。

    韓屋村事業所の関係者は「中華料理店の営業を防いだり閉鎖したりする法的根拠をつくるために警察に告発した」と明らかにした。

    完山区庁衛生課の関係者は「「新規の場合にのみ外国系飲食店の禁止規定に従って、飲食店を譲渡される場合は規定を適用しなくても良いと判断した」と釈明した。

    チャン氏は全州市を相手に「是正命令処分取り消し請求」訴訟を準備するなど激しく反発している。

    チャン氏は「当初、完山区庁で業種変更を許可していなかったら約1億ウォンをかけて建物内部を直して新しい器具を買っただろうか」として「今になって全州市が話を覆すのは『信頼保護の原則』から外れる」と主張した。


    中央日報/中央日報日本語版 2016年06月29日
    http://japanese.joins.com/article/614/217614.html

    引用元: ・【韓国】「外国の飲食店禁止」全州韓屋村に中華料理店オープンし議論[6/29] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【韓国】これがOINK「遡及法を作るために警察に告発」】の続きを読む

    1: 鴉 ★@\(^o^)/ 2016/02/20(土) 19:17:37.94 ID:CAP_USER.net
    1968年2月20日、ぴったり48年前だ。日本・静岡県清水市のあるクラブで銃声が鳴り響いた。ヤクザの親分と組織員ら2人が殺された。

    猟銃を発射した犯人は在日韓国人2世の金嬉老〔キム・ヒロ、実名・権禧老(クォン・ヒロ)、当時41歳〕。

    借りた金を返せと脅迫していたヤクザが「朝鮮人、汚い豚野郎」と言って悪口を浴びせたことから怒りが爆発した。
    金嬉老の人生を押さえ付けていた差別と暴力、日本の警察の不当な待遇など苦い記憶が一気に胸を駆け上がったのだろう。

    銃とダイナマイトで武装した金嬉老は警察の追撃を避けて45キロ離れた寸又峡「ふじみや旅館」に逃れた。
    旅館主人の家族と宿泊客をとらえて88時間の人質劇を繰り広げた。記者を呼び入れて会見をしたり生放送電話インタビューもしたりした。放送局のヘリコプターは山奥の人質劇をリアルタイムで中継した。
    日本人の目と耳がすべてテレビに集中した。当時の事件が日本初の「劇場型犯罪」と記憶されている理由だ。92年、韓国では『金の戦争』という映画が製作されて劇場で上映された。

    金嬉老は「朝鮮人の差別を告発するために事件を起こした」とし「朝鮮民族を侮辱した警察は謝罪しろ」と声を高めた。

    結局、静岡県警察本部長が公開謝罪した。人質劇は報道関係者の間に混ざって進入した警察の逮捕作戦で幕を下ろした。
    無期懲役を宣告されて金嬉老は31年間の獄中生活を経て99年に仮釈放された。釜山(プサン)に居を移し、2010年81歳で亡くなった。

    人質としてとらわれた旅館おかみの望月英子さん(77)は38年ぶりである2006年にソウルで金嬉老に会った。
    「今はすべて許せる」と話した。「殺人犯ではあったが私たち家族に被害を及ぼさなかった」とし「子供3人には申し訳ないと言って2000円ずつお小遣もくれた」とした。
    望月さんは2010年旅館の一角に「金嬉老事件資料館」を開いた。だが、宿泊客が次第に減り、結局2012年に廃業した。最近は建物も売却された。

    日本社会に警鐘を鳴らした「金の戦争」以降、半世紀が流れた。事件現場は消え、目につく差別は大幅に減った。

    問題は在日韓国人を依然として威嚇するヘイトスピーチ(特定民族・人種に対する嫌悪発言)。東京新宿などでは「朝鮮人は朝鮮に戻れ」とする極右団体デモが常時開かれている。
    先月、日本を訪問した国連の少数者問題特別報告官のリタ・イザック氏は「ヘイトスピーチが危険な理由はジェノサイド(集団虐殺)に変わりうるため」としながら「差別禁止法の制定が急務」と指摘した。

    3年以上ヘイトスピーチ反対運動を主導してきた「差別反対東京アクション」の日本人広報担当者の植田祐介氏は「差別を趣味活動ぐらいに考えている右翼がいるが、これに相対して戦う日本人も少なくない」と話した。
    あわせて「差別を絶対に許さない社会をつくらなければならない」と強調した。金嬉老の不幸な人生はこれ以上繰り返されてはいけない。差別は怒りを生む。和合の新しい時代を期待する。

    中央日報
    http://s.japanese.joins.com/article/289/212289.html?servcode=100&sectcode=140

    引用元: ・【韓国紙】48年前に「差別を告発するため」と日本で銃を発射し2人殺したキム・ヒロの不幸な人生…半世紀流れた今もヘイトは在日を威嚇

    【日本人を殺すと英雄なんて 【韓国紙】48年前に「差別を告発するため」と日本で銃を発射し2人殺したキム・ヒロの不幸な人生…半世紀流れた今もヘイトは在日を威嚇】の続きを読む

    このページのトップヘ