まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:名分

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/23(土) 10:43:46.98 ID:CAP_USER
    韓国政府は22日、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を条件付きで延長した。「日本の輸出規制が解除されなければGSOMIAを終了する」という原則を崩したものだ。日本の輸出規制措置に対する世界貿易機関(WTO)提訴手続きも中止した。

    日本は対韓輸出規制について対話したいと言いながらも、半導体・ディスプレイといった中核素材3種の輸出規制を維持した。日本が取ることを決めた措置は、日本の経済産業省と韓国産業通商資源部間の局長級対話だけだった。

    韓日は、協議の結果導き出された案を発表する形式も違っていた。韓国側は青瓦台の金有根(キム・ユグン)国家安保室第1次長が前面に出た。一方の日本は、輸出規制を担当する経済産業省の飯田陽一貿易管理部長が記者会見を開いた。

    ■GSOMIA再終了は事実上困難

    韓国政府は同日、「GSOMIA延長」ではなく「終了通知効力停止」という表現を使った。「いつでもGSOMIAの効力を終了させることができるという前提」を付けて体面を保ったのだ。

    青瓦台高官は「日本の輸出規制措置問題を解決するための協議が行われている間は、暫定的にGSOMIA終了を停止する」と言った。外交部当局者も「GSOMIA終了の完全撤退ではないという点を日本政府も理解した」「日本が(輸出規制を解除せず)ひたすら時間を引き延ばすなら、いつでもGSOMIAを終了させられる条件はある」と語った。

    しかし、今年8月に韓国政府がGSOMIA終了を発表した後、米国が見せた反発を考えると、再びGSOMIAを終了させるのは容易でない。申ガク秀(シン・ガクス)元外交部第1次官は「条件を付けて発表するにはしたものの、再びGSOMIAを終了することは考えにくい」と語った。

    表向きにはGSOMIA終了の決定を「凍結」したとは言え、実質的にはGSOMIA効力を「延長」したわけだ。日本の河野太郎防衛相は同日、「引き続き協定にのっとった情報交換など日韓、日米韓の連携をしっかり続けていきたい」と語った。韓国国防部当局者も「現在と同様、必要な場合に両国間の情報交流を続けていくだろう」と述べた。

    韓国政府は、一時「3カ月」などの期限を定め、輸出規制が解除されなければ再びGSOMIAを終了させる案を検討していたが、放棄したものと伝えられた。期限付き延長をするには、GSOMIAの文言を改正しなければならないが、これは日本の同意がなければ不可能だ。さらに、GSOMIAをめぐり不安定な状態が続くことは米国が許さない可能性が高い。

    ■韓国「WTO提訴停止」、日本「規制はそのまま」

    GSOMIA終了を発表した時から韓国政府が望んでいたのは日本の輸出規制解除だった。日本は今年7月に韓国をホワイトリスト(輸出手続き簡素化優遇国リスト)から除外し、日本企業がフッ化水素など半導体中核素材3種を韓国企業に輸出するたびに、件ごとに審査と許可を受けるよう規制している。

    しかし同日、韓日間協議の末に出た案は、輸出当局間で対話を開始するということだけだ。日本の経済産業省の飯田部長はこの日も輸出規制対象の3品目について「今後も個別審査を通じて許可を行う方針に何ら変更はない」と言った。

    韓国側は「日本が(輸出当局間対話に)消極的な状況で対話が再開された。もし輸出規制とGSOMIA連携戦略を使わなかったなら、解決状況は不透明だっただろう」と述べた。

    一方、日本は韓国がWTO提訴手続きを停止したことに意味を付与した。経済産業省の飯田部長は記者会見で、「韓国政府がWTO提訴の手続きを中断するという通知があった」と強調した。これまでの両国間の交渉経過については「韓国側の適切な輸出管理の運用により見直しの検討が可能となる」とも述べた。互いに別の話をしていたということだ。

    ■日本の発表文に徴用問題の話はないというけれど…

    外交部当局者は「今日、日本側の発表に強制徴用問題はない」「強制徴用問題が解決しなければ輸出規制も解除できないという日本の連携戦略を、我々は輸出規制とGSOMIAを連携させる戦略で対抗して闘い、破った」と言った。

    しかし、日本の茂木敏充外相は同日夕、「現下最大の課題、そして根本にある問題は旧朝鮮半島出身労働者問題で、韓国側に対して一日も早く国際法違反の状態を是正するよう引き続き強く求めていきたい」と述べた。


    2019/11/23 10:00
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/23/2019112380013.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/23/2019112380013_2.html

    引用元: ・【朝鮮日報】 「日本と対話」という名分は得たけれど…自ら原則崩してWTO提訴を停止 [11/23]

    【何一つ進展していない【朝鮮日報】 「日本と対話」という名分は得たけれど…自ら原則崩してWTO提訴を停止 [11/23] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/07/21(金) 01:18:49.16 ID:CAP_USER
    「コリア・パッシング(Korea Passing)」は直訳すれば「韓国を飛び越える」という意味だ。韓半島をめぐる国際情勢で韓国を疎外したまま議論を進める現象をいう。1998年、ビル・クリントン米国大統領が日本を飛び越えて中国だけ訪問して帰った状況を「ジャパン・パッシング(Japan Passing)」と呼んだところに由来する。

    しかし、コリア・パッシングはこれよりはるかに歴史が長い。7年間の壬辰倭乱の末、中国と日本の交渉過程から朝鮮は徹底的に排除された。講話に反対して日本攻撃を主張した先祖は中国の交渉責任者、宋応昌から朝鮮軍をむやみに動かすなという訓戒を聞く。

    その450年余り後、朝鮮戦争で韓国は国連司令官を兼任した米国と中国、北朝鮮が行う休戦協定から再び抜けた。コリア・パッシングだ。

    いったいコリア・パッシングというこの屈辱的現象の原因は何だろうか?当然、名分と実力の不在だ。

    まず名分を見よう。もしトランプと習近平が私たちの大統領に「率直に言って韓半島がなぜ統一しなければならないのか分からない」と言ったらどうだろうか?南と北はかなり以前から同じ民族で同じ血筋とか当然、統一しなければならないと言えば彼らの胸の内はどうだろうか?国益だけを考える周辺国にこの様な主張が果たして通じるだろうか?彼らには統一を願う理由がないなら「韓半島現状維持」が最も最善の戦略でコリア・パッシングは当然の結果だ。

    実力を見よう。2016年基準で韓国の軍事力は世界12位、GDP基準経済力は世界11位だ。しかし、問題はすべての実力は相対的だということにある。あたかもパレスチナ人は他の中東地域人より熱心に働いて明晰だが、イスラエルの前では対応できないのと似た局面だ。その上、北核危機を越えて平和と統一を成し遂げる長期的戦略不在も深刻だ。周辺国が「君たちはどのように韓半島に平和と統一を成し遂げるのか?」と問うても「韓半島の平和と統一は必ず必要だ」という原論レベルの回答と「それであなたたちは助けなければならない」という要請だけだ。コリア・パッシングは当然の結果だ。

    これよりもっと残念なのはコリア・パッシングという恥ずかしい表現を使う指導者とメディアの態度だ。指導者としてこの様な自己侮辱的な表現を公開の席上でためらいなく使う政治家たちの姿に、あるいは韓米同盟を唯一無二な対応戦略と提示する彼らを見ながら、朝鮮時代と旧韓末事大主義者などの姿を発見する。

    コリア・パッシングは赤信号だ。解放後、奇跡のような経済成長と国力増大を成し遂げたがそれで充分ではないことの証拠だ。もはや暮らす心配はなく、米国が血盟で守っているので「今のままが良い」という境遇ではない。国際社会は自らを世話する能力がない者に無限の慈悲を施さない。

    1648年、ウェストファーレン条約以後、民族国家の主権が国際社会で保障されたとしても2014年、ロシアのクリミア半島合併に見るように国際社会力の均衡はいつでも変わって結局、名分と力を持った勢力の意志が新しい国際社会の秩序となる。国際社会に堂々と提示する名分とこれを自ら成し遂げる力を育てなければならない。

    韓半島の平和と統一を通じて第二次世界大戦の人類最後の宿題を解き、統一韓半島を新しくデザインして東アジアと世界が体験している時代的痛みを解きほぐす新しい世界の青写真を提示する時、統一は国際社会で名分を持つようになる。未来に発生する状況を複数のシナリオで設定し、世界10位圏の経済力をより一層効果的に活用する戦略と戦術をたてなければならない。

    この頃はそうではないことを望むが、筆者の中高校時代は学校でげんこつをふるう兄たちがいた。そのような兄たちが支配する殺伐とした社会で身体の小さい学生が生き残る方法は勉強しかなかった。死ぬほど勉強して賢いと認められれば兄たちも刺激しなかった。コリア・パッシングをコリア・リーディングに変えるために臥薪嘗胆するこの土地の指導者らを見たい。

    チョ・ジョンフン亜洲(アジュ)大国際大学院教授兼統一研究所所長. 世界学研究所中央アジアセンター長
    no title


    ソース:イーデイリー(韓国語) [モンミョッカルロム]コリアパスでコリアリディンで
    http://www.edaily.co.kr/news/NewsRead.edy?newsid=01279206615996488

    引用元: ・【韓国】 コリア・パッシングからコリア・リーディングへ~韓半島統一への名分と実力を育てよ[07/20] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【それパッシング違うって】韓国人教授「コリア・パッシングという屈辱的現象、韓国に名分と実力ないから」】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/06/18(木) 20:05:12.25 ID:???.net
    私たちにとって独立はなじんだ言葉だ。独立協会も独立門も独立新聞も独立軍もあった。しかし、
    それらは清国からの独立を祈る意味の独立で、その後にできた独立軍は馬賊組に追われながら
    日帝の討伐対象になった軍隊であった。

    大韓帝国は国民らの献金で独立門をたてて私たちはそれを国宝にしている。清日戦争で勝利し
    た日帝の凱旋門的性格が濃厚なその独立門は大韓帝国と共に日帝の監視と黙認の下で行った
    朝鮮王朝最後の花火であった。

    これらは朝鮮王朝最後の王妃をぞっとするように殺害した日帝が沸き立つ国際的世論に追われ
    て恩恵授与的に施した祭りであった計算だ。サムライらを動員して朝鮮の王妃を殺害した事件は
    韓半島を植民地化する過程で日帝が犯した蛮行の中で随一の原罪だ。日帝はその痕跡を消そう
    と王妃の死骸を現場で火葬してしまい、朝鮮王朝は2年過ぎるまでその葬儀を行うことができなか
    った。犯人を処罰後、葬儀を行わなければならない王家の規律のためだった。

    王妃を殺害したサムライらには手も足も出ず、王妃の死骸を火葬する時、薪の山を移した宮人ら
    三人を犯人として処刑したが、そのような見せ掛けの形はすでに葬儀の名分では通じなかったよ
    うだ。王妃殺害場面を最も近くで見たという石塚英蔵報告書には、服を脱がせた裸身の王妃をサ
    ムライらが凌辱した後、刃物で刺して殺して火葬したと記されている。

    大韓帝国はそのように殺害された王妃を皇后に昇格させて葬儀の名分とする。凌辱され火葬され
    た王妃は死体もない皇后になって葬儀を行った。当時の刺客、カズアキ(藤勝顕)は王妃に振り回
    した刃物を櫛田神社に誇らしく寄贈した。独立を失った植民地の惨劇がどうしてこれだけですもう
    か。

    王妃殺害後、大韓帝国の親日内閣総理、金弘集(キム・ホンジプ)は光化門の四つ角でいきりたっ
    た群衆に殴り殺された。安重根義士の伊藤博文狙撃も王妃殺害事件が呼んだ血の復讐であり、
    黄海道ヘジュの平凡だった青年キム・チャンス(キム・グ)が独立運動に身を投じた直接的な理由も
    日帝の王妃殺害蛮行のためだった。

    白凡先生(キム・グ)は日本の軍人を素手で打殺し死刑判決を受けて命拾いで脱獄して臨時政府
    主席に就任、国の名前を大韓民国に定める。日帝の王妃殺害蛮行に対する国民の怒りがそっくり
    凝集した名前がつまり大韓民国だ。白凡先生は一にも二にも三にも独立が願いだと彼の日誌に
    書いた。

    日本が無条件降伏を宣言した日、聨合軍の勝利記念日、私たちが光復節ともするその日が民族
    の光復や解放や独立とは距離が遠い事実を凶弾に倒れる遥か前から白凡先生はよく知っていた
    だろう。8月6日、広島に原爆を投下した米国は8月10日、だから解放前にあらかじめ38度線を
    ひいて朝鮮の臨時的分割占領をソ連に提案しソ連はこれを直ちに受諾する。

    国土分断と6・25韓国動乱(朝鮮戦争)の端緒を提供したその三八線はしかし、臨時的分割線で
    はなかった。それは第二次世界大戦以後の冷戦構図に備えた米国の綿密な計画の結果だった。
    朝鮮戦争後、三八線の代わりに休戦ラインができて60年を越えるが、私たちにはまだ独立記念
    日がなく、独立どころか解放前に韓半島はあらかじめ分割占領になったことを、名分は独立国な
    がらも独立というありふれた言葉がなぜこのように難しい宿題かを私たちはまだ沈痛に再確認し
    ている。

    核兵器に次ぐ炭そ菌を何でもないかのように、この地で数年間実験してきた米国がこの頃、いつ
    もオンドルの火をつけるのを見れば(記者注:米国要人が頻繁に訪韓することか)、我が国はまた、
    天文学的費用に耐えながら恐らく自ら要望してTHAADミサイルを設置するようだ。

    チョン・ヤン(又石(ウソク)大文芸創作科名誉教授・詩人)
    no title


    ソース:慶南新聞(韓国語) 私たちには独立記念日がない
    http://www.knnews.co.kr/news/articleView.php?idxno=1151160

    引用元: ・【韓国】 私たちには独立記念日がない~名分は独立国なのに独立というありふれた言葉が遠い[06/18]

    【所詮 棚ぼた【韓国】 私たちには独立記念日がない~名分は独立国なのに独立というありふれた言葉が遠い[06/18]】の続きを読む

    このページのトップヘ