まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:同性愛者

    1: 荒波φ ★ 2017/10/16(月) 10:01:45.60 ID:CAP_USER
    韓国国会保健福祉委員会の国政監査で今月13日、これまでエイズ患者を7万回以上診察してきた現役医師が参考人として出席し、韓国国内でのエイズ拡散の深刻さを訴えた。

    出席した水洞延世療養病院(京畿道南楊州市)のヨム・アンソプ院長は「韓国で若いエイズ患者が急増している。10-20代の男性同性愛者が無分別な性的関係を持ち、エイズが広がっているためだ」と述べた。同病院は韓国で数カ所しかないエイズ患者受け入れ病院だ。

    疾病管理本部によると、10-20代の新規エイズ患者は2011年の248人から昨年には396人へと1.6倍に増えた。全年齢を通じた新規エイズ患者が同じ期間に888人から1062人へと20%増えたのに比べ、8倍の増加率だ。

    ヨム院長は「同性愛者のアプリで青少年が同性間の売買春アルバイトをしている。同性愛とエイズの関連性を知らない青少年が無防備のままでエイズにかかっている」と指摘した。

    ヨム院長はエイズ患者に対する過度の福祉政策についても批判。「国のために戦って体に障害を負った軍貢献者よりもエイズ患者の待遇が良いのは問題だ」と述べた。現在政府はエイズ患者の治療費を事実上全額支援している。

    治療費の90%を健康保険公団が、患者本人が10%を負担するが、本人負担分は保健所への申請で還付されるからだ。入院治療を受ければ、看護費用まで政府が負担し、老後の病院入院費用も政府負担だ。

    疾病管理本部の鄭銀敬(チョン・ウンギョン)本部長は「国庫から本人負担分を支援する理由は、感染を遮断し、患者がさらに発生しないようにするためだ」と説明した。

    その上で、エイズの感染経路を正確に公表しないことについて、「性的マイノリティーやエイズに対する偏見で、エイズ感染者が早期診断を受ける上での障害になりかねない点を懸念したためだ」とした。


    2017/10/16 09:52
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/16/2017101600793.html

    引用元: ・【韓国】10-20代のエイズ患者急増、背景にアプリ普及[10/16]

    【【売春大国だとは知ってたけど】韓国人の10-20代のエイズ患者急増「同性愛者のアプリで青少年が同性間の売買春アルバイトをしているため」】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/01/30(金) 16:33:37.34 ID:???.net
    no title

    2014年のソウル・クィア・パレードは保守キリスト教団体の妨害により大混乱に陥った。(画像:読者提供)

    ■90年代から盛り上がった韓国の同性愛者のムーブメント

    前号では比較的おおらかだった朝鮮の同性愛を見る視点が植民地時代に西洋の精神医学に影響された日本の性科学が書籍により朝鮮
    に広まったことで「変態性欲」化していく過程について考察した。

    解放後の韓国の新聞紙上にも同性愛関連の記事は現れる。それらをまとめると「主に遠い外国で行われる変態性行為で悲劇に終わる
    よろしからぬもの」という論調だ。植民地時代のそれとさほど変わりはないが年に数回程度の掲載となった。現在の北朝鮮の人々同様に
    80年代以前の韓国の多くの人々は同性愛の概念すらわからない状態だったと言われている。

    それが変わるきっかけとなったのがSBSで1992年12月に放映された「そこが知りたい」という時事番組で「ゲイ、性の2つの顔」という特集だ。
    これを皮切りに各メディアが同性愛について取り上げるようになった。

    当時、韓国のテレビ局は日本のテレビが視聴できる釜山で様々な番組をチェックしてそれを元に番組を制作していたと言われている。
    90年前後に日本で起きていた「ゲイブーム」から影響されたということは想像に難くない。

    爆発的な広がりを見せていたパソコン通信の場に同性愛コミュニティが作られ、実際に公の場で活動するグループも現れた。

    1995年3月には当時延世大学の大学院生で現在は秋渓(チュゲ)芸術大学教授のソ・ドンジン氏が韓国初の大学内同性愛者サークルの
    「カム・トゥゲザー」を結成して初めて公にカミングアウトした。しかし、それにより彼は社会的に様々な不利益を被る結果となってしまった。

    1998年11月にはソ・ドンジン氏が中心となって第1回ソウルクィアフィルムフェスティバル開催され、2000年からは毎年プライドパレードの
    韓国版「ソウル・クィア・パレード」が行われている。

    同年にはタレントのホン・ソクチョン氏がゲイであることをカミングアウトしたため当時出演していた子ども番組をやめさせられるなどして
    社会的に大論争を引き起こした。彼を支持するグループが結成、性的マイノリティの人権の象徴のような存在となった。

    わずか数年の間に社会的に存在すら認識されていなかった性的マイノリティのプレゼンスが急激に高まった。それに対して猛反発するように
    なったのが保守的な韓国のキリスト教、特にプロテスタントだ。

    それが如実に現れたのが、2014年の6月に開催された第15回ソウル・クィア・パレードに対する激しい妨害だ。

    ソース:DailyNK 2015年01月29日
    http://dailynk.jp/archives/34104
    関連
    【北朝鮮】北朝鮮の同性愛事情…「ゲイは変態性欲」西洋の精神医学が変えた「朝鮮の性」の観念[01/29]
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1422493242/

    続きます

    引用元: ・【韓国】キリスト教「ゲイはエイズをまき散らす」、同性愛者「キリスト教はヘイトをまき散らすな」…韓国で深まる対立[01/30]

    【で、やっぱり日本のせいなんだw 【韓国】キリスト教「ゲイはエイズをまき散らす」、同性愛者「キリスト教はヘイトをまき散らすな」…韓国で深まる対立[01/30]】の続きを読む

    1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2014/11/11(火)22:23:56 ID:???
    20代同性愛者70%「両親には秘密」


    no title

    ▲ロマンス同性愛映画『アデル、ブルーは熱い色』スチールカット

    20代同性愛者10人中7人は両親に自身の性的指向を知らせないでいることが11日現れた。これらは異性愛者より自身に対する両親の支持度が低いと感じたし、特にお父さんに支持を受けられずにいると考えると分析された。

    11日ソウル大によれば最近『2014児童家族学専攻学術シンポジウム』で発表された『同性愛者が知覚する両親支持度が心理的安寧感に及ぼす影響』報告書で全国の20代同性愛者103人に質問調査した結果、68.9%が『両親が自身の性的指向を知らない』と答えたと明らかにした。『お母さんだけが知っている』という応答率は19.4%、『両親とも知っている』は10.5%で集計された。『お父さんだけ知っている』と明らかにした回答者は全体の1.0%に終わった。

    両親が子供の性的指向を知るようになった経緯は75.0%が『公開宣言などのカミングアウト』、25.0%が『見つけられる・推察など自身の同性愛事実が他人によって明らかになるアウティング』だった。

    同性愛者は異性愛者に比べて両親の支持を受けていないと考えた。同性愛者と異性愛者(調査対象168人)が感じる両親の支持も(1~4点・高いほど肯定的)を分析した結果、同性愛者が考えるお父さんの支持度は平均2.46点で異性愛者(2.96点)より低かった。お母さんの支持度も同性愛者(3.00点)が異性愛者(3.28点)より低く現れた。

    しかし全般的な人生の満足度を意味する心理的安寧感は異性愛者(2.94点)と同性愛者(2.84点)は大きい差を見せなかった。自身が望む未来は『国内で同性と同居』(40.8%)を最も多く挙げ、『一人で暮らすこと』(18.4%)、『外国で同性と結婚』(17.5%)等の順だった。

    同性愛者9人を相手にした深層面接でこれらはカミングアウトした時両親の反応に対して▲強い拒否型▲教化型▲回避型に分かれたと答えた。ある回答者は「お母さんと高等学校3学年の時精神科に行ったことがある」として「以後にも『異性の友人とはやくつきあえ』『はやく結婚させなければならない』という話をたびたびした」と話した。

    デイリー韓国(韓国語)
    http://daily.hankooki.com/lpage/society/201411/dh20141111102844137780.htm

    引用元: ・【韓国】20代同性愛者の70%『両親には秘密』[11/11]

    【兵役行け。【韓国】20代同性愛者の70%『両親には秘密』[11/11]】の続きを読む

    1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2014/05/17(土)18:58:25 ID:???
    危険な性少数者たち
    42%差別・暴力経験…青少年の46%が自殺企図


    国内性少数者たち十人のうち四人は自身の性アイデンティティにより差別と暴力にあった経験があると調査された。特に青少年性少数者たちの場合、46%が自殺を試みた程に差別、除け者、いじめなどの被害が深刻だと明らかになった。

    韓国ゲイ人権運動団体『友達間』と性的指向・性別アイデンティティ法政策研究会が国際性少数者たち嫌悪反対の日(17日)を控えて15日発表した『韓国LGBTI(性少数者たち)コミュニティ社会的欲求調査』によればアンケート調査に応じた性少数者たち3,208人のうち42%が『職場や家族に直接差別や暴力にあった経験がある』と答えた。

    2012年から2年間オンライン・アンケート調査、グループ・インタビュー、深層面接で進行された今回のアンケート調査には今までなされた韓国性少数者たち対象調査中最も多い回答者が参加した。LGBTIはレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、間性(Intersex)等性少数者たちを指し示す言葉だ。

    調査によれば無作為大衆に自身の性アイデンティティを公開した場合、74%が差別と暴力を経験した。だから最も近いお母さんとお父さんに自身の性アイデンティティを知らせた比率はそれぞれ22%、11%に終わった。全体回答者の28%が自殺を試みたし35%が自害経験があった。

    青少年性少数者たちの被害はさらに深刻だった。質問に応じた青少年性少数者たち623人中45%が語り口や行動により暴言と暴力にあった経験があると答え、自殺企図率は46%、自害経験比率は53%で全体平均より20%ポイント近く高かった。これは2011年韓国保健医療研究院の調査の結果、青少年自殺企図率が4.4%であったことと比較すると10倍以上高い数値だ。

    学校という特殊な空間で被害はより一層加重されたりもする。同性愛者A(17)君は1年の間続いた学校内の集団いじめのために2009年自殺した。女らしい語り口を使ってガールグループを踊ったりしたA君に同じクラスの学生は「太った女」等の暴言をしたし、消しゴムのカスをばらまくなど持続的に暴力を加えたためだった。しかし担任教師はA君の同性愛的指向に原因があると考えて転校を薦めただけで何の措置も取らなかった。

    性的指向・性別アイデンティティ法政策研究会ナ・ヨンジョン選任研究員は「同性愛に批判的な人々は性アイデンティティのために苦しみを味わうというのだというが当事者は自身の性アイデンティティを受け入れた後これを認めない他人ために葛藤が始まる」として「特に青少年は学校で問題が生じた時、他の選択肢がきわめて不足して被害が大きい」と指摘した。

    韓国日報(韓国語)
    http://news.hankooki.com/lpage/society/201405/h2014051703352221950.htm

    引用元: ・【韓国】同性愛者など性少数者たちの42%が差別・暴力経験…青少年の46%が自殺企図[05/17]

    【穴がありゃ何でもいい連中がそんな事でねぇ……。-同性愛者など性少数者たちの42%が差別・暴力経験…青少年の46%が自殺企図[05/17]】の続きを読む

    このページのトップヘ