1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/08/17(月) 00:38:41.46 ID:???.net
no title

▲【新刊】下重暁子著、キム・ナンジュ訳『家族という病』(サルリム社)

 著者は、日本の右傾化を支持して母親に暴力まで振るった父親とのコミュニケーション
を拒否した。父親が老人性結核で入院したときも、面会にすら行っていない。父親が他界
した後、病室の枕元に著者のインタビュー記事があるのを見た。著者はそのとき初めて、
父親をはじめ、母親や兄など家族のことが気になった。最も近い存在なのに最も理解し難
い存在が、まさに家族だ。

 最後には結局一人になってしまう人間に、家族が必要な理由は何か。元NHKアナウンサ
ーの著者は、ベールに包まれた家族史を明らかにしながら、家族神話について省察した。「家
族という名が持つ暴力」を力説する著者だが、家族無用論者ではない。夫を「伴侶」と呼
ぶ著者は、血がつながっていない家族、子どもをもうけない家族などを紹介し、家族をめ
ぐる新たな定義と観念が必要だと主張する。1万3800ウォン(約1460円)。

卞熙媛(ピョン・ヒウォン)記者

ソース:朝鮮日報日本語版<元NHKアナ・下重暁子氏が考察する「家族神話>
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/08/14/2015081401223.html

引用元: ・【書籍】 日本の右傾化を支持して母に暴力を振るった父~元NHKアナ・下重暁子著『家族という病』韓国で出版[08/16]

【やっぱ日本の左翼、レベル低すぎだよ 【書籍】 日本の右傾化を支持して母に暴力を振るった父~元NHKアナ・下重暁子著『家族という病』韓国で出版[08/16]】の続きを読む