まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:受賞

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/26(月) 21:29:27.67 ID:CAP_USER
    韓国、中国、日本。極東の三カ国でノーベル賞を受賞した人は韓国1人、中国1人、日本24人です。もちろんノーベル賞受賞者の数字だけでその国の水準全体を評価はできません。しかし、その国の水準を評価する一つの基準にはなります。

    我が国はまだ学術賞の受賞はありません。キム・デジュン元大統領の平和賞だけです。それに比べ、中国の場合は3年前、トゥトゥ(訳注:実際の中国名は屠呦呦、トゥ・ヨウヨウ)という名前の薬学専攻女性が受けました。トゥトゥ博士が受けたノーベル賞はケトンスク(訳注:和訳するならイヌグソヨモギ。和名はクソニンジン、中国名は黄花蒿)を一生研究してマラリア治療薬を発明した功労で受けた賞です。

    言ってみれば、この賞は私たち韓国が受けるべき賞です。なぜなら1600年代に出版された許浚(ホ・ジュン)先生の東医宝鑑にケトンスクが蚊によって感染するマラリアに特別な効果があると明確に記録されているからです。だから私たちの学者が東医宝鑑を読んでケトンスクを熱心に研究していれば、この賞は韓国人が受けるべき賞ということです。

    今や私たちもノーベル賞を学問分野で受けなければならない時になりました。日本の24人に比較すると自尊心がとても傷つきます。日本の場合、基礎科学分野で一生を黙黙と研究に没頭した方々がノーベル賞を受けてします。もちろん我が国も学問と基礎科学分野に大きな業績を積み上げています。しかしまだ日本に比べて非常に不足しています。一分野に数十年を黙黙と研究に没頭する精神と風土から育まれなければなりません。
    (後略)

    ソース:クリスチャントゥデイ(韓国語)[キム・ジンホンの朝黙想]韓国、中国、日本のノーベル賞
    http://www.christiantoday.co.kr/news/324863

    引用元: ・【ノーベル賞】 そろそろ韓国もノーベル賞を取るべき…中国の医学賞は韓国が受賞すべきだった[08/26]

    【馬鹿丸出しな事を言っている【ノーベル賞】 そろそろ韓国もノーベル賞を取るべき…中国の医学賞は韓国が受賞すべきだった[08/26] 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/10/02(火) 14:17:11.46 ID:CAP_USER
    【韓国】ノーベル平和賞はトランプ・文・金の同時受賞が好ましい。スウェーデン・アカデミーは躊躇するな


    【コラム】ノーベル賞の唱歌=韓国
    2018年10月02日13時49分
    [? 中央日報/中央日報日本語版]

    秋夕(チュソク、中秋)を祝った。「秋」にはやわらかな金色の波がゆらめき、「夕」には燃えるような赤い夕焼けが映る。山河は、小さく大切な実を結ぼうとする草木のサインとシグナルであふれるだろう。ノーベル賞授与が10月に始めるのもそのような理由からだ。文明の進歩に道を開き、さまよう人類社会に方向性を示した人々の功績を称える知性の宴だ。2000年10月、故金大中(キム・デジュン)大統領の受賞の便りを地方のある国道で聞いた。車を停めた。こんなこともあるものだ、湧き上がる感情に気づいた国道沿いコスモスもからだを震わせた。

    その後18年間、一度もこのときのような慶事は起きなかった。とにかく、世界10位経済大国と「ノーベル賞1人輩出」はあまり釣り合わない。小国であるルクセンブルク(3人)、ルーマニア(3人)、クロアチア(2人)、リトアニア(1人)も受賞者を輩出した。スウェーデンと地理的・文化的親和性があるにはあるが、昨年米国ポップ歌手ボブ・ディラン(Bob Dylan)を文学賞受賞者として発表した時は論争を呼んだりもした。彼の低音声に混ざった抵抗メッセージが核戦争に対する重々しい警告音であることは世の中が十分知っているが、ノーベル文学賞までは想像することができなかっただろう。水原市(スウォンシ)が用意した「高銀(コ・ウン)創作室」の前で待機中だった取材陣は虚しい気持ちで散った。

    今年、高銀創作室はうら寂しいことこの上ない。スウェーデン・アカデミー文学賞審査委員のうち1人が#MeToo(ハッシュタグミートゥー)の告発によって謹慎中だ。文学賞に最も近かった高銀詩人も同じ境遇だ。真偽がどうであろうと、韓国近現代史の恨(ハン)と苦悩を詩に格上げした『萬人譜』のような力作が地に埋もれてしまうのではないかと心配だ。今年の文学賞はそのような事情で休業したというので、他の種目でも覗くほかない。

    科学と経済学は強大国ががっちりと独占しているので、あえて考えるに及ばない。韓国研究財団が残念な気持ちを込めつつノーベル賞に近い科学者6人を発表した。論文本数や被引用数、影響力指数を総合して有力候補を用心深く論じたが「受賞確信」はつけなかった。的中率が高いことで知られる情報分析企業「クラリベイト・アナリティクス」が発表した予想名簿にも韓国人科学者は含まれていななかった。多分、今年も米・英・独・仏の4大強国の独占か、たまに日本やロシアがこの中に入るかもしれない。

    それなら平和賞が残った。想像力を精一杯発揮して希望の松明を灯すなら、韓国に有力候補がないわけではない。歌手PSY(サイ)はどうか。あの有名な馬ダンスで世界を楽しませた韓国の大衆歌手PSY、強いていえば祖父と孫、母親と息子・娘が手首を交差してリズムを取ったその世代和合の機運を世の中に伝播したとすれば十分に平和賞候補だ。戦争が国家間だけに起きるわけではないので、名付けて「世代和合賞」。

    流ちょうな英語で世の中を驚かせた防弾少年団(BTS)も有力候補だ。京畿道一山(キョンギド・イルサン)で育った平凡な青年がどうしたらこんなにもかっこよく成長したのか、胸が詰まるほどだ。「肌の色や性別が何であれ、あなた自身のことを語ろう!」「Speak Yourself」-後悔と劣等感に押さえつけられた青少年に存在感発見のメッセージを律動と歌で伝えた防弾少年団は名付けて「人権賞」候補だ。人権を回復してこそ真の平和だ。

    https://japanese.joins.com/article/693/245693.html?servcode=100&sectcode=120

    引用元: ・【韓国】ノーベル平和賞はPSYやBTSがふさわしい。トランプ・文・金の同時受賞も好ましい

    【【韓国】ノーベル平和賞はPSYやBTSがふさわしい。トランプ・文・金の同時受賞も好ましい 】の続きを読む

    1: LingLing ★ 2018/10/06(土) 22:14:31.01 ID:CAP_USER
    文大統領来年ノーベル平和賞可能性開かれている
    no title


    [アンカー]今日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領のノーベル平和賞受賞の可能性が高いという海外メディアの報道が多かったのです。

    これについて、大統領府は当初から期待しないという反応を見せていました。

    しかし、韓半島非核化の成果によって、南北米首脳全員の来年のノーベル平和賞受賞可能性が大きく開かれているという分析です。

    チョ・ソンホ記者です。

    [記者] 去る4月の「板門店宣言」を機に韓半島で平和ムードが高まると、文在寅大統領と米トランプ大統領がノーベル平和賞を受けられるという観測が出ました。

    米国で開かれた集会で聴衆が「ノーベル賞」を連呼すると、トランプ大統領は照れ笑いをすることがありました。

    「ノーベル!!ノーベル!ノーベル!」

    [トランプ米大統領:素敵だ。ありがとう。 ノーベル賞ですね。]

    文大統領はノーベル平和賞受賞の展望が見えてすぐにトランプ大統領に譲歩するという意思を明らかにしました。

    初の南北首脳会談直後、金大中元大統領夫人のイ・ヒホ女史が祝電を送って、ノーベル平和賞をもらえるようにと挨拶をすると、文大統領はノーベル賞はトランプ大統領がもらって我々はただ平和をもたらすことができたらいいと言いました。

    南北首脳会談直後の韓米首脳の通話はもちろん、数回の韓米首脳会談でも文大統領はトランプ大統領にボールを回しました。

    [キム・ウィギョム/大統領府報道官(4月30日):南北首脳会談が成功して実を結ぶことができたのは、トランプ大統領の強力な支援のおかげだと何度もくり返して謝意を表明しました。]

    大統領府は、ノーベル平和賞の受賞可能性が高いという外信報道について、期待も念頭に置いてもいないと明らかにしました。

    大統領府関係者は、今年のノーベル平和賞候補者推薦は去る1月31日が期限で、文大統領の韓半島平和推進が可視化したのはそれ以降だったと説明しました。

    今年の候補として推薦されたかどうかも分からないので大統領府の慎重な立場があったが、韓半島非核化の成果によって、南北米首脳全員の来年のノーベル平和賞受賞可能性は大きく開かれています。

    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=100&oid=052&aid=0001200597

    【ノーベル平和賞】 文在寅大統領の受賞、不発に終わる …ムクウェゲ氏とムラド氏に選定[10/05]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1538733924/

    前スレ:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1538811031/

    引用元: ・【韓国】 来年の「ノーベル平和賞」、文大統領が受賞する可能性★2[10/06]

    【【韓国】 来年の「ノーベル平和賞」、文大統領が受賞する可能性★2[10/06] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/09/18(火) 18:33:45.16 ID:CAP_USER
    no title

    ▲ろうそく革命出版市民委員会チョン・ヨンフン(左側)委員長に<ろうそく革命、市民の叫び>出版の意味をインタビューしているチョ・ヒョンシク(右側)<ハンギョレ:オン>株主通信員
    no title

    ▲『ろうそく革命、市民の叫び』

    「平和なろうそく市民革命は世界の民主主義の歴史に長く残る誇らしい私たちの歴史です。市民の参加で、市民の力を集めて記録し本に残したかったのです。」最近<ろうそく革命、市民の叫び>の出版を主導したろうそく革命出版市民委員会チョン・ヨンフン(58・写真)委員長はその日の感激と一緒に厳粛だった状況を回顧した。

    「私たち市民のろうそく集会が微弱だったら国会の弾劾決議と憲法裁判所の弾劾容認は可能だったでしょうか?しかも最近明らかになった機動部隊司令室の「戒厳謀議計画」を見る時、ひとつ間違っていれば数多くの無実の市民の生命が犠牲になるところだった、と考えたら今更ながらくらっとします。」
    (中略:本作りの苦労)

    そのため彼の本に対する愛情と自負心は格別だ。「本を広く知らしめることが残りました。ろうそく革命精神の普及であり、ろうそく精神の継承発展のためですから。市民が主人の国、市民が作り出した偉大な歴史が広く伝わり休むことなしに前進して全世界に影響を与えますから。」

    このため出版市民委員会は「ろうそくの叫び実現委員会」(仮称)に切り替える予定だ。「ろうそく市民のノーベル平和賞受賞を推進し、韓半島平和繁栄体制樹立に先頭に立ってろうそく革命精神を完成するのが目標です。」

    昨年、31年6カ月の教職生活を終えて名誉退職した彼はハンギョレ創刊株主でもある。試験点数競争教育反対、国立墓地イ・スンマン墓地参拝黙祷批判など正しい教育を体で実践し解職・復職・正直など受難を体験した彼は参加政府(盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権)の時、民主化運動関連者認証も受けた。来る20日午後7時、ソウル市庁8階の多目的ホールで出版記念会が開かれる。

    チョ・ヒョンシク<ハンギョレ:オン>株主通信員

    ソース:ハンギョレ新聞(韓国語) 機動部隊司令室「戒厳謀議」も勝ち抜いた「ろうそく市民精神」伝えなければならない
    http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/862302.html

    関連スレ:【中央日報】100万市民平和的ろうそく集会は歴史的な名誉革命 大韓民国国民の底力を見せた誇らしい日だった[11/14] [無断転載禁止]©2ch.net
    https://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1479084706/

    引用元: ・【韓国】 「ろうそく革命の精神を世界に広げノーベル平和賞受賞を推進」~『ろうそく革命、市民の叫び』出版[09/16]

    【【韓国】 「ろうそく革命の精神を世界に広げノーベル平和賞受賞を推進」~『ろうそく革命、市民の叫び』出版[09/16] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/05/15(火) 14:48:56.67 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00000001-cnippou-kr
    中央日報日本語版

    日本社会に慰安婦問題を最初に提起した植村隆・元朝日新聞記者(60)がキム・ヨングン民族教育賞を受賞する。

    14日、碩隠キム・ヨングン先生記念事業会は、第24回キム・ヨングン民族教育賞受賞者に植村氏を選定したと14日、明らかにした。碩隠キム・ヨングン先生は、日帝強占期に投獄された人物で、その生涯を世界史教育に捧げた。

    植村氏は朝日新聞社会部記者として活動していた1991年、日本で初めて旧日本軍従軍慰安婦の存在を記事化した。その後、日本右翼の標的になった植村氏は、暴力や脅迫、家族の安全が脅かされながらも所信を曲げず、著書『真実 私は「捏造記者」ではない』を通じて真実を知らせた。

    記念事業会は「朝日新聞記者として活動しながら、太平洋戦争当時の日本軍従軍慰安婦問題を提起した植村隆先生の活動は、時間を超えて碩隠先生の人生と流れと共にある」として受賞者に選んだ理由を明らかにした。

    引用元: ・【韓国】日本で慰安婦問題を最初に報道した記者、韓国で民族教育賞受賞[05/15]

    【【韓国】日本で慰安婦問題を最初に報道した記者、韓国で民族教育賞受賞[05/15] 】の続きを読む

    このページのトップヘ