まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:受注

    1: まぜるな!キケン!! 2022/02/08(火) 10:00:21.34 ID:CAP_USER
    現代(ヒョンデ)重工業グループが主力である造船事業で昨年期待以下の実績を収めた。来月の業績発表を控えた大宇(デウ)造船海洋もやはり1兆ウォン台の赤字が予想される。ただ高付加価値船舶の受注が続き、遅くても来年からは業績反転が可能だろうと期待される。現代重工業グループの造船部門中間持ち株会社である韓国造船海洋は7日、昨年売り上げ15兆4934億ウォン、営業赤字1兆3848億ウォンを記録したと公示した。売り上げは前年より4%増えたが、営業損失から抜け出すことはできなかった。現代重工業が8006億ウォン、現代三湖(サムホ)重工業が3072億ウォン、現代尾浦(ミポ)造船が2266億ウォンと子会社が一斉に営業赤字を出した。

    他の造船会社も事情は同じだ。これに先立ち先月27日にサムスン重工業は昨年1兆3120億ウォンの営業赤字を記録したと明らかにした。売り上げは6兆6220億ウォンで前年より3.5%減った。業界では大宇造船海洋やはり昨年売り上げ4兆3650億ウォン、営業赤字1兆3011億ウォンを記録したとみている。

    不振の原因は明らかだ。新型コロナウイルスによる2020年の受注の崖と原材料価格上昇が悪材料だった。特に昨年は船舶用鉄鋼材の厚板価格上昇が足を引っ張った。昨年上半期に1トン当たり約80万ウォンだった造船用厚板価格は昨年下半期には110万ウォン台まで急騰した。厚板は船舶建造原価の20%ほどを占める。

    株価も振るわない。この日の韓国取引所によると、年初から造船3社の株価は平均10.9%下落した。同じ期間の韓国総合株価指数(KOSPI)の下げ幅8.1%より大きい。だが早ければ今年末、遅くとも来年には業界が赤字のトンネルから抜け出すと予想する。何より受注実績が右上がりとなっている。

    造船3社は昨年457億ドル相当を受注し、目標額の317億ドルを超過達成した。今年に入ってもこの日基準で韓国造船海洋が34隻、大宇造船海洋が12隻の46隻の建造契約を確保しており受注ラッシュを継続している。

    韓国造船海洋の場合、1月の1カ月だけで34隻(37億ドル)を受注し、年間目標の21%を達成した。ただサムスン重工業は現在まで受注実績がない。両社が受注した船舶のうち9隻が親環境・高効率船舶と呼ばれる液化天然ガス(LNG)運搬船だ。こうした受注の朗報が業績改善につながるには最小1年ほどかかる。新たに受注しても1年前後の設計期間がかかり、ヤードで作業を始めてから業績に反映されるためだ。昨年の受注成績が今年の業績に反映されると点も肯定的だ。

    NH投資証券のチェ・ジンミョン研究員は「厚板価格上昇による引当金を設定した上に、鉄鉱石価格は昨年の高値に比べ下落した。昨年受注した船舶単価が上昇し造船業種の収益性は今年を基点に改善されるだろう」と予想した。

    一方、現代重工業グループの持ち株会社である現代重工業ホールディングスは昨年売り上げ28兆1587億ウォン、営業利益1兆854億ウォンで会社設立以来最大の実績を達成した。特に売り上げは前年の18兆9110億ウォンと比較して48.9%増加した。現代オイルバンクと現代建設機械、現代エレクトリックなど主要子会社が好実績を出したおかげだ。


    https://japanese.joins.com/JArticle/287512?servcode=300§code=320

    引用元: ・韓国造船業界、受注好調も一斉に赤字 [2/8] [昆虫図鑑★]

    【浅はかなんだよ。 - 韓国造船業界、受注好調も一斉に赤字 [2/8] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/11/07(日) 04:07:36.68 ID:CAP_USER
    韓国のムン・スンウク(文勝ウク)産業通商資源相はポーランド政府に、韓国企業がポーランドの原子力発電事業に参加できるよう支援を要請した。ポーランド政府は、2043年までの計6基の原子力発電所建設計画などが盛り込まれた「2040エネルギー戦略」をことし2月に承認し、原発建設を推進している。

    また韓国とポーランドは、原発などエネルギー分野での協力を論議するためのエネルギー共同委員会を設立し、来年上半期に開催する。

    韓国の産業通商資源部(経済産業省に相当)は「ムン産業通商資源相が5日、ポーランド・ワルシャワでPiotr Naimskiエネルギー・インフラ特任大使と会い、原発の受注活動とともに水素・バッテリーなどのエネルギー分野における協力について話し合った」と伝えた。

    Naimski特任大使は、ポーランドのエネルギー政策の決定を主導する核心的な人物で、今回の面談にはポーランドのエネルギー分野および原発事業に関する政府の高官たちも多数同席した。ムン産業通商資源相はこの場で、ポーランドが推進中である新規原発事業に韓国企業が参加できるよう、関心と支援を要請した。

    ムン産業通商資源相は「発電会社“韓国水力原子力(KHNP)”を中心とした “チームコリア”が、ポーランドの原発事業の成功的な推進のための事業提案書を準備している」とし「韓国の原発における技術的特性だけでなく、技術移転・人材養成方案などを反映させ、来年上半期中にポーランド政府に提出する」と伝えた。

    また「韓国が受注したUAE(アラブ首長国連邦)の原発事業が成功的に推進中だ」と紹介し、ポーランドの原発事業においても適正予算と適時の施工に対する自信を示した。

    さらにムン産業通商資源相は「米韓首脳間の合意を通じて、米・韓・ポーランドの3か国間におけるポーランド原発事業協力を推進することのできる基盤を整えている」と強調した。

    韓・ポーランドの双方は、CCUS(二酸化炭素回収・貯留)・バッテリーなどのエネルギー分野での協力方案についても意見を交換し、原発・水素などのエネルギー分野で具体的な協力方案を論議することのできる窓口として、韓国の産業通商資源部とポーランドの気候環境省間のエネルギー共同委員会を新設し、来年上半期中の会議の開催に合意した。

    また「今回、ムン産業通商資源相のポーランド訪問をきっかけに、韓国水力原子力・トゥサン(斗山)重工業・デウ(大宇)建設などが、ポーランドの電力産業協会およびエンジニアリング・建設企業と原発分野での協力業務協約(MOU)5件を締結し、ポーランドの原発事業進出のために協力していくことに合意した」と産業通商資源部は明らかにした。


    WOWKorea 2021/11/06 15:51配信
    https://s.wowkorea.jp/news/read/321839/

    引用元: ・【韓国】ムン・スンウク産業通商資源相、ポーランドの新規原発受注に「総力」[11/6] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【UAEで失敗していまだ作れてないのに 【韓国】ムン・スンウク産業通商資源相、ポーランドの新規原発受注に「総力」[11/6] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/05/20(木) 12:56:14.62 ID:CAP_USER
    2021年5月19日、韓国・デジタルタイムズは「先月の船舶受注量で中国が韓国を抑えて世界1位となった」とし、「今年に入りコンテナ船の発注が急増したが、海外発注のほとんどを中国が受けた結果だ」と分析した。

    記事によると、造船・海運分析機関の英クラークソン・リサーチが集計した4月の世界のコンテナ船受注実績で韓国は0を記録し、中国に月間受注1位の座を明け渡した。韓国の4月の全体の受注量は119万CGT(34隻、39%)だった。

    一方、中国はコンテナ船の受注量66万8000CGTを含む164万CGT(53隻、54%)の受注に成功した。先月の世界の船舶受注量305万CGTのうち54%を占めたという。

    これはスイスの船社MSCやフランスの船社CMA CGMの大量発注を始めとする海外からの発注が増えたためとみられている。中国のコンテナ船受注はこれまで、自国の物量の割合が64~100%に達していたが、今年は5.7%に過ぎなかったという。

    ただ、韓国の関連業界は「4月は中国に1位の座を明け渡したが、悲観する必要はない」とみている。最近は全船種の発注が急増したことで韓国の主要造船会社のドックがほとんど埋まっており、今年契約を結んでも引き渡し期間は最長2025年にまで延びている。これを受け海外のコンテナ船社は、ドックが比較的空いていて引き渡しが早い中国の造船会社に目を向けている状況。そのため「もしこの状況が続けば中国も韓国と同じ状況となり、結局は需要が供給を上回って船価上昇につながる可能性がある」と分析しているという。

    これに韓国のネットユーザーからは「中国の船を買ったところで『韓国に頼めばよかった』と後悔することになる」「中国の船は信頼できるの?強風が吹いたら倒れてしまいそう」「韓国が全て請け負うことはできない。高い技術を要しないものは中国に頑張ってもらおう」「中国が受注したのは全て韓国が捨てたもの!」など強気なコメントが多数寄せられている。

    一方で「中国が成長すれば韓国の成長が止まる。気を付けよう」「中国に追い抜かれるのも時間の問題だ」と韓国の造船業界の今後を心配する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本)

    Record China    2021年5月20日(木) 12時20分
    https://www.recordchina.co.jp/b876730-s25-c20-d0191.html

    引用元: ・【中韓友好】世界の船舶受注、韓国が中国に1位の座を明け渡す=韓国ネットは余裕しゃくしゃく?「全て韓国が捨てたもの」[5/20] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【物は言いようw 【中韓友好】世界の船舶受注、韓国が中国に1位の座を明け渡す=韓国ネットは余裕しゃくしゃく?「全て韓国が捨てたもの」[5/20] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/05/03(月) 20:48:30.93 ID:CAP_USER
    no title

    ▲脱硝装置(HSDエンジン提供)=(聯合ニュース)

    【昌原聯合ニュース】韓国の船舶用エンジンメーカー「HSDエンジン」は3日、国内業界としては初めて日本の造船業者から船舶用低圧型脱硝装置(LP―SCR)を受注したと発表した。

     同社が2013年に世界で初めて独自技術で開発した同装置は排ガスに含まれる窒素酸化物(NOx)を90%以上除去することができるもので、現時点では最高レベルにあるという。

     16年に韓国技術大賞産業通商資源部長官賞などを受賞した同製品は、サムスン重工業や大宇造船海洋などの国内造船大手や国外の造船所も使用している。

     同社は今回の受注について、環境規制に対応するための製品への要求レベルが高い日本市場で品質や技術力が認められたことに意味があると説明した。取引先の企業名や取り引きの規模など関連情報は公開しないという。

    朝鮮日報 記事入力 : 2021/05/03 16:10 聯合
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/05/03/2021050380164.html

    引用元: ・【韓国船舶用エンジンメーカー】排ガス浄化装置を日本企業から受注 企業名や取り引きの規模など関連情報は公開しないという [5/3] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【都合の良いNO-JAPANだねえ 【韓国船舶用エンジンメーカー】排ガス浄化装置を日本企業から受注 企業名や取り引きの規模など関連情報は公開しないという [5/3] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/06/04(木) 09:28:08.99 ID:CAP_USER
    韓国がカタールから液化天然ガス(LNG)運搬船100隻を受注したというニュースでジャックポットを引き当てた外国企業がある。LNG貨物タンクの基本技術を持つフランスのGTTだ。

    LNG運搬船1隻を建造するたびにロイヤルティとして100億ウォン(約8億8470万円)を韓国の造船会社から受け取る。予定通りカタールに100隻を引き渡せば1兆ウォンが支払われる格好だ。

    造船業界も半導体のように「素材・部品・装備の国産化」が急がれるという指摘が出る。韓国政府はLNG貨物倉開発を国策課題に選定することにした。

    ◇造船会社の利益に匹敵するロイヤルティ

    3日の業界によると、現代重工業、大宇造船海洋、サムスン重工業の韓国造船大手3社は17万立方メートル以上の大型LNG運搬船1隻を建造するたびに船体価格約2000億ウォンの5%に当たる100億ウォンをGTTにロイヤルティとして払っている。

    昨年韓国の造船業界が受注した大型LNG運搬船が51隻であることを考慮すると、ロイヤルティだけで約5100億ウォンを支払ったと推定される。造船会社がLNG運搬船1隻を建造する時に残る収益の5~7%と同水準の金額だ。

    造船大手3社は1日、カタール国営石油会社のカタールペトロリアムと23兆ウォン規模で100隻以上のLNG運搬船スロット予約契約を結んだ。100隻をすべて建造すればロイヤルティだけで1兆1500億ウォンをGTTに払わなければならない。「芸は韓国が演じ、金はフランスがもらう」という指摘が出る理由だ。

    貨物倉はLNG運搬船の核心技術だ。氷点下163度で液化したLNGを運送する過程で波など外部衝撃により船舶が揺れる時でも安定した状態を維持する役割をする。

    韓国が1990年代までLNG運搬船市場を独占していた日本を追い越すことができたのも貨物倉のおかげだ。日本が球型のモス型LNG運搬船に固執する間に韓国はボックス形のタンクを装備したメンブレン型を導入して市場を掌握した。

    メンブレン型はモス型より積載量を40%ほど増やせる。ただ特許をGTTが持っており費用負担問題が提起され続けてきた。

    韓国を追撃している中国の造船会社がGTTの技術を使っていることも潜在的脅威要因だ。造船業界は今回のカタールからの超大型受注により韓国の技術力が中国より大きく上回っているという事実が立証されたとし、「LNG運搬船超格差」に自信を持った。だが基本技術の自立がなければいつでも中国に追撃されかねないという指摘が出る。

    ◇「韓国型貨物倉」後続開発始動

    造船業界と韓国政府もこれに対する問題意識はある。中国との競争がますます激しくなるだけにロイヤルティ支出を減らして原価競争力を高め、利益率も改善しなければならない課題は「足下の火」だ。

    造船大手3社は発注元である韓国ガス公社とともに2014年に韓国型貨物倉である「KC-1」を開発してLNG運搬船4隻を建造した。だが設計ミスで貨物倉で結露する問題が発生し、このうち2隻の運航が中断された。

    現代重工業「ハイメックス」、大宇造船海洋の「ソリダス」など韓国の造船業界が独自に開発した貨物倉設計技術もまだLNG運搬船に採用された事例はない。

    造船業界関係者は「大規模な量を先物で契約するLNG取引の特性上、船主はLNG運搬船を発注する際に船舶の安全性を最も重要な基準とする。船主が検証されたGTTの技術を望むため現在としては国産技術の採用は難しい」と話す。

    造船大手3社と韓国政府は後続モデル開発を推進している。産業通商資源部は次世代LNG貨物倉研究開発事業を国策課題に選定し来月公告する予定だ。KC-1の品質を改善して安全性を高めることが骨子だ。LNG気化率(蒸発率)を低くし生産単価を下げることに焦点を合わせた。

    産業通商資源部関係者は、「業界の意見を取りまとめて開発計画を策定する段階。これを通じて具体的な事業費用と期間を確定する方針」と話した。


    中央日報/中央日報日本語版2020.06.04 09:13
    https://japanese.joins.com/JArticle/266654?servcode=300&sectcode=300

    引用元: ・【韓国】LNG運搬船受注ジャックポット歓呼の裏に…仏から「1兆ウォンの請求書」 「素材・部品・装備の国産化」が急がれる[06/04] [荒波φ★]

    【なんか裏がある契約なのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ