まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:反対

    1: まぜるな!キケン!! 2021/07/14(水) 19:28:24.38 ID:CAP_USER
    https://www.recordchina.co.jp/b879426-s25-c50-d0201.html

    23日に開幕予定の東京五輪に対し、最も批判的な国は韓国であることが分かった。14日、韓国メディア・ニュース1が伝えた。

    記事は14日に朝日新聞が報じた世論調査の結果を紹介。5月21日から6月2日まで、28カ国の成人1万9510人を対象にした調査によると、回答者の57%は東京五輪開催に「反対」の意思を示し、「賛成」の43%を上回ったという。うち、「反対」の割合が最も高い国は韓国(86%)で、開催国である日本(78%)やアルゼンチン(69%)、カナダ(68%)などが後に続いた。

    東京五輪に関心があるかという質問に対しては、「まったくない」(29%)と「あまりない」(25%)の合計が「ややある」(30%)と「とてもある」(16%)の合計を上回った。国別に見ると、インドや南アフリカ共和国、中国などでは55%以上が東京五輪に関心を示したが、日本や韓国、フランス、ドイツなどでは関心を示した人の割合が35%未満だった。

    この記事を見た韓国のネットユーザーからは、「14%は親日派ということ」「賛成派が14%もいることがすごい」「開催には賛成だけど韓国の参加には反対なんでしょ」「コロナ禍で五輪開催なんてあり得ない。取り返しのつかないことになったら日本やIOCが責任を取れるのか?」「韓国国民の大多数が五輪のボイコットを望んでるのに、文大統領はまだ参加しようとしてる。選手に個人資格で出場させるか補償金を与えるかしてボイコットすべき」「開催国の日本ですら78%が反対してるのに、それでも若い選手たちを参加させる必要が?」など、韓国選手の参加に反対するコメントが相次いでいる。(翻訳・編集/丸山)

    引用元: ・【五輪】韓国人の86%が東京五輪の開催に反対=韓国ネット「ボイコットすべき」「日本やIOCが責任を取れるのか?」[07/14] [ろこもこ★]

    【五輪招致時から妨害してきたんだからな 【五輪】韓国人の86%が東京五輪の開催に反対=韓国ネット「ボイコットすべき」「日本やIOCが責任を取れるのか?」[07/14] [ろこもこ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/06/14(月) 11:31:17.50 ID:CAP_USER
    ※自動翻訳

    日、現在の亞唯一のG7国で自国の影響力縮小懸念

    no title





    G7サミットに出席するため英国を訪問中のムン・ジェイン大統領(前列右二番目)が12日(現地時間)、英国コーンウォールカーサービスベイで参加国の首脳と記念撮影をしている。(青瓦台提供)2021.6.13 /ニュース1

    (ソウル=ニュース1)最終日の記者=主要7カ国(G7)を韓国、オーストラリアなどが含まれるように拡大する案に日本が反対の立場を伝えたと日経新聞が13日報じた。

    新聞は、匿名のG7関係者を引用して「日本が英国側にゲスト国として韓国とオーストラリア、インドを呼ぶのはいいがG7構造の拡大には反対するという立場を示した」と伝えた。

    G7構造が拡大されると、アジア唯一のG7国で影響力を維持しようとする日本としては厄介な状況に置かれるということが、日本の反対の理由と新聞は伝えた。

    それとともに、日本の立場伝達が成果があってか、一時浮上したG7拡大論は首脳会議が開催され、ほぼ消えたと伝え、ジュリアロングボトム駐日大使の発言を紹介した。

    ロングボトム大使は、今回のG7サミット開幕直前取材陣に「英国はG7の構造拡大を提案していない。G7が民主主義国家としての価値観を最も多く共有することができる桁」と述べた。

    今回のG7サミットの議長国の英国のボリス・ジョンソン首相は、先に首脳会議開幕戦の声明を通じ、韓国とオーストラリア、インド、南アフリカ共和国を加えた枠組みを「民主主義11(D11)」と呼び、G7拡大の意向を伝えた。

    韓国とオーストラリア、インド、南アフリカ共和国が加勢したD11を全世界の民主主義陣営の結束の象徴として育て、また、これらの国同士のサプライチェーンまで共有すると、より効果的に中国を牽制することができるという腹案だ。

    鉱物資源が豊富なオーストラリアと南アフリカ共和国が含まれる場合、複数のサプライチェーン(サプライチェーン)で、中国への依存度を下げることができるというものである。

    日経新聞は「すぐに」D11サミット」の実現はなさそうだ」と言いながらも経済的に中国が米国の国内総生産(GDP)を10年以内に追い越すだろうという展望が優勢のでD11構想やG7拡大論は続く提起されるようだと伝えた。

    allday33 @ news1.kr 入力2021.06.13。午後5:38
    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&;;mid=shm&sid1=104&sid2=231&oid=421&aid=0005411746

    ★1が立った日時 2021/06/13(日) 19:10:40.18
    ※前スレ
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1623624157/

    引用元: ・【G7】韓国などが含まれる拡大論に「日本が反対」★5 [6/14] [昆虫図鑑★]

    【反日政策三昧やってきてたのに【G7】韓国などが含まれる拡大論に「日本が反対」★5 [6/14] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/07/05(日) 22:19:31.71 ID:CAP_USER
    権力捜査を阻止すべく指揮権乱用、法制司法委員長の座を野党から奪い他も与党で独占
    (中略:秋美愛(チュ・ミエ)法務長官の指揮権発動、「ハエを捕まえるために宝剣を抜いた」)

     一度も経験したことのない国を作る、と(文大統領が就任式で)述べていたが、本当に国が大きく変化した。3年前には考えられなかった事が、当たり前のように起きる。金泳三(キム・ヨンサム)、金大中(キム・デジュン)両元大統領は息子が、盧武鉉、李明博(イ・ミョンバク)両元大統領は実兄が、任期中に投獄された。自身が任命した検察総長に後頭部を殴られたようなものだ。

    それでも検察に嫌みを言う政権はなかった。文政権は検察の捜査が青瓦台(韓国大統領府)の周囲に及ぶと、指揮部をまるごと左遷した。検察総長を侮辱し、あざけり「これでも辞任しないつもりか」とまるで暴力団のように脅迫する。大統領の手を血で汚さずに追い出そうというわけだ。政権を狙った捜査を権力で阻止することは、米国では大統領弾劾の事由になる。文在寅政権ではそれを検察改革と呼ぶ。
    (中略)

     盧武鉉元大統領は、大統領選挙で自身が受け取った(違法な)選挙資金が(対抗する)ハンナラ党の10分の1を少しでも超えたら政界を引退すると述べていた。自身が所属する政派が相手よりクリーンだという自負心、あるいはクリーンでなければならないという強迫観念にも似たものがあった。

    文大統領は正反対の計算をしているようだ。自分たちの方がはるかに正当に生きてきたため、相手より10倍ほど過ちを犯しても見逃されるべき、というわけだ。秋長官は文政権の「うちでの小づち」である「親日フレーミング」を振りかざして検察を追い込む。「解放されて、皆が大韓民国万歳を叫んでいることも知らず、日帝警察の力を借りる」と主張する。文政権の味方につけば独立軍、反対につけば日帝だ。

     4月の総選挙の後に姉妹政党が合併した結果、共に民主党の176議席が野党「未来統合党」の103議席を圧倒的に上回ると、「光復」だと言う。12年前も総選挙の後、保守統合によってハンナラ党172議席、民主党83議席になったことを「日帝合併」と言った。その総選挙の直後、狂牛病(BSE、牛海綿状脳症)騒動が発生した際には「脳にぼこぼこ穴が開いて死ぬ」というデマが流れ、ソウル中心部の光化門広場がろうそくデモの参加者でいっぱいになった。デモ隊の愛唱曲は「大韓民国は民主共和国だ。大韓民国の全ての権力は国民から生ずる」だった。大韓民国憲法第1条に照らして米国産牛肉の輸入を決めた李明博政権を攻撃した。

     そのパロディを先日、記事のコメント欄で見つけた。あるネットユーザーが「大韓民国は文主共和国だ。大韓民国の主権は文在寅にあり、全ての権力は文在寅から生じる」と書き込んでいた。2020年の大韓民国の統治組織と統治作用の基本原理を説明する憲法は、この1行で十分だろう。

    この国の主人は文在寅政権であり、それゆえ思い通りに国を運営すると意欲を見せる。憲法も372条まで長ったらしく定める必要がない。「犯罪の成立と処罰は、行為時の法律に基づく」という第1条1項を「犯罪の成立と処罰は文在寅に対する賛成・反対に基づく」と書き替えれば済む。文政権に背く「反文」なら有罪、文政権を支持する「親文」なら無罪だ。実際に、世の中がそのように変わってきているではないか。

    金昌均(キム・チャンギュン)論説主幹
    no title


    ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版<【コラム】大韓民国は文主共和国、全ての権力は文から生ずる>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/07/03/2020070380116.html

    引用元: ・【韓国】 大韓民国は文主共和国、全ての権力は文から生ずる~文政権の味方につけば独立軍、反対につけば日帝だ[07/05] [蚯蚓φ★]

    【元からそんな国じゃんwwww【韓国】 大韓民国は文主共和国、全ての権力は文から生ずる~文政権の味方につけば独立軍、反対につけば日帝だ[07/05] [蚯蚓φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/06/28(日) 13:12:00.58 ID:CAP_USER
    トランプ米大統領が5月に表明した先進7カ国首脳会議(G7サミット)拡大構想を巡り、日本政府高官が米政府に対し、韓国の参加に反対する考えを伝えていたことが27日、分かった。

    中国や北朝鮮への外交姿勢がG7と異なると懸念を示し、枠組みの維持を求めた。米側は「トランプ氏が最終判断する」と応じた。

    複数の日米外交筋が明らかにした。韓国政府はG7参加を歓迎しており、反発は必至だ。

    日本側の対応にはアジアから唯一G7に参加する外交的優位を守る思惑もある。安倍晋三首相の意向を踏まえたとみられる。

    歴史問題などで対立する日韓関係の冷却化を進める可能性がある。

    https://this.kiji.is/649716282820363361



    Naverニュース最も多く見たニュース(世界)

    1位 【速報】「日本、『G7拡大して韓国を参加させることに反対』を表明」
    2位 【速報】「日本、『G7拡大して韓国の参加に反対』 共同通信」
    4位 【速報】日本共同通信「日本、G7拡大して韓国の参加に反対表明」

    引用元: ・【火つけ】共同通信「日本が韓国のG7参加に反対」→ 韓国発狂 ★2 [動物園φ★]

    【日本だけじゃないっていうのに 【火つけ】共同通信「日本が韓国のG7参加に反対」→ 韓国発狂 ★2 [動物園φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/04/27(月) 17:55:28.34 ID:CAP_USER
    2020年4月26日、韓国・聯合ニュースは、「新型コロナウイルス感染症で困難に直面している日本が、
    韓国からの支援を内心期待しながら、公式的な意思表明ができずにいるかのように見える」と報じた。

    記事は、「日本は新型コロナ対応に必要な物品などが不足している状況にありながら、日本政府は韓国に公式な支援要請をしていない」と指摘。
    「しかし、実務レベルや自治体単位で韓国に支援を求める動きが出ている」とし、韓国領事館に、日本の地方自治体などからマスクの供給依頼や、
    韓国製検査キットに関する問い合わせが寄せられていることを紹介している。

    一方、韓国外交部は「日本側からはまだ政府レベルで支援要請があるわけではない。
    具体的に日本に対して支援を検討する段階ではない」との立場を示しているという。

    記事は、「日本政府からの公式要請の有無にかかわらず、韓国が人道的な観点から支援すれば、
    韓国に対する日本の世論にも影響を与えることができるとの分析も出ている」と伝えている。

    これに、韓国のネットユーザーからは、「日本政府からの公式な要請があってから対応すべきだ」
    「日本政府の要請があるまで動くべきではない」などと、支援は要請を受けて検討すべきとの声が上がっている。

    また、「過去の歴史への反省がないまま支援するのは絶対に反対だ」 「両国の関係は最悪なのに、韓国が先に手を差し伸べるの?」
    「人道主義には例外もある。日本は対象外」などと支援そのものに否定的なコメントも。

    そのほか、「日本は自尊心を守りたいのか?」 「韓国で新型コロナの感染が拡大した時に日本は何かしてくれた?」
    「日本は先進国なのだから、自国で解決せよ」などといった厳しい声も上がっている。
    https://www.recordchina.co.jp/b801475-s0-c10-d0155.html

    引用元: ・【韓国メディア】 新型コロナで「日本は韓国の支援を内心期待?」 韓国ネット「過去の歴史への反省がないまま支援するのは絶対に反対だ」 [影のたけし軍団ρ★]

    【誰も頼んで無い 【韓国メディア】 新型コロナで「日本は韓国の支援を内心期待?」 韓国ネット「過去の歴史への反省がないまま支援するのは絶対に反対だ」 [影のたけし軍団ρ★]】の続きを読む

    このページのトップヘ