まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:原発

    1: まぜるな!キケン!! 2022/01/19(水) 08:00:53.65 ID:CAP_USER
    サウジアラビアを訪問中のムン・ジェイン(文在寅)韓国大統領は18日(現地時間)、ムハンマド・ビン・サルマーン皇太子と会い「UAE(アラブ首長国連邦)のバカラ原子力発電所事業を常業運転まで成功的に遂行するなど、(韓国は)サウジアラビアの原発産業において最適なパートナーになるものと確信する」と語った。

    文大統領はこの日の午後、首都リアドのヤママ宮でムハンマド皇太子と公式会談をもち「韓国の原発技術は、世界最高レベルの経済性と安全性を備えている」と語ったと、青瓦台(韓国大統領府)の報道官が会見で伝えた。

    文大統領とムハンマド皇太子は、サウジアラビアの現地原発市場進出および兵器輸出に関する対話を交わした。しかし文大統領の言及にも、この日新たな市場進出契約の知らせなどは伝えられなかった。

    文大統領は防衛産業分野について「両国の国防協力が飛躍的に拡大し、うれしい」とし「現在、韓国の優秀な防衛産業物資の導入のための交渉が進められているが、よい結実があることを期待する」と語った。つづけて「韓国は兵器システムの単純輸出を越え、技術移転を通じたサウジアラビア内の現地生産が可能となるよう、最大限協力していく」と語った。

    2022/01/19 07:50配信
    Copyright(C) herald wowkorea.jp 96
    https://s.wowkorea.jp/news/read/331789/

    引用元: ・【文大統領】サウジに「韓国の原発は世界最高、最適なパートナーになる」 [1/19] [新種のホケモン★]

    【嘘つきの自画自賛 【文大統領】サウジに「韓国の原発は世界最高、最適なパートナーになる」 [1/19] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/01/16(日) 23:04:54.86 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国の与党「共に民主党」の大統領選候補、李在明(イ・ジェミョン)前京畿道知事は16日、自身のフェイスブックで東京電力福島第1原子力発電所の処理済み汚染水の海洋放出問題に強力に対応すると明言した。

     李氏は日本がさまざまな憂慮と反対にもかかわらず、汚染水の放出計画を強行しているとして、「情報公開と検証がない放出計画は歴史、領土問題に続き、韓日両国の未来志向的な関係構築にも大きな障害となる」と指摘。「水産物の安全と国民の生命を守る」とし、「一方的な放出に対する強力な外交的対応とともに、経済的な被害と水産物の安全に積極的に備える」との公約を掲げた。 

     また、「放射能調査を強化し、安全管理制度である『許容物質目録管理制度』を導入し、日本の放射能汚染水産物の輸入を徹底的に防ぐ」との公約も表明した。

     保守系最大野党「国民の力」の大統領選候補である尹錫悦(ユン・ソギョル)前検事総長がメディアとのインタビューで、原発自体が崩壊したわけではなく、放射能流出はなかったと発言したことを取り上げ、「弱腰の外交で福島原発の放射能汚染水の危険から目をそらすことは国民の生命と安全に目をつぶることと同じ」と非難した。

     その上で、「国民の安全を守ることについては過剰対応と評価されるほど強力に対処する」と強調した。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/01/16/2022011680009.html

    引用元: ・【韓国】日本の原発汚染水放出に「強力対応」 韓国大統領選与党候補が公約 [動物園φ★]

    【日韓関係は更に善くなるわなw 【韓国】日本の原発汚染水放出に「強力対応」 韓国大統領選与党候補が公約 [動物園φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/11/07(日) 04:07:36.68 ID:CAP_USER
    韓国のムン・スンウク(文勝ウク)産業通商資源相はポーランド政府に、韓国企業がポーランドの原子力発電事業に参加できるよう支援を要請した。ポーランド政府は、2043年までの計6基の原子力発電所建設計画などが盛り込まれた「2040エネルギー戦略」をことし2月に承認し、原発建設を推進している。

    また韓国とポーランドは、原発などエネルギー分野での協力を論議するためのエネルギー共同委員会を設立し、来年上半期に開催する。

    韓国の産業通商資源部(経済産業省に相当)は「ムン産業通商資源相が5日、ポーランド・ワルシャワでPiotr Naimskiエネルギー・インフラ特任大使と会い、原発の受注活動とともに水素・バッテリーなどのエネルギー分野における協力について話し合った」と伝えた。

    Naimski特任大使は、ポーランドのエネルギー政策の決定を主導する核心的な人物で、今回の面談にはポーランドのエネルギー分野および原発事業に関する政府の高官たちも多数同席した。ムン産業通商資源相はこの場で、ポーランドが推進中である新規原発事業に韓国企業が参加できるよう、関心と支援を要請した。

    ムン産業通商資源相は「発電会社“韓国水力原子力(KHNP)”を中心とした “チームコリア”が、ポーランドの原発事業の成功的な推進のための事業提案書を準備している」とし「韓国の原発における技術的特性だけでなく、技術移転・人材養成方案などを反映させ、来年上半期中にポーランド政府に提出する」と伝えた。

    また「韓国が受注したUAE(アラブ首長国連邦)の原発事業が成功的に推進中だ」と紹介し、ポーランドの原発事業においても適正予算と適時の施工に対する自信を示した。

    さらにムン産業通商資源相は「米韓首脳間の合意を通じて、米・韓・ポーランドの3か国間におけるポーランド原発事業協力を推進することのできる基盤を整えている」と強調した。

    韓・ポーランドの双方は、CCUS(二酸化炭素回収・貯留)・バッテリーなどのエネルギー分野での協力方案についても意見を交換し、原発・水素などのエネルギー分野で具体的な協力方案を論議することのできる窓口として、韓国の産業通商資源部とポーランドの気候環境省間のエネルギー共同委員会を新設し、来年上半期中の会議の開催に合意した。

    また「今回、ムン産業通商資源相のポーランド訪問をきっかけに、韓国水力原子力・トゥサン(斗山)重工業・デウ(大宇)建設などが、ポーランドの電力産業協会およびエンジニアリング・建設企業と原発分野での協力業務協約(MOU)5件を締結し、ポーランドの原発事業進出のために協力していくことに合意した」と産業通商資源部は明らかにした。


    WOWKorea 2021/11/06 15:51配信
    https://s.wowkorea.jp/news/read/321839/

    引用元: ・【韓国】ムン・スンウク産業通商資源相、ポーランドの新規原発受注に「総力」[11/6] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【UAEで失敗していまだ作れてないのに 【韓国】ムン・スンウク産業通商資源相、ポーランドの新規原発受注に「総力」[11/6] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/11/05(金) 07:40:31.81 ID:CAP_USER
    小ネタですが、もう無茶苦茶なのでご紹介せざるを得ません。

    現在、韓国の文在寅大統領大統領は、『G20』『COP26』に出席した後、ハンガリーを訪問しました。

    ハンガリーのアーデル・ヤーノシュ(Áder János)大統領と会談を行い、その後共同声明が出されたのですが……。

    https://i.imgur.com/M6j7LwN.jpg

    ⇒参照・引用元:ハンガリーメディア『ORIGO』「Áder János: Dél-Korea az egyik legfontosabb befektető Magyarországon」/
    https://www.origo.hu/gazdasag/20211103-ader-janos-del-korea-befektetes.html
    スクリーンショット

    上掲のようにハンガリーメディア『ORIGO』でも「アーデル・ヤーノシュ大統領がハンガリーの最大の投資パートナーである韓国の大統領と会談」と大きく報じられています。

    実は、ハンガリーにとって韓国はお金を入れてくれる投資国で、ハンガリーへの投資金額は2019年にドイツを抜いており、これまでに50億ドル以上を突っ込んでいるのです。

    それはともかく、この中に見逃せない文があるのです。

    『ORIGO』の記事から一部を以下に引用します。

    (前略)
    アーデル・ヤーノシュ大統領はまた、火曜日のグラスゴー気候サミットで韓国大統領と会談し、両国の目標はいくつかの点で合意していると述べた。

    両国は2050年までにカーボンニュートラルを達成することを目指しているが、原子力の利用なしには実現が不可能であると合意した。
    (後略)

    「ちょっと待ってくれ!」です。

    脱原発を公約に掲げて大統領になり、この公約のために原発に携わる企業を左前にし、韓国のエネルギーインフラ政策を歪めておいて……これです。

    確かに、韓国政府が公表した「2050カーボンニュートラル」のシナリオは、2050年でも総電力生産量量に占める原発の割合は「6.1%」(A案)あるいは「7.2%」(B案)ですから、ゼロではありませんし、これをもって「原発は要るという表明だ」――と強弁するなら確かにそうかもしれません。

    しかし、韓国内では「原発は要る」といった態度はおくびにも出さないのに、海外に出たらこのような言動をするというのはいかがなものでしょうか。

    この発言の裏には、あわよくば欧州に原発を輸出したいという思惑もあるものと思われます。なにせウクライナへの原発輸出を目論むぐらいですので。

    マネーワン 2021/ 11/05
    https://money1.jp/archives/65687

    引用元: ・【ちゃぶ台返し】文大統領「原発がないと炭素中立はできないですよ」 [11/05] [新種のホケモン★]

    【でもお前さん反対だったよね? 【ちゃぶ台返し】文大統領「原発がないと炭素中立はできないですよ」 [11/05] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/10/19(火) 18:04:22.33 ID:CAP_USER
    各国が先を争って「カーボンニュートラル(炭素中立)政策」を推進している中、エネルギー大乱が起こったことで原子力発電が再び注目されている。韓国でも官民合同機関である「2050炭素中立委員会」(炭中委)が「2030年までに、2018年より40%削減する」という目標を掲げたことで、原子力発電の割合が2018年(23.4%)より0.5%高い23.9%に引き上げられた。

    結局、炭中委が電力生産で化石燃料を減らし新再生エネルギーを大幅に拡大するための中間段階においては「原発を増やすしかない」ということを認めたことになる。専門家たちはさらに「ムン・ジェイン(文在寅)政府が核心国政課題として “脱原発”を推進してきた政策基調を変えるべきだ」と助言した。

    きょう(19日)炭中委の「2030国家温室ガス削減目標(NDC)引き上げ案」には、2030年の原子力発電量削減案が146.4TWh(テラワットアワー)となっていて、2018年(133.5TWh)より12.9TWh増加している。また電力供給全体において原子力が占める割合も、23.4%から23.9%へと0.5%増加した。炭中委のNDC引き上げ案は現在まで「勧告案」だが、今月末の国務会議を通過すれば確定されることになる。

    原発の安全問題を理由に「脱原発」を掲げてきた文政府が、原理力発電の割合を増やす案を推進するのは、新再生エネルギーの不安定なエネルギー需給の懸念によるものだと分析される。石炭発電は原料だけあれば電力生産が可能だが、新再生エネルギーは日照量や風量など自然環境などにより差が生じるしかない。石炭発電を減らし新再生発電を大幅に拡大しようとすれば、電力需給の安定のために原子力発電を一定の割合以上維持することが避けられないということだ。

    各国が競って推進しているカーボンニュートラル政策により天然ガスの価格が暴騰(ぼうとう)していることから、英国とフランスなど主要国家も最近になって再び原子力発電の割合を増やしている。

    福島原発事故を経験した日本も6%である原発の割合を、2030年には20%以上増やすことにするなど、先進国の「原発Uターン」が進んでいる。

    あるエネルギー分野の専門家は「気候の変化に大きく左右される太陽熱・風力だけでは炭素中立達成が不可能だという認識が拡がったことで、原発が再び注目されている」とし「炭素中立のために、現韓国政府のエネルギー転換政策(脱原発政策)を変えるべきだ」と助言した。


    WOWKorea 2021/10/19 15:42配信
    https://s.wowkorea.jp/news/read/319423/

    引用元: ・【大韓民国】「脱原発」訴えてきた文政府…“原発の比重目標”引き上げる [10/19] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【つまり排水も増やすんでしょ? 【大韓民国】「脱原発」訴えてきた文政府…“原発の比重目標”引き上げる [10/19] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    このページのトップヘ