まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:南アフリカ

    1: まぜるな!キケン!! 2021/06/22(火) 09:56:16.91 ID:CAP_USER
    韓国証券市場のMSCI先進国指数編入が今年も失敗に終わった。モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)が作ったMSCI指数に基づいて動く資金は昨年末基準で14兆5000億ドルに達する。韓国証券市場はMSCI新興国指数に含まれている。世界の証券市場で国別時価総額8位に当たる韓国証券市場が政府の無関心の中でまともに評価されずにいるという指摘が出ている。

    21日の証券業界によると、MSCIは毎年1回開く6月の定例会議で韓国に対し既存の新興国指数編入を維持することにした。指数に編入するには観察対象国となってから少なくとも1年が経過しなければならない。韓国は2014年に先進国指数編入の前段階である観察対象国から脱落した後、7年連続でそれまでの地位を回復できないまま新興国指数にとどまっている。

    編入不可の根拠は域外のウォン現物市場不在、英文資料不足、外国人投資家登録義務などこれまでと大きく変わらなかった。ここに今年は空売り規制内容が追加された。MSCIは「インドネシア、マレーシア、韓国、トルコ、アラブ首長国連邦などは空売り規制が点数に反映された」とし、「市場インフラ」の評価項目の減点要因だと説明した。

    韓国政府はこれまで為替相場の急変動に対処するのが難しいという理由でMSCI指数の外国為替市場規制緩和要求に消極的だった。昨年の個人投資家の投資が活性化を受け先進国指数編入を推進すべきという声が大きくなったが政府の態度は変わらなかった。KAIST経営学部のイ・ビョンテ教授は「先進国指数編入はコリアディスカウントを解消し韓国の株式市場と企業の価値を引き上げる機会なのにもかかわらず、政府はこれに対し手をこまねいている」と指摘した。全国経済人連合会傘下の韓国経済研究院によると、MSCI先進国指数に編入されれば最小18兆ウォンから最大62兆ウォンの外国人資金純流入が見込まれる。

    ◇MSCI「為替相場・空売りに問題」…韓国政府・金融当局は後手に回る

    韓国総合株価指数(KOSPI)が3000ポイント台で定着してから投資家は株価が一段階レベルアップするイベントを探し始めた。流動性はこれ以上増えれば危険なほど証券市場に怒涛のように流れ込み、企業利益は増えるのに限界があるためだ。そのイベントのひとつが「先進国指数編入」だ。外国人資金流入が増えるだけでなく、高いバリュエーションを与えられれば株価がさらに上がるのを正当化できるからだ。

    だが今年もMSCIは韓国の観察対象国の地位を回復させなかった。これまで指摘した外国為替市場規制などに加え韓国の空売り規制まで問題にした。

    財界と証券業界ではグローバル指数に追従して投資する資金が急激に増加しており、新興国指数での中国の浮上などを考慮すればMSCI先進国指数編入が急がれるとの意見が多い。このまま行けば昨年からの外国人投資家の売り傾向がさらに続くだろうという懸念もある。

    ◇悪化した評価

    21日の証券業界によると、MSCIは指数編入の可否を審査するため年に1度開く定例会議で韓国の新興国指数残留を決めた。これまでと同じく域外外国為替市場がないという点、英文公示資料が不足し企業情報にアクセスしにくいという点、配当金が権利落ち日後に決まる点、外国人投資家の登録手続きが複雑な点などが問題として提起された。

    昨年の評価とは2種類が変わった。通信業種内の外国人株式制限49%の緩和の可能性は肯定的に評価した。国会で株式制限を緩和する法案が発議されている。

    だが空売り規制問題が新たに提起された。MSCIは「KOSPI200とKOSDAQ150指数に編入されていない銘柄に対する空売り再開計画がない」と指摘した。「市場インフラ」項目内の空売りの点数を「問題なし」から「一部問題、改善可能」とした。市場インフラ部門は韓国が先進国指数基準をクリアできない「市場アクセス性基準」で下位項目だ。事実上評価が悪化した。

    続きはソースで
    https://japanese.joins.com/JArticle/279926

    引用元: ・【韓経】南アフリカより評価低かった…韓国証券市場のMSCI先進国指数編入が今年も失敗  [6/22] [昆虫図鑑★]

    【自己評価だけで何もない国【韓経】南アフリカより評価低かった…韓国証券市場のMSCI先進国指数編入が今年も失敗  [6/22] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/05/17(月) 08:50:18.64 ID:CAP_USER
    韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政府発足時に世界上位30%水準だった韓国の生活の質指標が4年で中位圏水準まで低下したという調査結果が公表された。今年の韓国の生活の質は開発途上国の南アフリカ共和国やルーマニアよりも低くなったと評価された。不動産価格の暴騰などに伴う住居費用や生活費の上昇が影響を及ぼしたと分析される。

    16日、グローバル統計サイト「Numbeo」によると、今年韓国の「生活の質(quality of life)」指数は130.02を記録した。評価対象国83カ国中42位だ。世界で最も多くの生活費データベースを保有しているNumbeoは、購買力、所得に対する住宅価格比率(PIR)、生活費、汚染、安全など幅広い分野を評価して生活の質指数を算出している。

    今回の調査の結果、韓国のすぐ上には南アフリカ(39位)、ルーマニア(40位)、プエルトリコ(41位)が位置した。南アフリカとルーマニアは1人あたりの国民所得がそれぞれ韓国の15%、43%水準だ。1~5位はスイス、デンマーク、オランダ、フィンランド、オーストリアなど欧州国家が占めた。

    韓国の生活の質指数は現政権がスタートした2017年だけでも162.49で67カ国中22位だった。それからわずか4年で指数は30ポイント下落し、順位も20ランクダウンした。朴槿恵(パク・クネ)前大統領の任期中、韓国の生活の質指数は小幅で上昇した。2013年23位(135.62)から2016年21位(170.29)で2ランク上がった。

    現政権になって韓国の人生の質指標が大きく悪化したのは住宅価格暴騰と生活費の負担増加が大きな影響を及ぼしたものと分析される。Numbeoによると2021年韓国のPIRは23.63年だった。これは1年分の年俸を一銭も使わないで不動産を買うために概略24年かかることを意味する。この数値は低いほど生活の質には有利だが、韓国は比較対象国109カ国中12位で上位10%水準だ。

    韓国のPIRは2017年には12.38年で、世界42位水準だった。だが、文在寅(ムン・ジェイン)政府になって不動産価格が暴騰してPIRは11年以上高まったし、順位は30ランクも上昇した。それだけ住居の不安定性が高まったと解釈することができる。朴槿恵政府時にPIRが3年(11.52→14.87)の上昇にとどまったこととも対比される。

    生活費指数も悪化した。これも低いほどよいが、韓国の生活費指数は今年81.20で世界14位を記録した。Numbeoは米国ニューヨーク市を100として各国生活費指数を算出している。外食費、消費財価格、食料品価格などが含まれ、住宅費用は除外される。

    韓国の生活費指数は2017年には75.41で19位だったが、4年間に指数は5ポイント上昇して順位は5ランク上がった。今年の韓国の生活費指数は日本(7位・87.77)やシンガポール(10位・85.59)に比べて低いが、フランス(15位・80.62)や香港(16位・79.94)に比べると高い

    https://news.yahoo.co.jp/articles/85b8f942f07ea650d5f242ab8436bfbcdff6335a

    引用元: ・【韓経】「韓国生活の質、開発途上国南アフリカにも及ばない…文政府4年間で20ランク垂直降下で42位」[5/17] [首都圏の虎★]

    【国民の馬鹿さのせいだな 【韓経】「韓国生活の質、開発途上国南アフリカにも及ばない…文政府4年間で20ランク垂直降下で42位」[5/17] [首都圏の虎★]】の続きを読む

    このページのトップヘ