まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:半分

    1: まぜるな!キケン!! 2020/07/13(月) 20:35:08.80 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国でのトヨタ自動車と同社の高級車ブランド「レクサス」の売上高が減少した。
    日本政府による昨年7月の対韓輸出規制強化を受け、韓国で日本製品の不買運動が広がったことが影響した。

    韓国トヨタ自動車が13日に公表した監査報告書によると、2020年3月期通期(19年4月~20年3月)の売上高は
    7980億ウォン(約710億円)で前期比33.4%減少した。

    営業利益は331億9000万ウォンで同51.4%減だった。純利益は509億8000万ウォンから219億6000万ウォンに減った。
    ただ、トヨタはホンダや日産自動車に比べ善戦している。ホンダコリアは営業利益が前年比90%減少し、日産は韓国市場からの撤退を決めた。

    韓国トヨタは今年、日本本社に219億6000万ウォンを配当する。
    18年と16年は無配当だったが、17年は315億5000万ウォンを配当した。
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200713003300882

    引用元: ・【日本製品不買運動】 韓国トヨタ 営業利益が半分に [影のたけし軍団ρ★]

    【NO JAPANだろ 【日本製品不買運動】 韓国トヨタ 営業利益が半分に [影のたけし軍団ρ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/05/31(日) 15:15:43.82 ID:CAP_USER
     第5世代(5G)移動通信システムを世界で初めて商用化した韓国の通信キャリア3社のメンツが傷ついた。韓国通信各社の5Gサービスの接続速度が米通信最大手ベライゾンの半分にも満たないことが分かったからだ。韓国ではまだ28ギガヘルツ帯の電波が利用できないことが原因だ。

     英国の無線通信サービス市場調査会社、オープンシグナルが5Gを商用化している米国、韓国、英国、オーストラリアの通信キャリア10社を対象に1月末から3カ月間、5Gサービスの平均速度(ダウンロード基準)を測定した結果、米ベライゾンが506.1メガビット毎秒(Mbps)で最速だったことが分かった。以下、韓国勢が2-4位を占め、LGユープラス(237.8Mbps)、SKテレコム(220.6Mbps)、KT(215.0Mbps)の順だった。いずれもベライゾンの半分以下の速度だった。ただ、速度だけでなく、接続時間などを考慮した総合的な5Gサービス品質を比較すると、全般的には韓国が最も高い水準にあると分析された。

    ■周波数の差が速度の差を生む

     通信キャリアによって、5Gの接続速度と接続可能時間に差が出るのはサービスに使われる周波数に違いがあるからだ。オープンシグナルによると、5G専用の周波数帯である28ギガヘルツ帯(ミリ波)をサービスに使用しているのはベライゾンだけだという。一般的に電波は周波数が高いほど、伝送できるデータ量も増える。

     SKテレコム、KT、LGユープラスなど韓国の通信キャリアは昨年、5Gサービスを開始するに当たり、28ギガヘルツ帯を除き、第4世代(4G)よりもやや高い3.5ギガヘルツ帯、いわゆるミッドバンドの周波数だけを使用してきた。このため、韓国の5Gサービスを巡っては、サービス開始初期から「速度が出ないのではないか」とする指摘があった。消費者の間からも「5万-10万ウォンという高い料金を払ってもまともに5Gの性能を享受できずにいる」という不満が相次いでいる。

     最も速度が劣る米AT&T、Tモバイルは850メガヘルツ帯、600メガヘルツ帯のローバンドを使用している。周波数が低いとデータ伝送速度は遅くなるが、5Gの電波が障害物に妨げられずに遠くに届くというメリットもある。

     韓国の通信各社は早ければ今年下半期から28ギガヘルツ帯を利用した5Gサービスを構築する予定だ。。

    サービスが始まれば、韓国の通信各社の5G平均速度も500Mbps以上に高まる見通しだ。

    ■「総合的な5G品質は韓国が優秀」と主張

     韓国の通信キャリアはそれでもベライゾン以外の海外通信各社よりは5Gサービスの速度が速いことが分かり、「世界初の5G国家」の体面は保たれた。5位のテルストラ(オーストラリア)は平均サービス速度が157.0Mbpsで、4位KTの73%にとどまった。欧州を代表する通信キャリア、英ボーダフォンは122.1Mbpsで7位にとどまり、米AT&Tは62.7Mbpsで9位、米Tモバイルは47.0Mbpsで最下位だった。AT&TとTモバイルの5G速度はSKテレコムの4G平均速度(63.7Mbps)も下回った。

     一方、加入者が5Gサービスに接続可能な平均時間を測定したところ、正反対の結果が出た。速度が最も遅いTモバイルが使用時間全体の19.8%でトップ。速度1位のベライゾンは0.5%で最下位だった。ベライゾンの場合、500Mbpsという超高速5Gを実際に利用できる時間は24時間で7.2分にすぎない。韓国勢ではSKテレコムが15.4%で2位、LGユープラスが15.1%で3位、KTが12.6%で4位だった。韓国では24時間のうち5Gサービスを3-4時間利用できることになる。

     速度と接続時間を含む全体的品質でいずれも最上位圏に入ったのはSKテレコム、KT、LGユープラスという韓国通信3社だけだった。業界は「総合的な5G品質は韓国が最も高いことを示している」と主張した。

    チ ン・チョルファン記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2020/05/31 14:00

    Copyright (c) Chosunonline.com
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020052980141

    引用元: ・【5G】韓国5Gは世界最高と言っているけれど…速度は米国の半分 [5/31] [新種のホケモン★]

    【分かっててやったんだろうにw【5G】韓国5Gは世界最高と言っているけれど…速度は米国の半分 [5/31] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/06/11(木) 12:47:09.59 ID:CAP_USER
    ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.06.11 09:09

    韓国自動車産業の生態系が崩壊直前状況に追い込まれた。1次打撃は部品会社が受けている。1-3月期の業績が深刻に悪化したのに続き、4-6月期以降は生存も厳しいという見方も出ている。一部の企業は希望退職者を募るなど人員削減に入っている。

    韓国経済新聞が10日、上場部品会社80社の1-3月期の業績を全数調査した結果、半分近い36社が赤字だった。25社は営業利益が減少した。収益性が悪化した企業が全体の76.3%にのぼるということだ。デユエイテック、ソヨンイファ、ソンウハイテック、ファシンなどは100億ウォン(約9億円)以上の赤字を出した。国内2大部品会社ハンオンシステムとマンドも営業利益が半減した。新型コロナウイルス感染症の影響だ。

    売上高も急減した。53社(66.3%)が前年同期比で売上減少となった。エスモ、東洋ピストン エスジェイケイなどは売上高が半分以上も減少した。部品業界の関係者は「いくら小さな部品会社といっても売上高が1年で半減することはほとんどない」とし「部品会社が過去最悪の経営難を迎えているということ」と説明した。

    一部の企業は倒産が懸念される。国内自動車産業の1次協力会社数は4年連続で減少するほど状況が厳しい。昨年も1次協力会社7社が消えた。韓国自動車産業協会などによると、1次協力会社は2018年末の831社から昨年末には824社に減少した。協会関係者は「一部の部品会社は廃業し、一部は海外に出ていった」と説明した。韓国GM、ルノーサムスン自動車、双龍(サンヨン)自動車など中堅自動車企業に納品する協力会社が特に危機を迎えていることが分かった。

    部品業界の危機は雇用の減少につながっている。韓国雇用情報院によると、4月末基準で自動車および自動車部品業界の従事者は37万7618人と、1年前に比べ7307人(1.9%)減少した。2017年4月(40万694人)と比較すると2万3076人減。消えた雇用の大半は部品会社と推定される。業界関係者は「部品業界がふらつけば韓国自動車産業の存立自体が危うくなる」と話した。

    https://japanese.joins.com/JArticle/266918?servcode=300&sectcode=320

    引用元: ・【韓経】韓国自動車部品会社、1-3月期は半分が赤字…コロナ拡大前から厳しく [動物園φ★]

    【操業減らして在庫を売ってぎりぎりしのいでるのでなければ……】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/07/21(日) 13:24:39.74 ID:CAP_USER
    2019年7月20日、中国のニュースサイトの新華網は、韓国で日本による輸出規制強化を受けて始まった日本製品不買運動について、「国の半分がこうした動きに参加している」と報じた。

    日本政府は4日から、半導体や有機ELパネルなどの製造に必要な材料3品目(フッ化ポリイミド、レジスト、フッ化水素)の韓国向け輸出規制を発動した。韓国企業は、それらの材料を日本からの輸入に強く依存しており、輸入が滞れば大きな打撃を受けることになる。

    韓国では、こうした日本による輸出規制強化に反発する形で、消費者の間で日本製品の不買運動が広がるほか、中小のスーパーマーケットが加盟する団体も日本製品の販売中止を表明している。

    記事は、これに関連し、韓国の世論調査会社リアルメーターが18日発表した世論調査結果について伝えた。

    それによると、日本製品不買運動に「現在参加している」との回答が先週から6.6ポイント増え、54.6%に上った。また回答者の3分の2近くが「今後参加する」としているという。

    記事はまた、世論調査会社の韓国ギャラップが12日発表した調査結果で、「日本に好感を持っていない」と答えた人が77%に上った一方で、「日本に好感を持っている」は12%と1991年の調査開始以来最低を記録したことを紹介した。
    Record china
    2019年7月21日(日) 12時30分
    https://www.recordchina.co.jp/b731166-s0-c10-d0054.html

    引用元: ・【韓国】国の半分が日本製品不買運動に参加[07/21]

    【ずーっとやれ 【韓国】国の半分が日本製品不買運動に参加[07/21] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/09/19(月) 10:16:27.23 ID:CAP_USER
    韓国経済の建設投資依存度がますます高まっている。主要成長動力である輸出が振るわない中で、その役割を「建設投資」が代っている様相だ。主力産業の競争力を強化したり内需市場を育てられていないのが大きい。
    こうした渦中に来年からは建設景気も良くないだろうとの見通しまで出ている。

    産業研究院が18日に出した報告書「最近の実体景気の建設投資依存構造」によると、4-6月期に建設投資が経済成長に寄与した比率は51.5%だ。
    4-6月期の国内総生産(GDP)成長率3.3%のうち半分を超える1.7ポイントを建設投資が牽引したという意味だ。1993年10-12月期以降で最も高い数値だ。過去4四半期の建設投資の輸出成長寄与率は40.1%だ。
    同じ期間にGDP成長率3%のうち1.2ポイントを建設投資が責任を負ったのだ。

    これに対し輸出の成長寄与率は小さくなっている。2000~2014年に0.8ポイントだった輸出の成長寄与度は4四半期には-0.8ポイントを記録した。産業研究院のカン・ドゥヨン専任研究委員は、
    「過去4四半期の輸出の成長寄与度が2000~2014年平均から1.6ポイント下落したのに対し、建設投資は1ポイントほど上昇した。輸出の成長寄与度が下落したうち約63%を建設投資が代わりに埋め合わせた格好」と説明した。

    建設投資の上昇を牽引するのはマンションを中心とした住宅建設市場だ。住宅投資の過去4四半期平均増加率は21.9%で、全建設投資増加率の約2倍に達する。
    産業研究院のミン・ソンファン研究委員は「住宅投資の急増は低金利状況が続いているところに住宅建設関連規制が緩和されたことに力づけられたもの。家計貸し出し増加傾向とも密接な関連がある」と分析した。
    研究院は輸出が振るわない中でそれなりに建設投資が景気急落を防いだという点は肯定的に評価した。

    それでも建設にばかり依存する成長構造は危険性が大きいと懸念する。カン研究委員は、「韓国はGDPで建設投資が占める割合が主要先進国に比べ顕著に大きい。
    昨年基準で韓国の合計特殊出生率は1.24人で経済協力開発機構(OECD)加盟34カ国のうち最下位という状況で過熱した住宅建設投資は供給過剰をもたらしかねない」と警告した。
    4-6月期に1257兆3000億ウォンと2002年10-12月期以降で最大規模に増加した家計負債とかみ合わさり大きな問題を生みかねないためだ。

    実際に来年には建設部門の景気が鈍化するだろうという予測が出ている。現代経済研究院は18日に発表した「2017年韓国経済見通し」報告書で、来年の建設投資増加率が3.9%を記録すると予想した。2016年の予想値である7.3%の半分水準だ。
    現代経済研究院のチョン・ミン研究委員は「住宅の過剰供給と家計負債増加により来年は建設投資を減らす要因が多くなるだろう。ここに国のインフラ予算規模が9年来の最低水準に減り公共部門でも建設投資が減るものとみられる」と話した。

    長期的にも建設に主に依存する「片輪成長構造」は韓国経済に良くない。今後成長潜在力を弱めかねないためだ。むしろ逆風を浴びかねない。
    ミン研究委員は「最近の建設投資依存型成長は家計負債増加とともに進んでいるという点で負債追求型成長の性格を持っている。1990年代に建設投資依存型の景気浮揚策を推進したが公共負債ばかりが増えた日本の前轍を踏みかねない」と警告した。
    現代経済研究院のチュ・ウォン経済研究室長は「家計の消費心理回復に注力し内需基盤を強化しなければならない。企業投資に対する規制緩和などを通じて既存産業の競争力を強化し、新たな有望輸出物品を開発しなければならない」と話している。

    http://japanese.joins.com/article/784/220784.html
    http://japanese.joins.com/article/785/220785.html

    引用元: ・【韓国】住宅建設で生計立てる韓国経済…来年の建設景気暗雲に緊張[9/19]©2ch.net

    【サブプライムショックよりやばい【韓国】住宅投資の増加率が全建設投資増加率の約2倍に。来年は過剰供給と家計負債増加により半分に減る】の続きを読む

    このページのトップヘ