まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:医師

    1: たんぽぽ ★ 2018/06/05(火) 16:27:23.67 ID:CAP_USER
    http://japanese.joins.com/article/020/242020.html

    順天郷(スンチョンヒャン)大学付属天安(チョンアン)病院は耳鼻咽喉科のパク・ジェホン教授(44)が日本の専門医らに後耳介頭頸部手術のノウハウを伝授したと5日、明らかにした。

    後耳介頭頸部手術とは顔、甲状腺、唾液腺など頭・首部位の腫瘍を耳の後ろの毛髪線の内側を切開して除去する手術で、傷あとの心配がない手術方法。

    日本の専門医2人はパク教授の後耳介手術の論文などを見た後、手術参観を要請し、4日に「後耳介甲状腺手術」「後耳介顎下腺摘出術」の2件の手術を参観した。

    パク教授は「後耳介手術をはじめ、順天郷大天安病院の耳鼻咽喉科で行われているさまざまな先端手術が国内外で注目を受けている」とし「韓国医療の地位をさらに高められるように今後も研究に努力していきたい」と話した。

    引用元: ・【韓国】韓国の耳鼻咽喉科医師、日本の医者に手術ノウハウ伝授[06/05]

    【【韓国】韓国の耳鼻咽喉科医師、日本の医者に手術ノウハウ伝授[06/05] 】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2015/12/01(火) 09:50:25.38 ID:CAP_USER.net
    (写真)
    no title


    ソウル・江南(カンナム)の某泌尿器科で『男性器増大』手術を受けた30代の男性が、性器の
    一部を切除する事になったとし、病院側を告訴した。

    ソウル・江南警察署は30日、「ソウル・江南の某泌尿器科で男性器増大手術を受けたAさんが
    最近、該当の病院の現職院長と医師を告訴した」と明らかにした。

    警察によればAさんは昨年12月、この泌尿器科で男性器増大手術を受けた。しかし、手術後
    に痛みに苦められて結局、性器の相当部分が壊死する状況に至った。

    その後Aさんは別の病院で性器主要部位の約90%を切除する手術を受けて、男性器増大手術
    を行った病院の現職院長と医師を医療過失容疑で告訴した。

    警察は被告訴人としてその病院の院長と医師を出頭させて調査をした後、大韓医師協会に
    鑑定を依頼して事件を検察に送致した。

    警察の関係者は、「大韓医師協会の鑑定結果が出れば、検察の捜査指揮を受けて再捜査を
    行う予定だ」と話した。

    ソース:NAVER/朝鮮日報(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=023&aid=0003096960

    引用元: ・【韓国】男性器増大手術後に相当部分が壊死 → 90%切除 → 医師を告訴[12/01]

    【安心してください【韓国】男性器増大手術後に相当部分が壊死 → 90%切除 → 医師を告訴[12/01]】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2015/04/27(月) 19:03:29.08 ID:???.net
    (写真)
    no title


    2015年4月27日、韓国での整形手術に失敗する中国人が絶えないニュースが伝えられる中、中国の
    ポータルサイト「39健康網」は中国専門家の発言や見解を紹介した。

    (そのほかの写真)
    http://img.recordchina.co.jp/imgout.php?m=5&img=20150427-0380641.jpg

    韓国の整形について北京延世医療美容整形機構の王桂傑(ワン・グイジエ)氏は17日に開かれた
    整形関連の会見で、「私が勤める病院で、韓国で非常に有名な整形手術専門家がオペをしたことが
    ある。術中に患者が痛さに耐え切れず叫ぶと、この専門家は、『中国の女はまるでブタのようだ!』と
    韓国語で罵った」と明かした。

    王氏によると、同韓国専門家は韓国の整形病院大手の院長で、北京で医師登録している数少ない
    韓国人医師だったが、美を追い求める者を尊重しない態度もあり、中国の病院は彼との協力関係を
    打ち切った。

    中国人が韓国で整形手術を行い失敗するニュースは絶えず伝えられているが、王氏は韓国ドラマ
    の影響もあると指摘。「韓国ドラマの登場人物のように美しくなりたい中国人が絶えないことが、
    ベッド数が1、2床しかない小規模のクリニックでも整形手術を提供する現状を招いている」と、韓国
    での整形手術の安全を危惧(きぐ)し、盲目的に韓国で整形手術を受ける中国人に苦言を呈した。

    ソース:Record China
    http://www.recordchina.co.jp/a107487.html

    引用元: ・【中韓】韓国人医師「中国の女はまるでブタのようだ!」=術中の暴言で中国の病院から見放される[04/27]

    【朝貢したお前らの子孫だよ 【中韓】韓国人医師「中国の女はまるでブタのようだ!」=術中の暴言で中国の病院から見放される[04/27]】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/01/26(月) 13:11:46.83 ID:???.net
    在宅で捜査、医師会の懲戒処分手続きも
    医師会館での行事の最中に手首など切る

    「性的な治療」を口実に、患者に性的暴行を加えたとして検察の捜査を受けていた70代の精神科医師が、ソウル市医師会館で自ら命を絶った。

    ソウル永登浦警察署は、今月24日午後7時20分ごろ、永登浦区堂山洞にあるソウル市医師会館の4階トイレで、医師(71)が自分の首と手首を
    刃物で切った状態で倒れているのを医師会職員が発見し通報した、と25日発表した。医師仲間たちが止血などの応急処置を行ったが、医師は
    近くの病院に搬送される途中で死亡した。現場に遺書はなかったという。警察の関係者は「医師の手にカッターナイフが握られていたことなどから
    考えて、自殺を図ったものとみている」と説明した。医師会館では24日「医薬分業制度の見直しを求めるとともに規制の元凶を糾弾する決起大会」
    が行われ、150人の医師たちが集まっていた。

    警察によると、この医師は「性的な治療」「ハグ治療」などの名目で、そううつ病患者の30代の女性に性的暴行を加えたとして、昨年4月に書類送検
    され、在宅起訴すべきとの意見が付されていた。最近まで検察の捜査に応じていた医師に対し、今月23日には事前拘束令状(容疑者の身柄を
    確保できていない状態で捜査機関が裁判所に請求する令状)が請求され、令状の審査が近く行われる予定だったという。大韓医師協会もこの事件
    について、14日にこの医師を中央倫理委員会に付託し、懲戒処分を行う手続きが進められていた。

    キム・ジヨン記者

    ソース:朝鮮日報 2015/01/26 11:36
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/01/26/2015012601675.html

    引用元: ・【韓国】性的暴行疑惑の71歳医師が自殺[01/26]

    【 国技に殉じた義士ニダ 【韓国】性的暴行疑惑の71歳医師が自殺[01/26]】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/01/21(水) 15:35:39.18 ID:???.net
    中国安徽省の公立病院で、1歳の男児が腹部の超音波検査を受けたところ、あり得ない診断結果が出た。男児の父親を仰天させたその内容は、
    何と“妊娠”だった。

    「1歳男児が“妊娠”」のニュースは安徽省の地元紙、新安晩報が報じ、中国共産党機関紙、人民日報のニュースサイトなど、主要メディアも転伝した。 

    それらの報道によれば、安徽省宿州市に住む胡さんは昨年末、熱がなかなか下がらない1歳の息子を宿州市立病院に連れていったところ、喉頭炎、
    肺炎などと診断された。1月に入って、男児が突然落ち着きをなくし、泣き止まなくなったので、再び受診。すると、主治医は「おなかが少し張っている」
    として超音波検査を勧めた。

    だが、診断結果を手にした胡さんは思わずぎょっとした。そこには「子宮内で胎児が動いている」と書かれてあり、さらには「妊娠後期」の文字があった
    からだ。

    手違いで別の患者の診断結果表を渡されたと思った胡さんだったが、男児の姓名や年齢、性別などの情報はすべて正確だった。一方で結果表には、
    「胎児」の頭囲、腹囲、心拍数などのデータが詳細に記され、超音波検査を担当した医師と、検査結果を確認した医師の2人の署名もあった。

    「何でうちの1歳の息子が妊娠を…」

    怖くなった胡さんは、検査を担当した医師に確認を求めたが取り合ってもらえず、主治医に訴えて、ようやく病院側のミスだと判明したという。 

    「検査結果を出し間違ったというが、どうやってチェックを通ったのか。中身も見ないで、結果を患者に渡しているのか」

    胡さんは地元テレビ局の取材に対し、怒りをぶちまけた。

    病院側は、今回のミスの原因について、コンピューターのシステムの不具合で患者情報と検査結果が一致しなかったと説明。医師の不注意も認めた。

    「その後、病院長が私のところに来て、『医師の仕事はつらいので、理解してほしい』と釈明したが、どんな仕事でも、仕事はつらいものだ。つらいからと
    いって責任を持たないのはだめでしょう?」

    胡さんは新安晩報の記者に対し、医師らに、今回の一件をもって戒めとしてもらいたいと語った。

    ソース:産経ニュース 2015.1.21 06:00
    http://www.sankei.com/premium/news/150121/prm1501210002-n1.html
    http://www.sankei.com/premium/news/150121/prm1501210002-n2.html

    引用元: ・【中国】1歳男児を「妊娠後期」と診断した中国の公立病院、憤る父親に病院長「医師の仕事は辛いので理解してほしい」[01/21]

    【13億人いれば一人くらいそういうのがあっても 【中国】1歳男児を「妊娠後期」と診断した中国の公立病院、憤る父親に病院長「医師の仕事は辛いので理解してほしい」[01/21]】の続きを読む

    このページのトップヘ