まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:北

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2018/11/14(水) 08:28:00.69 ID:CAP_USER
    北朝鮮が弾道ミサイルプログラムの廃棄を約束したかどうかをめぐり韓米がそれぞれ異なる解釈をした。 

      北朝鮮が未申告(undeclared)のミサイル基地を運用しているという米シンクタンク「戦略国際問題研究所(CSIS)」の報告書に関連し、青瓦台(チョンワデ、大統領府)の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官は13日午前、「北はミサイル廃棄義務条項を入れたいかなる協定も結んだことがない」と明らかにした。 

      ニューヨークタイムズ(NYT)がCSIS報告書を根拠に「北朝鮮はその間、大規模な欺まん戦術(great deception)をしてきた」と報道したことに対し、金報道官は「北がこのミサイル基地(報告書に登場するサッカンモル基地)を廃棄すると約束したことはない。欺まんは不適切な表現」と反論した。また「未申告」という表現についても「北が申告しなければいけないという交渉や協約は現在まで存在しない。申告の主体も存在しない」とし「北が欺まんしたことはない。短距離ミサイル廃棄、ミサイル基地閉鎖を約束したことはない」と強調した。 

      一方、米国務省の解釈は違った。12日(現地時間)のCSIS報告書に対する立場を問う米政府系ラジオのボイス・オブ・アメリカ(VOA)の質問に対し、国務省報道官室の関係者は「トランプ大統領は金正恩(キム・ジョンウン)委員長が自らの約束を守ってこそ北朝鮮と住民の前にはるかに明るい未来があるというという点を明確にした。その約束には完全な非核化、そして弾道ミサイルプログラムの廃棄(the elimination of ballistic missile programs)が含まれる」と明らかにした。「完全な非核化」とは別に弾道ミサイルプログラム廃棄を具体的に取り上げたのだ。 

      弾道ミサイルプログラムの廃棄という返答は、単なるミサイル試験発射の中断だけでなく、弾道ミサイル関連技術、すでに生産したミサイル弾頭、部品、施設などソフトウェアとハードウェアをすべて廃棄しなければいけないという意味だ。6月の米朝首脳会談で約束した東倉里ミサイルエンジン試験場の廃棄は「弾道ミサイルプログラム廃棄」の一部という趣旨で解釈される。 

      8日に予定された米朝ニューヨーク高官級会談が突然延期になった後、双方の緊張感が高まる状況で、米国内で弾道ミサイルプログラムが非核化のイシューとして登場する兆候が表れ、北核交渉に悪材料となる見通しだ。米国に向けて対北朝鮮制裁の解除を要求してきた北朝鮮は弾道ミサイルプログラムの廃棄について「段階的・同時的措置」に該当しないとして反発する可能性が高い。 

      非核化交渉局面で韓米が「敵前分裂」様相を見せる兆候が表れると、韓国政府は言葉を控えた。外交部の魯圭悳(ノ・ギュドク)報道官は13日午後の定例記者会見でCSIS報告書に関する質問に対し「米国の民間研究団体の分析内容について公式的に確認したりするのは適切でない」とだけ答えた。外交部の関係者は「北の弾道ミサイル廃棄をめぐる韓米間の立場が違うのでは」という記者の質問に対し「それには言及しない」と話した。

    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=247085&servcode=a00&sectcode=a20
    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2018年11月14日 07時48分

    引用元: ・【韓国】 いかなる協定もない ミサイル基地閉鎖を約束したことはない「約束ない」米国「包含事項」…北ミサイル廃棄解釈に違い[11/14]

    【まーたかよ 【韓国】 いかなる協定もない ミサイル基地閉鎖を約束したことはない「約束ない」米国「包含事項」…北ミサイル廃棄解釈に違い[11/14] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/10/31(水) 15:26:14.14 ID:CAP_USER
    no title

    ▲現代自動車の製品を笑顔で見つめる文氏(左端)だが、韓国車の状況は厳しい(聯合=共同)

     韓国が「現代ショック」に襲われている。同国を代表する自動車メーカー「現代自動車」の業績が急落したのだ。先行きも米中貿易戦争の影響が避けられないうえ、日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)締結で韓国車のEU輸出が減少するとの予測もある。韓国経済の命運を握る基幹産業の大不振で「製造業崩壊」も懸念されるなか、文在寅(ムン・ジェイン)政権が、北朝鮮との統一経済という“夢物語”に突き進むとの観測も出ている。

     現代自動車が25日に発表した7~9月期の連結決算によると、営業利益は2890億ウォン(約289億円)で、前年同期に比べ、76%の減少を記録した。聯合ニュースは、四半期ベースでは国際会計基準の適用が義務づけられた2010年以降で、最低の営業利益になったと伝えた。

     76%減という衝撃的な数字に、悲観的な記事も伝えられる。《現代自の業績急降下で韓国製造業崩壊の懸念、部品業界は既に瀕死》との見出しを掲げたのは、朝鮮日報(日本語版)だ。

     記事では、専門家の話として「現代自は強硬な労働組合との労使紛争に加え、技術投資不足などの問題もあり、なかなか回復できない状況だ」と紹介。営業利益低迷の意味について、「現代自の未来に投資する余力がなくなるということと、部品関連の1-3次協力会社が赤字に近い経営危機に直面しているということだ」と指摘した。

     将来の見通しも暗い。日本とEUのEPA締結に伴い、日本車にかけられている関税が将来、撤廃されるからだ。

     このEPAに、韓国は戦々恐々となっている。中央日報(日本語版)は8月の時点で《日欧EPA、THAAD後のさらなる危機…「韓国自動車産業崩壊のおそれ」》と題した記事で、自動車エンジン部品メーカー代表の声を紹介していた。

     記事によると、米軍の最新鋭迎撃システム「THAAD(高高度防衛ミサイル)」の韓国配備に対する報復で中国への輸出が急減した後、このメーカーはEUへの輸出を伸ばし、危機を克服した。ところが、日欧EPAによって関税免除を受けていた韓国の利点が消え、メーカーの代表は「米国と中国への輸出量が減った状態で欧州輸出に活路を見いだしたのに、今は退くところがない」と悲嘆に暮れたという。

     大手商社「豊田通商」で韓国担当を務めた経験もある朝鮮近現代史研究所所長の松木國俊氏は、「韓国車の競争力は値段しかない。日本車の関税がなくなってしまうと、それが失われ、欧州市場で韓国車のメリットはなくなる。米国でも燃費のごまかしなどが発覚し、信用を落とした。中国ではTHAAD問題で激減し、いまだにほとんど回復できていない。韓国の自動車業界は今、打つ手がなく、八方塞がりの状況にある」と話す。

     7月に勃発(ぼっぱつ)した「米中貿易戦争」が激化し続けていることも韓国経済の頭痛の種となっている。米中への輸出依存度が高いとされる韓国は、影響を避けられないからだ。

     国内の経済状況も厳しい。「雇用拡大」を掲げていた文政権だが、最低賃金(時給)を急激に引き上げた影響で、雇用が低迷し、メディアでは「雇用惨事」と伝えられている。

     文政権が「活路」として見いだしているのが、北朝鮮だ。9月の南北首脳会談の共同宣言には、北朝鮮の開城(ケソン)工業団地と金剛山(クムガンサン)観光事業の正常化、東西の沿海地域での経済共同特区・観光共同特区の造成協議などが盛り込まれたのだ。

     前出の松木氏は「文政権は北朝鮮に前のめりになっており、統一経済の方向に向かいつつある。北朝鮮には、南と一緒になって繁栄しようという考えはなく、韓国を利用することだけを考えている。北朝鮮そのものが閉鎖社会で、経済特区をつくるにしても人的往来がそれほど、自由になることもないだろう。文政権は夢を追いかけているが、痛い目をみるという結果になるのではないか」と話した。

     最後は妄想にすがるしかないのか。

    ソース:zakzak<現代自動車、業績急降下ショック! 韓国製造業崩壊のおそれ…文大統領、北との統一経済“夢物語”に突き進むのか?>
    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/181029/soc1810290007-n1.html

    関連スレ:【韓国】現代車、7-9月期の営業利益が前年比76%急減…「衝撃」
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1540458891/

    引用元: ・【韓国】 現代自動車、業績急降下ショック! 韓国製造業崩壊のおそれ…文大統領、北との統一経済『夢物語』に突き進むのか?[10/31]

    【【韓国】 現代自動車、業績急降下ショック! 韓国製造業崩壊のおそれ…文大統領、北との統一経済『夢物語』に突き進むのか?[10/31] 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2018/10/26(金) 11:00:16.43 ID:CAP_USER
    今年に入って南北間の交流や交易が拡大した影響で、国連が北朝鮮への輸出を禁じている機械、鉄鋼、電機製品、石油製品なども大量に北朝鮮に搬出されていたことが分かった。

    米国の北朝鮮専門メディア「NKニュース」は24日(現地時間)、韓国関税庁の南北交易に関する統計資料に基づき「今年は9月までの時点で韓国は北朝鮮に1700万ドル(現在のレートで約19億円、以下同じ)、北朝鮮は韓国に1000万ドル(約11億円)近くを輸出した」と報じた。

    保守系野党・自由韓国党の鄭亮碩(チョン・ヤンソク)議員も韓国関税庁の資料を根拠に「韓国統一部(省に相当)は今年に入って国連制裁違反の可能性がある禁止品目を100トン以上、金額にして10億ウォン(約1億円)相当を北朝鮮に搬出した」と明らかにした。

    具体的には鉄鋼製品、石油・機械製品、銅、ニッケル、アルミニウム、鉄道用車両とその付属品などだ。

    例えば今年6-7月に北朝鮮に輸出された制裁品目はガソリンや軽油22件(8万2918キログラム)・1億300万ウォン(約1020万円)相当、発電機10件・5億5300万ウォン(約5500万円)相当などだ。

    制裁品目の月ごとの搬出量は6月は2960キログラム・3800万ウォン(約380万円)相当、7月は11万3368キログラム・10億ウォン(約1億円)相当だった。そのうち韓国国内に戻ったのは6月が402キログラム・1900万ウォン(約190万円)相当、7月は7186キログラム・3億2300万ウォン(約3200万円)相当といずれも搬出分に比べるとごくわずかだった。

    これについて統一部の関係者は「今年に入って南北共同連絡事務所の設置や離散家族再会に使われる面会所の改修工事などが行われ、またその事務局も運営されている。(南北間の交易が増えたのは)それらに必要な物品、資材、工事用機械などが搬出されたためだ」と説明している。

    南北間の交易額は2015年の12億ドル(約1348億円)から16年1億4700万ドル(約165億円)、17年には100万ドル(約1億1200億円)以下へと急激に減少していたが、今年は9月時点で2700万ドル(約30億円)と増加に転じている。


    2018/10/26 10:47
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/26/2018102601315.html

    引用元: ・【朝鮮日報】 対北制裁破り 韓国から北に100トン以上の禁輸品 [10/26]

    【【朝鮮日報】 対北制裁破り 韓国から北に100トン以上の禁輸品 [10/26] 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2018/09/14(金) 10:38:26.18 ID:CAP_USER
    今年6月から8月にかけて韓国政府は43億ウォン(現在のレートで約4億3000万円)相当の物品を北朝鮮に持ち出していたことが13日までに分かった。

    保守系野党・自由韓国党の沈在哲(シム・ジェチョル)議員がこの日関税庁から提出を受けた資料によると、6月と7月には20億ウォン(約2億円)相当の物品172トン、8月には23億ウォン(約2億3000万円)相当の166トンが北朝鮮に持ち出されていた。

    沈議員は「政府は鉄鋼、金属、機械、電気、車両などの関連物品を北朝鮮に追加で持ち出した」とした上で「政府は開城の南北共同連絡事務所で使用すると説明しているが、米国務省は制裁決議に違反していないか検討するとしている」と指摘した。

    沈議員が提出を受けた資料は国連安保理が作成した制裁対象物品搬出の現状に関する報告書。

    一方で米国の自由アジア放送(RFA)は「北朝鮮政府は今年8月、南北離散家族再会行事に参加した住民が韓国に住む親戚などから受け取った現金を『忠誠資金』の名目で徴収した」と報じた。

    複数の消息筋によると、北朝鮮政府は離散家族再会行事が終了した直後、参加者に思想教育や総和事業を実施したという。総和事業とは韓国に住む親戚などから受け取った贈り物などを申告させ、その上で北朝鮮当局の指示を受けた一部の参加者らが忠誠資金の献金を提案し、これに他の参加者らも従わせるというものだ。


    2018/09/14 10:02/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/14/2018091400907.html

    引用元: ・【対北制裁破り】 韓国政府、最近3カ月で4億円相当の物品を北に搬入 [09/14]

    【【対北制裁破り】 韓国政府、最近3カ月で4億円相当の物品を北に搬入 [09/14] 】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/08/24(金) 16:00:49.73 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】
    韓国政府は2年ごとに発刊する国防白書に明記されている「北の政権と北の軍はわれわれの敵」との文言を削除することを積極的に検討している。敵対行為を全面的に中止することにした南北首脳会談での「板門店宣言」の精神を尊重し、宣言を積極的に履行するための措置とみられる。複数の政府高官が22日、明らかにした。

     2018年版白書は下半期に発刊される。

     16年版白書では北朝鮮について、「北の政権と北の軍はわれわれの敵」と明示している。同文言は北朝鮮が黄海上の軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)に近い延坪島を砲撃した10年末に発刊された10年版白書から登場した。

     政府関係者は「対外的に発刊する政府の公式冊子に北の軍を敵に規定したまま北の軍と敵対行為の解消措置を協議するのは矛盾」として、「敵という表現より、北の軍事的脅威を十分に認識できる文言か言葉に換えることを考えている」と述べた。

     国防部は「敵」を削除し、「軍事的脅威」などの文言にする方向で検討しているとされる。

     別の関係者は「04年か08年に発刊した白書を基準にすることも検討している」と述べた。04年版白書では「北の在来式軍事力、大量破壊兵器、軍事力の前線配置などを直接的な軍事脅威」と表記している。08年版では「北の在来式軍事力、核・ミサイルなど大量破壊兵器の開発や増強、軍事力の前線配置などはわれわれの安保に直接的かつ深刻な脅威」とした。

     北朝鮮が核実験・ミサイル発射を中止したことにより、脅威の水準が低くなったことも「敵」の削除を検討する背景にあるという。

     政府関係者は「16年版白書では北の『脅威が続く限り』という条件をつけた」として、「北が核実験やミサイル発射を中止し、米国と非核化交渉に乗り出したため、当時の白書の条件が一定部分クリアされたと評価している」と説明した。

     16年版白書では北朝鮮の核やミサイルなど大量破壊兵器、サイバー攻撃、テロは大きな脅威になるとして、「こうした脅威が続く限り、北の政権と北の軍はわれわれの敵」としていた。

     国防部は1994年の南北会談で北朝鮮側代表が「戦争が勃発すればソウルは火の海になる」と発言したことを受け、95年版の白書に「北の軍は主敵」との表現を初めて使用し、2000年まで維持した。だが、同年に開催された南北首脳会談を機に同表現を巡る論争が起き、04年版から削除し、「直接的な軍事脅威」「深刻な脅威」などにした。

    no title

    http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2018/08/22/0300000000AJP20180822000300882.HTML

    引用元: ・【韓国】「北は敵」の文言削除検討 18年版国防白書=韓国[08/22]

    【【韓国】「北は敵」の文言削除検討 18年版国防白書=韓国[08/22] 】の続きを読む

    このページのトップヘ