まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:北

    1: まぜるな!キケン!! 2019/05/06(月) 11:10:25.79 ID:CAP_USER
    北朝鮮が弾道ミサイルを発射する前日の今月3日、韓国外交部(省に相当、以下同じ)の康京和(カン・ギョンファ)長官、国防部の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)長官は、北朝鮮を擁護するような発言をしたり、南北軍事合意(昨年9月19日)履行の重要性を強調したりしていた。

    韓国政府の内外では「北朝鮮がわずか1日後にミサイルによる挑発を敢行し、結果的に両長官を笑い者にした」との声が聞かれた。一部では「韓国の情報当局は、北朝鮮による今回のミサイル発射の2-3日前から疑わしい兆候を捉え、鋭意注視していた」という話も出た。

    しかし、専門家らは「そうした情報を入手していながら長官が(北朝鮮を擁護するような)発言をしていたのなら深刻な問題だ」「もし情報が伝わっていなかったとすれば、さらに大きな問題だ」と指摘した。

    康京和・外交部長官は3日、外信との記者会見で「北朝鮮には非核化の意志がない」との指摘に「そうではない」として「金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長はハノイを訪問した際、確固たる措置を準備していたが、米国にとっては十分ではなかった」と述べた。

    ハノイでの米朝会談決裂後、国際社会は金正恩委員長の非核化の意志に疑問を抱いているが、康長官は反対に、金正恩氏を擁護する様子を見せた。

    康長官は2日に行われた韓国メディアとの記者会見では、米朝の交渉が膠着(こうちゃく)状態にあることや北朝鮮が強硬な対応を見せていることについて「そうなればなるほど、われわれが役割を発揮する範囲はむしろ幅広くなる」と述べた。

    一方、鄭景斗・国防部長官は3日、韓国大統領府(青瓦台)での業務報告で、戦時作戦統制権の韓国移管と昨年9月の南北軍事合意の履行に関する内容を文在寅(ムン・ジェイン)大統領に報告した。

    この席で、鄭長官をはじめ韓国軍の首脳部は「条件に基づいた戦時作戦統制権の移管を積極的に推進していきたい」と述べ、国防改革案「国防改革2.0」の推進と、南北軍事合意の履行状況などを報告した。

    特に、南北軍事合意について韓国軍首脳部は「誠実に履行し、韓半島(朝鮮半島)での軍事的緊張の緩和を通じた南北間の信頼構築の土台を築く」と述べていた。


    2019/05/05 22:50
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/05/05/2019050580039.html

    引用元: ・【朝鮮日報】 「韓国外相・国防相、北の奇襲発射で笑い者に」 前日まで北を擁護 [05/06]

    【全ての先進国からキチガイ変人扱い【朝鮮日報】 「韓国外相・国防相、北の奇襲発射で笑い者に」 前日まで北を擁護 [05/06] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/03/20(水) 12:22:24.59 ID:CAP_USER
     韓国海軍と韓国海洋警察が情報当局などから入手した「北朝鮮船舶による違法積み換え疑惑の動向」がここ1年で2倍に増加していたことが19日までに分かった。北朝鮮は国連安保理決議により石油製品の輸入が制限されている。そのため北朝鮮は制裁の網をかいくぐろうと海上での違法な荷物の積み替え「瀬取り」を行っているが、これが今や東シナ海だけでなく西海(黄海)でも行われているのだ。国際社会からの制裁が長期にわたっている影響で、北朝鮮の違法行為もより広い範囲に広がっているのだ。ところが韓国軍は北朝鮮の違法行為を確認してもこれを公表しないため、さまざまな憶測を呼び起こしている。

     保守系野党・自由韓国党の白承周(ペク・スンジュ)議員が韓国軍合同参謀本部から直接報告を受けた内容によると、北朝鮮船舶による違法な瀬取りは2017年には年間六十数件だったのが、18年には130件以上にまで増加していた。これは単に「疑われるケース」ではなく、韓国軍が収集した通信、衛星、情報などに基づいた数字だという。これについて白議員の事務所関係者は「公海上における違法な瀬取りが通信などによって比較的はっきりしたケースだ」とコメントした。違法な瀬取りはこれまで主に東シナ海で行われてきたが、実は西海でも同じように行われていたことも分かった。韓国軍関係者によると、韓国の港に近い西海上で違法な瀬取りが行われ、これが摘発されたケースも実際に確認されているという。韓国のいわゆる「中庭」においても北朝鮮は違法な瀬取りを行っていたわけだ。この問題について韓国軍関係者は「北朝鮮による違法な瀬取りは、最近はもうどこででも行われている」とコメントした。

    ヤン・スンシク記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/03/20/2019032080046.html
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/03/20 10:41

    引用元: ・【朝鮮日報】北の瀬取り疑惑事例130件超、ここ1年で2倍に[3/20]

    【主犯が他人事のように言ってて草 【朝鮮日報】北の瀬取り疑惑事例130件超、ここ1年で2倍に[3/20] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/03/18(月) 13:57:33.18 ID:CAP_USER
    ブルームバーグ通信の「文大統領は金正恩氏の首席報道官」記事めぐり衝突

    韓国与党「共に民主党」が、「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は金正恩(キム・ジョンウン)氏の首席報道官」と表現した米国ブルームバーグ通信の記者を実名で批判したことについて、韓国担当の外信記者たちが「言論の自由に水を差すものだ」との公式声明を発表した。

     海外メディア約100社の記者およそ500人で構成されるソウル外信記者クラブ(SFCC)は16日、「共に民主党が先ごろ、大統領に関する記事を作成したブルームバーグ通信の記者個人に関連する声明を発表し、これによって記者個人の身の安全が大きく脅かされたことに憂慮を表明する」との理事会声明を発表した。外信記者クラブは「大衆の関心事や意見について報道した記者個人に対し『国家元首を侮辱した売国』と非難するのは非常に遺憾なこと」だとして「これは言論統制の一種であり、言論の自由に水を差すものだ」と主張した。また「記事に関する疑問や不満は社に正式な手続きを経て行うべきで、決して公の場で個人を攻撃してはならない」とした上で「記者を非難する声明が現在も『共に民主党』のウェブサイトに掲載されており、記者を脅かし続けている。即時撤回すべきだ」と訴えた。

     外信記者クラブが指摘した「共に民主党」の声明は、13日に李海植(イ・ヘシク)報道官が発表したものだ。李報道官は声明で、昨年9月26日にブルームバーグ通信が文大統領の国連総会での演説について書いた「韓国の文在寅大統領が国連で金正恩氏の首席報道官となる」と題する記事に言及し「悪名高い記事」と述べた。また、記事を書いた記者の実名を挙げ「この記者は韓国国内のメディアに勤務していたが、後にブルームバーグ通信のリポーターとして採用され、ほどなくして問題の記事を書いた」と記者の経歴を問題視した。その上で「米国国籍の通信社を隠れみのとして国家元首を侮辱した、売国に近い内容」と批判した。

    キム・ギョンピル記者 , キム・ウンジュン記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/03/17/2019031780026.html
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/03/17 23:09

    関連
    【ブルームバーグ記者を実名で攻撃】「文大統領批判した記者への個人攻撃、フセイン時代のイラク以下」[3/17]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1552842100/

    引用元: ・【韓国与党】「文大統領批判した記者は売国」外信記者会「言論統制だ」ブルームバーグの「文は北の首席報道官」記事めぐり衝突[3/17]

    【文字通りの弾圧【韓国与党】「文大統領批判した記者は売国」外信記者会「言論統制だ」ブルームバーグの「文は北の首席報道官」記事めぐり衝突[3/17] 】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/01/11(金) 00:50:07.94 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の核・ミサイルなど大量破壊兵器(WMD)の脅威に対抗し韓国軍が構築を進める防衛・反撃システム「3軸体系」などの用語が正式に廃棄され、呼称が変わったことが10日、分かった。

    3軸体系は、北朝鮮にミサイル発射の兆しがあれば先に破壊する「キルチェーン」、発射されたミサイルを迎撃する「韓国型ミサイル防衛体系(KAMD)」、北朝鮮が攻撃してきた場合に指導部などに報復攻撃を行う「大量反撃報復(KMPR)」の戦力を備えるという国防力増強計画。用語は現政権発足以前に確立されていた。

    軍当局によると、3軸体系は対象範囲と能力を広げた「核・WMD対応体系」に、キルチェーンは「戦略標的攻撃」に、KMPRは「圧倒的対応」に用語が変更。KAMDは「韓国型ミサイル防衛」に変わる。

     軍は2019~23年の国防中期計画から新たな用語を使ったことが分かった。「北の核とWMDの脅威への対応」は「北」が削除され、「核とWMDの脅威への対応」と表現されたという。

     これに先立ち、鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は先月20日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領に「2019年国防部業務計画」を報告した際、3軸体系などの用語を変えることにしたと説明した。

     3軸体系などの用語を巡っては、昨年行われた3回の南北首脳会談や、昨年9月の「板門店宣言の履行に向けた軍事分野合意書」の採択などで朝鮮半島の軍事的緊張が緩和され、軍事分野合意書の履行が進むなかで北朝鮮を刺激する可能性のある用語は変える必要があるとの指摘が一部から出ていた。 

     国防部の関係者は「3軸体系などの用語が廃棄され、別の用語に変わったが、これに関連して計画された戦力確保の計画は正常に推進されるだろう」と話した。  

     一方で、朝鮮半島の緊張緩和により、北朝鮮による核・ミサイルの使用という脅威は減ったものの、脅威となる兵器は今も存在することから、軍の用語変更を批判する声もあるものとみられる。

    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190110004900882?section=politics/index
    聯合ニュース 2019.01.10 20:41

    no title

    韓国軍が構築を進める防衛・反撃システム「3軸体系」などの用語が変更された(資料イラスト)=(聯合ニュース)

    引用元: ・【聯合ニュース】韓国軍が国防計画用語を変更 北朝鮮に配慮「北」が削除され「核とWMDの脅威への対応」と表現[1/10]

    【アホなことは間違い【聯合ニュース】韓国軍が国防計画用語を変更 北朝鮮に配慮「北」が削除され「核とWMDの脅威への対応」と表現[1/10] 】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2018/12/02(日) 22:40:35.20 ID:CAP_USER
    突拍子もないが、こんな想像をしてみる。南北の特殊部隊が総合格闘技(UFC)オクタゴンのリングで1対1で対決したら、どちらが勝つだろうか。互いに世界最強クラスというから、結果は気になる。

     国防分野を10年近く取材した記者として、韓国軍の戦闘力は単なるホラではないと信じている。国会の国政監査の際に特殊戦司令部(特戦司)で見たデモンストレーションは、長らく忘れ難いほど印象的だった。撃破の展示ではれんがや大理石の板、瓶の破片が飛び散り「おお!」という感嘆の声が上がった。ぎゅっと締めた鉢巻きの下に血がにじんでいる要員を見て、鳥肌が立った。相手を打ち倒す組手の展示では、彼らの体自体が武器だという言葉を実感した。2010年にアラブ首長国連邦(UAE)が韓国政府に特戦司の派兵を要請した際には「それも当然」と納得した。

     北朝鮮も、特殊部隊に関する自負は相当なものだ。数年前、情報機関の関係者がこんなことを言った。「北の特殊部隊出身者は『南の特殊部隊は(自分たちとは)ゲームにもならない』と大口をたたくのだそうだ」。その言葉が誇張ということもあり得る。実際に接してみることもせず、どちらの方が強いか確認する方法はない。だが北朝鮮軍は、自分たちが韓国軍よりうまく戦えると信じているらしい。昨年板門店経由で亡命したオ・チャンソン氏は、最近インタビューで「北朝鮮軍は10年、韓国軍は2年服務する。韓国軍の方が(軍服務は)楽なのではないか」と語った。

    大砲・戦車・駆逐艦・戦闘機といった通常兵器は韓国軍の方が優勢だという評価が多い。と言っても、有事の際に韓国が北朝鮮に簡単に勝てるという意味ではない。北の軍部は「米軍さえいなければ韓国軍程度には勝てる」と声高に言っているという。彼らが信じるものの一つが、数万人に上る特殊部隊の存在だ。

     もし北の特殊部隊200人がソウルに下ってきたら、どうやって彼らを撃退できるだろうか。ソウルのほかに釜山、大邱、光州、大田に100人ずつでも北の特殊部隊が潜入し、爆破やテロ、暗殺を行ったら、韓国社会は大混乱に陥りかねない。ムンバイのテロ(2008年)やパリのテロ(2015年)では、少数の民間テロリストが犯行に及んだにもかかわらず、都市全体が修羅場と化した。「殺人兵器」といわれる軍特殊部隊の攻撃はレベルが違うだろう。11月24日の土曜日、ソウルの通信大手KTアヒョン支社の地下通信溝火災により、ソウル市中部・西部地域で通信の混乱が発生した。数年前、従北(北朝鮮に追従する)内乱事犯の李石基(イ・ソッキ)元統合進歩党議員などは、韓国かく乱のためKTのソウル恵化電話局などを襲撃するという目標を立てた。韓国の従北主義者も考えることを、北朝鮮軍部も当然狙っているだろう。

     北朝鮮との和解・協力や統一といったことは時代的課題だ。だがそれを理由に、韓国の軍事的な備えに、ほんのわずかでも乱れがあっては絶対にいけない。北朝鮮が挑発しようという気にすらならず、韓半島(朝鮮半島)で戦争の可能性が「ゼロ」になるその日までは。

    張一鉉(チャン・イルヒョン)国際部次長

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/11/30/2018113080046.html
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2018/12/02 05:05

    引用元: ・【朝鮮日報/コラム】もしソウルに北の特殊部隊が侵入したら[12/2]

    【もう大統領府にスパイがいるんだけどw【朝鮮日報/コラム】もしソウルに北の特殊部隊が侵入したら[12/2] 】の続きを読む

    このページのトップヘ