まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:北朝鮮

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/02/08(金) 19:45:04.53 ID:CAP_USER
    韓国の文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一外交安保特別補佐官は8日、北朝鮮の非核化を巡り、米国と北朝鮮との間で「なんらかの妥協が必要だ」と述べた。北朝鮮が寧辺(ニョンビョン)の核施設を不可逆的に解体した場合は「制裁の一部解除の条件になるのではないか」として、段階的な対応の必要性に言及した。

    文正仁氏は文在寅(ムン・ジェイン)大統領の側近で、外交ブレーンを務める。文正仁氏は都内で講演し、米朝間では「非核化の定義について理解の差がある」と指摘した。米国が求める北朝鮮の核関連の施設の位置や計画の提出については「北朝鮮が受け入れられない」と語った。

    非核化の交渉には米朝間の「信頼醸成がなければならない」とも指摘。2月27、28日にベトナムで開催を予定する2回目の首脳会談では、北朝鮮がかねて求めている「終戦宣言を議題にのせてほしい」と述べた。

    北朝鮮は2018年9月の南北首脳会談後に、条件付きで寧辺の核施設廃棄の用意を表明している。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO4108093008022019FF8000/
    日本経済新聞 2019/2/8 18:51

    https://i.imgur.com/F6Qejyx.jpg
    8日、都内で講演する韓国の文正仁大統領統一外交安保特別補佐官

    引用元: ・【韓国の文補佐官】「段階的制裁解除も」北朝鮮非核化巡り[2/8]

    【じゃあ韓国に経済制裁発動だな【韓国の文補佐官】「段階的制裁解除も」北朝鮮非核化巡り[2/8] 】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/02/11(月) 23:00:30.76 ID:CAP_USER
    米中貿易戦争で中国経済はおろか、徐々に日本経済への影響も懸念され始めているが、日本よりも先に韓国経済が大きなダメージを被っており、1997年に韓国を襲った通貨危機再来への警戒感が高まっている。

     かつて韓国の経済危機では、米国や日本が助けの手を差し伸べたが、文在寅政権に対して日米両政府は抜きがたい不信感を抱いているという構図は、97年の通貨危機の際の日米韓3国関係と同じ状況だけに、韓国が経済的に没落するなか、今月27、28日の米朝首脳会談の結果次第では、米国の経済支援を受けた北朝鮮が経済的に韓国を凌駕する可能性も出てきている。

    悪化する日韓・米韓関係

     韓国産業通商資源部が今月1日に発表した2019年1月の貿易統計(通関ベース)によると、輸出は463.5億ドルで前年同月比5.8%減となった。輸出の20%前後を担う半導体の市況悪化に加え、米中貿易戦争のあおりを受けて総輸出の4分の1を占める中国向けの輸出額減少が大きな要因だ。

     しかも、輸出の減少は2カ月連続だけに、マーケットでは再び通貨危機への懸念が高まっているようだ。韓国は97年の通貨危機以外でも、2008年の貿易赤字の際も経済危機が囁かれたほか、11年にも輸出不振と欧州の金融危機の2つの大きな要因が重なり、通貨危機に陥りかけている。

     しかし、韓国が08年と11年に通貨危機を回避できたのは、日米両国が韓国にドルを融通したことが大きい。逆に97年の通貨危機では、「米韓関係が悪化していたため、米国は日本にもドルを貸さないよう指示し、韓国はIMF(国際通貨基金)に救済されるという不名誉を被った」と元日本経済新聞の鈴置高史が著書『米韓同盟消滅』(新潮新書)のなかで指摘している。

    ず、北朝鮮と経済逆転も
    文=相馬勝/ジャーナリスト
    【この記事のキーワード】文在寅, 通貨危機, 韓国





     今回も日米の支援は期待しにくい。なぜならば、日韓、米韓関係が悪化しているからだ。
     
     米国のトランプ大統領は韓国の文大統領が北朝鮮の核放棄を待たずに経済支援を急ごうとする姿勢を強く批判しており、米政権内では場合によっては米韓同盟の打ち切りを主張する声も出ているほどだ。
     
     また、日本は米国以上に文政権に強い不信感を抱いているが、これは言わずもがなだろう。文氏は1月の年頭の記者会見で、徴用工をめぐり韓国最高裁が日本企業に賠償を命じた判決について、「徴用工問題は韓国がつくったものではなく、不幸な歴史のため生じた問題」などと断じており、1965年の日韓請求権協定を度外視しており、まさに一国の大統領が2国間協定を無視するという極めて無責任な態度を示したからだ。
     さらに、ここにきて韓国の文喜相国会議長が米メディア「ブルームバーグ通信」のインタビューで、従軍慰安婦問題に関して「日本を代表する首相か、あるいは間もなく退位する天皇が(謝罪するのが)望ましいと思う」と述べたうえで、「(天皇は)戦争犯罪の主犯の息子ではないか。その方が一度(慰安婦だった)おばあさんたちの手を握って『心から申し訳なかった』とひとこと言えば(慰安婦問題による確執は)すっきり解消されるだろう」と指摘したのだ。まったく日本の国民感情を理解していない暴言といえるだろう。

     日本の自民党内では駐韓大使の一時帰国や訪日ビザの免除停止、韓国製品の輸入関税引き上げ、日本にある韓国企業の資産差し押さえなどの対抗措置を求める声も出ているのだが、さまざまな制限があり、実行は難しい。

     現在、文政権の支持率は低迷しており、その最大の原因が景気低迷だ。さらに先にも指摘したように、通貨危機の可能性も出ている。
     
     だが、日本国民の対韓イメージは確実に悪化しており、韓国が通貨危機に陥ろうが、かつてのように支援の手を差し伸べようとは思わないだろう。それはトランプ米政権も同じだ。

    北朝鮮の経済成長

     トランプ氏は今月27、28日にベトナムのハノイで、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談を行う予定で、自身のツィッターで「北朝鮮は金委員長のリーダーシップのもとで経済大国になるだろう。北朝鮮は経済のロケットになるだろう」と書き込んだ。これは会談が順調に進めば、米国が北朝鮮への経済支援を進める可能性を示唆したものとも受け取れよう。

     そうなれば、韓国が景気低迷状態をさまよっているうちに、北朝鮮の経済成長が進展すれば、南北経済の逆転現象が現実のものとなることも考えられる。それは、社会主義国の中国、ベトナムが急成長をした例からも否定できない。そして、もし逆転が現実のものとなれば、北朝鮮による韓国併呑もまったく可能性がないとはいえないだろう。
    (文=相馬勝/ジャーナリスト)

    https://biz-journal.jp/2019/02/post_26641.html
    BJ 2019.02.11

    引用元: ・【韓国】通貨危機への警戒感高まる…日本と米国は支援せず、北朝鮮と経済逆転も[2/11]

    【なるべきようになっただけだな【韓国】通貨危機への警戒感高まる…日本と米国は支援せず、北朝鮮と経済逆転も[2/11] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/11/08(木) 10:47:47.37 ID:CAP_USER
    no title

    ▲ヤング・キム(別ソース:Daily bulletin)

    6日(現地時間)、開かれた米国の中間選挙で最初の韓国人女性連邦下院議員が誕生した。

    米メディアは共和党所属のヤング・キム(56、韓国名キム・ヨンオク)候補がカリフォルニア39選挙区で民主党候補のギル・シスネロス氏を破って当選したと報じた。韓国人候補が連邦下院議員に当選したのは1998年、キム・チャンジュン(ジェイ・キム)元議員以来20年ぶりだ。韓国人女性では初めてだ。

    彼女が挑戦したカリフォルニア39選挙区は共和党の重鎮議員、エド・ロイス氏が引退を宣言した後、全国的な関心を集めた場所だ。選挙を控えて「反トランプ」の雰囲気が広がり、敗北を懸念する声が出ていたが、激しい勝負の末にヤング・キム氏が当選を確定した。

    ヤング・キム氏は1962年、仁川(インチョン)で生まれて75年にグアムに移住、高校卒業後にロサンゼルスの南カリフォルニア大学で経営学を勉強した「韓国人1.5世」だ。銀行などで働いて衣類事業家として活動したりもした。
    その後、4人の子供を育てながら平凡な主婦として暮らしてきた彼女を政界に入門させた人は夫のチャールズ・キムさんだった。韓国人政治運動家であり、選挙コンサルタントとして有名なチャールズ・キムさんの積極的な支持で、共和党の親韓派エド・ロイス議員の補佐官として働くことになった。
    ヤング・キム氏はロイス議員を21年間補佐し、主にアジア政策を担当した経験に基づき、2014年韓国人女性では初めて州議員(カリフォルニア州下院)に当選した。そして4年ぶりに連邦下院になった。今回の選挙でロイス議員が彼女を物心両面で助けたのはもちろんだ。

    韓国人移民者としてトランプ大統領の「反移民政策」を批判してきたヤング・キム氏は「韓国人コミュニティに感謝する」として「韓米関係や慰安婦問題、自由貿易協定、北朝鮮の人権などにも関心を傾けたい」と感想を明らかにした。

    一方、韓国系のユミ・ホーガン氏と結婚して「韓国の婿」として知られているメリーランド州のラリー・ホーガン州知事(共和党)も再任に成功した。

    ソース:中央日報/中央日報日本語版<韓国人女性、初めて米国下院に…「慰安婦・北朝鮮の人権に関心」>
    https://japanese.joins.com/article/903/246903.html

    引用元: ・【米国】 韓国人女性、初めて米国下院に~ヤング・キム(韓国名キム・ヨンオク)氏「慰安婦・北朝鮮の人権に関心」[11/08]

    【アメリカ合衆国に宣誓してるのに【米国】 韓国人女性、初めて米国下院に~ヤング・キム(韓国名キム・ヨンオク)氏「慰安婦・北朝鮮の人権に関心」[11/08] 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2019/01/20(日) 14:38:48.00 ID:CAP_USER
    中国の国家行事が開催されるたび、最高指導者が必ず行うことがある。歴代の指導者たちをたたえる言葉を述べることだ。昨年12月18日の改革・開放40周年における習近平・国家主席もそうだった。

    「毛沢東同志は中華人民共和国を建国し、トウ小平同志は改革・開放の歴史的決断を下した。江沢民同志は『3つの代表』思想で社会主義市場経済の目標を示し、胡錦涛同志は科学的発展観を通じて全面的な小康(物質的に快適な)社会の建設により理論的創造を成し遂げた」。

    これらの賛辞はもちろん、「歴史解釈の権限」を独占している中国共産党の一方的な結論だ。それでも、このような発言が社会統合に役立つと彼らは信じている。では、韓国社会はどうだろうか。

    韓国は中国よりも学問研究が自由で、討論を通じて異なる意見をよりうまく調整できる国だ。

    しかし、現実はそのようにできていない。客観的原則や基準がないまま、ダブルスタンダード(二重規範)で人物を評価し、歴史を反対派の攻撃手段だと見なしているからだ。韓国の誇るべき「建国と発展」の歴史が「恥ずかしい歴史」にすり替えられ、若者の心に刻みつけられている。

    ダブルスタンダードによって歴史認識に混乱を来した代表的な事例は、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領=当時=が2003年7月に中国・清華大学でした発言だ。盧武鉉大統領は尊敬する中国の政治家に毛沢東とトウ小平を挙げた。

    2人は中国の「建国」と「経済発展」を成し遂げた指導者だが、同時に数千万人の自国民を餓死させたり、戦車で数千人の大学生をひき殺したりした残酷な独裁者でもある。

    盧武鉉大統領は中国の「独裁者」を尊敬する一方で、韓国の「建国」の主役(李承晩〈イ・スンマン〉元大統領)や「経済発展」の主役(朴正煕〈パク・チョンヒ〉元大統領)はこき下ろした。歴史上の人物の評価で公平性を欠いたものだ。

    韓国現代史は、中国よりも100倍は劣悪な状況で「建国」と「発展」を成し遂げた驚くべき道のりだった。李承晩元大統領は第二次世界大戦後、植民地支配から解放された最貧国に国連が認める自由民主政府を建て、韓米同盟で韓半島(朝鮮半島)に平和な環境を作った。

    朴正煕元大統領は「空腹」が宿命だと思っていた国民を「なせば成る」の精神で奮い起こし、世界の冷笑を乗り越えて重化学工業をはぐくみ、経済の飛躍を成し遂げた。工業高校卒や商業高校卒という学歴でも、努力すれば中間層になれるという希望を持たせてくれた。


    2019/01/20 05:08
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/01/18/2019011880125.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/01/18/2019011880125_2.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/01/18/2019011880125_3.html

    >>続きます。

    引用元: ・【朝鮮日報】李承晩・朴正煕の「成功の韓国史」抹殺する文政権の陰謀 北朝鮮との連邦制に向かうための巨大な「歴史工程」[01/20]

    【また韓国国民虐殺推奨ってことですねw 【朝鮮日報】李承晩・朴正煕の「成功の韓国史」抹殺する文政権の陰謀 北朝鮮との連邦制に向かうための巨大な「歴史工程」[01/20] 】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/01/11(金) 00:50:07.94 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の核・ミサイルなど大量破壊兵器(WMD)の脅威に対抗し韓国軍が構築を進める防衛・反撃システム「3軸体系」などの用語が正式に廃棄され、呼称が変わったことが10日、分かった。

    3軸体系は、北朝鮮にミサイル発射の兆しがあれば先に破壊する「キルチェーン」、発射されたミサイルを迎撃する「韓国型ミサイル防衛体系(KAMD)」、北朝鮮が攻撃してきた場合に指導部などに報復攻撃を行う「大量反撃報復(KMPR)」の戦力を備えるという国防力増強計画。用語は現政権発足以前に確立されていた。

    軍当局によると、3軸体系は対象範囲と能力を広げた「核・WMD対応体系」に、キルチェーンは「戦略標的攻撃」に、KMPRは「圧倒的対応」に用語が変更。KAMDは「韓国型ミサイル防衛」に変わる。

     軍は2019~23年の国防中期計画から新たな用語を使ったことが分かった。「北の核とWMDの脅威への対応」は「北」が削除され、「核とWMDの脅威への対応」と表現されたという。

     これに先立ち、鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官は先月20日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領に「2019年国防部業務計画」を報告した際、3軸体系などの用語を変えることにしたと説明した。

     3軸体系などの用語を巡っては、昨年行われた3回の南北首脳会談や、昨年9月の「板門店宣言の履行に向けた軍事分野合意書」の採択などで朝鮮半島の軍事的緊張が緩和され、軍事分野合意書の履行が進むなかで北朝鮮を刺激する可能性のある用語は変える必要があるとの指摘が一部から出ていた。 

     国防部の関係者は「3軸体系などの用語が廃棄され、別の用語に変わったが、これに関連して計画された戦力確保の計画は正常に推進されるだろう」と話した。  

     一方で、朝鮮半島の緊張緩和により、北朝鮮による核・ミサイルの使用という脅威は減ったものの、脅威となる兵器は今も存在することから、軍の用語変更を批判する声もあるものとみられる。

    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190110004900882?section=politics/index
    聯合ニュース 2019.01.10 20:41

    no title

    韓国軍が構築を進める防衛・反撃システム「3軸体系」などの用語が変更された(資料イラスト)=(聯合ニュース)

    引用元: ・【聯合ニュース】韓国軍が国防計画用語を変更 北朝鮮に配慮「北」が削除され「核とWMDの脅威への対応」と表現[1/10]

    【アホなことは間違い【聯合ニュース】韓国軍が国防計画用語を変更 北朝鮮に配慮「北」が削除され「核とWMDの脅威への対応」と表現[1/10] 】の続きを読む

    このページのトップヘ