まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:北朝鮮軍

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/07/17(火) 05:46:09.93 ID:CAP_USER
    南北軍通信線の復旧へ制裁除外
    安保理、韓国要請受け承認
    2018/7/17 05:25
    ©一般社団法人共同通信社
    https://this.kiji.is/391687563100324961

    【ニューヨーク共同】韓国政府が国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会に対し、北朝鮮の軍当局との通信線を復旧させるために使う燃料などを北朝鮮側へ持ち出すことを安保理制裁対象から除外するよう要請し、認められていたことが16日、分かった。
    安保理外交筋が明らかにした。

    搬出が認められたのはガソリンなど燃料のほか、光ファイバーケーブルやトラック、バス、発電機などの機材。いずれも制裁決議で北朝鮮への輸出が制限されている。

    韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は4月の南北首脳会談で、偶発的な軍事衝突の防止を目指すことで合意した。

    引用元: ・【朝鮮】国連安保理、韓国要請受け、北朝鮮軍への燃料持ち出しを制裁対象から除外 通信線を復旧させるため[18/07/17]

    【【朝鮮】国連安保理、韓国要請受け、北朝鮮軍への燃料持ち出しを制裁対象から除外 通信線を復旧させるため[18/07/17] 】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2017/10/15(日) 18:08:15.13 ID:CAP_USER
    韓国軍が、人工知能(AI)が提供する「アドバイス」を、軍事作戦に活用するための関連研究に着手した。有事における軍事作戦の際、AIが重要な“参謀”の役割を引き受けるようになるかもしれない。

     韓国メディアが報じたところによれば、韓国・国防部は2025年までに「AI指揮決心支援システム」を開発。野戦部隊でのテスト運用を経て、第一線の部隊にも普及させる計画を進めている。各部隊の指揮官は、AIが提供する情報を作戦指揮・解決の参考にする。

     韓国・国防部が開発しているシステムの中身を見ると、まずAIコンピュータに北朝鮮軍の前方部隊の兵力、装備の数量、位置、予想される侵入経路など、長・短所データが入力される。加えて、北朝鮮軍前方部隊の上級部隊の現状も、コンピュータに記録。一方、北朝鮮軍の部隊と対峙する自国陸・海・空軍の総合火力の詳細情報や、気象情報なども入力する。

     韓国軍の作戦指揮官は、AIコンピュータに保存されたそれら情報に基づき、AIにアドバイスを受ける。AIコンピュータが算出した最適とされる戦略情報を駆使する形だ。

    韓国メディアに答えた事情通は、「作戦地図、敵地の映像・写真など学習したAIを活用すれば、参謀たちは細部を見逃すことなく作戦を立てられるようになるかもしれない。AIが指揮官の重要な参謀の役割果たす日も遠くないかもしれない」とコメントを残した。

     人工知能は与えられたデータから最適な“選択肢”を導き出すのが得意だ。扱うデータが膨大になれば、いわゆる「未来予測」も可能になると言われている。ただし、軍事作戦においては判断に人命被害のリスクが伴う。どこまで、AIに判断を委ねるか。軍事の世界でも、AIと人間の能力比較議論が過熱していきそうだ。


    2017.10.15 ハーバービジネスオンライン
    https://hbol.jp/152604?display=b

    引用元: ・【韓国軍】「AI参謀」研究に着手…北朝鮮軍の動きを人工知能が予測・分析 国防部は2025年までに…[10/15]

    【【戦うのが朝鮮人】韓国軍が北朝鮮軍の動きを予測・分析する「AI参謀」研究に着手】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/04/24(月) 10:54:35.96 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国の防衛事業庁は24日、韓国首都圏を狙う北朝鮮軍の長距離砲を無力化する能力を備えた「対砲兵探知レーダー II」を韓国の技術で開発したと発表した。来年から戦力化するという。
    このレーダーは総額約540億ウォン(約53億円)の事業費と5年5カ月の歳月をかけて開発された。有事の際に北朝鮮軍が韓国に向けて長距離砲を撃った場合、飛んでくる砲弾を探知すると同時に飛行軌道を逆追跡して長距離砲の位置を突き止め、その情報を韓国側の砲兵部隊に自動で知らせる。部隊はこれを基に、北朝鮮軍の挑発拠点をほぼリアルタイムで破壊できる。

     このレーダーの探知距離は60キロ以上と、韓国軍が運用中のスウェーデン製レーダー(同約40キロ)をしのぐ。国産化率が95%に達するため、故障しても修理を含めた軍需支援をスムーズに行えることも利点だ。

     防衛事業庁の関係者は「対砲兵探知レーダー IIの国内開発に成功したことで、敵が火力挑発を仕掛けてきても即座に対応砲撃で挑発の拠点を壊滅させる手立てを得た」と成果を強調した。

    http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2017/04/24/0900000000AJP20170424000800882.HTML

    引用元: ・【 聯合ニュース 】北朝鮮の砲撃拠点をリアルタイムで探知 新レーダー開発=韓国[4/24] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【泥縄の典型】韓国防衛事業庁、来年から北朝鮮軍の長距離砲を無力化する新レーダーを戦力化】の続きを読む

    このページのトップヘ