まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:北朝鮮

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/06/16(土) 15:01:01.07 ID:CAP_USER
    no title


    15日は6・15南北共同宣言18周年となる日。最近、韓半島雪解けムードの中、2000年当時、北朝鮮が寄贈した豊山(プンサン)犬「ウリ」と「トゥリ」が話題になっている。東亜(トンア)日報が豊山犬の行方を追跡してみると・・・。

    こんにちは。私は2013年生まれで今年5才、人間の年齢で30代の青年、豊山犬の「アンソニ」と言います。私は京畿道果川市(キョンギド・クァチョンシ)ソウル大公園で暮らしています。雄です。こう見えてもかなり家柄の良い子孫です。えへん。18年前の00年、南北初の首脳会談で、金大中(キム・デジュン)大統領が北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記から贈られた豊山犬「ウリ(雄)」と「トゥリ(雌)」がまさに私の曽祖父母です。

    私の曽祖父母が韓国に来たのは18年前です。曽祖父の「ウリ」は13年春に、曽祖母の「トゥリ」は同年秋にそれぞれ13才で亡くなりました。二人は幸せな「犬生」を送りました。大統領府で暮らしていましたが、二人を見たいという国民の要請でソウル大公園の動物園に移り住み、生涯多くの愛を受けました。

    二人は仲も良く、21匹の子を産みました。種の保存のため「浮気」をして10匹の腹違いの子を産み、計31匹の子宝に恵まれました。北朝鮮の中央動物園で寄贈を受けた雄と韓国で生まれ育った雌の豊山犬が相手だったそうです。

    ところが私は祖父母たちに一度も会ったことがありません。すべて公開入札で機関や個人に行くことになったとそうです。

    心が痛む便りだけ聞きました。02年頃だったか。祖父母の一人が大邱(テグ)東区庁に行ったといいます。04年に4匹の子どもたちと共に再び公売処分されたそうです。当時、祖父母の家は東区館内にある八公山(パルゴンサン)ボンム公園の犬舎でしたが、夜に吠えるので公園を散歩する地域住民たちから憎まれたそうです。咸鏡南道(ハムギョンナムド)豊山が原産地の豊山犬は本来猟犬の一種なので、おとなしいペットとは違います。

    しかも、03年秋に6匹のおじ、おばが産まれ、犬舎がいっぱいになると、動物保護団体が子犬を育てるのに適切でないと問題を提起したようです。このような嘆願と抗議が続き、東区庁で維持することができなくなって、公売処分したのでしょう。

    31匹の祖父、祖母でなければ、100匹以上のおじ、おばを産まなかったでしょうに・・・・。 残念なことに現在「行方を把握できるウリ・トゥリの子孫は誰か」と尋ねるなら、まさに私、アンソニだけだそうです。私の父親はウリ・トゥリのひ孫のプンで、母親は国内生まれの豊山犬で、数年前に亡くなった「アンジュ」です。私は「アンジュのサン(息子)」という意味で「アンソニ」と名付けられました。現在、13年に大統領府がソウル大公園に寄贈した韓国生まれの豊山犬の雌「ハンラ」と暮らしています。

    ハンラは結婚したことはありませんが、もう年を取り(11才)今結婚しても子どもを産むことはできないでしょう。私はまだ若いですが、飼育係の顔色をうかがうと、私を結婚させない考えのようです。私の血統を守ることは豊山犬種保存協会の仕事であって動物園がすることではないと考えているようです。ハンラが死ねば、動物園で一人で残されることになります。07年生まれのハンラが15才まで生きたとしても、私が一人になる日まで4年しかありません。

    18年前の会談の時、曽祖父母のウリとトゥリは、南北平和の象徴のような存在でしたが、私までいなくなれば、子孫の行方が不明になるということを誰も知らないでしょう。今からでも私のパートナーを探して大切な血をつなぐことができるといいです。

    キム・ハギョン記者

    ソース:東亜日報日本語版<18年前に北朝鮮が寄贈した豊山犬、今はどこに?>
    http://japanese.donga.com/List/3/all/27/1354893/1

    引用元: ・【韓国】 18年前に北朝鮮が寄贈した豊山犬、今どこに?~子孫、最後の一匹の嘆き[06/16]

    【【韓国】 18年前に北朝鮮が寄贈した豊山犬、今どこに?~子孫、最後の一匹の嘆き[06/16] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/07/25(水) 18:50:49.55 ID:CAP_USER
    no title


     北朝鮮は20日、ここ数年内に韓国へ渡った何名かの北朝鮮国民を韓国が直ちに送還しなければ、8月に予定している離散家族再会を取りやめる可能性があると警告した。

     2016年、中国の北朝鮮運営レストランで働いていた12名の女性従業員が集団で韓国に亡命した。以来、この事件は南北両政府間の論争の種となっている。韓国が、自由意思による脱北であると主張する一方で、北朝鮮は、韓国による拉致だと非難してきた。

     北朝鮮は、1950~1953年の朝鮮戦争中に離れ離れになった高齢者たちの一時的再会を繰り返し求める韓国側の要求を、女性従業員の事件を理由にこれまでしばしば拒否してきた。しかし20日の声明は、緊張緩和が数カ月続いた後、北朝鮮に核兵器を放棄させるための世界的外交政策がなかなか進展しない中、女性たちの命運を8月の家族再会行事に結びつけるという北朝鮮にとっては初めての試みであった。

     北朝鮮国営のウェブサイト『ウリミンゾッキリ』は、韓国政府が女性たちを送還しない場合、家族再会事業と南北朝鮮関係は「障害」に直面するだろう、との声明を出した。韓国統一省は、『ウリミンゾッキリ』の記事についてのコメントは何もないと述べた。

     12名の女性従業員の中には、本当にだまされて韓国へ渡った女性がいるかもしれない、との推測が高まっている。国連の独立専門家であり、北朝鮮における人権問題について調査を行っているトマス・オヘア・キンタナ氏は、今月初めに数名の女性従業員から話を聞いた。女性たちは、中国を発つ際には、韓国に向かっていることを知らなかったと話したという。

    「女性たちのうち数名は、ここに来るとは知らないまま大韓民国に連れてこられた」キンタナ氏は、韓国の正式名称を用いて話した。「自分たちの意思に反して連れてこられたのであれば、犯罪とみなされる可能性もある。韓国政府には、調査の義務があり責任がある」

     以前、韓国メディアは同様の報道をしていた。そこでは、女性数名と、彼女らと一緒に韓国に来たという北朝鮮人男性マネージャーのインタビューが紹介された。

     女性たちが韓国に渡った当時、韓国では、北朝鮮の核開発に対して強硬姿勢を示す保守政党により政権が握られていた。リベラルな文在寅現大統領は北朝鮮との関係を発展させたいと考えているが、女性たちの送還はデリケートな問題のままだ。多くの専門家が、韓国に残ると決めた人々の親戚は北朝鮮政府によっておそらく報復措置を受けることになるだろうと警告する。

     韓国政府の記録によると、朝鮮戦争の休戦以来、政治的、経済的、その他の理由により、31,000人以上が北朝鮮から韓国に逃れてきた。韓国政府はこれまで脱北者を送還したことは一度もないが、一握りの人々は韓国での新しい生活に馴染めず、故郷へ戻ったと報告されている。

     南北朝鮮は通常、国民が国境を越えて親戚を訪問することを、政府の特別許可なしで連絡を取ることを禁止している。しかし2000年以降は、時々開催される離散家族再会事業の下、2万人近い国民が親戚たちと再会し、数日間共に過ごすことを許されてきた。家族再会行事は2015年の実施が最後となっている。

     韓国がより多くの家族再会行事を望む一方で、北朝鮮はあまり積極的ではない。重要な外交戦術の切り札になり得るものを無駄使いしたくないこと、また、外の世界に対する国民の関心が高まることを懸念しているから、と専門家たちは分析する。

    By HYUNG-JIN KIM, Associated Press
    Translated by Mana Ishizuki

    ソース:Newsphere「韓国が拉致した12名を返さなければ……」北朝鮮が韓国に警告
    https://newsphere.jp/world-report/20180725-1/

    引用元: ・【南北韓】 「韓国が拉致した12名を返さなければ……」~北朝鮮が韓国に警告[07/25]

    【【南北韓】 「韓国が拉致した12名を返さなければ……」~北朝鮮が韓国に警告[07/25] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/07/22(日) 21:27:58.28 ID:CAP_USER
    北朝鮮労働党機関紙の労働新聞が20日、「(米朝)首脳がした約束を守らなければ、国際社会から厳しい審判を受けることになるだろう」という文在寅(ムン・ジェイン)大統領の13日のシンガポール発言を受けて、「むだな訓示」と非難した。同紙は、「朝米双方がシンガポール共同声明の履行に向けて努力している現実に目を閉じ、身の程を知らずの予想までして並べたてる無礼な詭弁に誰が耳を傾けるだろうか」と非難した。

    4月の南北首脳会談後、北朝鮮が文氏を非難したのは初めて。同紙の主張の核心は、南北関係の進展を非核化と結びつけてはならず、核問題は米国とだけ議論するということだ。韓国は、経済支援などの目的で相手にするという過去の戦略が変わっていないことを示す。むろん、これに敏感に対応する必要はない。今の国際社会は、国連制裁という枠組みを通じて非核化と経済支援などすべての要素を緊密に連携させている。

    しかし、制裁が揺らげば、すべての進展の基礎が崩れることになる。北朝鮮産石炭を積んで昨年韓国・仁川(インチョン)、釜山(プサン)港などを出入りした船舶が、最近も韓国領海を航海しており、政府が今のように傍観している問題ではない。元山(ウォンサン)では、石炭輸出のための船積み作業が活発に行われているという。

    国連決議によると、これらの船舶は拿捕して調査できる制裁対象だ。しかし、政府はまだ「疑惑船舶」段階であり、関税庁事務官1人が調査にあたっていて人材不足であるうえ、輸入業者の主張が交錯しているとだけ説明する。米国務省は19日、「すべての国連加盟国は、安保理制裁決議を履行しなければならない」とし、迂回的に韓国に警告を送った。もし政府が制裁履行を南北対話同様、重視したなら、このようなことが起こっただろうか。

    制裁が弱まる警告ランプは、中国、ロシアでも灯っている。米国は、安保理の対北制裁委員会に北朝鮮が海上での瀬取りの手法で情製油を密輸入しているとし、追加販売禁止を要求したが、中国とロシアは6ヵ月間の検討期間を要求し、ブレーキをかけたという。

    このように非核化と北朝鮮の態度改善には特に進展がないが、国内では期待が現実よりも先を言っている。作家の柳時敏(ユ・シミン)氏は19日、大韓商工会議所フォーラムでの講演で、「(金正恩朝鮮労働党委員長は)祖父と父親から受け継いだ絶対権力を違う方法で使い、変えようとするのではないか。それが革新だ」とし、「大企業の2、3世の経営者の中で正恩氏ほどの人がいるだろうか」と強調した。現在、韓国経済を率いている主要グループの2、3世経営者が経営権を継承した後、企業価値を数十倍高めたという評価を受けていることを考えると、適切な比較とは言えない。北朝鮮核問題の実際の進行状況に対して、韓国政府と社会がより冷徹に認識しなければならない時だ。

    ソース:東亜日報日本語版<北朝鮮は文大統領を非難、制裁に穴があいた韓国では正恩氏を称賛>
    http://japanese.donga.com/Home/3/all/27/1396347/1

    引用元: ・【韓国】 北朝鮮は文大統領を非難、制裁に穴があいた韓国では正恩氏を称賛/東亜日報社説[07/21]

    【【韓国】 北朝鮮は文大統領を非難、制裁に穴があいた韓国では正恩氏を称賛/東亜日報社説[07/21] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/06/17(日) 00:08:29.29 ID:CAP_USER
     文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一外交安保特別補佐官は14日、北朝鮮の人権問題について「今、何よりも重要なのは『非核化』だ。絶対に人権問題を(対北朝鮮交渉の)前提条件にしてはならない」と語った。

     文正仁補佐官は同日、梨花女子大学で行われた時事討論会で、「北朝鮮との対話で人権問題を提起すべきか」という質問に、「優先順位(priority)を設けて北朝鮮と対話するべきだ。非核化が先で、その次が人権だ。北朝鮮が改革・開放し、経済が良くなって、その結果として人権問題が改善可能な環境を作ることが必要だ」と答えた。その上で、「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は北朝鮮の人権問題を提起してはいるが、それを優先順位(の上位)に置いてはいない。南北間の信頼関係を構築することの方が(人権問題より)先だ」と言った。これまで文正仁補佐官は終末高高度防衛ミサイル(THAAD)配備、在韓米軍、韓米合同軍事演習など敏感な安保懸案について「急進的」な主張を繰り広げてきた。そのたびに大統領府は「個人的な意見だ」と予防線を張ってきたが、文正仁補佐官の主張は対北朝鮮交渉の過程で現実になってきた。

     文正仁補佐官の発言は、統一部(省に相当)が北朝鮮人権財団の事務室賃貸借契約を延長しないと発表した日に飛び出した。北朝鮮人権財団は11年間にわたる与野党の駆け引きの末、2016年に可決された「北朝鮮人権法」の中核であるのにもかかわらず、理事の構成に責任を負う国会の非協力や確執で発足が先送りされてきた。政府は空(から)の事務室の賃貸費用節約を理由にしているが、「北朝鮮が敏感に反応する人権問題を後回しにするということではないのか」という批判が出ている。政府は、北朝鮮人権法に基づいて16年に設置された外交部北朝鮮人権国際協力大使(人権大使)も8カ月間にわたり空席のままにしている。前任のイ・ジョンフン大使は「北朝鮮の人権問題は北朝鮮の弾道ミサイルや核の脅威などの見地から扱うべきだ」と言っていた。外交部関係者は「大使のポストだけをわざと空席にしているのではない」と話している。

     与党関係者は「文正仁補佐官の発言は、結局は大統領府や政府とのやり取りの中で出てきたものと見るべきだ。北朝鮮の人権問題も結局、同補佐官の言葉通りになるだろう」と話す。

     米政府も、米朝首脳会談を経て北朝鮮の人権に対する姿勢が消極的な方向に転換しそうな雰囲気だ。ホワイトハウスのセラ・ハッカビー・サンダース報道官は14日(現地時間)の定例記者会見で、「(トランプ)大統領はなぜ北朝鮮の残酷な行為を見過ごそうとしているのか」という質問に、「大統領は(会談で)複数回、北朝鮮の人権記録や人権侵害問題を提起した」としながらも、「ただし、首脳会談の焦点は非核化と韓半島(朝鮮半島)の平和であり、これが対話の目的だった」と言った。これに対する反発として、米下院では「北朝鮮政権の残酷な人権侵害行為の改善なしに、大統領が独自に対北朝鮮制裁を緩和することはできない」という内容の「制裁緩和制限法案」が上程された。

     一部には、「『平和協定以降は在韓米軍駐留の正当化は難しいだろう』という文正仁補佐官の先月の『予言』も当たるのではないか」という声が上がっている。大統領府関係者は15日の記者会見で、「(在韓米軍の問題は)話し合われていない」と言ったが、トランプ政権内の流れには変化が生じ始めている。

     ある与党関係者は「文正仁補佐官が2017年6月に韓米合同軍事演習の縮小を口にした時は非現実的に聞こえたが、それも1年後に現実のものとなった。在韓米軍問題も同じようになるかもしれない」と語った。

    イ・ミンソク記者

    ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版<文正仁氏「北朝鮮の人権問題考える時期ではない」>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/06/16/2018061600565.html

    引用元: ・【韓国】 「今、北朝鮮の人権問題考える時期ではない」~文正仁大統領補佐官[06/16]

    【【韓国】 「今、北朝鮮の人権問題考える時期ではない」~文正仁大統領補佐官[06/16] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/06/03(日) 20:42:31.56 ID:CAP_USER
    no title

    ▲国防部の宋永武長官が2日にシンガポールで開催された第17回アジア安全保障会議で「韓半島の非核化とアジア太平洋地域の平和と繁栄」を主題に演説している。(写真=国防部)

    国防部の宋永武(ソン・ヨンム)長官が、日本の防衛相の「対北朝鮮批判」基調演説に対し釘を刺した。宋長官は2日にシンガポールで開かれたアジア安全保障会議の基調演説後の質疑応答過程で、日本の小野寺五典防衛相の基調演説を内容を取り上げて批判した。

    宋長官は「(日本が過去に)北朝鮮にだまされ続けたからと未来もだまされ続けると考えるならどのように(北朝鮮と)交渉し平和を創出するのか。小野寺防衛相が会見(基調演説)時に(北朝鮮が過去にした)約束について言及したが、それは過去のことであり、指導者は変わった」と指摘した。

    これに先立ち小野寺防衛相は基調演説で、「25年の歴史を振り返れば北朝鮮がとても先制的で肯定的な態度を見せながら突然国際社会のすべての平和努力を無視し武力措置を取ったことがある」として北朝鮮の平和協定破棄事例に言及した。

    小野寺防衛相は「北朝鮮は1994年に米朝基本合意書に合意したのに継続して秘密裏に核兵器を開発し、2005年に6カ国協議共同合意書を出しながら初めての核兵器実験を行った。単純に対話に乗り出したからと北朝鮮に見返りを提供すべきではない」と批判した。

    これに対し宋長官は「未来に向かう道で、約束を保障する見方からいま思い切った決断をして出てくる北朝鮮を理解してくれるよう望む。北朝鮮の住民や金正恩(キム・ジョンウン)委員長も現体制をそのまま維持しながら改革開放して住民の生活を向上させ、国際社会に同じ一員として進んでいくということにわれわれは焦点を置いて支援すべきで、それに対して疑問を持ち始めれば前に進みにくくなるだろう」と強調した。

    ソース:中央日報/中央日報日本語版<国防部の宋永武長官、国際会議で日本防衛相の演説にくぎさす>
    http://japanese.joins.com/article/947/241947.html

    引用元: ・【韓国】 「北朝鮮を理解してくれるよう望む」~韓国国防部長官、国際会議で日本防衛相の演説にくぎをさす[06/03]

    【【韓国】 「北朝鮮を理解してくれるよう望む」~韓国国防部長官、国際会議で日本防衛相の演説にくぎをさす[06/03] 】の続きを読む

    このページのトップヘ