まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:化粧品

    1: 動物園φ ★@無断転載は禁止 2017/05/31(水) 03:52:10.93 ID:CAP_USER
    大象(デサン)ジャパン(株)は、同社が取り扱うキムチ由来の植物性乳酸「LACTOPY®」を化粧品用としても本格展開する。

    これまでに食品用途として実績を積み重ねてきたが、有用なエビデンスもあることから内外からの美容系素材として訴求していく。 同素材は、韓国の伝統食品・キムチ由来の植物性乳酸菌。アトピー性皮膚炎(AD)に対する臨床試験で有用な結果が得られるなど、エビデンスのある素材として認知されており、米中韓で特許も取得している。

    摂取によるADに対する有効性が確認されている同素材は、軟化剤に配合することでもその効果が確認されている。

    分蒸散量(TEWL)、皮膚容量、皮膚所見改善度(Investigator Global Assessment:IGA)、ビジュアルアナログスケール(Visual Analogue Scale:VAS)の値を0、1、2、4週目に測定した。

    その結果、乳酸菌配合軟化剤処理した腕のTEWL、VAS値は有意に低い値を示し、皮膚容量値は有意に増加した。このことから、乳酸菌配合軟化剤の局所適用は、AD患者の皮膚透過性を改善すると考えられる。

    同社では今後、こうしたエビデンスとともに、これまでの食品用途に加え、化粧品用途での展開を併せて行い、日本市場での拡販を目指す。

    http://news.e-expo.net/news/2017/05/post-102.html

    引用元: ・【話題】キムチ由来の化粧品、日本市場で本格展開へ [無断転載禁止]©2ch.net

    【【ナメクジとかあるらしいし】キムチ由来の化粧品「LACTOPY®」、日本市場で本格展開へ】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/01/10(火) 16:54:24.33 ID:CAP_USER
    米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備に反対し、「報復」とみられる措置を取っている中国が、大量の韓国製化粧品について輸入を不許可としたことが10日、分かった。

    中国の関連業界によると、品質管理当局である国家質量監督検験検疫総局は今月3日、輸入を許可しない化粧品のリストを発表。許可を得られなかった製品28点のうち、19点(計約11トン)がエギョンやイアソなど韓国メーカーの化粧品や日用品だった。これら製品は全て返品措置が取られた。

    フェイスクリームやエッセンス、クレンジング、パックなど、中国でよく売れるコスメを中心に、歯磨き粉やシャンプーなども含まれている。それぞれ「登録証明書がない」「申告した製品と実際の製品が一致しない」「製品成分の変更」などを理由に不許可となった。業界関係者は、これらは昨年11月に許可を得られなかった韓国製品だと伝えている。

    中国で韓国ドラマや韓流スターと並び、韓国と関連して大きな人気を誇っているのが化粧品だ。そのため、韓流コンテンツを締め出す「禁韓令」を出している中国が、韓国の化粧品を次のターゲットに据えるのではと危ぶむ声が出ていた。

    エギョンの化粧品売り場(資料写真)
    no title


    【北京聯合ニュース】
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2017/01/10/0500000000AJP20170110002400882.HTML

    引用元: ・【禁韓令】中国が韓国化粧品の輸入不許可 THAADで「報復」か[1/10] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【これは日本もやらないと】「登録証明書がない」中国が韓国化粧品の輸入不許可、19点(計約11トン)】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/11/28(月) 23:16:24.11 ID:CAP_USER
     韓国の化粧品メーカー、コスマックスは28日、日本の化粧品最大手の資生堂グループに製品を供給すると発表した。コスマックスは先月資生堂と契約を結び、今月から本格的に生産を開始。

     契約規模は300万ドル(約3億3800万円)で、今後さらに拡大する計画だという。コスマックスは資生堂ブランドで販売されるシワ対策化粧品やオーガニック化粧品などを開発し、供給する予定だ。

     資生堂は「資生堂」「クレ・ド・ポー ボーテ」「アネッサ」「TSUBAKI」など有名ブランドを多数抱えるグローバル化粧品メーカーだ。コスマックスは今回の契約を機に日本市場への本格進出を狙う。

     日本の化粧品市場は約26兆ウォン(約2兆5000億円)規模で、米国・中国に次いで単一国家としては世界で3番目に大きい。

     コスマックスのイ・ギョンス会長は「資生堂側が韓国の化粧品市場と製造技術に大きな関心を示した。ほかの日本企業とも契約を結び、難しい日本市場に定着していきたい」と意欲を見せた。

    シム・ヒョンジョン記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/11/28/2016112802718.html

    引用元: ・【経済】韓国の化粧品メーカー・コスマックス、日本最大手の資生堂に化粧品輸出へ 日本市場への本格進出狙う[11/28] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【さようなら資生堂】韓国の化粧品メーカー・コスマックス、資生堂に化粧品輸出。 日本市場への本格進出狙う】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2016/06/09(木) 12:12:40.14 ID:CAP_USER
    韓国の化粧品生産額が昨年、過去最高を記録した。

    食品医薬品安全処が8日発表した「化粧品生産実績」によると、昨年の韓国の化粧品総生産額は前年比19.6%増の10兆7328億ウォン(約9947億円)で、初めて10兆ウォンを超えた。過去5年間で平均13.9%成長した。

    メーカー別にみると、アモーレパシフィックが3兆7485億ウォンで全体の34.9%を、LG生活健康が2兆8866億ウォンで26.9%をそれぞれ占め、2社のシェアの合計が61.8%に達した。

    3~5位の愛敬産業(1.8%)、ザ・フェイスショップ(1.6%)、イニスフリー(1.5%)はいずれもシェアが1%台にとどまった。

    機能性化粧品の生産額は3兆8559億ウォンで全体の35.9%を占めた。2011年以降、毎年20~30%台の成長を続けている。

    化粧品の輸出額は昨年25億8780万ドル(約2767億円)を記録した。前年比43.8%増加し、過去5年間の平均成長率34.3%を上回った。

    輸入額は10億8770万ドルで同3.8%増加した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は15億10万ドルの黒字で、黒字額は同99.4%拡大した。

    最大の輸出先は中国で、輸出額は前年から倍増の10億6237万ドルを記録した。全体に占める割合は41.1%で前年の29.6%に比べ大幅に上昇した。

    香港(6億4182万ドル)と台湾(1億1903万ドル)を含めると、中華圏への輸出額は18億2320万ドルで全体の70.5%を占めた。

    一方、日本への輸出額は1億2238万ドルで、同34.8%減少した。

    聯合ニュース 【ソウル聯合ニュース】  2016/06/08 
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/08/2016060802119.html

    【香港】仏化粧品ロレアル、香港でピンチ 民主派歌手の公演を中国の圧力で?中止、不買運動広がる[6/08]©2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1465386602/

    引用元: ・【韓国】化粧品生産額 昨年は過去最高を記録 最大の輸出先は中国 日本への輸出は34.8%減少[6/8] [無断転載禁止]©2ch.net

    【韓国化粧品輸出額 中国向けで過去最高を記録 日本への輸出は34.8%減少】の続きを読む

    1: ジャン・ポール◆Vkp7zYl5.c 2015/11/11(水)01:56:07 ID:rnY
    前略:会社員のキムさんは欧州にいいく友人には化粧品を買ってきてもらう。20ユーロ(約2万
    5000ウォン)のものが韓国では4万ウォンになるからだ。海外オンラインで買えば配送料がかか
    る。

     輸入化粧品が韓国で先進国よりも2倍以上高い価格で販売されていることが明らかになった。国内
    と国外の価格差は、デパートよりも薬局(ドラッグストア)が激しかった。9日、韓国消費者連盟は
    国内のデパートや薬局で多く販売されている輸入化粧品65品の価格を調査して公開した。国内の売
    り値と米国・ドイツ・英国・フランス・日本5カ国の平均価格を比較した。デパートの化粧品は
    1.02~1.56倍、薬局の化粧品は1.11~2.46倍ほど外国より高い価格で販売されてい
    た。

     薬局で販売されている化粧品35品のうち国内外の価格差が最も大きいのは「ラロッシュポゼ・シ
    カプラスト・バームB5」100ミリリットルだった。韓国では平均2万9904ウォンだったが海
    外では平均1万2158ウォンで売られている。国内価格が146%も高かった。デパート化粧品
    30品の中で国内外の値格差が一番大きな製品は「ビオテルム・オム・フォームシェイバー」200
    ミリリットルで1.56倍だった。カン・ジョンファ韓国消費者連盟会長は「デパートでは高い価格
    帯のブランドが売れ、薬局では2万~3万ウォン台の商品が主に売れており消費者が薬局化粧品の品
    質が問題なく価格も安いと判断しやすいが、錯視現象の恐れがある」として「外国と比較してみれば
    国内薬局がはるかに高い流通マージンを得ている」と説明した。それと共に「関税庁で公開した輸入
    原価と今回の調査で明らかになった販売価格を比較してみた結果、輸入原価に比べて3倍以上高い価
    格に販売されていると推定される」として「さまざまな関税や物流コスト、流通コストを見ても過度
    な水準」と指摘した。

    中央日報
    http://japanese.joins.com/article/198/208198.html

    引用元: ・【韓国】薬局化粧品ぼったくり…海外で1万2000ウォン、韓国では3万ウォン[11/10]

    【カントリーリスクが有るんだから高額になるのは当然。【韓国】薬局化粧品ぼったくり…海外で1万2000ウォン、韓国では3万ウォン[11/10]】の続きを読む

    このページのトップヘ