まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:勲章

    1: まぜるな!キケン!! 2019/09/07(土) 01:25:51.74 ID:CAP_USER
    no title

    ▲共に民主党イ・ソクヒョン国会議員

    日本戦犯と嫌韓要人に授けた勲章または褒章を取り消せるようにする立法措置が進められる。

    共に民主党イ・ソクヒョン議員(安養市)は我が国の国権または国の品格を傷つけた場合には授けた叙勲を取り消せるように規定する「叙勲法改正案」を6日代表発議した。

    外交部は一部の駐大韓民国外国大使らが離任する際、外国人叙勲を行政安全部に建議して毎年2人から6人の間の駐大韓民国外国大使らが「友好増進外国人」という公的叙勲を受けている。

    ところが最近、嫌韓書籍を相次いで出して韓日葛藤をあおっている武藤正敏元駐韓日本大使が2013年、日本戦犯企業三菱の顧問として韓国大法院の「日帝強制占領期間強制動員被害者賠償」宣告に介入しようとした時期に離任大使という理由で我が政府から外国人叙勲を受けたことが最近、明らかになった。

    また、1970年にはA級戦犯の岸信介が我が国政府(記者注:当時の大統領は朴正熙)から1等級勲章の「修交勲章光化大章」を受けたことが注目され、これを取り消さなければならないという国民的世論があった。

    だが、現行法ではこれらに対する叙勲を取り消すことはできない。現行法は叙勲功績が偽りと明らかになったり、国家安全に関する罪を犯した者で敵対地域に逃避した場合などに限って取り消しできる。

    今回、発議される「叙勲法」が国会を通過すれば、日本戦犯や嫌韓要人に授けた勲褒章を取り消せる法律的根拠ができるわけだ。イ議員は「日本戦犯と嫌韓要人がわが政府から叙勲を受けるならば、それ自体も国の品格をき損するから、これを是正さえできないことは、深刻な問題」として「法律的根拠がなくて取り消せないので、改正案が通過すればすぐに可能になるだろう」と明らかにした。

    キム・ジェミン記者

    ソース:京畿(キョンギ)日報(韓国語):日本戦犯・嫌韓要人に授けた勲章、取り消しの可能性できる
    https://www.kyeonggi.com/news/articleView.html?idxno=2160517

    引用元: ・【韓国】 岸信介や武藤正敏など日本戦犯・嫌韓要人に授けた勲章、取り消せる法案発議[09/06]

    【日本に対する嫌がらせしか考えてない 【韓国】 岸信介や武藤正敏など日本戦犯・嫌韓要人に授けた勲章、取り消せる法案発議[09/06] 】の続きを読む

    1: ■忍法帖【Lv=4,ドラゴン,jFI】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/04/01(土)10:32:04 ID:fhY

    画像
    no title


    [? 中央日報日本語版]
    2017年03月31日 13時53分

    韓国政府が韓半島(朝鮮半島)の主な懸案で韓国側の立場を積極的に支持したマイク・ホンダ前米国下院議員への
    勲章授与を推進していると30日、明らかにした。

    趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)外交部報道官は、この日の定例会見で「ホンダ氏は米議員の親韓派の集まり
    『コリア・コーカス』の一員で、韓米同盟の強力な支持者として、北朝鮮の核問題など韓半島関連の主要懸案において
    韓国政府の立場を積極的に支持し、韓米同盟関連の活発な議員活動を展開した」と伝えた。

    趙報道官は続いて「ホンダ氏が2016年11月の米下院選挙で落選した後、これまでの労苦に対する
    韓国政府次元の謝意を表すものとして叙勲の推進を検討しており、関連手続きを進めている」と付け加えた。

    ◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
    中央日報 3月31日付け
    http://s.japanese.joins.com/article/544/227544.html

    引用元: ・【中央日報】韓国政府、「親韓派」マイク・ホンダ氏への勲章授与を推進 ~記事の評価が… [H29/4/1]

    【【日系人の設定】韓国政府、「親韓派」マイク・ホンダ氏への勲章授与を推進 ~記事の評価が… [H29/4/1]】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 22:44:29.65 ID:CAP_USER.net
    韓国監査院、行政自治部の手抜き管理を指摘

    無期懲役刑が確定した殺人犯や性的暴行犯が、過去に授与された勲章や褒章をそのまま保有するなど、叙勲対象者の管理に隙があることが、監査院の監査で明らかになった。
    監査院は先月29日、行政自治部(省に相当)を対象に行った機関運営監査の結果を発表した。

     監査院が産業勲章・同褒章、セマウル勲章・同褒章など8種類の勲章・褒章を授与された民間人2万6762人を対象に、犯罪歴を照会した結果、刑事罰を受け叙勲の取り消し対象になったにもかかわらず、
    取り消されていない人が40人、その勲章・褒章の数は49件に上ることが分かった。

     叙勲法によると、叙勲の理由となった功績が虚偽と判明したり、国家の安全にかかわる罪を犯したりした場合、死刑および無期または3年以上の懲役・禁固刑が確定した場合には、叙勲を取り消し、勲章・褒章を没収しなければならない。

     産業勲章銅章を授与されたA元被告は2004年8月、性的暴行や殺人などの罪で無期懲役が確定したが、勲章をそのまま保有していた。また詐欺や横領などの罪で懲役18年6月が確定したB元被告も、体育勲章猛虎章、同青竜章などを保有し続けていた。

     一方、主婦や公務員など577人が、家族手当や子ども学費補助手当など計7億ウォン(約6350万円)相当の手当を重複して受け取っていたことが明らかになった。
    同一の家族や子どもに対する手当は、一人分だけが支給されなければならない。これについて監査院は、人事革新処(庁に相当)に全額回収の措置を講じるよう求めた。

    鄭始幸(チョン・シヘン)記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/03/01/2016030100780.html

    引用元: ・【韓国】叙勲対象者、殺人罪で無期懲役が確定しても勲章保有[3/01]

    【テロリストが英雄の国だもんな【韓国】叙勲対象者、殺人罪で無期懲役が確定しても勲章保有[3/01]】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2014/10/17(金) 17:21:09.69 ID:???.net
    2014年10月15日、新華社は中国の核開発の拠点だった青海省海北チベット族自治州の「221工場」の退職者約500人が暮らす
    団地を取材した。以下はその概要。

    1964年10月16日、中国は同工場で製造された原子爆弾を使って初めての核実験に成功した。50年が過ぎ、当時の「歴史の功臣たち」
    は全国各地に散らばり、平凡ながらも幸福な生活を送っている。同工場を退職した500人余りが暮らす団地が安徽省合肥市にある。

    76歳になる王遂徳(ワン・スイダー)さんは当時を振り返りこう話す。

    「信じてもらえないかもしれないが、64年の核実験成功まで、自分が核開発という偉大な事業に従事していることを知らなかった。
    当時の様子を伝えるテレビ番組を通じて知った」

    核実験後の清掃作業を担当した任鉄(レン・ティエ)さんは、放射能の影響で、50歳ですべての歯が抜け落ちた。だが記念勲章を手にし、
    自慢げに微笑むその姿から「苦痛」は感じられない。

    国営221工場は80年代に役目を終え、その跡地は西海鎮と名付けられた小さな町に変わった。退職者は河北、山東、青海、安徽の各省
    で新生活を始めた。

    老人たちは時間を見つけては集い、籠に入れた鳥を連れて散歩を楽しんでいる。「当時の過酷な生活や厳しい気候に比べれば、
    ここでの暮らしは快適さ」と王さんは話す。(翻訳・編集/NY)

    ソース:レコードチャイナ 2014年10月17日 6時47分
    http://www.recordchina.co.jp/a95847.html

    【単なる不摂生の虫歯ですよ【中国】「原爆製造に従事、知らなかった」「50歳で歯が全て抜け落ちた」核開発工場の退職者、勲章を手に自慢げに微笑む[10/17]】の続きを読む

    このページのトップヘ