まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:勝つ

    1: まぜるな!キケン!! 2023/10/23(月) 13:16:48.07 ID:8VZNMYlN
    中央日報/中央日報日本語版2023.10.23 09:07

    ー前略ー
    ◇ソナタの品質1位に「人が犬にかみついた」
    このように品質で公認されたが、本社の空気は急に冷え込んだ。現代自動車グループの鄭夢九(チ ン・モング)会長(現名誉会長)が
    同年6月の月例会議で「危機経営」を宣言してだ。
    当時ヒョンデは上半期に売り上げ13兆3906億ウォン、営業利益1兆1738億ウォンを記録するなど善戦する様相だった。

    こうした中、鄭名誉会長の特命が下ったのだ。彼のメッセージはシンプルだった。いや、督促に近かった。
    「うまくいっている時に危機に備えなければならない。トヨタに追いつこう。まずトヨタから学べ」。

    当時トヨタの疾走はシンドロームのようだった。50年以上続いた黒字と無スト行進、
    自ら改善することがなければ不安になる「カイゼン」文化、持続的なコスト節減が象徴だった。
    トヨタは米国の看板産業だった自動車ビッグスリーのGM、フォード、ダイムラー・クライスラー(現ステランティス)まで抜いた。
    ー中略ー

    ◇「ヒョンデの師匠」三菱自動車の没落
    ヒョンデの技術の師匠はトヨタ以前にはフォードと三菱自動車だった。ヒョンデが「コルティナ」の後続作として
    切歯腐心して出した後続車種の「ポニー」(1976年発売)開発の時だ。
    鄭周永創業会長はエンジン、アクセラレータ、トランスミッションなど主要部品製作技術を導入する会社として三菱自動車を選択した。
    「ポニー・チ ン」と呼ばれた鄭世永(チ ン・セヨンHDCグループ名誉会長が「小型車独自開発」の必要性を主張してだ。

    こうして誕生したポニーは韓国初の固有モデルだが、「心臓」であるエンジンは三菱自動車の1238ccサターンエンジンが搭載された。
    三菱自動車にロイヤルティーを支払って「ステラ」(1982年)、「エクセル」(1985年)など主要モデルのエンジンを作った。
    1986年に発表した「グレンジャー」は三菱自動車の「デボネアV」であり、「エラントラ(アバンテ)」と
    「ソナタ」などに使われたエンジンも三菱自動車のエンジンだ。

    現在両社の地位は比較すらできないほど逆転した。品質をめぐる雑音を隠したことが三菱自動車の致命打になった。
    2000年7月、三菱自動車は1992~99年に生産された9モデルの乗用車とトラック51万台のリコールを発表した。
    約10年間にわたり生産された自動車にさまざまな欠陥があったが会社側は隠蔽に汲々とした。

    いつのまにか技術力も遅れをとった。1991年にヒョンデが最初に独自開発したアルファエンジンが反転の契機になった。
    さらに2004年にはヒョンデが三菱自動車の看板モデルである「ランサー」に独自開発したシータエンジンを供給したりもした。
    そして2016年に三菱自動車は独自路線を断念しルノー・日産アライアンスに吸収された。

    ◇トヨタ会長も「ヒョンデは気になる」
    ヒョンデの変化は有意味だった。2005年にトヨタの渡辺捷昭社長(当時)は
    「中国・天津工場でヒョンデを分解してみた」と明らかにした。
    JDパワーの評価でヒョンデに押された時期である2000年代初めにはいわゆる「ヒョンデ警戒令」が下されたりもしたという。
    鄭夢九名誉会長が「トヨタに学べ」と指示した時期と妙に重なる。

    トヨタは社員教育用資料を通じ異例にも自社のカムリと競合するソナタを比較評価した。
    トヨタの豊田章男会長は2011年に「良い自動車を作りたい」とし、
    自動車業界の人間の立場でヒョンデの動向は気になると言及したりもした。
    ー後略ー

    全文はソースから
    https://japanese.joins.com/JArticle/310449

    引用元: ・【ヒョンデ研究】 「設計したやつらが組み立ててみろ」トヨタに勝つ鄭夢九の勝負 [10/23] [仮面ウニダー★]

    【いつもの妄想か 【ヒョンデ研究】 「設計したやつらが組み立ててみろ」トヨタに勝つ鄭夢九の勝負 [10/23] [仮面ウニダー★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/10/28(木) 09:01:36.54 ID:CAP_USER
    ┃韓経オピニオン <社説>

    長期化するコロナ危機の克服の過程で、企業の役割は改めて言及する必要がないレベルだ。経済や社会的に困難な時に、持ち堪える力が企業から出るということを皆が実感している。マスクやワクチン製造から非対面時代の物流や配送、供給網の維持、順調なエネルギーと食料の受給まで、全て昼夜を問わない企業活動の結果だ。韓国経営者総協会(以下、経総)が昨日発表した『コロナ前後の韓米日業種別代表企業の経営実績比較』では、そのような次元でウリたち企業の役割と国際競争力、成長の可能性を十分に表している。

    経総の報告書を見れば、韓国の代表企業はコロナ禍前の2019年と比較して、今年の売り上げは35%成長した。19%増えた米国企業を凌ぐ躍進を見せている。注目したい点は、日本企業の売り上げが同期間に1.1%減少したのである。国外では米国大統領が韓国の半導体企業を招待してグローバル供給網の戦略を組み、国内では物流大混乱の懸念にもかかわらず、生活必需品と必須サービスが特に支障なく供給されてきた背景が明白になったのである。一部の大企業中心の限定的な成果かもしれないが、重複する規制網の中で韓国企業がより一層まい進、発展しなければならない課題も山積みだが、誇りをもっていいと思う。

    日本企業と比較すると、さらに大きなヒントが見えてくる。事あるごとに日本と比較するのが望ましい接近法ではないが、少なくとも『竹槍』云々が『日本に勝つ道』ではないことは明白だ。企業と産業、科学と技術、さらに文化での優劣が国家間競争を牛耳る時代だ。『made in Korea(メイドゥ・イン・コリア)』が日本産を追い越す時、自然に『克日(克日本)』も成り立つのである。ウリたちが前に出さずとも、自ずと国際的に認められるようになる。半導体だけでなく、『イカゲーム』のような韓流のソフトパワーの波及力もさらに大きくなるだろう。

    過去の軍隊や艦砲に代わる『国籍企業』を、より多く育てて応援する時だ。韓国産の製品やサービスがさらに輝き、躍進してこそ克日本も可能であり、中国の覇権的な歩みにも堂々と立ち向かうことができる。政治的計算により、騒ぐ度にゾンビのように生き返る保守的民族主義は日本でも珍しい現象ではないが、ウリたちが先に克服しなければならない旧態だ。選挙時であればあるほど有権者が特に警戒すべきことだ。そのためには過度に日本だけを競争相手にしたり、あらゆることに単純比較する習慣から脱する必要がある。これもまた過去に囚われた退行的コンプレックスかもしれない。重要なのは未来であり、共存の協力である。世界を席巻する韓国企業がより多く出てこそ、ポストコロナ時代の先導国家になれるだろう。

    ソース:韓国経済(韓国語)
    https://www.hankyung.com/opinion/article/2021102781421

    引用元: ・【韓国】日本に勝つ道、『竹槍』ではなく企業が果たしている[10/28] [ハニィみるく(17歳)★]

    【発想がもうキモいんだよ 【韓国】日本に勝つ道、『竹槍』ではなく企業が果たしている[10/28] [ハニィみるく(17歳)★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/20(火) 23:00:35.24 ID:CAP_USER
    「安倍首相が信用しない理由」「すべては文在寅大統領の責任」「奈落の底に墜ちる『非民主韓国』」「破綻危機も日本になすりつけ」…。

    嫌韓論調で有名な日本の月刊誌9月号の記事リストだ。「特集 韓国崩壊寸前」という企画でまとめられているが、タイトルだけ見ても内容を察することができる。いわゆる「見なくてもビデオ」型記事だ(訳注:「見なくてもビデオ」は直接見なくても言葉だけ聞いてもどのような状況か、まるで自分が見ているように頭の中に思い描くことができるという意味)。右翼の自己満足、日本官僚社会と言論界で流行しているという安倍政権に対する「忖度」が本質だ。

    罵倒しながらも似ていて、両極端は通じるとはよく言ったものだ。韓国の一部の政治家、一部の言論でも日本に対する極端な主張と報道があちこちから出ている。事態の解決には関心がなく、両国国民の間を引き裂くところに快感を感じているような無責任な主張が多い。安倍氏の経済報復に内心反対する日本国内の「普通の」人々まで驚き、「韓国の敵」にさせるようにしている。

    こうした中で出てきた文在寅(ムン・ジェイン)大統領の8・15慶祝辞はひとまず方向をうまく捉えているような感じだ。日本に対話を促した部分もそうだが、「世界の人々が平昌(ピョンチャン)で『平和の韓半島(朝鮮半島)』を見たように東京オリンピック(五輪)で友好と協力の希望を持つようになることを願う」という部分は特に反応が良かった。

    「韓国の政治家とメディアは放射能問題をあおってオリンピックをめちゃくちゃにすることだけに没頭しているものと思っていたが、大統領のお言葉を聞くとそうでないようでよかった」という者がかなりいる。1970年代、日本有力新聞ソウル特派員だった80歳の日本人事業家は「現象を的確に分析して葛藤打開のための対話を安倍政権に要請した格調高い演説」というSMSメッセージを送ってきた。

    戦争や司法府判決ではない外交の領域で「100%勝利」は不可能に近い。朝日新聞は17日付の社説で「歴史問題をめぐって安倍政権は、過去の反省に消極的だという評価がつきまとう。(中略)その払拭(ふっしょく)のためには、改めて朝鮮半島に関する歴史認識を明らかにすべきではないか」と提案した。韓国メディアでは、朝日が一方的に韓国の肩を持っているように報道していたが、これもまた事実の歪曲だ。朝日は先の提案の前に、韓国に対して「前政権が結んだといっても、いったん国家間で交わされた約束が反故(ほご)にされるなら、信頼は保てない」とし、慰安婦合意の再評価と尊重を文大統領に求めた。

    100対0ではない60対40、51対49の勝利を追求するのが正しいのなら、韓国が先にその解決方法を攻撃的に出してみてはどうだろうか。実際の問題解決のために、日本国内世論を動かすために、また国際社会の支持を得るためにも。対話を先に求めた文大統領の勇気があれば、これも不可能ではないと思う。

    ソ・スンウク/東京総局長

    ソース:中央日報/中央日報日本語版<【グローバルアイ】100対0で勝つ外交はない=韓国>
    https://japanese.joins.com/article/712/256712.html

    引用元: ・【韓国】 100対0で勝つ外交はない~対話求めた文大統領、先に解決方法を攻撃的に出してみては[08/20]

    【今回は韓国全敗にしかならないってのw【韓国】 100対0で勝つ外交はない~対話求めた文大統領、先に解決方法を攻撃的に出してみては[08/20] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/26(月) 22:03:36.41 ID:CAP_USER
    http://www.hsj.co.kr/imgdata/hsj_co_kr/201811/2018110528044842.jpg
    ▲本紙諮問委員キム・チュンウォン(c)編集局

    日本は過去、無謀に真珠湾を攻撃して原子爆弾で殴られ、まだその災難の傷がそこまで癒えていないはずなのに、去る8月2日、日本の安倍総理は韓国をホワイトリスト国家から除外する真に幼稚で愚かな措置を押し切り、ムン・ジェイン大統領は「私たちは再び日本に負けない」「誰も揺らすことのできない国」と明らかにした。

    大統領の意志はこのように悲壮だが、実際に私たちの大統領と政府、与党要人らの都合のいい現実認識と吐き出す感情的失言を見れば私たちの指揮部はなぜか不安だ。
    (中略:その理由)

    この戦争はアベの誤った判断によって始まっただけに、その誤った判断の弱点を探して賢くうまく対処すれば、私たちは先進国の席を確かにつかみ、本当に日本に勝つことができる絶好の機会になりうる、という希望的な目標と肯定的な判断を持たなければならない。

    今、何より重要なことは祖国・大韓民国と韓民族という名のもとで味方を士気の高いワンチームにして力を最大化することだ。また、同時に高麗・成宗の時の徐熙(ソ・ヒ)将軍が契丹の侵略前に契丹を緻密に把握し、論理的な外交談判を行って彼らを血一滴流さずにはね除け、江東(カンドン)6州まで獲得する大勝をおさめた歴史の事例を鏡としなければならない。

    そうだ。感情で日本に勝つことはできない。日本と正面対抗をするのか、外交談判をするのか、さもなければ他のなんらかの戦略を使って、この戦争を「勝利」に導くためには現実を冷静に直視する自他熟知の賢い戦略をたてた後、これを賢く戦術で運用しなければならない。

    危機は機会と言う。私たちはこの戦争で日本に徹底して完勝し、日本という歴史的ハンディキャップから脱し、日本を越える大韓民国になることを待ちこがれている。

    ソース:華城(ファソン)ジャーナル(韓国語)<日本に勝とうとするなら...>
    http://www.hsj.co.kr/8239

    前スレ:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1566803627/
    ★1のたった時間:2019/08/26(月) 16:13:47.08

    おいこら対策

    引用元: ・【韓国】 日本に勝つには...完勝して先進国の座をつかもう★2[08/24]

    【僻みがすごいんですけど 【韓国】 日本に勝つには...完勝して先進国の座をつかもう★2[08/24] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/15(木) 00:01:59.85 ID:CAP_USER
    帆船時代までは上陸作戦は危険な冒険だった。海兵小隊が2隻のボートに分けて乗り、ヤシの木の見える海岸まで漕いで行く上陸作戦ではなく、大兵力を動員して長期的な占領ないしは完全征服を追求するような上陸作戦だ。海辺で敗れるより、波が軍隊を飲み込んでしまう可能性のほうがより高かった。多くの人は地中海は内海なので、海が穏やかだろうと思いがちだが、そうでもない。ペルシャがギリシャを侵攻したとき、クセルクセスはサラミスの海戦で失った船よりも多くの船を嵐で失った。

    無事に海辺に上陸しても、この瞬間から軍隊は孤立する。モンスーンを利用した航海時代に、少しでも時間が経過すれば、後続や支援部隊は来ることができない。その時点からは孤立した地で、限られた物資を持って戦わなければならない。このような困難を考慮すれば、13世紀末、クビライが高麗軍まで動員して試みた日本上陸作戦は、世界史に残る大胆な試みだった。さらに、モンゴル軍は海戦には門外漢である種族だった。

    1274年の侵攻は、麗元連合軍2万3000人を動員した。1281年の第2次侵攻は、4万ウォン余りの麗元連合軍に900隻の船、中国軍10万人に船がなんと3500隻だった。さらに、中国軍は急造した不良船に乗って、中国本土から出発して東シナ海を経て九州に来る長い航海だった。

    この戦いで高麗軍はよく戦った。モンゴル軍は名声が顔負けするほど適当に戦い、中国軍は戦うこともできず水葬された。日本を悪く思う人は、台風さえなかったら歴史は変わったはずだと残念がっている。しかし、すべての失敗がそうであるように、失敗の原因も半分は人災だ。決断力不足、消極的態度、予想外に強い日本の抵抗など複数の判断ミスがあったが、日本に関する情報が大きく不足していたのが、すべてのミスの始まりだった。戦争では情熱と名分、欲望ではなく、冷たい理性が支配してこそ勝つ。ところが我々は名分を理性で置き換えて、すでに敵味方を分けている。孫子の兵法の1枚でも再読するようお勧めしたい。

    キム・ソンギョン記者

    ソース:東亜日報日本語版<クビライの失敗>
    http://www.donga.com/jp/List/article/all/20190813/1816396/

    引用元: ・【韓国】 クビライの失敗は日本の情報不足~戦争では冷たい理性が支配してこそ勝つ[08/13]

    【高麗が「日本を攻めよう」と元をそそのかし【韓国】 クビライの失敗は日本の情報不足~戦争では冷たい理性が支配してこそ勝つ[08/13] 】の続きを読む

    このページのトップヘ