まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:勘違い

    1: まぜるな!キケン!! 2021/06/16(水) 22:05:51.47 ID:CAP_USER
    主要7カ国首脳会議(G7サミット)の団体写真で韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領が最前列に立ったのは、「大統領制」と「議院内閣制」に区分した配列だったことが分かった。韓国メディアが報じている。韓国政府が広報ポスターに掲げた「国家の地位」とは関連ないとのことだ。

     韓国政府は文大統領が前列の中間に立ったため、「韓国の地位が最上位ランクに位置づけられた」と広報したが、それが否定されたかたちだ。

     16日、一部メディアが英国のG7主催側に首脳陣の位置を問い合わせた結果、「大統領を前列に、総理は後列に配置した」との回答を受けたと伝えた。

     今回のG7サミットに出席した大統領はゲスト国家を含め4人のみ。文大統領、ジョー・バイデン米大統領、エマニュエル・マクロン仏大統領、シリル・ラマポーザ南ア大統領だ。この4人が主催国の首脳(ボリス・ジョンソン英首相)を囲むように写真に収められたまでだ。


    2021/06/16 17:12配信 Copyrights(C)wowkorea.jp 3
    https://www.wowkorea.jp/news/korea/2021/0616/10303718.html

    前スレ
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1623831904/

    引用元: ・【韓国報道】「韓国の地位が最上レベルに」G7団体写真の立ち位置で「政府が勘違い」…文大統領が「最前列の理由」は? ★2 [6/16] [昆虫図鑑★]

    【え??本当に知らなかったの??マジ?? 【韓国報道】「韓国の地位が最上レベルに」G7団体写真の立ち位置で「政府が勘違い」…文大統領が「最前列の理由」は? ★2 [6/16] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/06/20(日) 09:40:38.11 ID:CAP_USER
    中国当局が4日に施設で隔離中の韓国人の旅券を回収したがずさんな管理が原因で焼却していたことが確認された。

    北京の外交消息筋などが19日に明らかにしたところによると、中国防疫当局は4日に仁川(インチ ン)を出発し北京到着後に施設に隔離された韓国人31人から書類作成を名目に旅券を回収していった。

    旅券の回収から数日が過ぎても返却されず、確認したところ韓国人の旅券はすべて焼却された状態だった。

    中国防疫当局関係者は韓国人の旅券を封筒に入れていたが、施設職員がごみと勘違いして廃棄したというのが中国側の説明だ。

    知らせを受けた在中韓国大使館はすぐ中国側に抗議し、中国も謝罪の意向を明らかにしたという。

    また、中国側は謝罪の意味で3週間の隔離費用全額を負担し、無料でビザを発給すると明らかにした。

    韓国大使館もすぐに韓国人の旅券発給手続きを始めた。

    ただ新しい旅券発給により旅券番号が変わるだけでなく、一部韓国人は旅券についていたビザがなくなり新たな発給を受けなければならない不便を体験しなければならなかった。

    韓国大使館関係者は「あきれる返るような大型事故が発生し関連するすべての人が驚いた。韓国僑民に不便がないよう多角的に努力している」と話した。


    https://japanese.joins.com/JArticle/279855?servcode=400§code=400

    引用元: ・【中央日報】消えた韓国人の旅券…「ごみと勘違いして焼いた」中国のあきれたミス [6/20] [昆虫図鑑★]

    【まあゴミだわな 【中央日報】消えた韓国人の旅券…「ごみと勘違いして焼いた」中国のあきれたミス [6/20] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: ガラケー記者 ★ 2018/07/10(火) 18:00:08.54 ID:CAP_USER
    2018年7月9日、韓国・聯合ニュースによると、インターネットを通して韓国の対外広報を行うNGO団体「VANK(バンク)」が、韓国の文化遺産を英語でPRするハガキを製作し、全世界に配布する計画を発表した。

    「世界最高レベルの韓国の文化遺産、世界の歴史の中で気付かれず、知られていなかった韓国の文化遺産」と題するハガキには、国宝第141号に登録されている多紐細紋鏡や百済金銅大香炉、新羅金冠、宝物第635号の慶州宝剣、ハングル、国宝第217号の鄭ゼンの金剛全図、日本植民地時代の3・1独立運動、竹島などの写真と説明文が掲載されているという。

    同団体代表は「中国の東北工程と日本の歴史歪曲(わいきょく)により、世界の教科書で韓国の歴史と文化が『中国から長年の支配、影響を受けたため独自の主体的な文化発展や創造がない』と紹介されたり、韓国について『中国と日本の協力なしには自らの歴史や文化をつくることができないレベルの低い国民』との見方が強い」とし、「これを払しょくし、正すためにハガキを製作した」と説明した。

    同団体は同ハガキを世界の主要な教科書出版社に優先的に配布する。また、今月16~21日に米シカゴで開かれる在米韓国学校協議会主催の学術大会に参加するハングル学校の教師約800人にも配る予定という。

    同団体の活動に、韓国のネットユーザーからは「立派だ」「こういう団体に国民の税金を使ってほしい」「国会議員よりはるかに優秀」「これこそが愛国だ」など称賛の声が寄せられている。

    一方、PRハガキの内容については「趣旨はいいけど、世界最高とPRするのはやめてほしい。世界のどの文化にも固有の価値があるのだから、順位を付けることなどできない。最高と表現したら外国人から良い評価を受けることはできないし、器が小さく劣等感が強い印象を与えかねない」「中国や日本など多くのアジアの国に遺産や伝統文化があり、保存や継承もうまくやっている。韓国にもこんなのがありますよと紹介する程度でいい」「自信は持ってもいいけど、傲慢になってはいけない」などと懸念を示す声が多く上がっている。
    Record china
    2018年7月10日(火) 6時10分
    https://www.recordchina.co.jp/b623654-s0-c30-d0058.html
    ★1 2018/07/10(火) 15:39:50.40
    前スレ
    http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1531204790/1-?v=pc

    引用元: ・【日本や中国のせいで韓国文化を勘違い】韓国団体が世界にPRも、ネットから懸念の声★2[07/10]

    【韓国人の不毛な願望【日本や中国のせいで韓国文化を勘違い】韓国団体が世界にPRも、ネットから懸念の声★2[07/10] 】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2016/02/22(月) 21:45:08.37 ID:CAP_USER.net
    2016年2月21日、韓国・聯合ニュースによると、米世論調査機関ハリスポールが発表した2016年版の
    米国内企業評判ランキングで、韓国のサムスンが3年連続でトップ10入りを果たした。

    同ランキングは、2万3000人余りを対象に、企業のビジョンとリーダーシップ、社会的責任、好感度、製品とサービス、
    勤務環境、財務成果の6項目を評価したもの。

    1位には米インターネット通販大手のアマゾンが選ばれた。2位以下にはアップル、グーグル、USAA、ウォルト・ディズニー、
    パブリックス、サムスン、バークシャー・ハサウェイ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、ケロッグが続いた。サムスン以外は
    すべて米国企業。日本企業はホンダ(17位)やソニー(27位)などが上位にランクインした。

    サムスンは同ランキングで、12年は13位、13年は11位、14年は7位、15年は3位を獲得した。

    これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

    「誇らしい」
    「やっぱりサムスンは韓国を代表する企業だ!」

    「サムスンに好意的な国は韓国だけではなかったの?」
    「トヨタがトップ10に入っていないことが不思議…」

    「サムスンのような企業が10社あれば、韓国は日本を越えられる!」
    「韓国を知らないアフリカ人でもサムスンは知っている」

    「韓国産業のサムスン依存度は深刻なレベル。今まではそれでよかったが、今後が心配」
    「サムスンを日本企業だと考える米国人は多い。それがこの結果を導いたのかも!」

    (翻訳・編集/堂本)

    レコードチャイナ 2016年2月22日(月) 19時10分
    http://www.recordchina.co.jp/a129550.html

    引用元: ・【話題】米国内企業評判ランキング、韓国サムスンが3年連続でトップ10入り=韓国ネット「誇らしい」「日本企業と勘違い?」[2/22]

    【これからどん底まで落ちるだけだからな 【話題】米国内企業評判ランキング、韓国サムスンが3年連続でトップ10入り=韓国ネット「誇らしい」「日本企業と勘違い?」[2/22]】の続きを読む

    BlogPaint


    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/05/22(金) 13:29:03.13 ID:???.net
    韓国メディア・オーマイニュースによると、韓国の仁川松島で17日に国際教員団体総連盟(EI)が
    開いた世界教師フォーラムで、韓国の教育を賞賛したオバマ米大統領の発言や、朴槿恵政権に
    対する批判が相次いだ。

    フォーラムでは、地元・韓国教員団体総連合会(韓国教総)のキム・ムソン本部長が「オバマ大統領
    は韓国の教育を『ロールモデル』としており、韓国の教育と教員を『ナンバーワン』としている」と紹介
    したうえで、「韓国教総は、教育韓流運動を展開する」と声高らかに宣言した。

    だが、これに対してアフリカの団体の代表が首を左右に振るなど、会場は冷ややかな反応。スピー
    チが終了しても韓国教総関係者3~4人を除いて誰も拍手をしなかった。

    米国教育団体の代表は「米国の教員労組は、オバマ大統領の発言を批判している。韓国の教育
    制度は、一斉試験があり、学生に抑圧的だ。そして、学生や教師がどれほど不幸かを知っている」
    と批判した。

    さらに、韓国教育研究ネットワークのシム・ソンボ理事長は「オバマは強い国の大統領だが、韓国の
    教育が模範としきりに言うため、韓国の教育はより競争的に追い込まれ、生徒の自殺を煽るようだ。
    オバマが近代的教育観を脱するよう望む」と忠告した。

    シム理事長はまた、韓国の人格教育振興法について「韓国の学生の人格が問題なのではなく、大
    人の人格が問題だ」と指摘した。「入試競争の中でもがく子供たちに人格教育は必要とされていな
    い。朴槿恵大統領から人格教育が必要だ」と苦言を呈すと、会場は笑い声に包まれた。

    また、朴政権が全国教職員労働組合(全教組)を「法外労組」化しようとしていることについても批
    判が続いた。全教組のビョン・ソンホ委員長は「EIの支持と連帯にもかかわらず、まだ韓国では全
    教組への弾圧が止まらない。EIの連帯で力を得て、全教組は必ず労働基本権を勝ち取る」などと
    訴えると、ほとんどの参加者が拍手を送った。シム理事長は、全教組の法外労組化を「ファシズム
    時代への回帰」と強く批判した。

    EIのスーザン・ホップグッド会長は閉会のあいさつの中で「韓国の教育は表面的には非常に成功
    した教育システムと評価されているが、韓国の学生がどのような犠牲を強いられているかを見る必
    要がある」と指摘した。

    この報道に対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

    「褒められたから喜べばいいが、悲観的な韓国の教育界」
    「オバマは何か勘違いしている」
    「韓国教育にいいところがあるから、褒めていると思う」
    「自分の娘を韓国の学校に一日でも行かせてみたら、こんなこと二度と言えなくなる」
    「米国は中高生の時から麻薬や暴力の問題があるから、韓国がよく見えるのかもしれない」
    「韓国教育の良さを韓国人が一番分かっていない。安い学費で質の高い教育が受けられる。米国
    では無理」
    「韓国の教育制度を米国に導入したら暴動が起きる」
    「オバマ大統領の話が本当だといいのに」
    「そんな韓国人が米国に留学に行くのはなぜでしょう?」
    「教育といえば日本」
    「いつも日本の肩を持って、こういうことには韓国にリップサービス。深く考えることはない」
    「オバマ大統領が誤解しないよう、手紙でも送ったほうがいいと思う」
    「暗い韓国教育の現実を国際社会に知ってもらったほうがいい」
    「ほかの国が韓国になるのは反対」
    「学校と塾を行ったり来たりの教育が本当にうらやましいか?」
    「アップルやグーグルで働く人材は韓国の教育では生まれない」
    (編集MJ)

    ソース:フォーカス・アジア<オバマ米大統領の「韓国教育が模範」発言に世界の教員から異論が
    続出・・韓国ネットは「何か勘違いしている」「教育といえば日本」>
    http://www.focus-asia.com/socioeconomy/photonews/418256/

    引用元: ・【韓国】 オバマ米大統領の「韓国教育が模範」発言に世界の教員から異論が続出・・韓国ネットは「何か勘違いしている」[05/21]

    【何を考えているのか、わからないねえ。【韓国】 オバマ米大統領の「韓国教育が模範」発言に世界の教員から異論が続出・・韓国ネットは「何か勘違いしている」[05/21]】の続きを読む

    このページのトップヘ