まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:労組

    1: まぜるな!キケン!! 2021/05/05(水) 22:34:21.36 ID:CAP_USER
     深刻な経営難に苦しむルノーサムスン自動車が「職場閉鎖」に乗り出した。同社の労働組合がストライキの強行を決めたことを受け、会社側が対応に出たのだ。労組は無期限の全面ストという形で応戦した。労使の対立は激化する一方だ。

     韓国の自動車業界が5日に明らかにしたところによると、ルノーサムスンは前日の午前7時から別途公示を出すまで職場閉鎖を続けるという。職場閉鎖とは、労働者側の争議行為に対抗するために使用者が工場と作業場を閉鎖する措置だ。ただし会社側は、スト参加率が25%程度と低調であることから、ストに参加していない社員については勤務希望書を提出すれば工場で働けるようにしている。

     労組は、会社が職場閉鎖を撤回し前向きな交渉案を提示するまで、無期限の全面ストに突入することを決めた。パク・チ ンギュ労組委員長は書面で「会社側の汚い脅迫めいた職場閉鎖にわれわれが卑屈にひざまずくことはできない」として「職場閉鎖を乗り越える闘争によってわれわれの要求を必ず貫徹させよう」と主張した。

     ルノーサムスンの労使は昨年7月から賃金団体交渉を続けてきたが、平行線をたどっている。韓国国内の完成車メーカー5社のうち、昨年の賃金団体交渉が妥結していないのはルノーサムスンだけだ。労組は基本給7万1687ウォン(約6960円)の引き上げを要求しているが、会社側は経営状況の悪化を理由に基本給の凍結を提示した。また、会社側は収益性の悪化が深刻な直営事業所10か所のうち2か所を閉鎖する方針を示したが、労組は雇用の安定を強調し、事業所の閉鎖撤回を求めている。

     ルノーサムスンは2018年と19年の賃金団体交渉の際にもストと職場閉鎖を経験した。当時、ストによる売上損失は推定6000億ウォン(約580億円)といわれた。特に今年はルノーサムスンが経営難に苦しんでいるため、労使対立に対する懸念の声がいっそう高まっている。ルノーサムスンは昨年、新型コロナウイルス感染拡大の余波で790億ウォン(約77億円)の営業損失を計上し、8年ぶりに赤字に転落した。今年に入っても、世界的な車載用半導体の不足で生産への影響を不安視する声が高い。

     会社側は、ストによって生産に支障が出た場合、本社が韓国の工場の生産割当量を縮小する恐れがある点を最も懸念している。ルノーサムスンは、釜山工場で生産している人気小型SUV(スポーツタイプ多目的車)XM3(現地名:ニュー・アルカナ)を昨年末から欧州に輸出している。

     ルノーサムスンのドミニク・シニョーラ社長も前日、社員に送った質疑応答(Q&A)で「昔は『もう1回』のチャンスがあったかもしれないが、今は全世界が困難な時期」だとして「ルノーサムスンだけ2回のチャンスが訪れると考えてはならない」と述べた。さらに「今の時期を逃せば我々の車を見せるチャンスを逃すことになり、未来がさらに不透明になるだろう」として「短期的な利益より、目の前に押し寄せた現実の問題を直視してほしい」とも述べた。

    クォン・オウン記者

    チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2021/05/05 21:38
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/05/05/2021050580057.html

    引用元: ・【朝鮮日報】「悪化の一途」ルノーサムスン…会社側は職場閉鎖、労組は無期限スト[5/5] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【な。めんどくセーだろ。 【朝鮮日報】「悪化の一途」ルノーサムスン…会社側は職場閉鎖、労組は無期限スト[5/5] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/11/21(土) 08:41:04.40 ID:CAP_USER
     韓国GM労働組合が米ゼネラルモーターズ(GM)本社最高位役員の「撤退警告」を無視して20日、5回目のストライキを決議した。労組は23日から25日まで班ごとに勤務時間を半分にして4時間だけ働くことを決めた。

     一方、19日に今年初のストライキを決議した起亜自動車労組のチェ・ジョンテ支部長は翌20日、起亜自動車本社(ソウル市瑞草区)前で断髪式を行い、経営者側に抗議の書簡を渡した。今年上半期に新型コロナウイルス禍で生産に大きな支障が出た自動車業界だが、下半期は労組のストで再び危機を迎えている。

     米GMのスティーブ・キーパー上級副社長兼海外事業部門代表は18日(現地時間)、「韓国GMの労組は生産台数を人質にしている」「数週間以内に労組問題が解決されなければ、長期的な影響が出るだろう」と語っていた。韓国撤退の可能性を公に警告したものだが、労組はその二日後、さらなるストでこれに答えた。韓国GM労組は先月30日から同日まで12日間のストを行っている。来週3日間のストが追加されれば、生産上の支障は2万5000台に増えると見られている。昨年41万台を販売した韓国GMは、今年上半期の新型コロナ禍で6万台の生産損失を出した。韓国GM関係者は「コロナによる損失を11-12月の時間外勤務で挽回(ばんかい)することにしたのに、時間外勤務や残業まで拒否されたため、損害は甚大だ」と語った。

     起亜自動車労組も24日から27日まで一日の勤務時間を半分にして4時間だけ働く。起亜自動車社側は、同じグループ会社である現代自動車労使が今年合意した水準の成果給など(基本給凍結、成果給100%+120万ウォン〈約11万円〉、商品券20万ウォン〈約1万9000円〉、自社株など)を提示したが、労組はこれを拒否し、19日に交渉決裂を宣言した。労組は通常賃金拡大、定年延長(60歳から65歳へ)、解雇者復職などを要求している。業界関係者は「韓国の自動車産業は比較的防疫に成功しており、下半期からライバル企業を追い抜くチャンスを迎えていたが、労組の欲が足を引っ張る形になった」と語った。

    朝鮮日報日本語版 11/21(土) 8:21
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c2d7adaa0fa743006e35ad812264755dd7345262

    引用元: ・【朝鮮日報】撤退警告から二日、韓国GM労組またストライキ [11/21] [新種のホケモン★]

    【本当にバカ【朝鮮日報】撤退警告から二日、韓国GM労組またストライキ [11/21] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/10/28(水) 17:30:00.50 ID:CAP_USER
    韓国GM労働組合が23日に残業と特別勤務拒否に突入した中で、協力企業が「生産中断が続く場合倒産しかねない」として賃金・団体交渉の早期終了を要求した。

    韓国GM協力企業の団体である韓国GM協信会は28日に立場文を出し、「韓国GMの賃金・団体協約交渉問題が早期に終了しなければ流動性が弱い協力企業は倒産に直面する最悪の事態を迎えかねない」と明らかにした。

    ◇「政府支援金もまともに執行されず」

    協信会は「政府が数回にわたり自動車協力企業金融支援案を発表したが、資金は必要な企業には支援されなかった。多くの企業が支援をあきらめ自主的に資金を調達して耐えている非常に不安な状態」と主張した。

    続けて「いまの協力企業の状況を見れば1日2日の生産中断も発生してはならない」と強調した。協力企業も韓国GMの下半期生産計画に合わせて投資と人員を投じたが、生産が中断されればそうでなくても上半期に新型コロナウイルスで大きな損失を出しているのに会社運営が不可能な企業が続出するという話だ。

    ◇「1日2日だけ生産中断しても致命的」

    新型コロナウイルスの影響で韓国GMは上半期の生産計画を30%減らした。すでに流動性危機に陥っている協力企業も多い。韓国GMの協力企業は2976社、従業員は13万人に達する。

    協信会は「今年の残り期間に生産を最大化しこれまでの損失を一部回復することが絶対的に重要だ。韓国GM労使は早期に交渉が妥結できるよう最善を尽くしてほしい」と訴えた。

    韓国GM労組は上級団体である民主労総金属労組の指針に従い月基本給12万304ウォン引き上げと通常賃金400%に600万ウォンを加えた成果給支給を要求している。だが会社側は経営難に新型コロナ流行まで重なり難色を示している。韓国GMの6年間の累積赤字は3兆ウォンに達する。また、新型コロナで9月までの販売台数は前年同期より12.9%減った。

    韓国GM労組は22日に19回目の交渉が決裂した後、平日の1時間追加残業と週末の特別勤務8時間などを拒否することに決めた。また、23日の賃金団体交渉報告大会に組合員を4時間ずつ参加させて操業時間を減らした。勤務時間短縮という部分スト形式で会社を圧迫したものだ。

    会社側は労組のこうした争議行為により1700台以上の追加生産支障が発生すると懸念している。会社側は21日の18回目の交渉でコロナ危機克服激励金50万ウォン、年末に業績が損益分岐点を超えれば来年の成果給30万ウォン追加支給とともに富平(プピョン)第1工場の設備に約2150億ウォンを投資すると労組に提案した。賃金交渉周期を2年にするよう求め、従来提示していた成果給470万ウォンと合わせ550万ウォンを払うと提案した。

    労使は27日午後に20回目の交渉を実施したが膠着状態に陥った。

    中央日報日本語版 10/28(水) 17:11
    https://news.yahoo.co.jp/articles/72bd559349c8acffc434269d9bd40364708e96e4

    韓国GM協信会のムン・スン会長(中央)と協力企業代表が立場文を手にしている。[写真 韓国GM協信会]
    no title

    引用元: ・【韓国GM協力企業】「どうか助けて」…労組の残業拒否撤回を要求 倒産に直面する最悪の事態を迎えかねない [10/28] [新種のホケモン★]

    【韓国パージ中 【韓国GM協力企業】「どうか助けて」…労組の残業拒否撤回を要求 倒産に直面する最悪の事態を迎えかねない [10/28] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/12/06(金) 17:36:53.43 ID:CAP_USER
    サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響する可能性も
    2019年12月6日(金)17時00分

    <韓国最大の企業であるサムスン電子で初めて、労働組合が結成された。韓国では労組の影響力が強く、さらに現在は文在寅大統領の下、労働争議が勢いを増している。韓国経済の先行きは楽観できない>
    11月、韓国最大企業であるサムスン電子で韓国労働組合総連盟(韓国労総)に所属する労働組合が正式に発足した。同社で労働組合のナショナルセンターに所属する労働組合が結成されたのは初めて。新規に結成された労組関係者は、すでに「権利を奪還する」と意気込みを示している。
    今回の労組結成は、サムスン電子だけでなく韓国経済全体に大きな意味を持つ可能性がある。強力な労働組合が発足すると、経営者はその要請に耳を傾けなければならない。その分、経営の自由度はそがれるだろう。サムスン電子の売上高が韓国全体の国内総生産(GDP)の約15%に達することを考えると、労組結成が韓国のマクロ経済の成長に与えるインパクトは軽視できない。
    企業が成長を目指すためには、成長が期待される分野にヒト・モノ・カネの経営資源を再配分しなければならない。サムスン電子は、組織全体が自律的に業務拡大を目指す体制を整え、成長を実現してきた。しかし、労働組合が既得権益の強化を求め始めると、組織の団結力は低下するだろう。サムスン電子内で労働組合の要求が激化すれば、他の財閥大手企業などにも影響は及び、韓国経済にさらなる下押し圧力がかかる展開も考えられる。

    「無労組経営」の成功

    韓国の大手財閥企業の中でも、サムスン電子は長い間「無労組経営」を続けてきた。サムスン電子は常に成長が目指される経営風土を確立し、実際に業績の拡大と賃金の増加を実現することで、労使の利害衝突が表面化しないよう取り組んできた。
    その背景にはいくつかのポイントがある。特に、同社の会長を務めた李健熙(イ・ゴンヒ)氏の手腕は重要だ。1993年、同氏は自社製品の品質問題に直面し、組織全体が生産量ではなく品質を重視するよう、徹底した改革を行った。組織に属する全員に対して「家族以外はすべて変えよう」といったメッセージを送り、自らより良い製品を生み出そうとすることを求めた。また、経営トップが企業全体の進むべき方向を示し、各事業部門における業務執行は専門家に任せる組織体制も整えた。


    https://www.newsweekjapan.jp/amp/stories/world/2019/12/post-13555.php

    引用元: ・【韓国】サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響する可能性も[12/6]

    【これでサムスンも終わりだな 【韓国】サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響する可能性も[12/6] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/09/04(水) 10:35:00.62 ID:CAP_USER
    米ゼネラルモーターズ(GM)高位役員が「韓国GMの労働組合がストを継続すれば韓国で生産する量の一部を他国の工場に移転することができる」と公開警告したことが確認された。GMは韓国GMの株式の77%を持つ筆頭株主だ。 

      3日の自動車業界によると、先月21~22日に訪韓したGM海外事業部門のジュリアン・ブリセット社長は韓国GM役員らと会い、「GM本社経営陣は韓国GM労組のストにとても失望しており、今後の状況を鋭意注視している」と話した。彼は「ストは韓国GMだけ損害を出す結果につながりかねない」と懸念する。昨年4月の群山(クンサン)工場閉鎖の発表で触発された労使間対立が収拾してからGMの社長クラスの役員が韓国GMの生産量の海外移転の可能性を取り上げたのは今回が初めてだ。 

      韓国GM労組は賃金引き上げなどを要求し先月20日から部分ストをしている。9日からは全面ストに出る計画だ。自動車業界関係者は「GM本社が労組のストを看過できないと判断すれば韓国GMが大規模構造調整をしなければならない状況に追いやられかねない」と話した。 

      ◇「GM北米工場閉鎖した現実…韓国GM労組も直視しなければ」 

      先月韓国を訪れたとはブリセット社長は、韓国GM労組のイム・ハンテク委員長と面談した後、富平(プピョン)工場、昌原(チャンウォン)工場の役員社員らと会った。当時韓国GMはブリセット社長が「韓国GMの経営正常化に向け社員みなさんの助けが必要だ」と話したと発表したが、実際には彼の発言水準はもっと強硬だった。 

      彼は「今年の賃金交渉と関連した状況が毎週GM本社経営陣に報告されている。最近GMが北米地域の工場を閉鎖している現実を韓国GM労組も直視しなければならない」と警告した。 

      韓国GMは富平第1工場で「トラックス」を、富平第2工場で「マリブ」をそれぞれ生産している。来年からは富平第1工場で新型スポーツ多目的車(SUV)の「トレイルブレイザー」を生産しトラックスの生産は富平第2工場に移す。トレイルブレイザーとトラックスの内需だけでなく輸出もするモデルだ。GM本社がこれらの一部を海外の別の工場に割り当てることに決めれば韓国GMは身動きもできず工場1カ所を閉めなければならない。 

      状況は深刻だが韓国GM労組はストを引っ込める計画はなく、大規模構造調整が現実化することにならないかとの懸念が大きくなっている。労組は長期ストも検討中だ。労組は基本給を現在より12万3526ウォン(号俸昇級分除外・5.7%)上げ、通常賃金の250%(約1023万ウォン)を成果給、650万ウォンを激励金として要求している。昨年減らした福利厚生を元通りに回復してほしいという主張もした。会社側は今年黒字転換の目標を達成しなければならないだけに基本給は上げられないとしている。
    ※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=257264&servcode=300&sectcode=300
    [ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]2019年09月04日 09時56分

    引用元: ・【韓経/中央日報】:米GM社長の警告「労組スト継続すれば韓国での生産他国に移転も」[9/4]

    【トロいことやってんな【韓経/中央日報】:米GM社長の警告「労組スト継続すれば韓国での生産他国に移転も」[9/4] 】の続きを読む

    このページのトップヘ