まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:労働者

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/02/10(火) 15:39:32.57 ID:???.net
    10日以内に煙突から降りなければ
    一日100万ウォンの支払い

    水原(スウォン)地裁が双龍自動車工場内の煙突を占拠して座り込み中の全国金属労組双龍自動車支部のキム・ジョンウク氏と
    イ・チャングン氏に、それぞれ会社側に一日100万ウォン(約11万円、100ウォンは11円)の支払いを命じる判決を下した。

    水原地裁平沢(ピョンテク)支部民事1部(ユ・サンジェ部長)は9日、会社が提出した退去断行仮処分訴訟で、キム氏とイ氏が10日
    以内に煙突から降りなければならならないとし、違反した場合、「違反日数一日当たり各50万ウォン(約5万5千円)の割合で計算
    した金額を会社に支払え」と命令した。地裁は「(キム氏とイ氏が)通常の利用方法とは認められない形で煙突を無断占拠している
    事実が疎明されるため、煙突を毀損したり機能を損傷を与えなかったとしても、煙突から退去する義務がある」と明らかにした。

    双龍自動車はキム氏とイ氏が昨年12月13日に「2009年の整理解雇者など187人を全員復職」を求め、平沢にある双龍自動車工場
    の高さ60メートルの東煙突に登って座り込みに入ったことを受け、先月7日、「煙突から降りてこない場合は、一人当たり一日に100万
    ウォンずつ支払うこと」を求める訴訟を起こした。訴訟提起から1カ月で裁判所が会社側の要求額の半分に相当する履行強制金
    (裁判所の命令に従わない場合、強制的に付ける費用)を命じたのである。2人の座り込みはこの日で59日目だ。

    会社と双龍自動車支部は、整理解雇者復職と損害賠償仮差押さえ撤回など4大議題について毎週交渉を続けているが、まだ進展
    が見られない。5日行われた第2次交渉では、会社側が「新規の人員需要の発生が前提にされない限り復職は不可能だ」とするなど
    労組側の要求に難色を示し、議論が長期化する可能性が高まっている。

    チョン・ジョンヒ記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

    韓国語原文入力:2015.02.09 21:20
    http://www.hani.co.kr/arti/society/labor/677657.html 訳H.J

    ソース:ハンギョレ 2015.02.10 06:44
    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/19629.html
    双龍自動車煙突で籠城中の金属労組双龍自動車支部のキム・ジョンウク事務局長とイ・チャングン政策企画室長。
    no title

    引用元: ・【韓国】韓国地裁、双龍自動車煙突籠城続ける解雇労働者に賠償命令…10日以内に降りなければ一日11万円[02/10]

    【糞尿ばら撒いてるやつだよな?w 【韓国】韓国地裁、双龍自動車煙突籠城続ける解雇労働者に賠償命令…10日以内に降りなければ一日11万円[02/10]】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/02/06(金) 13:02:17.96 ID:???.net
    【2月6日 AFP】メキシコ当局は5日、身体的および性的虐待を受けたと訴える韓国人経営の衣料会社の未成年者6人を含む従業員129人を救出
    したと発表した。

    全国移民局(National Migration Institute、INM)によると、労働者からの情報によりイエス・インターナショナル(Yes International)社のオーナーや
    経営者と特定された韓国人4人の身柄が、メキシコ西部ハリスコ(Jalisco)州の検察当局に引き渡された。

    アルデリオ・バルガス・フォサード(Ardelio Vargas Fosado)INM調整官が記者団に述べたところによると、匿名の通報を受けた当局が4日、同州
    サポパン(Zapopan)町にある同社を強制捜査した。同調整官は4人に「人身売買の疑い」がかけられているとしている。

    当局によって救出されたのは、女性121人と男性8人で、うち6人は16~17歳の未成年者だった。労働者らは検察当局に対し「身体的・性的虐待
    や脅迫、心理的な害、過酷な勤務日程」といった被害を受けたと話したという。拘束された韓国人4人は、合法的滞在者であることを証明できな
    かったという。ハリスコ州主任検察官は、児童虐待と性犯罪があったかどうか捜査中と述べた。

    労働省関係者によると、従業員たちは汚染物質が存在する作業場で「非衛生的」な環境の中で働かされ、火災危険物を取り扱っていたが、
    会社には防火設備は一切なかった。また当局者らによると、従業員は契約を結ぶことなく働き、1日当たりの労働時間は法で定められている
    8時間を超え、昼食時間は30分ではなく15分だけで、残業料も支払われず、医療費の補助も受けていなかった。

    ソース:AFP 2015年02月06日 10:23
    http://www.afpbb.com/articles/-/3038916

    引用元: ・【韓墨】メキシコ、韓国系企業の労働者129人を救出…「性的虐待」などの疑いで韓国人4人の身柄を検察に引き渡す[02/06]

    【クソ過ぎワロタwww 【韓墨】メキシコ、韓国系企業イエス・インターナショナル(Yes International)社の労働者129人を救出…「性的虐待」などの疑いで韓国人4人の身柄を検察に引き渡す[02/06]】の続きを読む

    このページのトップヘ