まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:割合

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/12/05(月) 06:32:49.23 ID:CAP_USER
     韓国は、今年の所得税収が30兆4000億ウォン(約2兆8610億円)となり、政府の予想より1年早く30兆ウォンを突破する見通しだ。一方で、納税者の不公平感が高まり、不満の声も渦巻いている。現地紙コリア・タイムズなどが報じた。

     同国政府によると、今年1~8月の所得税収は21兆8000億ウォンで、過去3年の同期平均16兆5000億ウォンを大幅に上回った。通年でも昨年の27兆1000億ウォンを超えるのが確実視される。

     しかし、足元の韓国経済は成長が鈍化し、賃金水準の停滞、所得格差の拡大、失業率の悪化などの問題が顕在化している。こうした状況のなか、税負担が重いと感じる賃金労働者が増えているもようだ。

     過去4年の税収の伸び率をみると、所得税が54%増加しているのに対して法人税の伸びは12%だった。税収全体に対する割合をみても、所得税が11年の22%から15年には28%に上昇したのに対し、法人税は23%から21%に低下した。こうした傾向も賃金労働者の不公平感につながっている。

     韓国の所得税は累進制で、年収1億5000万ウォン以上が最高税率の38%を適用される。野党からは同3億ウォン以上の高所得層の税率を45%に引き上げるべきとの案が出されているが、その場合は納税者間の不公平感も増大するとの意見も上がっている。

     民間シンクタンクの韓国経済研究院(KERI)は、12年に所得税の最高税率を35%から38%に引き上げた時点で、既に経済協力開発機構(OECD)加盟国の最高税率の平均35.9%を上回ったと指摘。

     年収1億5000万ウォン未満の平均税率が4.3%にとどまっていることもあり、高所得層のさらなる負担増は公平性の観点から問題があるとの認識を示した。

     KERIは報告書で「所得税の免除措置を受けている人が48%もおり、法人税の徴収対象も70%未満の法人にとどまる」と指摘。税の減免制度の改正が、より効果的でバランスの取れた税収増につながると提言した。(ソウル支局)

    http://www.sankeibiz.jp/macro/news/161205/mcb1612050500011-n1.htm
    http://www.sankeibiz.jp/macro/news/161205/mcb1612050500011-n2.htm

    引用元: ・【韓国】納税者の不満渦巻く 所得税収大幅増 法人税は割合低下[12/05] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【税の免除措置を受けている人が48%】韓国納税者の不満渦巻く 所得税収大幅増 法人税は割合低下】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/10/23(日) 17:52:14.32 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】政府系シンクタンクの韓国保健社会研究院が23日に発表した報告書によると、約1000人を対象にした電話調査で生きることに満足しているかどうかを尋ねたところ、満足と答えた人は50代が66.9%で最も低かった。

     満足と答えた人の割合は20代が82.6%で最も高く、30代が75.5%.40代が71.4%。60代以上は60~64歳が71.6%.65歳以上が78.1%だった。

     全体の満足度の平均は4.08点(6点満点)で、2012年(3.84点)と14年(4.03点)を上回った。

     報告書は、50代の満足の割合が最も低かったことについて、1960年前後に生まれたベビーブーム世代の大変さが間接的に確認できる結果になったと説明している。

     最も心配なことを尋ねたところ、健康(25.2%)、子どもの教育(20.1%)の順で多かったが、20代は就職が、30~40代は子どもの教育が、50代以上は健康が最多だった。

    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2016/10/23/0200000000AJP20161023000700882.HTML

    引用元: ・【韓国】「生きることに満足」 最も割合低いのは50代=韓国調査[10/23] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【お先真っ暗】「生きることに満足」 最も割合低いのは50代=韓国調査】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/09/26(月) 10:59:09.62 ID:CAP_USER
    韓国のGDP=国内総生産に占める家計の負債の割合が、世界で8番目に高いことがわかりました。

    国際決済銀行(BIS)によりますと、ことしの第1四半期、韓国のGDPに占める家計の負債の割合は88.8%で、去年の第1四半期に比べて4.5%ポイント上昇しました。

    これは、調査の対象となった世界42か国のうち8番目に高い数値です。

    韓国のGDPに占める家計負債の割合は、1962年は1.9%でしたが、2000年は50%、2002年は60%を超えるなどして大幅に増加しています。

    一方、世界の主要国のGDPに占める家計負債の割合を見ますと、ユーロ圏が59%、日本66.1%、アメリカ78.4%などとなっています。

    http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Ec_detail.htm?No=60837

    【自転車操業の国【経済】GDPに占める家計負債の割合 韓国は世界8位[9/26] [無断転載禁止]©2ch.net 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 10:07:16.82 ID:CAP_USER.net
    2016年1月20日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の輸出に占める日本向けの割合が初めて5%を下回った。

    韓国貿易協会は20日、「昨年の韓国の対日輸出額は、前年比20.5%減の256億ドル(約3兆120億円)だった」と明らかにした。
    輸出額全体に占める割合も4.9%となり、1969年以降初めて5%を下回った。

    韓国の対日輸出額は69年に1億ドルを突破。73年には全体の38.5%を占める12億ドルを記録して最大の輸出先となり、88年には100億ドルを超えた。

    しかし、中国への輸出拡大や円安の影響により、2002年以降は急減。12年からは4年連続で減少している。

    対日輸出が減少したことについて、貿易協会関係者は「円安の影響が最も大きい。日本で韓国製品が値上がりしたため」と説明した。

    これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。


    「日本に依存し続けた結果、韓国の経済は対日貿易赤字から抜け出せなくなった」

    「円安だから当然。焦って騒ぐことじゃない」

    「日本人は農産物など、本当に必要なもの以外は韓国製品を買わない。それなのに韓国人は何も考えずに日本車を買う。
    特に、学校の教師が日本車に乗るのは教育上問題があると思う…」

    「昨年、ユニクロは韓国で売上高が1兆ウォン(約967億円)を超えた、リーズナブルな商品が多いのに…」

    「慰安婦問題などでいくら日本を批判しても、結局韓国人は日本製品から離れられない」

    「昨年の訪日外国人観光客の中で最も多かったのは韓国人。なんだか切ない」

    「親日の韓国政府は今、放射能汚染の危険がある日本の水産物までも輸入しようとしている」


    2016年1月21日(木) 8時10分
    http://www.recordchina.co.jp/a127399.html

    引用元: ・【日韓】韓国の対日輸出の割合、初めて全体の5%を下回る=韓国ネット「日本人は韓国製品を買わないのに…」[01/21]

    【中国製以上に忌避感があるな【日韓】韓国の対日輸出の割合、初めて全体の5%を下回る=韓国ネット「日本人は韓国製品を買わないのに…」[01/21]】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 20:14:14.77 ID:CAP_USER.net
    (グラフ画像)
    no title


     韓国の20大グループの系列企業で利払いすら難しい状態の「準破綻企業」が10社中4社に上ることが明らかになった。
    大企業の経営者が限界状態の系列会社を思い切って整理できずにいるため、準破綻企業の割合は毎年上昇している。

     産業研究院(KIET)のハ・ジュン副研究委員は10日、企業の構造調整を訴える報告書を発表し、20大グループ
    (政府系企業を除く)の系列企業750社余りのうち業績が公表されている400社を分析した結果、営業利益で借入金の
    利払いをどれだけ余裕を持って行えるかを示すインタレスト・カバレッジレシオが100%未満で準破綻企業と見なされる
    企業の割合が2014年現在で37.0%だったことを明らかにした。同割合は2010年の25.6%から年々上昇している。
    ハ研究委員は「インタレスト・カバレッジレシオが100%未満というのは、営業活動でもうけた資金で利払いを賄えないことを
    意味する」と説明した。

     一方、「健全企業」の割合は低下している。健全企業とはインタレスト・カバレッジ・レシオが100%以上の企業で、
    負債比率が低下しており、増収を確保している企業を指す。健全企業は04年の42.8%から14年には23.8%へと減少した。

     準破綻企業の増加は、大企業の経営者がタイムリーな構造調整に踏みきれなかったことが要因とされる。熊津、STX、
    東洋など最近経営問題が浮上した大企業グループの場合、オーナーが経営権を失うのを恐れ、構造調整の適期を
    逃したという共通点がある。

     ハ研究委員は「韓国経済で大企業が占める割合を考えると、破綻系列企業に対する思い切った先手の構造調整が
    求められる」と呼びかけた。

    崔賢黙(チェ・ヒョンムク)記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2016/01/11 08:54
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/01/11/2016011100714.html

    引用元: ・【韓国】韓国大企業の4割、利払い困難の「準破綻企業」 一方、「健全企業」の割合は低下[1/11]

    【だろうな 【韓国】韓国大企業の4割、利払い困難の「準破綻企業」 一方、「健全企業」の割合は低下[1/11]】の続きを読む

    このページのトップヘ