まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:前年比

    1: まぜるな!キケン!! 2022/10/26(水) 22:14:29.00 ID:niW8eAGT
    メモリー半導体の低迷は、マクロ経済の不確実性に地政学的イシューが加わり、類例がないほどだ」(ノ·ジョンウォンSKハイニックス事業担当社長)

    「この3年間、強力に競争力を高めたが、不況と経済低迷を克服するには限界がある」(キム・ソンヒョンLGディスプレイ最高財務責任者)

    26日に開かれた主要企業の第3四半期実績説明会の雰囲気は、いつにも増して重かった。現在の状況に対して「苦痛だ」という告白まで出てくるほどだった。暗鬱な業況診断は減産に帰結した。生産を減らす極端な措置なしには生存に自信がない状況だということだ。

    世界2位のメモリー半導体業者であるSKハイニックスはこの日、「来年の投資を今年対比50%減らす」とし「一定期間投資縮小と減産基調を維持する」と発表した。工場内の装備再配置などの作業を通じて減産効果を出す作業も進行中だ。

    SKハイニックスは、今年第3四半期の売上10兆9829億ウォン(約1兆982億円)、営業利益1兆6556億ウォン(約1655億円)を記録した。売上と営業利益は、前年同期比それぞれ7.0%、60.3%減少した。営業利益は、市場展望値を10%以上下回る「アーニングショック」レベルだ。世界的なインフレの余波で、金利引き上げとドル高基調が続き、市場全般が大きく揺れている。

    ノ·ジョンウォン社長は「シナリオによって来年SKハイニックスのDRAMビットグロス(ビットに換算したDRAM生産増加率)が今年対比『0』になる可能性もある」と話した。LGディスプレイの第3四半期に7593億ウォン規模の営業赤字を記録した。LGディスプレイはこの日、「当分は必須経常投資の他には投資を最小化する」として「年初計画より1兆ウォン(約1000億円)以上減らす」と明らかにした。現在、4兆5000億ウォン(約4500億円)前後の在庫資産を年末までに1兆ウォンに削減する計画だ。 主力製品であるOLEDテレビ用パネルと関連しても、一部ラインの稼動中断と一時減産は避けられないというのが会社の判断だ。

    減産決定は半導体、ディスプレイを生産しても在庫だけが増えていく状況が続くことによるものだ。韓国統計庁によると、製造企業の出荷量で在庫が占める割合を意味する在庫率は、昨年8月111から今年8月124へと高騰した。世界金融危機の時より高い水準で、パンデミックで港湾機能がマヒした2020年5月(127.5)以後、最高水準だ。世界的なインフレ、地政学的危機などによって品物が売れなかったためだ。

    供給過剰で半導体、ディスプレイ価格が下落しているが、スマートフォン·PC·TVを生産する企業などは、気軽に部品注文ができずにいる。すでに倉庫に部品がたくさん積まれているからだ。ノ社長は「顧客会社の立場でも現在の状況を楽しむことはできないだろう」とし「在庫が積もって発生する在庫評価損失などの理由で色々な側面で苦痛になるだろう」と説明した。

    サムスン電子やLG電子のような情報技術(IT)の完成品販売業者は、すでに生産量目標を下げ、稼働率を落としている。業界によれば、サムスン電子は5月から年間スマートフォン生産量目標を3億3000万台から2億8000万台へと15%下げ、生産規模を減らしてきたという。LG電子も、今年のテレビ生産目標を市場状況に合わせて下げているという。

    「不況はこれからが始まり」とも言われる。世界の主要機関は、先を争って世界経済成長率を下方修正している。国際通貨基金 ( IMF )は、「欧州先進国の来年の成長率は0.6%で大きく鈍化するだろう」と展望した。世界貿易機関(WTO)は、来年のグローバル交易量の増加率を従来の3.4%から1%台に下方修正した。サムスンのある系列会社代表は最近「インフレに米·中紛争にともなう貿易萎縮まで重なった」として「予想より景気下落サイクルが長くなりかねない」と話した。

    同日の業績説明会に参加した主要企業の役員らの発言も、大きく変わらなかった。ノ社長は「来年下半期頃には市場が安定すると期待する」として「だがマクロ経済状況や地政学的イシューが解決されず沈滞期がもう少し長くなる状況も排除していない」と説明した。

    企業の減産を通じた供給調節の動きは、さらに強化される見通しだ。大韓商工会議所のチョ·ソンファン経済政策室チーム長は「第2四半期の在庫増加により第3四半期には企業が工場稼動率を下げ生産が減るだろう」とし、「時差を置いて設備投資減少、雇用縮小につながり景気に悪影響を及ぼすだろう」と予想した。

    記者 ファン·ジョンス hjs@hankyung.com
    10/26(水) 21:12配信
    韓国経済新聞
    https://news.yahoo.co.jp/articles/09b6d7fe926d259e68b139852caf5f73bfeeefc0

    引用元: ・【韓国経済新聞】SKハイニックスの第3四半期売上と営業利益、前年比7.0%、60.3%減 [10/26] [新種のホケモン★]

    【この数字すら盛ってるからね 【韓国経済新聞】SKハイニックスの第3四半期売上と営業利益、前年比7.0%、60.3%減 [10/26] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/11/15(火) 13:34:47.47 ID:Y0FRPT2N
    no title


    【ソウル聯合ニュース】韓国の価格調査機関、韓国物価情報は15日、今月第2週時点で家族4人分のキムジャン(越冬用のキムチ漬け)にかかる費用を調査した結果、伝統市場では30万6000ウォン(約3万2500円)、大型スーパーでは35万6300ウォンだったと発表した。

     前年同期の費用が伝統市場は31万ウォン、大型スーパーは35万7760ウォンだったのに比べると小幅減少した。

     今年はキムチの主な材料である野菜類の価格が下落し、調味料の価格は上昇した。

     ハクサイは夏にかけて価格が高騰したが、秋に入ると作付面積が増えて前年比で価格が下落。一方、ダイコンとネギは秋の生育不良で昨年より値上がりした。

     調味料は粉トウガラシとショウガ、塩の価格が上昇したが、韓国物価情報は政府がキムジャンの材料の安定的な供給のためにニンニクやトウガラシ、塩の備蓄分を放出し、キムジャン材料の物価下落に寄与したと分析した。

    聯合ニュース
    2022/11/15 13:06
    Copyright (c) Chosunonline.com
    https://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2022111580100

    引用元: ・【聯合ニュース】4人家族の越冬用のキムチ漬け費用3.3万円 前年比小幅下落=韓国 [11/15] [新種のホケモン★]

    【韓国人的には、メインディッシュ【聯合ニュース】4人家族の越冬用のキムチ漬け費用3.3万円 前年比小幅下落=韓国 [11/15] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/04/01(金) 17:44:10.10 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車は1日、3月の世界販売台数が前年同月比17.0%減の31万3926台となったと発表した。子会社の起亜も、3月販売台数が25万646台と前年同月比0.9%減少した。

    両社の販売台数の減少は、世界的に自動車用の半導体不足が続くなかで生産が滞っているのに加え、新型コロナウイルスによる特需で昨年3月の販売台数が大幅に増加した反動と分析される。

     現代自動車の先月の国内販売は前年同月比28.4%減の5万2883台、海外販売は同14.3%減の26万1043台だった。

     国内市場でのセダン販売台数は1万4902台、多目的レジャー車(RV)の販売台数は1万7911台だった。

     高級車ブランド「ジェネシス」の販売台数は1万831台だった。

     現代自動車の関係者は「半導体部品の供給不足による生産の遅れや(新型コロナの変異株)オミクロン株の広がりなど経営の不確実性が続く中でも、生産日程の調整などで供給遅延の影響を最小化する」とし、スポーツタイプ多目的車(SUV)「GV70」の電動化モデルなど競争力のある新車を発売して市場シェアの拡大と収益性強化を図ると説明した。

     起亜の先月の国内販売は前年同月比11.7%減の4万5066台、海外販売は同1.8%増の20万5580台だった。

     国内市場での販売トップはRVの「ソレント」(5435台)で、海外販売を含めるとSUV「スポーテージ」(3万6154台)が最も多かった。

    ynhrm@yna.co.kr

    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20220401004500882?section=news

    引用元: ・【聯合ニュース】現代自の3月販売31万4千台 前年比17%減=起亜は0.9%減 [4/1] [昆虫図鑑★]

    【爆弾が世界中に31万も… 【聯合ニュース】現代自の3月販売31万4千台 前年比17%減=起亜は0.9%減 [4/1] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/01/29(金) 15:37:30.02 ID:CAP_USER
    入力2021.01.27 12:00

    昨年11月の出生児数が1981年の統計開始以来最も少ない20085人にとどまった。月間の出生児数2万人台が崩れるという見通しが出ている。

    統計庁が27日に発表した「2020年11月の人口動向」によると、昨年11月の国内の出生児数は20085人で、1年前に比べて15.3%減少した。

    出生児数は毎月減少する傾向にある。 10年前の2010年11月(41318人)と比較すると半分の水準だ。最後に3万人を記録したのは2年前の2019年1月(3万271人)であった。

    減少幅はさらに憂慮すべき水準だ。 15.3%の減少幅は、2001年11月の-18.4%以来、20年ぶりに最大の減少幅である。

    https://www.chosun.com/economy/2021/01/27/6V7REUK2SJHLPGWENCDKJCIVPA/

    引用元: ・【韓国】出生数が激減 11月の出生数、前年比-15%の20085人 [動物園φ★]

    【レッドリストに入ったの? 【韓国】出生数が激減 11月の出生数、前年比-15%の20085人 [動物園φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/08/26(水) 15:37:46.21 ID:CAP_USER
    【世宗聯合ニュース】韓国統計庁が26日発表した「人口動向」によると、今年上半期(1~6月)の出生数は14万2663人で、前年同期に比べ9.9%減少した。統計を取り始めた1981年以降で最も少ない。

    四半期別では、1~3月が前年同期比10.8%減の7万4050人、4~6月が9.0%減の6万8613人だった。

     特に、4~6月の出生数は昨年10~12月(7万568人)よりも少なく、深刻な水準だった。10~12月は1年のうちで出生数が最も少なくなるが、これをさらに下回った。

     女性1人が生涯に産む子どもの推定人数を示す合計特殊出生率は4~6月に0.84と、1~3月(0.90)を下回った。前年同期に比べても0.08ポイント低い。4~6月としては08年に統計を取り始めて以降で最低となった。

     6月の出生数は2万2193人で、同月としては81年の統計開始以来で最少。

     一般的に、出生数は年の初めに多く、年末に少なくなる傾向にあるため、今年の出生数は30万人を下回ることが確実になった。

     統計庁は、30代初めの女性人口そのものが減少している上、婚姻件数も12年から8年連続で減っているとし、婚姻の減少だけでなく次第に結婚の時期が遅くなっていることも出生数の減少に影響を与えていると説明した。

     一方、1~6月の死亡数は前年同期比3.7%増の15万2401人だった。6月は前年同月比2.7%増の2万3651人。

     出生数から死亡数を引いた人口の自然増減は6月が1458人減で、8カ月連続のマイナスとなった。今年は年間で初となる人口の自然減が確実視される。

     婚姻件数も減少が続く。1~6月の婚姻件数は10万9287件で、前年同期比9.0%減少した。上半期としては81年に統計を開始してから最も少ない。

     1~6月の離婚件数は6.8%減の5万1326件だった。 

    tnak51@yna.co.kr

    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200826002400882?section=news

    引用元: ・【聯合ニュース】上半期の出生数14.2万人で過去最少 前年比1割減=韓国 [8/26] [昆虫図鑑★]

    【激減確定だからな 【聯合ニュース】上半期の出生数14.2万人で過去最少 前年比1割減=韓国 [8/26] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    このページのトップヘ