まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:初

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/07/12(火) 00:48:09.02 ID:CAP_USER
    「この国にも希望がある。学生たちの探求欲、世界一流の学者たちが話す難しい講演を最後まで聞いて理解しようとするその強靭な探求欲には頭が下がる。韓国の明日は明るい」。

    米国ユタ大学教授に在職中だった李泰圭(イ・テギュ)博士(1902~1992)は1964年9月、しばらく帰国して当時の朴正煕(パク・チョンヒ)大統領を表敬訪問した席でこのように話した。
    李教授の言葉に鼓舞された朴元大統領は、彼を含めて海外に出て行っている科学者たちの帰国をすすめ始めた。それから9年後、彼はユタ大の教授職を捨てて永久帰国した。

    国内第1号の化学博士であり大韓化学会の前身である朝鮮化学会の初代会長である彼は、最初に国立墓地に安置された科学者だ。彼は日帝強制占領期間だった1931年、日本で差別と経済的困難に打ち勝って理学博士学位を取った。
    大学の師匠であり当代の日本の最高化学者だった堀場信吉教授は早くからそんな弟子の能力を高く評価して「学問に民族が別にあるものか」と朝鮮人だった彼を日本の大学教授として強く推薦した。

    教授として正式な任命を受けたが彼の好奇心はとどまらなかった。当代最高の大学者が集まっている米国プリンストン大学に渡った。彼はそこで理論化学を研究していたヘンリー・アイリング教授と運命的な出会いをした。
    2人が当時、共に研究していた双極子能率の計算についての論文は化学分野に量子力学を導入した初めての事例という評価を受けている。

    解放後しばらく帰国していた彼は1948年、再び米国ユタ大に渡りアイリング教授と研究を継続した。1955年、2人の姓を取って発表された「李-アイリング理論」は粘性物体の流れの性質を研究する分子粘性学の基礎となった。
    彼はこの理論で一躍世界的科学者の仲間入りを果たし1965年、韓国人として初めてノーベル賞推薦委員になった。1969年には韓国で初めてノーベル賞候補に上がった。
    彼が理論を研究していた真っ最中に6・25韓国戦(朝鮮戦争)が勃発した。家族の生死も分からなかった彼は研究にさらに専念した。後日、彼は家族に対する心配と思いを忘れるために没頭していた結果だったと振り返った。

    彼は不毛地帯そのものだった韓国の化学の礎を築いた。1945年解放直後、日本からしばらく帰国した彼はソウル大学の前身である京城(キョンソン)大学理工学部長とソウル大文理大学長として学問研究と教育定着のために努力した。
    1946年には大韓化学会(旧朝鮮化学会)を創立した。

    彼は1992年10月26日、大田(テジョン)KAIST(韓国科学技術院)の研究室から退勤後に亡くなった。政府は化学発展の礎を築いた功績を認め、彼をソウル国立顕忠院に安置することを決めた。
    彼が遺品として残した額縁には、彼の生涯の信念である「鋭い観察と絶え間ない努力」という言葉が記されている。

    ※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

    http://japanese.joins.com/article/131/218131.html

    引用元: ・【韓国】韓国人で初めてノーベル賞候補になった「国内第1号化学博士」李泰圭氏[7/12]©2ch.net

    【【韓国】「韓国人初のノーベル賞候補」李泰圭が、日帝強制占領期間に日本の大学で、日本人教授のお世話になっていた件】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/06/28(火) 10:26:05.00 ID:CAP_USER
    韓国のウォンと中国の人民元の間で初めての域外直接取引が27日、中国上海の外国為替市場で始まった。取引は活発だった。2つの通貨間の取引量は上海外国為替市場で直取引された16通貨の中で2位になったと推算された。

    この日午前9時15分頃(現地時間)、中国人民銀行傘下の外国為替交易センター(CFETS)がウォンと人民元の間の基準為替レートを1元=176.31ウォンと告示した。午前9時30分になるとすぐに参加銀行が本格的に取引に参入した。
    中国の5大国有商業銀行である工商銀行・中国銀行・農業銀行・建設銀行・交通銀行などが活発に売り買いの言い値を提示した。

    最初の取引は韓国のウリィ銀行中国法人と中国工商銀行・中国銀行間で締結された。ウリィ銀行がこれら2つの中国系銀行と締結した金額はそれぞれ3000万人民元(約53億ウォン)。
    CFETSが告示した基準為替レートから出発したウォン・人民元の為替レートは開場直後に上昇(ウォン安)し始めて午前1時に基準為替レートに比べ1.66%上がった1元=179.24ウォンまで進んだ。
    この日ウォン・人民元の為替レートは正規市場締め切り時間である午後4時30分に基準価比0.73%上昇の1元=177.60ウォンで締め切った。ウォンを人民元に両替しようとする需要のほうが多かったという意味だ。

    ウォン・人民元の直接取引市場の清算銀行の1つであるウリィ銀行中国法人は上海ウォン・人民元の直接取引市場の初日の取引規模が約1億ドルに達したと暫定推算した。

    上海外国為替市場でウォン・人民元の直接取引が始まるにつれウォンもCFETSの人民元為替レート指数を算定する通貨バスケットに含まれるものと予想されている。CFETSの人民元為替レート指数は人民銀行が昨年12月に初めて公表した。
    人民銀行はこの指数を基準に人民元の為替レートを管理している。韓国のウォンはCFETS通貨バスケットで10%程度を占めると専門家たちは予想している。

    ※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

    http://japanese.joins.com/article/544/217544.html

    関連スレ
    【中韓】中国、人民元とウォンの直接取引をスタート[6/25]©2ch.net
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1466793783/

    引用元: ・【経済】韓国のウォン、海外で初の直接取引…「国際化の試験台」[6/28]©2ch.net

    【【ウォンの売り越しで終了】韓国ウォンと中国人民元、海外で初の直接取引】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/05/17(火) 12:04:46.46 ID:CAP_USER
    来月の韓米日3国によるミサイル防衛(MD)訓練は、2014年12月に韓米日3国間で北朝鮮の核・ミサイルに関する情報共有約定が結ばれたことに伴う予定された手順だ。

    3国間の情報共有協定により、3国のミサイル防衛協力を阻んできた法的・制度的な障害が除去され、米国の北東アジアMD構想が具体化している。
    今後、米国主導の3国間ミサイル防衛協力が急速に進む見込みだ。

    今回の訓練は韓米日の艦艇が3国間の情報共有約定に基づき、米国を通じてリアルタイム・オンラインで情報を共有する方式で行われる。
    3国間の情報共有約定は、韓日間直接情報交換を認めていない。 したがって通常の3国間情報共有形態とは違う。

    しかし、早期警報システムのミサイル探知・追跡情報はリアルタイム・オンラインで伝えられるので3国間でリアルタイム情報共有がなされる効果が予想される。

    今回の訓練は韓米日3国間ミサイル防衛網の連動に備えた訓練と見られる。

    韓国と米国は年内に韓国型ミサイル防衛(KAMD)と在韓米軍のミサイル防衛を相互に連動させる作業を完了することにした。
    米軍と日本の自衛隊はすでにミサイル防衛を連動運用している。

    これに伴い、今回のような3国間ミサイル警報訓練は定期的な性格を帯びて進められる可能性が高い。

    国防部は16日「今回の訓練はミサイル探知・追跡情報を共有する訓練であり、ミサイル迎撃訓練は含まれていない」として
    「米国主導のMD編入とは関係ない」と主張している。 しかしミサイル探知・追跡はミサイル防御の核心的な第一段階だ。

    したがって、このような情報の共有がMD編入と関係がないとは見がたい。

    国防部当局者はこのような訓練を定例化する計画なのか、また今後どのように発展させていくのかについて「まだ決まっていない」と口を閉ざした。

    しかし探知・追跡情報の共有形態で3国間MD協力が一旦始まった以上、MDに対する統制システムの共有や指揮システム協力などさらに高いレベルの協力、
    または事実上のMD編入に進む道が開かれたと見られる。

    米国は北朝鮮の核・ミサイル脅威を口実に韓米日3国のミサイル防衛を米国主導のネットワークに用意周到に組み入れている。
    米国が在韓米軍のTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備問題についての議論を韓国に提案したのは2月7日の北朝鮮による長距離ロケット発射の直前であったし、
    今回の3国間ミサイル防衛訓練提案は北朝鮮のロケット発射の2日後の2月9日だった。 韓国世論が米国の提案を拒否しにくい政治的状況を巧妙に活用したのだ。

    これと関連して朝日新聞は16日、
    「韓国はこれまで中国を刺激する政策を避けてきたが、慎重な検討の結果(北朝鮮の)当面の脅威に対抗するために日米と協力を強化する決断を下した」と報じた。

    しかし米国主導の韓米日3国ミサイル防衛が、結局中国牽制を狙っているという点で、韓国が3国ミサイル防衛協力に引きずられることに憂慮する声も多い。

    韓米日3国協力形式を通じて日本が朝鮮半島問題への発言権を高める状況を警戒しなければならないという指摘もされる。

    延世大のチェ・ジョンゴン教授は「今回の訓練は韓国の意図とは関係なく韓国が米国のMDに編入される第一歩を踏み出したもの」とし
    「今後、韓国が中国を狙った米国の北東アジアMDの前哨基地になりうる」と話した。


    2016.05.17 07:31
    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/24162.html

    引用元: ・【ハンギョレ新聞】韓米日で初のMD訓練 韓国が対中国前哨基地になる憂慮も[05/17]©2ch.net

    【ハンギョレ新聞「韓米日で初のMD訓練 韓国が対中国前哨基地になるかも」←てか、主戦場だよ?】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/ 2016/04/25(月) 13:13:32.10 ID:CAP_USER.net
    「韓食(韓国料理)は新しい材料でさまざまな料理を作ることができて、繊細さ・精巧さ・独創性を備えている。
    フランスのシェフが韓国のこのような繊細な技術を学ぶことができれば両国文化はさらに豊かになるだろう」
    http://japanese.joins.com/article/926/214926.html?servcode=A00&sectcode=A00&cloc=jp|main|breakingnews
    仏パリの名門料理学校「エコール・フェランディ」正規教育過程に韓食カリキュラムが導入される。ジャン・ポール・ヴェルメシュ(Jean-Paul Vermes)パリ商工会議所議長は今月22日、ソウル新羅ホテルで財団法人ミルのキム・ヒョンス理事長と共同記者会見を行い、このような内容の合意覚書(MOA)を締結した。
    96年の伝統を持つ「エコール・フェランディ」が他国の料理を正規過程に組み込むのは今回が初めてだ。
    「エコール・フェランディ」は1920年パリ商工会議所が開設した料理人養成プログラムが基礎となっている。現在も傘下機関として、3年過程を卒業すれば商工会議所が授与する学位が受られる。年間1500人程度の教育履修者のうち20%(約300人)が海外出身者で、実務中心の教育として名声が高い。仏レストランシェフに必須のフランス料理専門技術者資格証(CAP)試験合格率もトップクラスだ。卒業生は大統領官邸(エリーゼ宮)のコックや食品メーカーなど幅広い分野に進出している。
    ヴェルメシュ氏は記者との別途インタビューで「フェランディのカリキュラムに韓食融合課程が導入されるのは歴史的なこと」としながら「単なる外国料理の教育ではなく、韓国とフランスが美食文化を交換して新しい芸術を創造すること」と強調した。
    「韓国料理はその素晴らしさの割にフランスでは良く知られていません。例えば、醤油のような発酵ソースがほとんどすべての料理に入っていますが風味が独特でその活用は非常に多彩です。このようなものがフランス料理と出会った時の相性と創意性のようなものに対して期待が高いです」
    韓食カリキュラムは早ければことし下半期に初めて登場する。韓国人シェフや専門家が招かれるか、エリック・トロション氏のように現在フェランディで教鞭を執っている教授陣のうち韓食に精通しているフランス人が講義をする可能性もある。ヴェルメシュ氏は「立派な料理人には好奇心が必須」としながら「フェランディの在学生は韓食調理法に深い興味を示すだろう」と述べた。
    この日締結されたMOAにはフェランディと財団法人ミルがソウルに「フェランディ-ミル料理学校」を設立する内容も含まれた。同校は韓食(50%)とフランス料理(50%)を同等に教え、パリのフェランディのように人類学・美術などの融合教育も行う。現在、敷地を探しているところで、早ければ来年中に正規(9カ月)および短期(3カ月)課程の入学生を受け付ける。ヴェルメシュ氏は「単なる趣味ではなく専門性を基に自分の価値の最大限引き上げたいと考える人たちが入学してくることを願う」としながら「卒業生にフランス有数レストランおよび企業インターンシップの機会を積極的に提供したい」と述べた。

    財団法人ミルはサムスン・現代車・SK・LG・ロッテなど国内主要16グループが文化隆盛およびグローバル化のために出資して昨年10月に発足した文化財団だ。 .

    ★関連があるかもしれないスレ★
    【話題】朴大統領「フランスの食と、多くの伝統を持つ韓国料理が調和し世界の人々の食欲をそそる料理が生まれたらどんなに良いだろうか」
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1458892128/
    【韓国】韓国料理屋のキムチは中国産!? 消費者には見えない飲食店の利益拡大のカラクリ
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1460852951/
    【韓国】 残酷過ぎる!韓国の「食用犬」取引の実態を動画で公開[03/11]
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1457687937/
    【韓国】大企業の常務、ラーメンのゆで具合にキレてクビの後日談=韓国ネット「典型的なヘル朝鮮の年寄り」「まったくひどい法治国家だ」
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1458813807/
    【話題】韓国の有名カップ麺から青カビ、メーカーは「製造には問題なし」と自信=韓国ネット「競合企業が仕組んだのかも」[4/7]
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1460029810/

    引用元: ・【グルメ】パリ名門料理学校に韓食課程…他国の料理では初[4/25]

    【大恥かけよw【グルメ】パリ名門料理学校に韓食課程…他国の料理では初[4/25]】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/04/21(木) 03:13:56.29 ID:CAP_USER.net
    【ソウル聯合ニュース】韓国の国立中央博物館(ソウル市竜山区)で来月24日から6月12日まで開催される特別展で、韓国と日本を代表する大型の半跏思惟(はんかしゆい)像が一緒に展示される。同館が20日、伝えた。

     展示は2015年の韓日国交正常化50周年を機に企画された「韓日の国宝・半跏思惟像の出会い」。韓国の国宝第78号「金銅弥勒菩薩半跏思惟像」と日本の国宝「木造菩薩半跏像」(奈良・中宮寺所蔵)が公開される。


     片足をもう片足のひざにのせ、指をほおにあてて考えにふける姿の半跏思惟像は韓国と日本に多いが、高さが1メートルほどの大型の像はこの2点を含め、両国に2点ずつしかない。

     金銅弥勒菩薩半跏思惟像は三国時代の6世紀後半に製作され、気高い美しさを表現した秀作と評される。1916年から博物館に所蔵されているが、奉安されていた場所や出土地ははっきり分かっていない。

     木造菩薩半跏像は7世紀後半の飛鳥時代に木材を組み合わせて製作された。今回が初の海外展示となる。

     2点は6月21日から7月10日まで、東京国立博物館(台東区)で展示される。

    聯合ニュース
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/04/20/2016042001923.html

    引用元: ・【仏像】日本の木造菩薩半跏像、来月から韓国で展示 今回が初の海外展示

    【日本人はバカだと思う【仏像】日本の木造菩薩半跏像、来月から韓国で展示 今回が初の海外展示】の続きを読む

    このページのトップヘ