まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:初

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/08/02(水) 16:18:41.34 ID:CAP_USER
    大宇造船海洋が韓国で初めて潜水艦の海外輸出に成功した。1988年にドイツから技術提供を受けて開発を始めて約30年で成し遂げた快挙だ。 

      大宇造船海洋は2011年、インドネシア国防部から受注した1400トン級潜水艦3隻のうち、1隻目の潜水艦引渡式を2日、慶尚南道巨済(キョンサンナムド・コジェ)の玉浦(オクポ)造船所で行った。引渡式にはインドネシアのリャミザルド・リャクドゥ国防部長官やアデ・スパンディ海軍参謀総長のほか、大宇造船海洋の鄭聖立(チョン・ソンリプ)社長ら80人余りが出席した。 

      この日引き渡された潜水艦の名前は「ナーガパーシャ(NAGAPASA)」で、古代ヒンドゥー神の一人であるインドラジットが使った矢の名を冠している。ヒンドゥー神話では、矢尻に蛇の頭がついているナーガパーシャで攻撃されると、敵は全員眠ってしまうとされている。インドネシアはイスラム国家だが一部ヒンドゥー教文化も存在する。 

      全長61メートル・1400トン級を誇るナーガパーシャは、乗員40人を乗せて一度に1万カイリ(1万8520キロ)を進むことができる。これは釜山(プサン)港から米国ロサンゼルス港までの距離に該当する。また、魚雷や機雷などの武器を発射できる8本の発射管と最新武器システムで武装している。大宇造船は「潜水艦の命であるすぐれた水中作戦能力を備えている」とし「特に、設計・生産・試運転などすべての建造過程を国産技術で行い、造船技術の最高峰と評価される潜水艦技術力を立証した」と説明した。 

      大宇造船海洋が受注した潜水艦3隻の合計額は約11億ドル(約1218億円)に達し、韓国防衛産業輸出史上、最大規模を記録した。これは国産の中型自動車7万3000台分の輸出額に匹敵する価格だ。今回の輸出成功で、韓国は英国・フランス・ロシア・ドイツに次いで世界5番目の潜水艦輸出国となった。 

      この日、大宇造船海洋の鄭聖立社長は「大韓民国初の輸出潜水艦を成功裏に引き渡し、新しい歴史を記録すると同時に、世界に対して大宇造船海洋の潜水艦分野における技術競争力を立証することになった」とし「この技術力をベースにわが国の海軍力強化に寄与することはもちろん、インドネシア海軍の水中戦力増強計画と足並みをそろえて持続的なパートナーシップを築いていけるよう期待している」と述べた。


    http://s.japanese.joins.com/article/946/231946.html?servcode=300&sectcode=320
    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2017年08月02日 15時19分

    no title

    大宇造船の潜水艦が試運転している様子。(写真=中央フォト)

    引用元: ・【中央日報】大宇造船、潜水艦の海外輸出に成功 韓国初[8/2] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【まーたインドネシアか】大宇造船、潜水艦の韓国初の海外輸出に成功 インドネシア国防部から受注】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/01/31(火) 10:40:52.44 ID:CAP_USER
    韓国輸出入銀行が創立40年目の昨年、初めて純損失を出した。
    貸出と保証を合わせた与信総額が9兆ウォン(約9000億円)に達する大宇造船海洋が最も大きな原因に挙げられる。

    昨年、産業銀行も同じ理由で2年連続の赤字となった。

    金融界によると、輸出入銀行は昨年1兆ウォン規模の損失を出したという。輸出入銀行が赤字を出したのは1976年の創立以来初めて。
    1兆ウォンの損失は輸出入銀行が過去40年間積み立ててきた利益余剰金(約2兆ウォン)の半分に相当する。

    輸出入銀行が大規模な赤字を出したのは、大宇造船への与信に貸し倒れ引当金を大規模に積み立てたからだ。昨年6月に大宇造船与信の健全性等級を「正常」から「要注意」に一段階低めたことで、引当金を1兆ウォン以上積み立てた。

    輸出入銀行の初の赤字は、大宇造船海洋とSTX造船海洋に対する大規模な貸し出しと支払保証が不良化しているためと、金融界は見ている。

    輸出入銀行の大宇造船与信規模は約9兆ウォン。昨年、与信健全性の分類を「正常」から「要注意」に低めたことで、1兆ウォン以上の引当金負担が生じた。
    都市銀行が大宇造船与信に対する回収の可能性を低め、これに従うしかなかった。

    STX造船海洋の法定管理(企業回生手続き)による引当金負担も大きかった。

    銀行は法定管理企業に対する与信は「推定損失」に分類し、与信額の100%を引当金として積み立てなければならない。
    STX造船に対する輸出入銀行の与信は約1兆3500億ウォン規模だった。

    昨年9月までに6511億ウォンの損失を出した産業銀行も、STX造船が法定管理に入って直撃弾を受けた。産業銀行はSTX造船への与信が3兆ウォンにのぼる。

    さらに輸出入銀行と同じく大宇造船与信の健全性等級低下による引当金負担も生じた。

    昨年末、大宇造船に対する貸し出し1兆8000億ウォンを株式に変えた出資転換まで加えると、
    産業銀行の損失規模は1兆ウォン前後にのぼるというのが金融界の分析だ。

    2015年に1兆8951億ウォンの赤字を出したのに続き、2年連続の損失となる。

    国策銀行の大規模な損失は国民の負担となる。健全性確保のために政府の財政が投入されるからだ。
    国策銀行の信用度が下がれば、国策銀行はもちろん都市銀行が海外で資金を調達する際に負担が追加される。

    国策銀行の関係者は「都市銀行が造船・海運など景気敏感業種に対する貸し出しを避け、国策銀行の損失が増えた側面もある」と述べた。

    産業銀行と輸出入銀行は特定企業への過多な与信を防ぐための対策を出した。

    大宇造船、STX造船のように1、2社に大規模な貸し出しまたは保証をして大規模な損失が生じるケースを防ぐということだ。

    産業銀行は4-6月期から系列・企業別与信限度を事前に決めることにした。
    大企業グループと所属会社にそれぞれ貸し出すことができる資金限度をあらかじめ決めて管理するということだ。

    輸出入銀行も特定企業に対する自己資本に対する与信の限度を減らすことにした。
    特定系列与信限度は自己資本の80%から50%に、所属企業は60%から40%に減らす方針だ。

    しかし造船・海運業種に対する与信がすでに国策銀行に偏った状況で、他の業種の企業だけが被害を受けるのではという指摘もある。
    金融界の関係者は「造船・海運業への貸し出しの不良債権化が他の企業への貸し渋りに飛び火しないようにするべきだ」と話した。


    2017年01月31日09時37分 [韓国経済新聞/中央日報日本語版]
    http://japanese.joins.com/article/224/225224.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp|main|breakingnews

    引用元: ・【経済】韓国輸出入銀行、1兆ウォンの損失…40年目で初の赤字 40年間積み立ててきた利益余剰金の半分に相当[01/31]©2ch.net

    【【まだ破綻してないやん】韓国輸出入銀行、1兆ウォンの損失…40年目で初の赤字 40年間積み立ててきた利益余剰金の半分に相当[01/31]©2ch.net 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/07/13(水) 00:02:14.22 ID:CAP_USER
     中国をはじめとした新興5カ国(BRICS)が設立した「新開発銀行」は12日、中国で人民元建て債券を18日に発行すると発表した。金額は30億元(約465億円)で、同行として初の起債となる。
    調達する資金は中国やブラジルなどの四つの環境関連事業に対する融資に振り向ける。

     地球温暖化対策などに資金使途を限定した「グリーンボンド」と呼ばれる債券で、期間は5年。中国人民銀行(中央銀行)から既に発行の認可を得た。

     新開発銀行は新興国のインフラ整備支援を目的に中国、インド、ロシア、ブラジル、南アフリカが昨年設立し、本部を上海に置く。中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)とともに、米欧主導の開発金融に対抗する狙いがある。(上海 共同)

    http://www.sankei.com/world/news/160712/wor1607120065-n1.html

    引用元: ・【中国/経済】「BRICS銀」が初の起債 環境関連事業に融資 米欧主導の開発金融に対抗[7/13]©2ch.net

    【【中国/経済】「BRICS銀」が初の起債、中国で人民元建て債券】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/07/12(火) 00:48:09.02 ID:CAP_USER
    「この国にも希望がある。学生たちの探求欲、世界一流の学者たちが話す難しい講演を最後まで聞いて理解しようとするその強靭な探求欲には頭が下がる。韓国の明日は明るい」。

    米国ユタ大学教授に在職中だった李泰圭(イ・テギュ)博士(1902~1992)は1964年9月、しばらく帰国して当時の朴正煕(パク・チョンヒ)大統領を表敬訪問した席でこのように話した。
    李教授の言葉に鼓舞された朴元大統領は、彼を含めて海外に出て行っている科学者たちの帰国をすすめ始めた。それから9年後、彼はユタ大の教授職を捨てて永久帰国した。

    国内第1号の化学博士であり大韓化学会の前身である朝鮮化学会の初代会長である彼は、最初に国立墓地に安置された科学者だ。彼は日帝強制占領期間だった1931年、日本で差別と経済的困難に打ち勝って理学博士学位を取った。
    大学の師匠であり当代の日本の最高化学者だった堀場信吉教授は早くからそんな弟子の能力を高く評価して「学問に民族が別にあるものか」と朝鮮人だった彼を日本の大学教授として強く推薦した。

    教授として正式な任命を受けたが彼の好奇心はとどまらなかった。当代最高の大学者が集まっている米国プリンストン大学に渡った。彼はそこで理論化学を研究していたヘンリー・アイリング教授と運命的な出会いをした。
    2人が当時、共に研究していた双極子能率の計算についての論文は化学分野に量子力学を導入した初めての事例という評価を受けている。

    解放後しばらく帰国していた彼は1948年、再び米国ユタ大に渡りアイリング教授と研究を継続した。1955年、2人の姓を取って発表された「李-アイリング理論」は粘性物体の流れの性質を研究する分子粘性学の基礎となった。
    彼はこの理論で一躍世界的科学者の仲間入りを果たし1965年、韓国人として初めてノーベル賞推薦委員になった。1969年には韓国で初めてノーベル賞候補に上がった。
    彼が理論を研究していた真っ最中に6・25韓国戦(朝鮮戦争)が勃発した。家族の生死も分からなかった彼は研究にさらに専念した。後日、彼は家族に対する心配と思いを忘れるために没頭していた結果だったと振り返った。

    彼は不毛地帯そのものだった韓国の化学の礎を築いた。1945年解放直後、日本からしばらく帰国した彼はソウル大学の前身である京城(キョンソン)大学理工学部長とソウル大文理大学長として学問研究と教育定着のために努力した。
    1946年には大韓化学会(旧朝鮮化学会)を創立した。

    彼は1992年10月26日、大田(テジョン)KAIST(韓国科学技術院)の研究室から退勤後に亡くなった。政府は化学発展の礎を築いた功績を認め、彼をソウル国立顕忠院に安置することを決めた。
    彼が遺品として残した額縁には、彼の生涯の信念である「鋭い観察と絶え間ない努力」という言葉が記されている。

    ※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

    http://japanese.joins.com/article/131/218131.html

    引用元: ・【韓国】韓国人で初めてノーベル賞候補になった「国内第1号化学博士」李泰圭氏[7/12]©2ch.net

    【【韓国】「韓国人初のノーベル賞候補」李泰圭が、日帝強制占領期間に日本の大学で、日本人教授のお世話になっていた件】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/06/28(火) 10:26:05.00 ID:CAP_USER
    韓国のウォンと中国の人民元の間で初めての域外直接取引が27日、中国上海の外国為替市場で始まった。取引は活発だった。2つの通貨間の取引量は上海外国為替市場で直取引された16通貨の中で2位になったと推算された。

    この日午前9時15分頃(現地時間)、中国人民銀行傘下の外国為替交易センター(CFETS)がウォンと人民元の間の基準為替レートを1元=176.31ウォンと告示した。午前9時30分になるとすぐに参加銀行が本格的に取引に参入した。
    中国の5大国有商業銀行である工商銀行・中国銀行・農業銀行・建設銀行・交通銀行などが活発に売り買いの言い値を提示した。

    最初の取引は韓国のウリィ銀行中国法人と中国工商銀行・中国銀行間で締結された。ウリィ銀行がこれら2つの中国系銀行と締結した金額はそれぞれ3000万人民元(約53億ウォン)。
    CFETSが告示した基準為替レートから出発したウォン・人民元の為替レートは開場直後に上昇(ウォン安)し始めて午前1時に基準為替レートに比べ1.66%上がった1元=179.24ウォンまで進んだ。
    この日ウォン・人民元の為替レートは正規市場締め切り時間である午後4時30分に基準価比0.73%上昇の1元=177.60ウォンで締め切った。ウォンを人民元に両替しようとする需要のほうが多かったという意味だ。

    ウォン・人民元の直接取引市場の清算銀行の1つであるウリィ銀行中国法人は上海ウォン・人民元の直接取引市場の初日の取引規模が約1億ドルに達したと暫定推算した。

    上海外国為替市場でウォン・人民元の直接取引が始まるにつれウォンもCFETSの人民元為替レート指数を算定する通貨バスケットに含まれるものと予想されている。CFETSの人民元為替レート指数は人民銀行が昨年12月に初めて公表した。
    人民銀行はこの指数を基準に人民元の為替レートを管理している。韓国のウォンはCFETS通貨バスケットで10%程度を占めると専門家たちは予想している。

    ※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

    http://japanese.joins.com/article/544/217544.html

    関連スレ
    【中韓】中国、人民元とウォンの直接取引をスタート[6/25]©2ch.net
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1466793783/

    引用元: ・【経済】韓国のウォン、海外で初の直接取引…「国際化の試験台」[6/28]©2ch.net

    【【ウォンの売り越しで終了】韓国ウォンと中国人民元、海外で初の直接取引】の続きを読む

    このページのトップヘ