まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:出生率

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/27(水) 14:36:55.10 ID:CAP_USER
    記事入力2019.11.27。 午後12:01

    27日、統計庁が公開した「9月の人口動向」によると、第3四半期の全国の出生児数は前年同期より6687人(8.3%)減少し、7万3793人である。 第3四半期ベースではもちろん、すべての分岐をあわせて最も小さい数値だ。 昨年第4四半期(7万4542人)に立てた史上最低記録を書き換えた。 これ女性一人が一生産むと予想される平均出生児数である「合計特殊出生率」も0.88で歴代最低を記録した。

    このように出生児数が急激に減少し、政府が予想していた今年の出生児数の予測値(30万9000人)を達成は事実上不可能にした。 今年第3四半期までの出生児数は合計23万2317人。 予測値を超えるには、第4四半期に7万6682人以上が耐えられなければするのに、一般的に年末にかけて出生児数は減る。 実際毎年第4四半期には、出生児数が最も少なかった。

    むしろ出生児数が30万人もいないという懸念が現実化している。 ガンシンウク統計庁長は、昨年10月の国政監査で「今年の出生児30万人を超えるようなのか」という質問に「ない超える可能性がある」とし「出産と結婚をしない傾向が急速に進んでいる」と説明した。

    月別基準では、9月の出生児数は2万4123人で、前年同期比で1943人(7.5%)減少した。 9月基準で史上最低値だ。 また、2016年4月から42カ月連続で毎月前年同月比の最低記録を塗り替えたのだ。 出生は季節などの影響を受けるため、通常同月同士を比較する。

    これ人口1000人当たりの年間出生児数を意味するジョー出生率は5.7人で、やはり9月の時点で、2000年の集計以来最低値であった。 9月に基準兆出生率が5人台に落ちたのは今回が初めてだ。

    一方、9月の死亡者数は2万3563人で、前年同月比657人(2.9%)増加した。 9月に婚姻件数は1万5800件で1456件(10.2%)増加したのに対し、離婚件数は9015件で1189件(15.2%)増加した。

    https://translate.google.com/translate?act=url&depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=http://news.naver.com/

    引用元: ・【悲報/韓国】今年の出生児数、30万人割れほぼ確定 出生率も0.9未満へ

    【ハイペースで滅亡【悲報/韓国】今年の出生児数、30万人割れほぼ確定 出生率も0.9未満へ 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/29(木) 12:34:09.40 ID:CAP_USER
    昨年出生児数が30万人台に懸垂し、合計特殊出生率が史上最低の0.98人に減少した。 青年層の結婚忌避現象が深刻化するうえ既婚女性の出産年齢が高くなるにつれ、出生率が急落している。 今年は状況がさらに深刻である。 第2四半期の合計特殊出生率速報値は、0.91人で墜落した。 今年の出生児数は30万人まで崩壊することが確実視される。

    統計庁が28日発表した2018年に生まれ統計(確定)をみると、昨年の出生児数は32万6800人と集計された。 1年前に比べて8.7%減少した数値で、1970年に関連統計作成以来の最低である。

    合計特殊出生率は、史上初めて1.0人線が崩れた。 合計特殊出生率は女性1人が一生産むと予想される平均出生児数を意味する。 人口を維持するために必要な合計出産率が2.1人点を勘案すれば、半分にも満たないということだ。 経済協力開発機構(OECD)36加盟国の平均(2017年基準1.65人)に大きく下回っするだけでなく、一番最下位だ。
    ?? ???
    女性の年齢別出生率(該当年齢の女性の人口1000人当たりの出生児数)は、40代を引いたすべての年齢層で減少した。 平均出産年齢は32.8歳、前年より0.2歳上昇した。 平均出産年齢は最初の子供は31.9歳、第二子は33.6歳、第三子は35.1歳、前年より0.2?0.3歳増えた。 35歳以上の高齢の母親の割合は31.8%で、前年より2.4%ポイント上昇した。 出産年齢が高くなるにつれ、第二ああ以上を産む困難な状況とみられる。

    「国家災害級少子化」現象は、今年も続いている。 統計庁が一緒に発表した6月の人口動向を見ると、今年上半期に生まれた子供の数は、15万8500人で、1年前の同じ期間(17万1800人)に比べ7.7%も減少した。 やはり関連統計作成以来最低記録だ。

    四半期別にみると、第2四半期の出生児数は7万5400人、第1四半期の8万3000人で、前年同期比でそれぞれ8.0%、7.4%減少した。 合計特殊出生率は、第2四半期基準0.91人で、第1四半期(1.01人)より少なかった。 6月の出生児は2万4000人で、2016年4月から39カ月連続で同月比の最低記録を更新している。
    ?? ???
    毎年的に出生児が年初に集まる点を勘案すれば、今年の出生児数が30万人を超えられないと思われる。 2002~2016年40万人台を維持していた出生児数は2017年に初めて30万人台に落ちた。 以後2年ぶりに30万人まで崩れる危機に置かれたわけだ。

    出生児数の減少は、婚姻件数の減少と密接に関連している。 今年上半期婚姻届の数は12万100件で、前年同期比9.3%減少した。 1981年集計以来上半期基準で少なくとも記録だ。

    第2四半期基準で人口1000人当たりの婚姻率は男女すべての年齢層で減少した。 よく結婚適齢期といわれる男性30?34歳、女性25?29歳で婚姻率の減少が目立った。

    統計庁の関係者は、「青年層の結婚忌避現象に加え、妊娠可能な女性のことも減り、少子化傾向が濃くなっている」とし「今年も出生児数がマイナスを記録するものと見られる」と述べた。

    https://translate.googleusercontent.com/translate_c?depth=1&hl=ja&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.nate.com/view/20190829n03154%3Fmid%3Dn1006&xid=17259,15700023,15700186,15700191,15700256,15700259,15700262,15700265&usg=ALkJrhhywINqEnxeEtHYcRy7vbRl3lXwAg

    引用元: ・【韓国人は嫌韓】4月―6月の出生率、0.91 前人未到の0.8台が目前へ

    【世界のトップにたてよ【韓国人は嫌韓】4月―6月の出生率、0.91 前人未到の0.8台が目前へ 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/06/02(日) 08:52:33.40 ID:CAP_USER
    聯合ニュース 2019-05-29 12:02

    第1四半期の出生児数が8万3千人レベルにとどまり、第1四半期で歴代最低に落ちた。

    統計庁が29日に公開した「2019年3月の人口動向」によると、3月の出生児は2万7千100人で、昨年3月に比べ2千900人(9.7%)減少した。

    出生児数は3月時点で、1981年に毎月の統計集計を開始して以来、最も少なかった。 3月の出生児が3万人未満に落ちたのは初めてだ。
    出生児数は、季節・月評価の影響を受けるため、通常同月同士比べ推移を把握する。

    前年同月と比較した出生児数は、2015年12月から今年3月まで40カ月連続で減少した。 また、1981年の集計以来、同月基準で2016年4月から今年3月まで36カ月連続の最低記録更新が続いた。

    今年1?3月の出生児数は8万3100人と集計された。

    昨年第1四半期より7.6%減少し、やはり1981年以降で最も少ない水準だ。

    女性1人が一生産むと予想される子供の数である合計特殊出生率は、今年第1四半期に1.01人を記録し、歴代の第1四半期の中で最低だった。昨年の第1四半期より0.07人減った。

    合計特殊出生率は、昨年第2四半期が0.98人、第3四半期が0.95人、第4四半期が0.88人と続けて墜落し、昨年史上最低の0.98人を記録した。

    統計庁は「通常1年のうち、第1四半期の出産が最も多い傾向があり、第1四半期の合計特殊出生率が1.01人を記録しただけに、今年も昨年に続き、
    合計特殊出生率が1.0人を下回る可能性が高いと思われる」と見た。

    当局は、人口構造と婚姻減少傾向などを出生児が減る原因に挙げた。
    中略

    出生児急減の背景にある結婚の減少は顕著だった。

    今年3月に申告された婚姻は1万9千600件で、昨年3月に比べ3千200件(-14.0%)減少した。

    1?3月の婚姻は5万9千100件で、昨年第1四半期より10.7%減少し、1981年集計後の第1四半期の中で最も少なかった。 第1四半期に婚姻件数が6万件以下に落ちたのは初めてだ。
    以下略

    https://www.mk.co.kr/news/economy/view/2019/05/361390/

    引用元: ・【減る朝鮮】今年の出生率、さらに低下へ 現在0.916(29.97万人)ペース 去年は0.98(32.7万)

    【神の見えざる手が働いてるのだろう 【減る朝鮮】今年の出生率、さらに低下へ 現在0.916(29.97万人)ペース 去年は0.98(32.7万) 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/06/09(日) 05:07:23.27 ID:CAP_USER
    (地球24時)21年の韓国出生率、0.86と予測

    有料会員限定記事

     韓国統計庁は先月、韓国人口の推計値を発表した。女性が一生に産む子の数を示す合計特殊出生率が2021年に0.86まで低下すると予測した。韓国では昨年、合計特殊出生率が0.98と、統計を始めた1970年以降、初めて1を割り込む事態になっていた。

     韓国政府は、教育費などの負担や価値観の変化などが婚姻率…

    有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。
    https://www.asahi.com/articles/DA3S13960958.html

    引用元: ・【韓国】21年の出生率、0.86へ

    【やっと世界一になれたな【韓国】21年の出生率、0.86へ 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/03/29(金) 20:25:49.45 ID:CAP_USER
    「少子化ショック」が全国を強打している。 早くから人口減少を経験した主な地方都市だけでなく、
    ソウル・京畿・仁川などの首都圏も少子化の進行が非常事態である。ソウルでさえ空き教室が増え、
    学校間の統合や廃校まで推進されている。地方自治団体はそれぞれが少子化対応策を出しているが、「人口の崖」を防ぐには力不足である。

    ○学校統合、廃校

    少子化進行はソウルで目立つ。 統計庁によると、ソウルの合計特殊出生率は昨年が0.76人で、全国の市・道の中で最も低かった。
    京畿(1.00人)、仁川(1.01)は全国平均(0.98人)よりやや高かったが、1人台を脅かされている。
    合計特殊出生率は、女性一人が一生で産むと予想される平均出生児数だ。

    no title


    https://translate.googleusercontent.com/translate_c?act=url&depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn%3Fmid%3Detc id1%3D111%26rankingType%3Dpopular_day id%3D015%26aid%3D0004116402 ate%3D20190329%26type%3D1%26rankingSeq%3D7%26rankingSectionId%3D101&usg=ALkJrhj1CPZTofAkEep_iyjmwy6NXm2bdA

    引用元: ・【韓国】ソウルの出生率、0.76

    【まぁ朝鮮自体終わってるけど 【韓国】ソウルの出生率、0.76 】の続きを読む

    このページのトップヘ