まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:出演

    1: 荒波φ ★ 2018/11/13(火) 12:25:16.29 ID:CAP_USER
    英国ロックグループQueen(クイーン)を扱った映画『ボヘミアン・ラプソディ』の人気で改めて70~80年代のポップソングが話題だ。往年に音楽を少しでも聴いたことがある中年なら、彼らに劣らずその名を世に轟かせていたスウェーデン出身の男女混成グループABBA(アバ)も忘れることができないだろう。

    ABBAは単純でありながらも中毒性のあるメロディで3億7000万枚のアルバムを売った。さらにソ連公演の時には、西側の制裁でルーブル決済が難しくなると、石油採堀権をもらったという伝説があるほどだ。そのため、人気が絶頂だった1970年代末には、VOLVO(ボルボ)に次ぐスウェーデン2番目の輸出品目だった。

    だが、うらやむ必要はない。韓国には防弾少年団(BTS)がいるではないか。アイドルグループが儲けてもどれくらいになるんだと軽んじてはいけない。今年、BTSの予想収入と営業利益は2300億ウォン(約230億円)と830億ウォン。

    7月の日本経済新聞の調査によれば、現代車の1台当たり利益は101万ウォンであることが分かった。つまり、青年7人が現代車8万台分の輸出に匹敵する外貨を稼いだといえる。

    これだけではない。とてつもない後方効果まで考えると、彼らの経済的価値をすべて語り尽くすことはできない。コアファンはBTSメンバーが練習したスタジオ、さらに昼食を食べたレストランまで見ようと韓国に来るという。一方、現代車が気に入ったからといって韓国を訪れることはない。

    このようなBTSの日本のテレビ出演が前日に急遽取りやめになった。完売を記録したコンサートは予定通り開かれるというが、テレビに出ることができなければ、その人気に支障が出ることは明らかだ。日帝強制徴用被害者に対する大法院(最高裁)の賠償判決のためだ。論争は多いが、最高司法府の判断は尊重されなければならない。

    それでも、これにともなう韓日間の葛藤を放置したままにしておいてもいいという意味ではない。韓国政界はせいぜい「日本の偏狭な文化相対主義」「戦犯国家であることを全世界に広報すること」と不機嫌な声をあげるくらいだ。言ったところで何も変わらない。

    そうでなくても韓国経済が枯れつつあるというのに、このような「キャッシュカウ(cash cow、収益創出源)」を放ったままにしておいてはいけない。

    たとえば韓国産自動車の欧州輸出が行き詰まったとしよう。関係部署対策会議をやるといって大騷ぎするのは間違いない。BTSの日本進出に支障が生じれば、外交部ではなく経済部署が前に出て解決しなければならない理由がここにある。

    慰安婦協議に続いて日帝徴用者賠償問題も、歴史だけではなく経済的次元でも扱わなければならないということだ。日本はK-POP市場の70%を占める最大市場だ。

    今はBTSの放送番組が水の泡になったが、次は何がくるか分からない。このため日本側の感情を包み込むような現実的な代案を作って推進するべきだ。韓国政府と企業、そして日本企業が共に財団を作って被害者に補償しようが、ドイツ式「記憶・責任・未来財団」を作って解決しようがもたもたしている暇はない。

    偶然にも、今回の大法院判決は金大中(キム・デジュン)-小渕共同宣言(1998年10月8日)が発表されてからちょうど20年後に出された。この宣言が発表されることになったのは、政治だけでなく経済的な理由も大きく作用した。

    IMF(国際通貨基金)経済危機でその年の経済成長率が-5.5%を記録した状況で、日本との経済的協力を通した突破口が切実だったのだ。願い通り、日本との関係回復は韓国経済号の巡航に大きなひと押しとなった。

    日本の韓国投資が1998年5億ドルから2002年14億ドルに3倍程増えたことは、両国間の協力がどれほど大切か象徴的に見せてくれる。

    慰安婦合意破棄に続き強制徴用判決で、悪化するだけ悪化した日本との葛藤を解決することが、韓国経済の息の根が続く近道であることを忘れてはいけない。


    2018年11月13日08時46分 [中央日報/中央日報日本語版]
    https://japanese.joins.com/article/043/247043.html?servcode=100&sectcode=140&cloc=jp|main|top_news

    引用元: ・【中央日報】BTSのテレビ出演中止騒ぎ…経済的な視点で解決を 日本との葛藤を解決することが韓国経済の息の根が続く近道[11/13]

    【反省が全くないな【中央日報】BTSのテレビ出演中止騒ぎ…経済的な視点で解決を 日本との葛藤を解決することが韓国経済の息の根が続く近道[11/13] 】の続きを読む

    1: 鴉 ★ 2017/12/17(日) 21:55:09.88 ID:CAP_USER
    「韓流が寒流に」の流れは変わったのか?~韓流映画とドラマのいま~
    2017年12月17日 12時11分
    コラム

    政治的に日韓関係は、春夏秋冬を問わず「厳寒状態」ともいわれた2017年。そんな中、K-POPでは兵役を終えた東方神起がドームツアーで約2年半ぶりに復活を遂げたほか、6月に日本デビューした女子中高生の間で絶大な人気を誇るガールズグループTWICEが、NHK紅白歌合戦にK-POPアーティストとして6年ぶりに出演するなど、明るいニュースも相次いだ。一方韓国ドラマは、2012年以降、フジテレビやTBSなどが地上波でのオンエアから次々と撤退。ヘイトスピーチや嫌韓ブームも重なり、「韓流ドラマは寒流に」と揶揄されたこともあった。だが、実は映画ドラマ共に、今も根強い人気を保ちつつ、新たなファン層を広げている。(文:桑畑優香)

     2017年の実績データを元とするTSUTAYA年間レンタルDVDランキングが先日発表された。アジアTVドラマ部門の結果を見ると、韓国放送時に最高視聴率41.6%を記録したソン・ジュンギ除隊後の復帰作「太陽の末裔 Love Under The Sun」を筆頭に、イ・ジュンギはじめ旬のイケメンスターたちが恋の駆け引きを演じる「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち」、本作で大ブレイクを果たしたパク・ボゴム主演の「雲が描いた月明かり」など、韓国の胸キュン・ラブコメディーがずらりと上位にランクイン。「韓国ドラマの主な視聴者層は初期のブームを継承する50代以上の女性だが、『太陽の末裔』は40代が中心で、20代のファンも多い」と、TSUTAYAの担当者。韓国ドラマの売り上げは、約18%で、洋画、邦画、アニメとならぶ4強ジャンルだという。

     同様に、「わが社では、韓国コンテンツは映画や歌舞伎と並ぶ3大柱の一つ」と証言するのは、スカパー!やケーブルテレビで放送しているCS放送局、衛星劇場の担当者だ。CSやBSで韓国ドラマはキラーコンテンツとされ、2017年11月現在CSで185本、BSで59本がオンエアされている(韓国コンテンツ振興院調べ)。衛星劇場でも韓国ドラマの放送を昨年の26本から今年は34本に増強した。

     中でも新しいトレンドはサスペンスドラマだ。ここ数年韓国ではケーブルテレビ局のドラマ制作が盛んになり、過激な暴力をタブーとしてきた地上波をしのぐ、自由な発想と表現の作品が続々と誕生。「シグナル」「ボイス ~112の奇跡~」などサスペンスの秀作が日本にも上陸している。さらに、今年の秋には、韓国でも大人気の作家、宮部みゆき原作の『ソロモンの偽証』(韓国版)がDVDとしてリリースされた。「良質のサスペンスによって、ラブコメファンのみならず、韓国ドラマを観る層の間口が広がった」 と、ドラマ配給会社エスピーオーの担当者は手ごたえを明かす。

     一方、韓国映画も好調だ。2015年に日本に輸入された韓国映画は43本、2016年は55本と上昇傾向にあり、いずれもアメリカおよびイギリス映画に次ぐ勢いだ(外国映画輸入配給協会調べ)。 特筆すべきは、9月に公開されたサバイバルアクション『新感染 ファイナル・エクスプレス』が、満席の劇場が続出するなど大きな反響を呼んだこと。ヒットの理由を映画配給会社ツインの担当者は、「ハリウッド的技術のゾンビ映画でありながら、イクメンになれない働きマンの父親と娘など韓国特有の人間ドラマがちゃんと描かれ、そこにほろっと感動したのでは」と分析。これまで韓国映画を観たことがなかった10代、20代が友達や恋人と映画館に足を運ぶ新しい流れを生んだ。

     もともと、『親切なクムジャさん』のパク・チャヌク監督や『殺人の追憶』のポン・ジュノ監督のような骨太の作品で40代以上の男性に人気の韓国映画だが、近年はイ・ビョンホンやカン・ドンウォン、チョン・ウソンといった「元韓流ドラマのアイドル」がトップスターとして君臨。イケメンで人気を博した(いまももちろんイケメン!)俳優たちが、年を重ねて演技派の役者へと成長。人気と実力を盾に、『MASTER マスター』や『アシュラ』などハードボイルドな作品に出演し、男女ともにファンの心を射止めている。

    https://m.cinematoday.jp/news/N0096674?__ct_ref=https%3A%2F%2Fwww.google.co.jp%2F

    引用元: ・【コラム】春夏秋冬を問わず「厳寒状態」ともいわれた2017年の日韓関係・・・それでも新たな人々を魅了する韓国ドラマ

    【【押し付けられてもね~!】韓国映画関係者「『勢いのある韓国映画にぜひ出演したい』という日本の俳優もたくさんいる」【cinematoday】】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2017/10/05(木) 08:32:32.17 ID:CAP_USER
    https://i.imgur.com/a5thB0g.jpg
    「こんにちは。文在寅(ムン・ジェイン)です。今、道路公社の特別交通対策本部に来ています」

    文在寅大統領が2日、秋夕(チュソク、陰暦8月15日の節句)連休を迎えて、「一日交通通信員」となった。文大統領は同日午前、京畿城南(キョンギ・ソンナム)にある韓国道路公社の交通情報センターを訪れ、「この時間、最も込んでいる高速道路はやはり京釜(キョンブ)高速道路です。釜山(プサン)方向にソウル料金所前から総30キロの区間が渋滞しています」と生放送で交通状況を伝えた。

    文大統領はまた、「長距離運転で最も危険なのは居眠り運転だ」とし、「政府は国民一人一人が安全で快適に故郷に行って来ることができるように最善を尽くしたい」と語った。文大統領は、連休計画を尋ねた質問に、「大統領府で祭祀(韓国式の法事)をするつもりだが、故郷には行けず墓参りもできないので、少し残念だ」と語り、「それでも連休が非常に長いので、備えることは備えながら休みの時間をできるだけ多く持ちたいと思う」と答えた。

    続いて文大統領は、同日午後、連休中も勤務している市民たちに励ましの電話をかけた。文大統領は、南極世宗(セジョン)科学基地の研究員、陸軍訓練兵、ソウル市タサンコールセンターの相談員、交番勤務中の警察官、独島(トクド)警備隊長などに電話をかけて、励ましと感謝の意を伝えた。

    一方、8月の最終週から4週連続で下落していた文大統領の国政遂行の支持率は、同日5週間ぶりに反発した。世論調査機関「リアルメーター」は、先月25日から29日まで、全国の成人2523人を対象に行った調査で、文大統領の国政遂行支持率が67.7%を記録したと明らかにした。これは先週より2.1%ポイント上昇した数値だ。


    韓相準

    October. 03, 2017 09:09 東亞日報
    http://japanese.donga.com/List/3/01/27/1081060/1
    【関連スレ】
    「温かい秋夕を」 文在寅大統領があいさつ[10/2]
    http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1506991615/

    引用元: ・【東亞日報】「いま京釜高速道路は少し込んでいます」、文大統領が「1日の交通通信員」として出演[10/3]

    【【まさか本当にヒマなのか?】「いま京釜高速道路は少し込んでいます」文大統領が「1日の交通通信員」として出演】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/04(金) 10:38:36.34 ID:CAP_USER
     韓国映画「軍艦島」が、日本人配役に日本の俳優ではない、韓国人俳優を起用したキャスティングのビハインドストーリーが公開された。

     リュ・スンワン監督によると「軍艦島」には、日本人俳優が一人も出演していない。日本が歪曲している軍艦島の隠された真実を基にした映画であるだけに、日本の俳優をキャスティングするのが難しかったのだという。

     日本のエージェンシーを通してキャスティングを試みたものの、日本人俳優のキャスティングは叶わなかった。これは、自国内の活動を続けていかなければならない日本人俳優が、「軍艦島」に出演することに対して”負担”を感じたものとみられる。

     長くかかったキャスティング作業の末、俳優キム・ジュンヒが日本人”ヤマダ役”に、また、映画「パク・ヨル」や「ドンジュ」で印象的な日本人の演技を見せ注目された在日3世の俳優キム・インウが鉱業所所長”シマザキダイスケ”役に抜てきされた

     このキャスティングについてリュ・スンワン監督は「日本人役をキャスティングする過程は、本当に大変だった。数か月間、努力したが日本人俳優をキャスティングすることはできなかった。キム・ジュンヒとキム・インウが日本人役にキャスティングされたわけだが、観客へ強くアピールすることができる俳優だと思った」と説明。

     実際に、映画の没入度を高めているキム・ジュンヒとキム・インウは、観客に強い印象を残している。

    http://www.wowkorea.jp/news/enter/2017/0804/10195169.html

    no title

    引用元: ・【韓国】映画「軍艦島」に日本人俳優が出演していない理由とは…明かされたビハインドストーリー[8/04] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【本当に日本人に嫌がらせしたいだけ】軍艦島の隠された真実を基にした映画「軍艦島」に日本人俳優が出演していない】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/07/17(月) 18:12:38.56 ID:CAP_USER
    韓国のテレビ番組に出演したことのある脱北女性が、北朝鮮の宣伝メディアに登場した。

     北朝鮮の祖国平和統一委員会の傘下にある韓国向け宣伝メディア「我が民族同士」は16日、反共和国「謀略宣伝に利用されていたチョン・ヘソンが明かす真実」という映像を公開した。この映像には、「祖国の懐に再び抱かれたチョン・ヘソンとの座談会」というサブタイトルが付いていた。

     この女性は、映像で「韓国ではイム・ジヒョンという仮名を使った」と自己紹介し、「2014年1月に脱北して、先月(北朝鮮に)戻ってきた。平安南道安州市で両親と暮らしている」と語った。

     この女性は、昨年12月から今年4月まで、ある総合編成チャンネルの脱北者番組「牡丹峰クラブ」に出演していた。また今年の初めには、同じテレビ局の番組で、韓国の男性と脱北者の女性が仮想結婚するという内容の『南男北女』にも出演し、タレントのキム・ジンと仮想カップルになった。

     司会者が脱北の背景について尋ねると、この女性は「自分一人いい暮らしをしたいという誤った考えを持ち、南朝鮮に行けばいい暮らしをしてお金もたくさん稼げると想像していた」と語った。

     韓国生活については「お金を稼ぐために、居酒屋をはじめいろいろな場所を転々としたが、何一つとして思い通りにはならなかった。何であってもお金に左右される社会で、私のように祖国を裏切って逃げた女性にとっては、肉体的・精神的苦痛しかなかった」と語った。

     また、韓国でテレビ出演することになった過程については「お金も稼げるし、演技もしたいと思って、テレビに出演した。小さなころから、夢はアーティストだった」と語った。

     さらに「脱北者が、共和国にいるときの話をして共和国をあしざまなにけなし、反動宣伝を行った。私は(この番組を)うまくやれば映画も撮って人気も出るだろうと思い、それがどういう道なのか深く考えてみることもなく、出演すると言った」と付け加えた。

     映像の最後で女性は、今にも泣き出しそうな様子で「南朝鮮での生活は、一日一日が地獄のようだった。故郷にいる両親を思って、一日一日血の涙を流した」と語った。

     次いで「祖国の懐へ戻る前、周囲の知人に『戻る』と言ったら、その人々は『罪(テレビ出演)があるから戻ったら銃殺される』と言った」と述べ、「死んでも祖国の懐に戻り、両親と会って死のうという思いで戻った」と付け加えた。本人の意思で北朝鮮に戻ったということを強調しているものとみられる。

     なお、チョン氏がどういう経緯で再び北朝鮮入りしたのかは明らかにされなかった。

    オ・ギョンムク記者

    チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版


    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/17/2017071702463.html
    記事入力 : 2017/07/17 17:45
    no title

    引用元: ・【朝鮮日報】韓国のテレビに出演した脱北女性が北の宣伝メディアに登場[7/17] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【行くも朝鮮、戻るも朝鮮www】「南朝鮮での生活は、一日一日が地獄のようだった」韓国のテレビに出演した脱北女性が北の宣伝メディアに登場】の続きを読む

    このページのトップヘ