まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:出口

    1: まぜるな!キケン!! 2020/05/15(金) 09:10:20.08 ID:CAP_USER
    韓国政府は日本に輸出規制措置に対する解決方案を伝え“5月末”という期限を新たに設定した。韓国側は日本による対韓輸出規制措置の原因となっている内容をクリアしたので、今度は日本側がそれに対する行動をみせるべきだという最後通告という意味である。

    日本が韓国政府の要求を受け入れ輸出規制を解消する場合、それは1年近く続いてきた日韓間の貿易戦争の“終戦宣言”となり得る。

    しかし日本の対韓輸出規制は事実上、韓国最高裁の徴用工関連の賠償判決に対する経済報復の性格があるため、この徴用工関連問題に対する(韓国側の)立場の変化がない限り、日韓間の冷戦はつづくしかないという見方もある。

    韓国の産業通商資源部(経済産業省に相当)の貿易政策官は去る12日「韓国政府は日本政府に3品目(フッ化水素、フッ化ポリイミド、レジスト)とホワイトリストに対する問題の解決方案について日本側の具体的な立場を明らかにすることを要求する」と語った。

    また「韓国政府は速やかな懸案解決のために日本側が輸出規制強化の理由として提示した制度改善を迅速で果敢に推進した」とし「日本政府が懸案解決に動くべき必要・十分条件が全て備わったので、対韓輸出規制強化措置を原状回復させるのに戸惑う理由はない」と強調した。

    これについて日本政府の菅義偉官房長官は「輸出管理当局で国内企業と輸出相手国の輸出管理を含めて総合的に評価・運用する方針である」という基本的立場を語っただけであった。

    韓国の元徴用工関連判決問題が解決されない限り、対韓輸出規制問題もその解決が困難であるという見方がある中、両国間で外交局長級協議が定例的につづけられているが、徴用工問題に関しては意見の違いだけを確認するにとどまっている。


    2020/05/15 08:09配信
    http://www.wowkorea.jp/news/korea/2020/0515/10258741.html

    引用元: ・【日韓】 「元徴用工・輸出規制」協力のない日本…出口のない“日韓冷戦”=韓国報道 [05/15] [荒波φ★]

    【約束やぶりや嘘を吐くことが、悪行と認識されない国】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/12/22(火) 21:49:04.37 ID:CAP_USER.net
    (画像)
    no title


     柳興洙(ユ・フンス)駐日韓国大使は22日、韓国と日本の関係について、「暗くて長いトンネルの出口に来ている」と述べ、
    今後に期待感を示しました。

     柳興洙大使は、22日、東京で開かれたフォーラムで、国交正常化50周年を迎えた韓日関係について、「暗くて長い
    トンネルの出口に来ている。もう少しで明るい日差しが当たる場所に出ることができる」と述べました。

     柳興洙大使は、韓日関係における重要な出来事として、国交正常化50周年記念日に朴槿恵(パク・クネ)大統領と
    安倍晋三首相がそれぞれ相手国の記念行事に相互出席したこと、安倍首相が発表した「戦後70年談話」で、歴代の
    談話を継承するとの内容が盛り込まれ、韓国政府が慎重に反応したこと、韓日首脳会談が実現したこと、朴槿恵大統領の
    名誉を毀損したとして在宅起訴された産経新聞の加藤達也前ソウル支局長に対して裁判所が無罪を言い渡したことの4つをあげ、
    「韓国と日本はこの4つの山場をうまく乗り越えてきた。旧日本軍慰安婦問題も、来年は良い結果を得ることができると期待している」
    と述べました。

     また、柳興洙大使は、「韓国戦争当時、日本は物資の供給基地としての戦争特需を享受し、韓国は、国交正常化以降、
    日本からの協力資金と技術支援をもとに成長した。両国は、互いに助け合う、お互いに必要な存在」と強調しました。

    KBS WORLD RADIO 2015-12-22 14:46:59
    http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Po_detail.htm?No=57509

    引用元: ・【日韓】柳興洙駐日大使 「韓日関係は暗いトンネルの出口に」「両国は、互いに助け合う、お互いに必要な存在」[12/22]

    【幻覚ですよ。【日韓】柳興洙駐日大使 「韓日関係は暗いトンネルの出口に」「両国は、互いに助け合う、お互いに必要な存在」[12/22]】の続きを読む

    このページのトップヘ