まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:処罰

    1: まぜるな!キケン!! 2019/05/01(水) 09:25:17.98 ID:CAP_USER
    ここ5年の間に「危険物」を国会に持ち込もうとして摘発された件数が1万3000件以上に達していたことがわかった。バール、多目的ナイフ、電気ショック器などを常習的に持ち込もうとしたケースもあったが、立ち入り制限などは1回も行われなかった。

    国会事務局が保守系野党・自由韓国党の李鍾培(イ・ジョンベ)議員の事務所に提出した資料によると、2014-19年に国会に危険物を持ち込んで摘発された件数は1万3854件あったという。

    品目別では多目的ナイフや果物ナイフなどの刀剣類が8825件で最も多かった。続いてハンマー、バール、錐などの工具類が1296件で、以下ガスガン(433件)、三段警棒(402件)、拳銃(26件)、手錠(23件)、電気ショック器(2件)などとなっていた。

    国会事務局の関係者によると、拳銃やガスガンなどはほとんどが警察官が国会に入ろうとした際にひっかかったものだという。問題は摘発された場合も立ち入り制限などは1回も行われなかったことだ。

    国会庁舎管理規定によると、危険物の持込みが摘発された者は1-2年は立入りを制限することになっている。国会のある関係者は「危険物が検査装置に引っかかった場合でも、国会でそれを預かって返すのが慣例になった。そのため規定は死文化している」と指摘する。

    ここ数日続いたファーストトラック(迅速処理案件)指定をめぐる国会での与野党対立でも、バールやハンマーなどが登場し国民に衝撃を与えた。李鍾培議員は「凶器などを使って国会でテロ行為をした者は厳しく処罰すべきだ」との考えを示した。


    2019/05/01 09:11
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/05/01/2019050180012.html

    引用元: ・【朝鮮日報】 5年で1万3000件摘発 、「凶器の殿堂」韓国国会 ナイフや電気ショック器など危険物の持込み、処罰は1件もなし[05/01]

    【狂気の殿堂でもある 【朝鮮日報】 5年で1万3000件摘発 、「凶器の殿堂」韓国国会 ナイフや電気ショック器など危険物の持込み、処罰は1件もなし[05/01] 】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/02/20(水) 14:08:00.13 ID:CAP_USER
    【AFP=時事】中国青海(Qinghai)省の当局は18日、地元寺院で非正規に行われていたチベット語の授業への生徒の出席を禁止したことについて、こうした授業は「違法」だとして禁止を擁護した。中国の信教や文化の自由をめぐっては抑圧が強まっている。

     チベット自治区(Tibet Autonomous Region)と接する青海省はチベット人の住民が多く、そのほとんどは仏教を信仰している。チベット語の授業は省西部の県で学校の冬休み中に僧侶らが行っていた。チベット語は学校の正式なカリキュラムから排除されていることから、それを子どもが学べる機会として親たちの間で人気を集めていた。

     だが県当局は昨年12月、即時中止を命じた。チベット人の生徒に対しては、昨年の夏にも、休み中に宗教活動に参加することが禁止されていた。

     青海省政府は18日、AFPの取材に対し、こうしたチベット語授業は「違法」であり、授業が行われていた寺院についても、生徒を教えるには「設備が不十分」で「安全上問題がある」と指摘。禁止に従わない寺院と僧侶は「法律に従って処罰される」とした。

     中国共産党は、イスラム教徒が住民の大半を占める新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)でイスラム教への締め付けを強めて以降、少数民族が多く住むほかの地方でも同様の禁止措置を取っている。【翻訳編集】 AFPBB News

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00000024-jij_afp-int
    2/19(火) 13:52配信 AFP提供

    引用元: ・【チベット語授業は違法】中国青海省、寺院でのチベット語学習も禁止 「違反者は処罰」[2/19]

    【民族浄化か【チベット語授業は違法】中国青海省、寺院でのチベット語学習も禁止 「違反者は処罰」[2/19] 】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/11/21(火) 09:00:47.18 ID:CAP_USER
    靑国民請願、「軍内慰安婦の再創設」請願に「大騒ぎ」

    該当請願者の処罰を求める請願に7万1000人が参加

    no title

    青瓦台ホームページ内の国民請願欄に掲載された、「軍内慰安婦の再創設」請願者に対する処罰を求める請願に、19日午後4時40分現在、7万1000人が参加している。

    青瓦台ホームページの「国民疎通広場」内にある、「国民請願」に軍内慰安婦を作ろうという内容の請願が掲載されて、議論になっている。

    現在、この請願は削除されたが、当該請願者を処罰しなければならないという請願に、三日で7万人を超える人が参加するなど、議論が拡大する雰囲気だ。

    議論の発端は去る16日、匿名で「軍内慰安婦の再創設」というタイトルの請願が掲載されてからだ。この請願は、「現在の大韓民国の軍人は、ほとんど無報酬で2年の義務を履行している。このような状況では、兵士たちを慰めてくれる慰安婦の導入が急務だ」という要旨で、軍内慰安婦を創設してほしいと主張した。

    これにネチズンたちは、国民請願の実名制と申告制の導入を主張したり、一部はその請願者の処罰を要求している。

    同日(16日)に掲載された「処罰要請請願」は、「(該当請願は)青瓦台に今、女郎屋の主人になってほしいということに他ならない。政府は深刻さを感じて、請願者を逮捕すべきだと思う。生存している慰安婦おばあさんを、冒涜する行為としか考えられない」と、強力な処罰を要求した。

    「請願者処罰請願」は19日午後4時40分現在、7万1579人が参加した。大統領府は、当該申立てに20万人以上が参加すれば、政府や大統領府の関係者が、請願と関連して公式に回答をしている。

    これと関連し、「軍内慰安婦の再創設」請願者と主張するあるネチズンは、18日、別の請願文を載せて「事実と異なって伝えられた部分と、悔しいことがあまりにも多い。このようなやり方で、私を犯罪者として片付けることは、全くとんでもない魔女狩りだ」と釈明した。

    彼は「私が軽率に言った言葉が、誰かにとって多くの被害になって申し訳ない」と言いながらも、「人は誰でも間違えることがある」と、処罰に反対するという立場を明らかにした。

    ソース:News1 2017-11-19 17:01(韓国語)
    http://news1.kr/articles/?3157214

    引用元: ・【韓国】青瓦台ホームページに「軍内慰安婦の再創設」を求める請願が掲載され大騒ぎ。請願者を処罰する請願に7万人が参加[11/21]

    【【作ってやれよ】「韓国軍内慰安婦の再創設」を求める請願に対し、請願者を処罰する請願に7万人が参加】の続きを読む

    1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2016/01/04(月)15:14:26 ID:???
    報復運転処罰強化、走る車に怒りのマッコリ投擲…『くらっとした瞬間』


    no title

    報復運転処罰強化。写真=KBSニュース画面キャプチャー


    『報復運転処罰強化』

    運転中ささいな言い争いで他の車両を威嚇する報復運転に対して処罰が強化されて過去事件もスポットライトを当てられている。

    さらに乱暴運転と三段棒に続き今回はマッコリ瓶を投げ付けることまでした。被害車両の運転者は「すぐに走って来ました。その車。道路上でこのような状況が起きると威嚇をたくさん受けましたよ」と当時の状況を伝えた。

    トラック運転者はマッコリ卸売業をする37才のイ某氏で、道をよけてほしいと警笛を鳴らすとすぐに前車が急停車して自身を威嚇したと主張した。

    警察はイ氏を脅迫などの疑惑で不拘束立件した。警察関係者は「報復運転による国民不安が加重されているという点を考慮してささいな報復運転でも刑事立件するなど厳正対応する方針だ」と伝えた。

    デイリー韓国(韓国語)
    http://daily.hankooki.com/lpage/society/201601/dh20160104091921137780.htm

    引用元: ・【韓国】乱暴運転、三段棒に続き怒りのマッコリ投擲…報復運転の処罰強化へ[16/01/04]

    【運転させなければ全て解決するな【韓国】乱暴運転、三段棒に続き怒りのマッコリ投擲…報復運転の処罰強化へ[16/01/04]】の続きを読む

    1: ジャン・ポール◆Vkp7zYl5.c 2015/12/02(水)14:35:03 ID:tLi
    前略:30日、いわゆる「ミネルバ法」が廃止となった。

    韓国国会はこの日の本会議で、このような内容の「電気通信基本法の一部改正案」を可決した。同改
    正案は「公益を損なう目的で、公然と虚偽の通信を行った者は、5年以下の懲役または5000万ウォン
    (約530万円)以下の罰金とする」という電気通信基本法の規定(第47条第1項)を削除するというの
    が骨子だ。

    この条項は李明博(イ・ミョンバク)政権下の2009年1月、インターネット上で政府の経済政策を批
    判してきた「ミネルバ」ことパク・テソン氏を起訴する根拠とされ、注目を浴びた。

    パク氏は100日余り身柄を拘束された後、無罪判決を受け、この条項に関する憲法訴訟を起こして、
    10年12月に「処罰基準が不明確」という理由により憲法違反との決定を勝ち取った。

    だが、ミネルバ法の廃止により、今後はインターネット上に虚偽の事実を流布してもよいというわけ
    ではない。名誉毀損(きそん)など、ほかの罪が適用されることもある。

    梁昇植(ヤン・スンシク)記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/12/01/2015120101233.html

    引用元: ・【韓国】韓国国会、ネットデマ処罰「ミネルバ法」廃止[12/1]

    【一時の気の向くまま立法、改正、廃止【韓国】韓国国会、ネットデマ処罰「ミネルバ法」廃止[12/1]】の続きを読む

    このページのトップヘ