まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:処分

    1: しじみ ★ 2018/05/24(木) 03:12:35.35 ID:CAP_USER
    中国の「無印良品」が、外装に「原産国:台湾」と印刷された商品を販売したとして、
    上海市当局から罰金20万元(約340万円)の行政処罰を受けたと、23日、中国メディアが伝えた。
    中国の習近平(シーチンピン)指導部は、台湾は中国の一部であるという「一つの中国」原則を強く主張しており、
    主権や領土に関わる問題に対し、厳しい対応が目立っている。

     メディアや上海市の発表によると、行政処罰を受けたのは、
    無印良品を展開する良品計画(本社・東京)のグループ企業「無印良品(上海)商業有限公司」。
    2017年8月、日本で包装されたスチール製の室内物干し約120個を輸入した際、
    外装に「MADE IN TAIWAN 原産国:台湾」と印刷されていたものを、
    そのまま中国国内の店舗やインターネットで販売したという。

     こうした行為が、広告は国家の尊厳や利益に損害を与えてはならない、などとする「広告法」の規定に違反したとしている。

     無印良品では、今年1月にも、中国国内の店舗で配布したカタログの地図に、
    中国が領有権を主張する尖閣諸島(中国名・釣魚島)が掲載されていなかったなどとし、
    中国当局から注意を受けて廃棄していたことが明らかになっている。

    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASL5R64YRL5RUHBI02G.html

    引用元: ・【中国】中国の無印良品、原産国に台湾表示 上海当局が罰金処分[05/23]

    【【中国】中国の無印良品、原産国に台湾表示 上海当局が罰金処分[05/23] 】の続きを読む

    1: ■忍法帖【Lv=11,いっかくうさぎ,4gP】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/10/01(日)16:19:27 ID:???
    <チベット犬やモンゴル馬を中国豚が駆逐する――民族弾圧は血の殺戮から文化抹殺の段階へ>

    中国は50年代初頭にチベットを侵略した際と、66~76年の文化大革命中に、チベットと内モンゴルでジェノサイド(集団虐殺)を進めた。

    これらの地域を「自治区」として中国の辺境に編入してからは殺戮だけではなく、「文化的ジェノサイド」も行っていると、
    チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世は主張する。英オックスフォード大学から2010年に出版された
    『ジェノサイドのハンドブック』もその事実を認めている。

    ダライ・ラマをはじめ、ウイグル人のラビア・カーディル、「世界南モンゴル会議(クリルタイ)」代表のショブチョード・テムチルトと
    いった中国から亡命した3人の民族指導者の話を元に、「文化的ジェノサイド」の実例を挙げてみよう。

    チベットが侵略される50年代以前には2500カ所もの仏教寺院があったが、ダライ・ラマがインドに亡命した59年以降、
    70カ所を残してそのほかは全て破壊された。十数万人いた僧侶と尼僧も97%が還俗を強制され、寺院は減り続けている。
    チベット自治区に隣接する四川省甘孜(カンゼ)チベット族自治州でも、中国政府は最近、世界最大の仏教学府
    「五明佛学院(ラルンガルゴンパ)」に共産党委員会を進駐させた。公安局と政府幹部を常駐させて、昨年7月には数千人もの尼僧を追放。
    共産党の直接支配下に置かれている。
    また新疆ウイグル自治区では、ウイグル語の使用を制限。
    大学などでウイグル語を使ってウイグルの文学や歴史を講義することが禁じられている。
    代わりにたたき込まれる「中国4000年の歴史」は歴代王朝がいかに辺境を征服し、
    どのように「偉大な祖国の統一を促進した」かばかりのあからさまな漢民族中心史観だ。
    13年に私が現地調査したときも、ウイグル人は商売をしようと申請しても許可は下りないのに、外来の漢民族は身分証なしに仕事に就ける、という不公平を目撃した。

    北朝鮮非難に隠れた巨悪

    内モンゴルもまた文革で34万人が逮捕、2万7900人が殺害され、12万人が身体的な障害を負わされた。
    約50人に1人が殺害され、全ての世帯から1人が強制連行された凄惨な結末だ。被害者のモンゴル人に冠された「罪」は「日本の協力者」
    「ソ連のスパイ」だった。
    こうした現代史上の血なまぐさい殺戮と異なり、現在の文化的ジェノサイドは新たな様相を呈している。
    例えば、チベット原産の犬チベタン・マスティフの受難だ。
    体格は大きくてどう猛なこの犬は、遊牧民の家畜を守るのに長い歳月の中で育てられてきた。

    (以下略)

    Newsweek/2017年09月30日(土)13時00分
    http://www.newsweekjapan.jp/youkaiei/2017/09/post-2.php

    関連記事
    【話題/twitter】 チベットで驚いたことまとめ [H29/9/25]
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1506337672/

    引用元: ・【Newsweek】 チベットの僧侶も犬も大処分、中国の文化的ジェノサイド [H29/10/1]

    【【国連は見て見ぬ振り】 チベットの僧侶も犬も大処分、中国の文化的ジェノサイド】の続きを読む

    1: らむちゃん ★@無断転載は禁止 2017/06/25(日) 18:12:19.75 ID:CAP_USER
    配信先、産経ニュース、2017.6.25 17:55更新
    http://www.sankei.com/world/news/170625/wor1706250018-n1.html

    【上海=河崎真澄】中国国務院(政府)は8月1日付で「統計法」実施条例を施行する。国内総生産(GDP)などの経済指標をめぐる水増しやデータ改竄(かいざん)を厳罰処分し、信頼の回復をめざすという。地方政府の幹部などが人事考課アピールのため、統計数字を操作する例が後を絶たず、2月には張高麗副首相が国家統計局に対し、「統計の信頼性を高める必要があり、操作に関わった人物は処分される」と警告していた。

    中国共産党機関紙、人民日報(電子版)が25日までに伝えた。従来のデータ改竄は、省クラスなど上位の地方政府や幹部が、下位の市や県レベルの当局者に統計データの「修正」を要求するなどして発生した。

    同法では今後、国家統計局に直結する「統計執法監督局」を設置し、データが地方政府幹部などに操作されないよう、指揮系統を見直して下位の統計当局を一元管理する。また、統計のデータが事前に漏洩(ろうえい)した場合の罰則も盛り込んだ。

    引用元: ・【中国】中国経済データ「水増し」横行で統計法施行へ 改竄には厳罰も 8月1日から 管理組織を新設 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【それでもダメだろうな 】中国国家統計局、経済データ「水増し」を厳罰処分 管理組織を新設】の続きを読む

    1: なまはげ87度 ★@無断転載は禁止 2016/08/02(火) 19:34:25.03 ID:CAP_USER
    【ソウル=加藤宏一】韓国環境省は2日、排ガス量や騒音のデータを偽装した書類を提出して不法に車両認証を受けたとして、独フォルクスワーゲン(VW)グループの32車種の認証を取り消し、販売を停止する処分を下したと発表した。対象車両は2009年から今年7月25日までVWやアウディブランドで約8万3千台が販売された。排ガス量のデータ偽装に当たる24車種に関連して課徴金178億ウォン(約16億円)の支払いも命じた。

     環境省は昨年11月にはディーゼル車の排ガス試験の不正を巡り、約12万6千台のリコール(回収・無償修理)と新たな販売の禁止を命じた。今回の処分を受けてVWの韓国法人は「環境省の決定(内容)を綿密に検討し、可能な対応方策を考える」としており、処分取り消しを求める行政訴訟を起こす可能性もある。
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM02H4C_S6A800C1FF2000/

    引用元: ・韓国政府、独VWの32車種に販売停止処分 [無断転載禁止]©2ch.net

    【韓国政府、独VWの32車種に販売停止処分。24車種に課徴金】の続きを読む

    1: きゅう ★@\(^o^)/ 2016/01/20(水) 07:23:19.33 ID:CAP_USER.net
     中国では風水や占いなどで、新庁舎などの党・政府の建設プロジェクトの規模や開始時期などを
    決める幹部が続出しており、「職権を乱用して封建的迷信活動を行い、党や政府に多大な損害を
    与えた」として多数の幹部が処分されていることが分かった。

     昨年末、新たに改正され、1月1日から正式に施行された「中国共産党規律処分条例」でも、
    党員の禁止事項のなかに、昔ながらの「迷信活動への参加」も含まれており、党員の質の低下が
    著しく進んでいることが露呈されている。

     中国国営新華社電によると、昨年3月、腐敗や汚職などで起訴された李春城・元四川省副省長は
    同省の新庁舎建設に絡んで、建物の位置などを占う風水師や僧侶などを呼んで、建設時期などを
    決めさせ、その謝礼として1000万元(約2億円)を支払っていたことが分かっている。

     李氏はこれまでも多額のわいろを受け取っていたことが分かっているが、「腐敗堕落」のほか、
    「迷信活動」が罪状に付け加えられている。その具体的な迷信活動の内容については分かって
    いないが、今後の裁判で、その内容が明らかにされるとみられる。

     李氏については失脚前、「事務室に、特定の僧侶が頻繁に出入りしていた」
    「風水師の道場建設のために多額の支出をした」などと噂されていたが、失脚したことで、
    これが図らずも事実であることが証明された形だ。

     李氏のほかにも、白雪山・元寧夏回族自治区副主席や朱明国・元広東省政治協商会議主席も
    汚職腐敗容疑のほかにも、「迷信活動」が罪状に挙げられており、多数の建設プロジェクトのほか、
    個人的な運勢の占いでも風水師や占い師らを雇って、その費用を公費で支出していることが分かっている。

     この2人も党籍剥奪処分を受けており、近く裁判で、その具体的な罪状が明らかにされるとみられる。

     中国共産党には「宗教はアヘンである」との不文律があり、党員は宗教を信じてはいけないことに
    なっているが、個人的に悩みを抱える党員も多いことから、中には宗教を信じるケースも多い。
    この結果、共産主義思想に疑問を生じ、中国共産党の一党独裁体制が崩れかねないと、
    党中央は極めて問題視している。

     このため、1月1日施行の「党規律処分条例」では第58条に、「迷信活動を組織したり、迷信活動に
    参加した党員幹部は、事案の重大さに応じて、批判教育から党籍剥奪までの処分が科される」
    と明文化している。

     新華社電は「党員幹部が迷信に没頭することは、『価値の迷失』と理想の『カルシウム不足』
    であり、事実上の党組織への裏切りだ」と指摘しているほどで、習近平指導部は党員の宗教依存や
    迷信活動に神経を尖らせている。

    http://www.news-postseven.com/archives/20160120_377904.html

    引用元: ・【中国】 多数の地方幹部が風水信じて治水工事を行い処分される [01/20]

    【易姓革命が嫌なのね 【中国】 多数の地方幹部が風水信じて治水工事を行い処分される [01/20]】の続きを読む

    このページのトップヘ