まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:再武装

    1: まぜるな!キケン!! 2019/07/26(金) 09:12:33.01 ID:CAP_USER
    日本経済侵略対策特別委委員長「日本、自国企業の被害甘受…神風自爆を想起」


    「自国企業の被害まで当然視する態度で神風自殺爆撃が行われた真珠湾空襲が想起される。
    (戦犯国)日本は経済戦犯にならないよう願う」

    「今回の経済侵略の最終終着点は明らかだ。韓日葛藤を意図的に増幅して憲法を改正して再武装しようとすることだ。
    戦犯国日本の再武装という妄想は後戻りできない世界経済の破壊につながるだろう」

    「実状をよく見てみると戦略物資統制の部分において日本は深刻な後進国だ。(日本を)国連安保理制裁委員会に回付することを政府に要請する」
    崔宰誠(チェ・ジェソン)共に民主党日本経済侵略対策特別委委員長が25日、外信記者の前で発言した言葉だ。

    崔委員長はこの日、ソウル韓国プレスセンターで開かれた外信記者懇談会で、日本の輸出規制措置を強く糾弾した。
    外信15社の記者30人余りが出席した場所だった。内信記者も30人余りいた。

    崔委員長は「経済侵略」という表現を5回使った。東京のオリンピック(五輪)開催地としての適格性も取り上げた。

    崔委員長は「東京五輪まで1年を切った今、歴史認定と率直な謝罪がない日本に平和オリンピックの資格があるのか聞きたい」とし
    「さらに福島農産物に対して偽りの強弁をして自国民も冷遇する食品を全世界の五輪参加選手たちの食卓に上げるという。
    政治に目がくらんで五輪選手たちまで人質に取ったもの」ともした。

    同席した特別委委員である金民錫(キム・ミンソク)元議員も「安倍首相が直ちに経済戦争を中断してその原因である歴史を謝罪しなければ、
    彼が最も売りたがっている製品東京五輪に対して全世界の良心が不買運動をすることになるだろう」と主張した。
    https://japanese.joins.com/article/939/255939.html?servcode=A00&sectcode=A10

    引用元: ・【輸出規制】 韓国・日本経済侵略対策特別委委員長 「神風自殺爆撃が行われた真珠湾空襲が想起される。 日本は再武装しようとしている」

    【この民族とは会話が成立しない 【輸出規制】 韓国・日本経済侵略対策特別委委員長 「神風自殺爆撃が行われた真珠湾空襲が想起される。 日本は再武装しようとしている」 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/06/06(火) 00:22:04.47 ID:CAP_USER
    no title

    ▲日本が製造した核心部品で日本で組み立てた日本航空自衛隊次世代主力戦闘機F-35ステルス1号機が5日、愛知県小牧市の三菱重工業工場で公開されている。[NHKニューシス]
    no title

    ▲太平洋戦争A級戦犯が合祀された靖国神社の広報館である遊就館博物館に展示されたゼロ戦戦闘機。

    日本が作ったエンジンを搭載した最先端戦闘機が5日公開され、軍国を再び夢見る戦犯国家の再武装野心に「翼」を付けるのではないかという憂慮が大きくなっている。

    この日、日本メディアによれば日本航空自衛隊に配備される最新鋭F-35ステルス戦闘機が愛知県小牧市の三菱重工業工場で初公開された。今回公開された戦闘機は日本企業が製造に関与した初めての機体で試験飛行を経て今年中に合計2機が日本防衛省に引き渡わされる展望だ。

    航空自衛隊はF-35戦闘機運用のために現在、米国で操縦訓練を行っている。日本は今年の末からF-35を青森県にある三沢航空自衛隊基地に次々と配備し、駐日米軍F-35戦闘機とともに北朝鮮境界および領空侵犯監視活動などに投じるものと見られる。
    (中略:F-35の説明等)

    今後、日本防衛省はF-35戦闘機を合計42機確保する計画だ。このうち38機はエンジンなど一部核心部品を日本企業が製造し、機体の最終組み立てと技能検査も三菱重工業が引き受けた。三菱重工業は太平洋戦争当時、日本海軍の主力機だった「ゼロ戦」を生産した軍需企業で植民地朝鮮で強制徴用を主導した代表的な戦犯企業だ。

    一方、ゼロ戦を復元した飛行機が再び日本の空を飛んで太平洋戦争被害国家ばかりか日本国内でも論議が広がっている。5日、共同通信によれば復元されたゼロ戦は去る3日、千葉市幕張海浜公園で開かれたエアショー「レッドブル・エアレース」行事に登場して東京湾上空を横切った。

    3万5000人余りの観客が「復活」する軍国主義日本の代表象徴物が公開したデモ飛行を見守った。今回のエアショーに登場したゼロ戦は1942年に生産された機体で1970年代、南太平洋パプアニューギニアで発見され、カナダ産のエンジンを搭載して復元した飛行機だ。

    このゼロ戦復元機は以前も日本で何回も飛行した前歴があるだけでなく、昨年1月には鹿児島県海上自衛隊基地周辺でも試験飛行をしたと分かった。問題の飛行を企画した「ゼロ戦里帰りプロジェクト」側は共同通信に「日本が誇る技術遺産のゼロ戦の姿を後世に残したい」と明らかにし、歴史意識不在という批判が出ている。

    今月3日、飛行を見守った観覧客の一人は通信に「過去の戦争に使われた飛行機なので複雑な気がするが、平和に対するメッセージになったら良いと思う」と感想を伝え、戦争象徴物が平和に化ける過去の歴史認識の逆説を見せた。

    真珠湾空襲と太平洋戦争当時「神風」と呼ばれる自殺特攻隊攻撃に動員され、悪名を駆せたゼロ戦は戦闘機設計者の堀越二郎の一代記を描いたアニメ「風が立ちぬ」と自殺特攻隊員たちの話を素材にした極右映画「永遠のゼロ」等を通して照明を受けて新たな論議を派生させたことがある。

    ク・ソンチャン記者

    ソース:韓国日報(韓国語) 日本、再武装野心に「翼」つける?
    http://news.kmib.co.kr/article/view.asp?arcid=0011518326&code=61131211

    関連動画:ゼロ戦の飛行 レッドブル・幕張 2017/6/3
    https://www.youtube.com/watch?v=gqov3z8Hfxc



    前スレ:http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1496663864/
    ★1の立った時間:2017/06/05(月) 20:57:44.88

    引用元: ・【軍事】 軍事国家を夢見る戦犯国・日本、再武装の野心に「翼」を付けるか~F-35ステルス機とゼロ戦★2[06/05] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【韓国のせいだよね?】F-35ステルス機とゼロ戦で戦犯国・日本、再武装の野心に「翼」を付ける】の続きを読む

    このページのトップヘ