まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:具体的

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/07(木) 11:19:36.54 ID:CAP_USER
    席につこうとする文大統領(右)と安倍首相=7日、ウラジオストク(聯合ニュース)
    no title



    【ウラジオストク聯合ニュース】

    韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が7日午前、訪問先のロシア・ウラジオストクで安倍晋三首相と会談した。文大統領はまず、北朝鮮による核とミサイルの挑発に対し緊密な連携を継続する必要性に言及した。

    安倍氏は会談の冒頭、北朝鮮の相次ぐ挑発をこれまでにない重大な脅威と見なし、日本と韓国、また日韓米の協力を一層緊密にして対応したい考えを示した。また、韓国とさまざまな分野で未来志向的な新たな関係を築くことを希望した。

    文大統領は、北朝鮮の相次ぐ挑発のために日本と韓国の国民が大変心配しているとした上で、「それだけ韓国と日本の両国の緊密な協調がより切実になったと考えている」との認識を示した。これまで安倍氏との会談では北朝鮮核問題への対応に多くの時間を割いてきたとしながら、「今日も北の核問題への対応策を踏み込んで協議せざるを得ない」と述べた。

    文大統領はまた、「経済協力をはじめ、幅広い分野で両国の関係を増進させる方策についても、具体的な協議を始めたい」と呼びかけた。


    2017/09/07 10:24
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2017/09/07/0400000000AJP20170907001000882.HTML

    引用元: ・【日韓首脳会談】北の挑発、文大統領「韓日の協調が一層切実」また「経済協力をはじめ幅広い分野で具体的な協議を始めたい」[09/07]©2ch.net

    【【何いってんの?】「経済協力をはじめ幅広い分野で具体的な協議を始めたい」文大統領、安倍晋三首相と会談「北の挑発、韓日の協調が一層切実」】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/11/25(水) 02:56:32.34 ID:CAP_USER.net
    <ノーベル賞の話>ノーベル賞を受賞しようとするなら(2)研究所ベンチマーキング=韓国(上)
    2015年11月24日15時10分
    [? 中央日報/中央日報日本語版]

    以前このコラムで「ノーベル賞を受賞しようとするなら」という題の文章を掲載すると、すぐに多くの反響があった。その中でも特に韓国からノーベル賞受賞者が出てくるには
    具体的に何をすべきか書いてほしいという要請が多かった。韓国は現在「見指忘月(本質を見逃したまま枝葉的なことに執着すること)」の局面で、問題の本質や核心を貫く
    支援策よりも枝葉的な弥縫策で対応していて明確な成果を出すことができないのだ。今回の機会にこれから数回は生理学医学や化学分野で優れた業績を出した研究所と受賞者の
    行跡を分析し、韓国の進む道を模索してみようと思う。

    何よりもまず政府も科学界も認識すべき点は、お金が問題ではないということだ。韓国はすでに相当な規模の予算を基礎科学に使っているが、投資対比の生産性があまりにも
    低いというのが問題の核心だ。英国ケンブリッジにあるMRC「分子生物学実験室(LMB)」という研究所の例を挙げてみよう。この機関は1962年以来13人のノーベル
    受賞者を輩出しきてたが、そのうちの1人はノーベル賞を2回も受賞した。その上LMBから始めたか遂行した研究を持ってほかに移ってからノーベル賞を受賞した人も十数人に
    上り、もはや十分に「ノーベル賞工場」だ。ここの政府予算は年間約600億ウォン(約6億4000万円)程度で、責任研究員60人余りを含め約600人の職員が働いている。
    韓国政府の外郭研究所と比べたら中間程度の規模に過ぎない。

    LMBが個人の研究者にお金をそれほど出すこともない。政府は5年間の予算を定めて支援し、その使い方をLMBに一任する。所長は4人の研究部長らと協議して60人余り
    の責任研究員にそれぞれ3~4人程度の博士研究員(ポスドク)、3人程度の大学院生、1人の専門技術者が働ける費用を支援する。私たちの基準で見れば責任研究員1人あたり
    年間5~10億ウォン程度だ。韓国でこの程度の規模の支援が始まってすでに十数年が過ぎたが、いまだノーベル賞を出すほどの業績がみられないということは、私たちが何か
    間違っているということを意味する。

    LMBは、互いに関連性の大きい4分野を集中的に研究する。当然研究者は互いに密接に交流しなければならない理由があり、共同研究時にはシナジー効果も大きい。大型装備や
    高価機器を共同で使うので投資・空間の効率性も高い。一方で韓国は1つの研究所や学科に数多くの分野の専攻者などがいて実験インフラをそれぞれ構築しなければならず、研究者間で
    疎通しなければならない理由もあまりない。結果的に投資対比の生産性は落ちるほかはない状況だ。

    http://japanese.joins.com/article/805/208805.html?servcode=100&sectcode=120&cloc=jp|main|top_news

    引用元: ・【韓国】中央日報「韓国からノーベル賞受賞者が出てくるには具体的に何をすべきか書いてほしいという要請が多い」

    【朝鮮人にノーベル賞獲得の教えを乞う朝鮮人の図【韓国】中央日報「韓国からノーベル賞受賞者が出てくるには具体的に何をすべきか書いてほしいという要請が多い」】の続きを読む

    このページのトップヘ