まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:兵役免除

    1: ニライカナイφ ★ 2018/11/08(木) 23:33:45.64 ID:CAP_USER
    韓国で宗教団体であるエホバの証人が今注目を集め、入会の問い合わせが相次いでいるという。
    何故今韓国でエホバが注目を集めているのか?

    その理由はエホバ信者と兵役拒否の最高裁判決にある。
    つい最近、韓国最高裁はエホバ信者の兵役拒否に対して無罪判決を下した。
    これを知った若者の男性はエホバに兵役免除を狙い、「エホバの証人に加入するにはどうすればいいのか」、「いつから正式に信者になれるのか」、「加入費はいくらか?」という質問を投げかけている。

    ・エホバの証人は過去に2万人が投獄

    エホバの証人と兵役の問題は100年以上戦って来ており、これまでに1万9300人を超えるエホバの証人が刑を宣告され、累計3万6800年間を刑務所で過ごした計算になる。
    しかし2018年6月28日、裁判所は今までと違う良心的兵役拒否者に代替奉仕を設けていないという理由で、兵役法の一部が憲法違反であるとの判決を下した。
    これ以外に係争中の約900件の裁判にも影響を与える可能性が出る。

    最高裁の判決なので、今後も同様の訴訟が起きても無罪判決が起きる可能性が高い。
    しかし、純粋な信者でなく兵役免除のために信者になったとしたら話は別ではないだろうか。

    no title

    http://gogotsu.com/archives/44828

    ■関連スレ
    【エホバの証人】「良心的兵役拒否」は正当、韓国最高裁が画期的判断「現在900人余り」が裁判を起こしている[11/1]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1541049771/

    引用元: ・【韓国】エホバの証人が突然、大人気に 入信の問い合わせ殺到 その理由は ⇒ 兵役免除されるから[11/08]

    【 そんなに韓国を護るのは嫌なのか 【韓国】エホバの証人が突然、大人気に 入信の問い合わせ殺到 その理由は ⇒ 兵役免除されるから[11/08] 】の続きを読む

    1: 鴉 ★@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 11:19:43.85 ID:???.net
    兵役免除のトランスジェンダー、兵役法違反は無罪に
    WoW!Korea 7月11日 11時12分配信

    トランスジェンダーの巫女に対して検察が「兵役義務を避けるために豊胸手術を受け、女性ホルモン剤の注射をした」と主張して起訴したが、
    裁判所は性同一性障害を認め、兵役法違反容疑について無罪を言い渡した。


     ソウル中央地裁は、兵役法違反容疑で起訴された巫堂の巫女A氏に対して無罪を言い渡したと、11日に明らかにした。

     A氏は2002年に初めて兵務庁で身体検査を受け、2級判定を受けた。

     2年後にA氏は、性同一性障害を理由に兵役処分変更願を提出し、翌年3級判定を受けた。

     A氏が最終的に兵役免除の判定を受けるまで、相当長い時間がかかった。

     A氏は3級判定を受けた翌年に入隊したが、訓練所から帰宅処分を受けた。また性同一性障害を理由に精神化治療を受けながら、
    女性ホルモン剤が処方され、豊胸手術まで受けたが、兵務庁は4級判定を下し、A氏は再び入隊した。

     しかし訓練所はA氏を再検査対象として再び帰宅処分にし、A氏は2012年になってやっと兵役免除の判定を受けた。

     ところが検察は、昨年A氏を兵役法違反容疑で起訴した。

     最初の身体検査時に精神化領域で正常の判定を受けたが、A氏が兵役義務を忌避するためにさまざまな治療を受けたというのだ。検察側はA氏が作成した「男性性を暗示するコメント」などを証拠として提示した。

     しかし判事は、A氏の性同一性障害を事実だと認め、無罪を言い渡した。

     判事は「A氏はトランスジェンダーのバーなどで働きながら、女性的な名前で社会生活を送ってきており、周囲はA氏が女性だと思っているし、女性として接していた」とし、
    「女性としてきれいになるために整形外科の施術を継続的に受けてきており、男性性を否定することも言っていた」と指摘した。

     また「最初の検査で正常判定を受けたことについてA氏は、『性同一性障害が周りに知られるのがとても怖くて明かすことができなかった』と主張しているが、納得できる面が十分にある主張だ」とし、
    「経済的問題、家族との葛藤のため、女性ホルモン剤の注射を受けられなかった点などに鑑みて、A氏は(女性ホルモン剤の注射を受ける前から)性同一性障害を抱えていた」と説明した。

     続けて「徴兵検査など検査規則は『性同一性障害による6か月間の治療経歴』を兵役免除の要件として規定しているだけで、『女性ホルモン剤の注射』や『性転換手術』を兵役免除の要件に規定しているのではない」とした。

     裁判所はことし1月に手術をしていないトランスジェンダーに対しても兵役を免除しなければならないという判決を出していた。

     当時の行政裁判所は「兵役義務を免除されるために女性らしい服装や化粧をすることから進んで、
    整形手術をして女性ホルモン剤の注射をするなど身体の変化まで企むことは、経験則にも合わない」として兵役免除の判決を言い渡した。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150711-00000003-wow-kr

    引用元: ・【韓国】兵役免除のトランスジェンダー、兵役法違反は無罪に…検察「兵役義務を避けるために豊胸手術やホルモン注射をしている」

    【どっちでもよくね? 【韓国】兵役免除のトランスジェンダー、兵役法違反は無罪に…検察「兵役義務を避けるために豊胸手術やホルモン注射をしている」】の続きを読む

    yaru


    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 20:51:20.33 ID:???.net
    韓国で開催中の仁川アジア大会について、中国メディア・騰訊体育は20日、「金メダルを獲得した際の選手へのご褒美」について、
    北朝鮮、韓国、日本、中国の状況を比較する記事を掲載した。「4カ国のうち、経済的に最も貧しい北朝鮮のご褒美が最も豪華。
    一方で、最も裕福な日本では何もない」と指摘している。

    報道によると、今回のアジア大会で北朝鮮選手が金メダルを獲得した場合のご褒美は、「家と車」だ。北朝鮮政府にとってこうした
    ご褒美は特別に豪華なもの、というわけでもないが、受け取ることが「身分の象徴」となるという。

    北朝鮮は4カ国のうち、「民族の栄誉」を最も強調する国であり、国際的な大会で北朝鮮の国歌が演奏される場面で泣いている
    選手たちの姿もよく見かける。ただ、栄誉と同時に罰も強調され、2010年のサッカー・ワールドカップで成績が悪かった際には、
    チーム全員が炭鉱送りになったという報道もあった。

    韓国では2010年の広州アジア大会の際に金メダリストに100万ウォン(約10万円)の報奨金があったが、今回は120万ウォンに
    値上げされた。ただ、最大のご褒美は男子選手の場合、兵役が免除になることだ。韓国政府はオリンピックでは上位3位に入った選手、
    アジア大会では優勝した選手に対して兵役を免除する制度をとっており、そのために選手たちは好成績を目指すという。

    中国では褒賞金が5万元(約89万円)。12年のオリンピックでは20万元だったが、今回はこれに比べて大幅に少ない。ただ、
    前回のアジア大会で中国は各国中最多、199個の金メダルを獲得しており、今回もトップを目指している。合計で褒賞金の額は
    増える傾向にあり、額よりも褒賞金を得ること自体が名誉、という感覚だ。

    これら3カ国とは違い、日本は国として4年前の広州大会で優勝者への報奨金はなく、今回も同様だという。日本が「けち」だというよりも、
    伝統的にこうなっている。ただ、選手たちがまったく褒賞金を得られないというわけではなく、各競技の協会が褒賞金を与える形で、
    ロンドン五輪では陸上競技の優勝者が1000万円を受けとった。

    (編集翻訳 恩田有紀)

    Yahoo!ニュース XINHUA.JP 9月22日(月)11時24分
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140922-00000010-xinhua-cn

    引用元: ・【恩田有紀】アジア大会で金メダルを獲得したら? 北朝鮮は「家と車」、韓国は「兵役免除」、日本は?―中国メディア[09/22]

    【米NBC実況でまじで失笑かったからなw 【仁川アジア大会】【恩田有紀】アジア大会で金メダルを獲得したら? 北朝鮮は「家と車」、韓国は「兵役免除」、日本は?―中国メディア[09/22]】の続きを読む

    yaru


    1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2014/06/25(水)18:51:00 ID:???
    『精神疾患偽装』軍免除芸能人は誰?
    体育特技生ボディービルダー選手4人体重増やして補充役処分


    精神疾患者に偽装して軍隊に行かない芸能人と短期間に体重50kgを増やして補充役(社会服務要員招集対象)判定を受けた有名大学の体育特技生が摘発された。

    兵務庁は25日、ソウル龍山(ヨンサン)国防部で兵役免除摘発関連ブリーフィングを持って芸能人2人と体育特技生であるボディービルダー選手4人など合計6人の兵役免除疑惑が摘発され、去る20日に検察に送検したと明らかにした。

    兵務庁によれば芸能人イ某(29)さんは精神疾患があると医師をだまして診断書を提出する手法で軍服務を免除受けた。イ氏は2011年から今まで16回にかけて日本に出国してファンミーティングを持つなど正常な生活をしてきたと分かったが、この期間精神疾患があるように医師をだまして1ヶ月余りの間入院したことが明らかになった。また他の芸能人ソン某(28)さんも2010年ケーブルTVなどに出演して活発に出演しながらやはり精神疾患があるという診断書を受けて兵務庁に提出した。

    ボディービルダー選手のイ某(20)さんはたった6ヶ月で体重を50kg増やして身体検査を受け、兵務庁から補充役処分を受けた。しかしイ氏は以後5ヶ月後に45kgを減らして選手生活を受け継いできたと発表された。

    イ氏とともに摘発された有名大学の体育特技生4人は全員このような手法で兵役を免除したことが明らかになった。

    兵務庁は「兵務庁に特別司法警察権が導入されて以後、精神疾患偽装で摘発された芸能人は初めてだ。運動選手たちが体重を増やして兵役を免除した事例が摘発されたのも初めてだ」と明らかにした。兵務庁は現在、運動選手と芸能人などを対象に捜査を拡大していると分かり兵役免除摘発者はもっと増えると展望される。

    デイリー韓国(韓国語)
    http://daily.hankooki.com/lpage/society/201406/dh20140625153002137780.htm

    引用元: ・【韓国】芸能人2人とボディビルダー4人、兵役免除で摘発…運動選手・芸能人を対象に調査拡大[06/25]

    【【韓国】芸能人2人とボディビルダー4人、兵役免除で摘発…運動選手・芸能人を対象に調査拡大[06/25]】の続きを読む

    このページのトップヘ