まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:克服

    1: まぜるな!キケン!! 2022/05/31(火) 11:51:36.15 ID:CAP_USER
    韓日財界は30日、ソウルのロッテホテルと東京のザ・ホテルオークラをオンラインで結び、韓日経済人会議を開いた。尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権発足後初となる両国経済界の交流行事となった。今年で54回目を迎える同会議はコロナの影響で2020年以降、オンライン開催となっている。

     「韓日経済連携の新たなステージ」というテーマで開かれた今年の会議には両国から279人が参加した。韓国で170人、日本で109人が集まった。出席者らは尹錫悦政権発足を機に両国関係改善への期待感を隠さなかった。 韓日経済人連合会会長として韓国側で会議を主催した金ユン(キム・ユン)三養ホールディングス会長は開会の挨拶で、「過去数年間、複合的な政治、外交対立が大きな教訓となり、(韓日企業家の間には)時間を無駄にすることなく協力しなければならないという自覚が生じた」とし、「これからはさらに深まった信頼に基づき、貿易、産業、投資、金融、観光など全ての分野で韓国(企業)が先頭に立つべきだ」と訴えた。日韓議員連盟の額賀福志郎会長も「就任を祝うために表敬訪問した際、尹大統領が『今は韓日関係が戦後最も冷え込んだ時期だが、最も関係が良かった時期に戻そう』と語った。全面的に共感する。危機はすなわちチャンスという意味で、今は両国関係改善の絶好の機会だ」と述べた。

     同日の会議には、韓国側から金ユン会長をはじめ、安徳根(アン・ドックン)産業通商資源部通商交渉本部長、姜昌一(カン・チャンイル)駐日大使、具滋烈(ク・ジャヨル)韓国貿易協会会長、辛東彬(シン・ドンビン)ロッテグループ会長=日本名・重光昭夫=、尹鍾圭(ユン・ジョンギュ)KB金融グループ会長らが出席した。日本からは岩田和親・経済産業大臣政務官(次官級)、額賀福志郎・日韓議員連盟会長、岡素之・日韓経済協会副会長(住友商事特別顧問)らが出席した。

     韓日経済界の交流は今年再び活発化する見通しだ。2018年から中断している韓日商工会議所会長団会議が再開される予定で、貿易協会も6月に3年ぶりに「東京韓国商品展示相談会」を開催する。7月には日本の経済団体連合会(経団連)会長団が訪韓し、全国経済人連合会(全経連)と韓日財界会議を開催する計画だ。

    イ・ギウ記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/05/31/2022053180011.html

    引用元: ・「手を携えて危機克服」オンライン開催の韓日経済人会議に279人出席 (韓国170人、日本109人) [5/31] [昆虫図鑑★]

    【用日擦り寄り - 「手を携えて危機克服」オンライン開催の韓日経済人会議に279人出席 (韓国170人、日本109人) [5/31] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/04/04(日) 14:50:33.02 ID:CAP_USER
    日本を克服した日系作家。

    2017年ノーベル文学賞受賞者である日系英国人カズオ・イシグロに対するフィナンシャル・タイムズ(FT)の27日(現地時間)の記事を要約するとこうなる。イシグロ氏は1954年に長崎で生まれて5歳のときに英国に移住した。母親から長崎原爆の経験を聞きながら成長したイシグロ氏にとって日本は悩みの対象だった。日本の大型書店にもイシグロ氏の本は海外小説コーナーの本棚に分類される場合がほとんどだ。先月出版された『クララとお日さま』は29日、韓国でも翻訳出版された。

    韓国で最も良く知られているイシグロ氏の作品はアンソニー・ホプキンスとエマ・トムソンが主演した映画『日の名残り(The Remains of the Day)』の同名原作小説だ。第2次世界大戦を控えて英国のある貴族がドイツに対して間違った判断を下して没落していく過程で、邸宅を取り仕切る執事と女中頭の物語を描いた。日本は全く登場しないが、戦犯国ドイツを描く過程で、イシグロ氏の日本に対する悩みの一端をうかがい知ることができる作品だ。

    FTは27日付の記事で、イシグロ氏に対して「本来の根拠地(日本)から追い出された(deracinated)」作家だと表現し、「イシグロは若いころ、『私は日本について書かなくても生き残ることができるかどうかを深く考えた」と伝えた。イシグロ氏が一部の作品で日本人を主人公に据えて日本関連の経験を描いたが、FTは「日本はイシグロにとって推測と想像の場所だった」と書いた。

    イシグロ氏は2017年、ロイターとのインタビューで「英国で成長して教育を受けたが、私の世界観と芸術観は日本人の両親から影響を受けた」と話したことがある。イシグロ氏が体験したアイデンティティの混乱は個人と社会および世界の関係に深く掘り下げる契機になった。

    そのようなイシグロ氏を大文豪の地位に引き上げたのは、イシグロ氏が日本というルーツを克服して人間の本性に深く入っていったからだという評価が支配的だ。ノーベル委員会はイシグロ氏に文学賞を授けて「感情の偉大な力を見せて、世界と私たちがつながっているという幻想にすぎない感覚、その根底に流れている深淵を表わしている」と説明した。

    今回の新作はイシグロ氏がノーベル文学賞受賞以降に出した初めての長編小説だ。今回は人工知能(AI)の世界を描いている。近未来の米国を背景に、AIの少女ロボットであるクララと人間の少女ジョジーの関係を描く。NYTは先月の長文のレビューで「イシグロが今回は未来の話に戻った」とし「技術が支配する時代、人間のこの上なく弱い面を最も奥深く見る観察者としての立ち位置を改めて強固にした」と絶賛した。

    中央日報/中央日報日本語版 2021.03.31 08:25
    https://japanese.joins.com/JArticle/277137?sectcode=440&servcode=400

    引用元: ・【中央日報】「日本を克服した」ノーベル文学賞の日系イシグロ氏が描いた「少女AI」[04/04] [Ikh★]

    【なんでこんな変に曲解するのか? 【中央日報】「日本を克服した」ノーベル文学賞の日系イシグロ氏が描いた「少女AI」[04/04] [Ikh★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/07/23(木) 01:01:36.77 ID:CAP_USER
    no title

    [写真=corbac40/gettyimagesbank]

    国内医療用内視鏡は日本企業への依存度が高い。内視鏡国産化が必要な状況だ。直ちに日本の高い壁を跳び越えるのは難しいが、持続的な公論化を通じて国内内視鏡開発の礎石を用意しようという討論の場が開かれた。

    「鉄箸を使う韓国人は木製箸を使う中国人や日本人より内視鏡スキルが優れています。」

    大韓消化器内視鏡研究財団チョ・ジュヨン理事長(チャ医科大学教授)は21日、イン・ジェクン共に民主党議員が主催した「医療機器国産化開発活性化」のための政策討論会でこのように話した。半ばジョークだが、実際、国内医療関係者の内視鏡手技は上手だ。様々なアジア国家に国内医療スタッフが内視鏡手技を伝えており、大韓消化器内視鏡学会は国際学術誌発表実績が全世界で5位以内に入るほど会員たちの活動が活発だ。

    それにもかかわらず、国内で使う内視鏡は全面的に日本企業に依存している。消化器内視鏡は国内に最も大く普及している医療機器の一つで、内視鏡検査需要が持続的に増加しているが、国内消化器内視鏡は全量オリンパス、フジノン、ペンタックスなど日本社製品だ。日本は全世界医療用内視鏡市場の90%を占有しているほど絶対的な優位を占めている。

    イン・ジェクン議員は「国内は胃癌、大腸癌発病率が高く内視鏡需要が高いにもかかわらず、日本企業に期待する状況」としながら「過度な海外依存はもう一つの危機」と指摘した。内視鏡を国産化すれば国内医療機器産業をグローバル化する前哨になり、医療費用も節減できる。

    チョ・ジュヨン理事長は「国家癌検診事業を行う我が国では胃癌検診にも内視鏡検査が施行されていて内視鏡を国産化すれば、国家的に医療費用を節減でき、耐久性が弱い内視鏡の高い修繕充当費用も減らすことができる。学会、企業、政府が共に協力して国産消化器内視鏡の開発を支援し、市場競争力を確保できるようしなければならない」と話した。

    だが、内視鏡国産化には相当な難関がある。高麗大学医科大学イ・ボムジェ教授によれば国産医療機器の診断能力は優秀だという仮定の下でも消費者である『医師』あるいは『病院』を満足させるのは難しい。イ教授は「消費者である医師や病院は安全性が検証されたブランド製品を好み、このような製品にすでになじんで他の製品に変えるのは難しい」点などで日本製品に対する依存度が高くならざるをえない、と説明した。
    (中略)

    日本内視鏡と直ちに競争に乗り出すには力不足だが、国内医療機器産業は内視鏡核心部品および完成品を作る生産能力がなくはない点で全く競争力がないこともない。汎省庁全周期医療機器研究開発事業団キム・ボプミン事業団長は「コロナ以後、K-防疫などで私たちにもできるという雰囲気が形成された。中小企業、中堅企業、大企業などが各自の役割をバランスよく遂行すれば医療機器国内市場が元気に成長できるはずだ。大企業などが医療機器に関心を持って中小企業などと好循環構造を作れば一緒に協業して医療機器国産化のための体系を備えていく」と話した。

    すでに市場を先行獲得した日本企業の障壁は高い。だが、医療機器の許認可過程、消費者である病院の高いハードル、革新的医療機器育成などを一つずつ解決していく過程が進入障壁を少しずつ崩す現実的な方法だ。

    慶煕大学医科大学チャン・ジェヨン教授は「オリンパスなど日本企業の技術力に今直ちに追いつくことは難しい。日本企業を打倒する姿勢ではだめだ。まだ弱々しいが今日の様な討論会等を通じて今から内視鏡事業基盤やノウハウなどを蓄積していけば、サムスンがアップルに追いついた様に内視鏡市場でも後発走者である国産内視鏡が日本企業を追う構図を形成できるだろう」と伝えた。

    ムン・セヨン記者

    ソース:コメディ・ドットコム(韓国語)日本がぎゅっとつかんだ内視鏡市場、国産化で克服することができるだろうか?
    http://kormedi.com/1320878/

    引用元: ・【韓国】 日本に過度に依存している内視鏡市場は危険、国産化で克服できるだろうか?[07/21] [蚯蚓φ★]

    【まずオリンパス製品を捨てるんだ。 【韓国】 日本に過度に依存している内視鏡市場は危険、国産化で克服できるだろうか?[07/21] [蚯蚓φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/06/26(金) 09:15:01.43 ID:CAP_USER
    .
       ↓
    ザ・スクープの元記事(韓国語)
    対日部品の輸入の割合見てみると... 打撃はなかったが、危機は変わらない
    http://www.thescoop.co.kr/news/articleView.html?idxno=39874

    2020年6月25日、日本政府による半導体材料(フッ化水素・フォトレジスト・フッ化ポリイミド)の韓国向け輸出管理の強化措置から約1年が過ぎた。韓国メディア・ザスクープは「国難と言われた危機は意外と簡単に克服された」としつつも「残された難題」について報じている。

    記事によると、日本による輸出管理強化直後、韓国の半導体・ディスプレー業界では素材の供給不足により生産に支障が出ることが懸念されていた。しかし、韓国政府が迅速に「素材・部品・装備の競争力強化対策(管理強化対象となった3品目に加え、半導体・ディスプレー・自動車・電気電子・機械金属・基礎科学の6大産業の100品目の競争力を上げ、供給安定性を確保することを骨子とする)」を打ち出したことで大きな影響はみられなかった。

    サムスンディスプレーやLGディスプレーなど業界を代表する企業は「持続的な国産化と輸入先の多角化で安定的な供給網を確保したため、日本の措置による打撃は大きくない状況」と話しているという。

    国産化では、SKマテリアルズが最近、韓国内で初めて気体の高純度フッ化水素の量産に成功したと発表した。業界関係者は「検証を経て歩留まりを向上させる過程が残っているが、代替が難しいとされていた高純度フッ化水素ガスの量産に成功したことで素材・部品・装備産業に明るい未来が期待できる」と話したという。

    記事は「懸念に反し、韓国の素材・部品・装備産業の自立化は順調だということ」としつつも、「産業育成を急ぎ過ぎて楽な近道を選んでしまってはいないか」と指摘している。昨年に韓国政府が対策を打ち出した際、一部から「企業間の不均衡拡大を警戒すべき」との指摘が出ていたという。

    記事は「韓国では大企業が需要を独占しており、直接コントロールできる専属取引企業を中心に排他的な生態系が形成される可能性が高い」とし、「実際に昨年の1年間に分野で成果を上げたのは大企業のみで、中小企業がどれだけ支援を受けているかは確認できない」としている。

    専門家も「韓国で中小企業は自ら研究・開発(R&B)することが難しく、大企業の指示で開発するか、大企業が開発して設計図を渡すシステムがほとんど。専属的な取引をしてきた企業でなければ、自ら技術を開発しても大企業に使ってもらえない。両極化が深刻で、これが素材・部品・装備産業が成長できない理由だ」と指摘したという。

    最後に記事は「短期的に供給安全性を高めるよりも、素材・部品・装備産業が長期的に成長できる健全な生態系を作ることが重要」とし、「韓国で最終財を作る産業のみが発展し、素材・部品・装備産業が発展できなかった理由をもう一度考えてみるべきだ」と呼び掛けている。

    これについて韓国のネットユーザーからは

    「克服したと言うのはまだ早い」
    「今は克服したように見えても、基礎産業に投資しないとまた同じ危機に直面することになる」

    などの声が上がっている。その他

    「政府はなぜ『韓国の完全勝利』と言いつつ日本に『規制を戻そう』と催促しているの?実際は日本の優秀な素材が必要なのでは?」
    「日本以外の国から輸入することで価格的な損害は出ていないの?」

    などの声も上がっている。


    2020年6月26日(金) 6時40分
    https://www.recordchina.co.jp/b816347-s0-c10-d0058.html

    引用元: ・【韓国】 日本の輸出管理強化を 「楽々克服」 したが、一方で残された 「難題」 も [06/26] [荒波φ★]

    【瀕死状態で強がり言ってる姿が笑えるぞw 【韓国】 日本の輸出管理強化を 「楽々克服」 したが、一方で残された 「難題」 も [06/26] [荒波φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/09/21(土) 11:11:46.38 ID:CAP_USER
    ・実はありがちな日本語套
    ・替えられるものから替えよう

    (写真)
    no title

    ▲ シン・ジュンボン専門記者
    ____________________________________________________________

    タイトルからコラムの内容をある程度推測していただいたと思う。歴史問題が日本との経済対決の様相に広がってから2か月。日本の製品を買わず、日本旅行を自粛するのも良いが、日本の影が他のどの国よりも濃く垂れ込んだ我々の言語生活も、この辺りで少し振り返ろうという話だ。

    実は既視感程度ではなく記憶が曖昧なくらい、日本語套用語の醇化(純化)は我々の関心事だった。解放直後から日本の残滓を清算することに関心を寄せていたという。1990年代には日本語套が特に酷い、建設分野の用語だけを集めて醇化案を作ったりした。国立国語院は2005年と2006年に連続で、『日本語套用語醇化資料集』を発表した。(国立国語院チ ン・フィウォン語文研究室長)

    それなのに依然として使っているから問題で、少なからず日本語套かもしれないが使っているということが問題ならば問題だ。たとえば国民食とも言えるチャムポン(ちゃんぽん)が日本語だ。ウリ式(韓国式)表現はチョマミョン(炒碼麺)である。 しかし、国立国語院はチャムポン(ちゃんぽん)を敢えてチョマミョン(炒碼麺)に替えて使いなさいとは勧めない。あまりにもウリ語(国語)のように定着しているからだ。食べ物でなくても、色々と混ぜ合わせる時にチャムポン(ちゃんぽん)と言うなど、新しい意味も追加された。

    ワサビ(わさび)、オデン(おでん)、ウドン(うどん)はチャムポン(ちゃんぽん)に比べたら容易でないのか。日本語套だ。我々の対応もはっきりしている。国立国語院のホームページのTOP画面の上端にある『標準国語大辞典』から検索ウィンドウに入力すれば、それぞれコチュネンイ(わさび)、オムク(練り物)・カラクグクス(包丁切り麺)に替えて使いなさいと案内する。

    日本が由来している漢字語の問題で、日本語套清算という宿題の範囲を拡大すれば、経済対立を触発した韓日間の歴史問題の解決方法が複雑になる。

    我々が特に拒否感もなく使う主に学問領域の漢字語、たとえば哲学や主観、客観、理性、芸術、文学、心理、科学、技術、権利、義務、このような語彙は全て日本から来た。日本で洋学導入の先駆者として数えられる19世紀の思想家、ニシ・アマネ(西周)が作った言葉だという。インターネットで検索すればすぐに分かる内容である。これで終りではない。大統領や首相、長官のような行政用語もルーツは日本だという。(クォン・ゼイル ハングル学会長・ソウル大学校名誉教授))

    このような言葉は、日本という窓を通じて近代を受け入れるしかなかった過去、我々の痛ましい立場を再び思い浮かばせる憎らしい友だちのようである。それでもこの言葉を捨てることができるのか。現実的に不可能である。そのような事実を知って使うと、このようなレベルの対応が最善だろう。

    というはずだったのだが、国立国語院は2015年、『日本語套語彙資料構築』という用役報告書を公開した。どのような漢字語が日本語套なのかを知りたいという国民の疑問を解消して、研究資料として活用するためからだ。韓中日の用例比較を通じて、約500の漢字のルーツが日本であると判定した。国語院の検索ウィンドウに『日本語套』と入力すれば、報告書が出る。驚くほどに日本産の漢字語が多い。

    チャ(さぁ)、ではどうやって玉石を区分しなければならないのか。どのような基準で今後も使う日本語套、替えて使わなければならない日本語套を分けるのかということだ。答えはもう決まってないにか。専門家の意見も変わらない。

    「日本から来た言葉だから替えて使おうとするより、コミュニケーションに無理がないかが先だ。誰が聞いても日本語表現が明白で、コミュニケーションの妨げになるなら改善しなければならない」(国立国語院 パク・ジュファ学芸研究士)

    「大統領や首相のような用語を変えることに同意はできない。日本を通じて間違って伝わった英語や漢字語、たとえばリボン・コティン(リボンカッティング)の誤りであるテイプ・コティン(テープカッティング)、シチェ(屍體)の誤りであるサチェ(屍體)のような表現は直そう」(ハングル学会 クォンジェイル学長)

    聞く値する。ウドン(うどん)、オデン(おでん)、ワサビ(わさび)から替えよう。もうすぐハングルの日だ。

    ソース:中央日報SUNDAY(韓国語)
    https://news.joins.com/article/23582768

    引用元: ・【韓国】日本の克服、言語生活から[09/21]

    【それいったら言葉使えなくなる定期 【韓国】日本の克服、言語生活から[09/21] 】の続きを読む

    このページのトップヘ