まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:光州

    1: まぜるな!キケン!! 2020/02/16(日) 20:42:20.11 ID:CAP_USER
    |1号おにぎり専門店『ごはん(パプ)コンサート』オープン
    |5180おにぎりセットなど販売

    (写真)
    no title

    ▲ 5010おにぎりセット
    _______________________________________________________

    光州(クァンジュ)広域市(市長=イ・ヨンソプ)が光州の代表食の一つとして、集中的に育成している光州おにぎり(チュモクバプ)のブランド化、商品化に拍車をかけている。

    光州市は光州おにぎり専門店(1号店)の『ごはん(パプ)コンサート(Bob Concert)』が、近ごろ本格的な営業に入ったと明らかにした。

    国立アジア文化殿堂の近くに位置する『ごはんコンサート』は、5180おにぎりセットをはしめ、16種類のおにぎりメニューと牛あばら肉のヒノキ蒸し、土鍋のプルコギ、海産物の煮物など、様々な付け合わせメニューを販売している。

    代表メニューの5180おにぎりセットは、毎日ランダムで決定するおにぎり2種類と、光州の代表食の一つであるレタスの天ぷら、煮干し出汁のそうめん、餅炒め、サラダが加わり、たっぷりで多彩な光州の味を提供する。

    特に5・18民主化運動精神の継承のため、価格を5180ウォン(税抜き)に設定している点にも注目だ。

    (写真)
    no title

    ▲ タコ炒めとおにぎり

    (以下略)

    ソース:ウィキツリー(韓国語)
    https://www.wikitree.co.kr/articles/505647

    引用元: ・【K-フード】光州おにぎり、ブランド化・商品化『加速』[02/16]

    【見た目がゲボいんだけど 【K-フード】光州おにぎり、ブランド化・商品化『加速』[02/16]】の続きを読む

    1: まるっとニュー 2019/07/18(木) 23:32:02.70 ID:CAP_USER
    no title

    ▲17日、光州の光徳(クァンドク)高校の学生たちが捨てた日本製品が箱に集められている。右側は光徳高校生たちが「日本製品を使わない運動」宣言式をしている。[ニューシス] [ニュース1]
    no title

    no title


    光州、光徳(クァンドク)高校で17日午後、校内太極旗常設展示館前で学生会主催で日本製品不買運動宣言式を開いた。不買運動決議文の発表と関連パフォーマンスを含む行事には光徳高校の学生150人余りが参加した。高校生が学校の許可の下、学生会の主導で校内で日本製品不買運動を行ったことは初めてだ。

    学生たちはこの日「日製の使用は日帝への回帰(訳注:日製(日本製)と日帝はハングル表記が同じ)」「歴史を忘れた民族に未来はない」と書かれた横断幕を持って不買運動を決議した。その後、学生たちは箱に集めたボールペンやサインペン、ホットパックなど日本製品を捨てるパフォーマンスを行った。

    この場で学生たちは「韓国は数多くの義兵と独立運動で日本に対抗し、IMF(国際通貨基金)外国為替危機では国民の金集め運動で経済難を克服した。もう光徳高の学生たちは国民と意を共にするため、日本製品不買運動に積極的に参加する」と説明した。

    この日の行事は学生会の要求を学校側が受け入れて進められた。これに先立ってユン・シウ光徳高校学生会長が去る15日、学生会関係者たちに不買運動に関する話をしたのが始まりだった。当時、学生会では日本製品不買運動に対して肯定的な検討され、学校側も学生会の要請に同意しながら行事が進められた。

    ユン・シウ学生会長は「最近、日本の対韓国輸出規制で貿易報復論議がおきながら全国的に『ノージャパン(No Japan)運動』が広がっている事実を無視できなかった。他の地域の学生たちも一緒に参加して欲しい」と話した。

    この日、学生会側は「日本が韓国に対する無慈悲な輸出規制措置を発表することによって私たち国民は日本製品不買運動を断固として実施している。学生たちの国産学用品使用と共にご両親に対する不買運動参加運動などをしていく予定」とした。学生会側はまた、決議文を通じて「国産学用品購入に努力すること」「韓国食品を買って食べるよう努力し、ご両親にもこれを推奨すること」「太極旗常設展示館をいつも訪問して愛国を確認すること」などを強調した。学校側も学生たちの動きを積極的に応援している。
    (後略)

    光州広域市=チェ・ギョンホ記者

    ソース:中央日報(韓国語)<高校生らも‘ノージャパン’…光州(クァンジュ)学生たち、日本産ボールペン捨てた理由は?>
    https://news.joins.com/article/23528003

    引用元: ・【韓国】 光州の高校生、日本製ボールペンを捨て不買運動宣言~学校も応援[07/17]

    【あれ?民間ガー若者ワーはどーした?w 【韓国】 光州の高校生、日本製ボールペンを捨て不買運動宣言~学校も応援[07/17] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/05/14(火) 21:16:22.69 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】国際水泳連盟(FINA)主催の第18回世界水泳選手権が7月12日、韓国南西部の光州で開幕する。大会組織委員会は開幕まで約2カ月となった14日、ソウルの韓国プレスセンターで記者懇談会を開き、大会の準備状況について説明した。

    組織委の趙泳澤(チョ・ヨンテク)事務総長は「大会施設と運営については当初の計画から大きく狂うことなく準備している」とし、現在は仕上げ作業を行っていると話した。

    競泳と飛び込みが行われる「南部大市立国際水泳場」は観覧席をこれまでの3393席から1万席以上に増やす改修作業が進行中だ。組織委は現在、84%程度の作業が完了したと伝えた。

     アーティスティックスイミング(AS)が行われる念珠総合体育館、水球が行われる南部大総合運動場、高飛び込みが行われる朝鮮大サッカー場も80%以上の作業が終了した。

     競技場施設は5月中に全ての工事が完了する予定で、6月初めに開かれる東亜水泳大会を通じて施設や競技の進行状況などを点検する計画だ。

     組織委はまた、市の中心部にある老朽化したマンションを建て替え、約6000人を収容できる選手村・メディア村として活用し、大会終了後に民間業者に引き渡す予定だ。    

     現在、約1000人の選手が大会に参加を申し込み、締切日の6月13日までには合計約7000人の選手が申し込むと組織委は予想している。

     また大会運営のために約3100人のボランティアを含む3900人の運営スタッフを確保したという。

     北朝鮮選手団の参加はまだ決まっていない。組織委は「南北合同チームを結成するために文化体育観光部、統一部、国際水泳連盟などと協議して多様な努力を続けているが、まだ北側の返事はない状況」と伝えた。 

     趙事務総長は今大会を通じて光州がグローバル化され世界的な都市になることを願うと期待した。また、水泳は韓国で不人気競技だが、今大会を通じて水泳が国民に愛される人気スポーツになるように努力すると伝えた。

    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190514004500882?section=entertainment-sports/index
    聯合ニュース 2019.05.14 19:18

    no title

    仕上げ作業の改修工事が行われている南部大市立国際水泳場(組織委提供)=(聯合ニュース)

    引用元: ・【世界水泳】 大会組織委が準備状況説明=韓国・光州で7月12日開幕 競技場施設は5月中に全ての工事が完了する予定[5/14]

    【ドブ川で水泳させるようなもの【世界水泳】 大会組織委が準備状況説明=韓国・光州で7月12日開幕 競技場施設は5月中に全ての工事が完了する予定[5/14] 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/08/08(火) 10:41:06.52 ID:CAP_USER
    【ソウル支局】

    当地の報道によると、さきの大戦末期に朝鮮女子勤労挺身隊員だった韓国人女性と遺族が、名古屋市内の軍需工場での就労をめぐり三菱重工業を訴えていた韓国での裁判で、南西部の光州地裁は8日、原告の請求を認め損害賠償の支払いを同社に命じる判決を言い渡した。

    日韓両国間で日本統治時代の請求権問題の処理を定めた1965年の日韓請求権協定について、韓国最高裁は2012年、個人請求権は消滅していないとの判断を示していた。


    2017.8.8 10:30
    http://www.sankei.com/world/news/170808/wor1708080019-n1.html

    引用元: ・【韓国地裁】三菱重工に賠償命令 大戦中の女子挺身隊の就労めぐり[08/08]©2ch.net

    【【総撤退で良いんじゃね】光州地裁が三菱重工に賠償命令 大戦中の女子挺身隊の請求を認める】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/07/25(火) 21:53:33.47 ID:CAP_USER
     光州地区の高校生16人が日本による植民地統治期の朝鮮人強制徴用の現場を視察するために日本を訪れる。

     勤労挺身隊のおばあさんと共にする市民の会は、高校生16人が7月26日から8月2日まで名古屋、富山を視察することを明らかにした。

     高校生らは勤労挺身隊による被害を受けたおばあさんの訴訟を支援している日本の市民団体「名古屋三菱・朝鮮女子勤労挺身隊訴訟を支援する会」と共につらい歴史の現場を直接視察する予定だ。

     一行は光州市や全羅南道出身の勤労挺身隊被害者が幼いころに連行され、強制労働させられていた三菱重工業名古屋航空機製作所跡、東南海地震犠牲者追悼碑、三菱重工業大江工場内のほか、豊川海軍工廠跡と追悼碑、戦争と平和の資料館ピースあいちなどを回る。

     富山では不二越勤労挺身隊訴訟を支援している「第2次不二越強制連行・強制労働訴訟を支援する北陸連絡会」の案内で不二越と三菱の地下軍需工場トンネル、1932年に金沢陸軍刑務所で尹奉吉(ユン・ボンギル)義士が死刑を受けた後、遺体が埋められたというごみ捨て場の跡を視察する。

     学生らは訪問中、日本の高校生と韓日の歴史について意見交換する討論会も行う。

     市民の会関係者は「植民地統治期に日本は少年少女を強制的に連れていき、強制労働をさせ、解放後には一言の謝罪もなく、補償すらしていない。将来の主役たちには歴史探訪を通じ、当時の苦しみを忘れないようにしてほしい」と話した。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/25/2017072500596.html

    引用元: ・【日韓】強制徴用:韓国の高校生16人が名古屋・富山視察、日本の市民団体が案内[7/25] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【恨みを創造してはるわ】光州の高校生16人が名古屋・富山視察、日本の市民団体が強制徴用の現場を案内】の続きを読む

    このページのトップヘ