まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:儒教

    1: ダーさん@がんばらない ★@無断転載は禁止 2017/03/28(火) 11:58:03.73 ID:CAP_USER
    〈奪われた朝鮮文化財・なぜ日本に 38〉「上代文化の故郷」と感傷に浸る学者ら

    「百済の扶余を見ずして日本文化を語るなかれ」

    no title

    百済王朝最後の首都、扶余にある宮南池。当時の栄華をしのばせる

    日帝時代に京城帝国大学予科教授だった近藤時司著書の「史話伝説~朝鮮名勝紀行」の序文には次のように書かれている。

    「朝鮮半島は、わが国上代文化の母である。印度や支那の早くから発達したる文物は、おおむね半島における百済、新羅、高麗の諸邦を通じて輸入され、儒教も、工芸も、美術もわが国はおおむね先ず半島から植え付けられた」

    以下ソース

    ソース:朝鮮新報 2017.03.25 (09:00)
    http://chosonsinbo.com/jp/2017/03/sinbo-j_170327/
    前スレ
    【朝鮮新報】「朝鮮半島は上代文化の母。儒教も、工芸も半島から植え付けられた」…扶余を見ずして日本文化を語るなかれ[03/28]
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1490658168/

    引用元: ・【朝鮮新報】「朝鮮半島は上代文化の母。儒教も、工芸も半島から植え付けられた」…扶余を見ずして日本文化を語るなかれ[03/28]★2 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【じゃあなんで半島には文化がないんだ?】朝鮮新報「朝鮮半島は上代文化の母。儒教も、工芸も半島から植え付けられた」】の続きを読む

    1: 鴉 ★@無断転載は禁止 2017/02/24(金) 14:12:43.83 ID:CAP_USER
    この国での生き方に関する黙示録的省察
    Posted February. 24, 2017 08:38

    2016から2017年にかけて、大韓民国は歴史的記録を作っている。この地に祖先定着後、最大の記録を立て続けている。
    よりによって、隆盛と多産を意味する赤い鶏の丁酉年へと続いた鳥インフルエンザ(AI)のために、鶏やアヒルの家禽類3300万匹、すなわち国内で飼育する家禽類の25%を殺処分した。
    歴史の中で、人間と家畜の両方を合わせて、この地での最大の生命殺しだ。さらに、2月初めからは口蹄疫が発生して、牛の殺処分も行われている。

    我々は皆、このおぞましい生命殺傷についての深い実存的省察、自然摂理の裏切りについての文明史的反省をしなければならない。
    2011年に牛や豚など354万頭、2014年は家禽類1400万匹が処分されたのに続き、一昨年はMERS災害を経験しても、教訓を得られなかった恥ずかしい「予防失踪」の国になった。

    2014年の旅客船セウォル号惨事が「事態」に変質され、「これが国か」という疑問が出てきた。その時「国家改造」という言葉も出てきた。
    生命や命の安全問題がどれほど深刻かを悟らせるシグナルなのに、もう一つの歴史記録である檀君(タングン)以来、最大規模の市民たちの広場でのろうそくとそれに対する向かい火に遮られている。


    今、この地や天を徘徊しているのは、命への警告だ。


    儒教伝統の国で、自殺率や尊属殺人率、整形手術率が世界トップなのは、尋常ならぬ兆候だ。


    第一、省察は、現代文明における利便さや快適、繁栄、特に安全は絶えずコストを払ってこそ可能なことだ。セウォル号のような海洋事故を防ぐには、口蹄疫やAIを防ぐためには、今、政府や消費者、企業や農家が払うコストだけでは不可能だ。
    デンマークやノルウェー、日本ぐらいの安全基準や管理をしようとしても、その実質費用は今の3、4倍にさらに高めなければならない。
    畜産飼料の95%を輸入に頼っており、家畜糞尿による環境影響などの社会経済的費用を総合評価すれば、果たしてこの地で畜産業が可能なのか、という根源的質問まで出てくる。



    東亜日報
    http://japanese.donga.com/Home/3/all/27/856203/1

    引用元: ・【韓国紙】儒教伝統の韓国で自殺率や尊属殺人率、整形手術率が世界トップなのは、尋常ならぬ兆候だ [無断転載禁止]©2ch.net

    【【当然であり必然だろw】東亜日報 「儒教伝統の韓国で自殺率や尊属殺人率、整形手術率が世界トップなのは、尋常ならぬ兆候だ」】の続きを読む

    このページのトップヘ