まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:傾向

    1: まぜるな!キケン!! 2020/01/07(火) 13:12:36.19 ID:CAP_USER
    「投資急減も実績いいなんて」...度を超えた自画自賛
    2020.01.07 午前9:43

    昨年FDI、6年ぶりに減るも「傾向いい」

    輸出10%減少も「貿易1兆ドル突破」

    昨日、政府世宗庁舎産業通商資源部の記者室で開かれた「2019年の外国直接投資(FDI)の動向」ブリーフィングでは、
    通常よりも多くの質疑応答がありました。政府が配布した報道資料が過度に利己的な内容一辺倒だったのが原因の一つだったと思われます。

    政府資料のタイトルは、「昨年の外国人直接投資、歴代2位」、「5年連続で200億ドルを達成」などでした。
    「FDI 200億ドル台誘致基調が定着する段階」という評価も出しました。

    実際にそうよかったのでしょうか。政府の資料を見ると、韓国の昨年のFDIは、申告額基準で233億ドルと記録されました。
    前年(269億ドル)に比べ13.3%減少しました。 FDI申告額が減ったのは、欧州の財政危機が真っ最中だった2013年(-10.7%)以来6年ぶりです。
    上手く行っていたFDIが昨年むしろ倒れたのでしょう。

    「申告額」ではなく、実際に韓国への投資執行した金額を計算してみると、はるかに深刻です。
    昨年のFDI到着額は127億8000万ドルに過ぎませんでした。前年比で26.0%急減した。申告と到着液基準FDIが懸念するほど折れたにも関わらず
    「200億ドルは超えたのでよくやっただろう」と自賛したのです。

    外国人直接投資実績が重要なのは、一国の「企業環境の競争力」を示す代表的な指標であるためです。
    起業しやすい環境であれば外国人が積極的な投資に乗り出すためです。投資が増えれば良質の雇用が増え、
    技術、サービスレベルもよくなります。各国ごとに外国人投資誘致に死活をかけているのも同じ理由からでしょう。

    韓国のFDI実績が折れたことは「異常信号」として受け入れなければならない事案です。通常FDIは経済成長とともに
    着実に増えなければならないからです。特に、韓国のFDIは金額自体も経済規模に比べてはるかに少ないです。
    国連貿易開発会議(UNCTAD)によると、韓国のFDI規模は、世界ランキングで20位程度に過ぎません。
    「過去5年間のように、200億ドルを超えてるからいい」と自慰することではありません。中略

    最近、政府は自らのやり遂げた統計結果について相次いで自由に評価を下しています。
    過去1年間の輸出が、世界的な金融危機の2009年以来、10年ぶりに二桁(-10.3%)で墜落したのに
    「3年連続の貿易(輸出+輸入)1兆ドルを超えた」と評価しました。世界貿易紛争が激化している中、
    水産物・空気圧バルブなどの紛争で連勝を走っていると祝いました。雇用・分配などの統計情報について、
    有利な数字だけを取り出して推進している事例が少なくありません。

    ホン・ナムギ副首相兼企画財政部長官など高位官僚が数回言及したように、私たちの経済は「厳しい」状況です。
    今のように結果が明らかな統計さえ「よくやった」と自画自賛していれば、改善を期待するのは難しいでしょう。

    https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=015&aid=0004269366&date=20200107&type=1&rankingSeq=10&rankingSectionId=101

    共感7(1.1%)
    非共感672(98.9%)

    引用元: ・【韓国】外国人投資が激減も政府は「いい傾向」 ネチズン発狂

    【改善する気ないだろ 【韓国】外国人投資が激減も政府は「いい傾向」 ネチズン発狂】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/12/13(金) 21:07:17.24 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191213-00000058-yonh-kr
    12/13(金) 20:21配信 聯合ニュース

    韓国の粒子状物質 年平均で減少傾向も高濃度日が増加

    【世宗聯合ニュース】韓国で粒子状物質(PM)の濃度が年間平均では減少傾向にあるものの、1立方メートル当たりの微小粒子状物質(PM2.5)の濃度が76マイクログラム以上の「非常に悪い」状態になる回数は増加傾向にあることが分かった。

     統計庁が13日までに発表した資料によると、粒子状物質(PM10)の年間平均濃度は2001年には、1立方メートル当たり60マイクログラムだったが徐々に下がり、18年には40マイクログラム程度になった。

     PM2.5の年間平均濃度も15年には約26マイクログラムだったが、18年には約23マイクログラムまで下がった。

     一方で、ソウル市では2015年以降、PM2.5の1日の平均濃度が76マイクログラム以上の「非常に悪い」状態になる頻度が増加傾向にある。15年と16年は一度もなかったが、17年は3日、18年は2日、19年は9日あった。

     資料はこのような現象が起きる理由について、朝鮮半島周辺で風が弱まる頻度が増えた影響と説明した。

    引用元: ・【韓国】韓国の粒子状物質 年平均で減少傾向も高濃度日が増加[12/13]

    【悪化してんじゃん 【韓国】韓国の粒子状物質 年平均で減少傾向も高濃度日が増加[12/13] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/04/17(火) 18:58:47.01 ID:CAP_USER
    【世宗聯合ニュース】政府系シンクタンク、韓国開発研究院(KDI)の国際政策大学院のチョン・グォン教授とチェ・チャンヨン教授は17日、「KDI北韓(北朝鮮)経済レビュー」4月号に掲載した北朝鮮脱出住民(脱北者)に関する論文で、韓国入りした脱北者は滞在期間が長くなるほど人生に対する満足度と社会への適応性が低下する傾向にあるとする研究結果を明らかにした。

     この研究は2003年以降に脱北した20歳以上の脱北者1010人を対象にしたアンケート結果を基にしている。設問に対する回答は1点(全く当てはまらない)から5点(非常に当てはまる)まで5点の尺度を基準に測定された。

     アンケートの結果、韓国社会への適応性は滞在期間が5年以下と10年以上のケースを比べた場合、総じて0.1ポイント前後下落するか、または変動がなかった。人生に対する満足度も適応性と同程度の下落をみせた。論文は「滞在期間が長くなっても逆に適応度と満足度が低下するのは深刻な問題。より構造的な、上位の対策が必要だ」と指摘している。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2018/04/17/0800000000AJP20180417002300882.HTML

    引用元: ・【韓国】韓国入りした脱北者 滞在期間が長くなるほど人生に対する満足度と社会への適応性が低下傾向[04/17]

    【【韓国】韓国入りした脱北者 滞在期間が長くなるほど人生に対する満足度と社会への適応性が低下傾向[04/17] 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/03/16(木) 09:11:57.82 ID:CAP_USER
    雇用の冷え込みが深刻化している。2月の失業者数が135万人となり、通貨危機直後の1999年8月(136万4000人)以来17年6カ月ぶりの多さとなった。

    高齢化で仕事を続ける人が増え、求職者は前年同月を40万人上回ったが、職が見つかったのは37万人にとどまった。
    残る3万人余りは失業者に加わり、失業者数が膨らんだ格好だ。職探しが難しくなり、就職そのものをあきらめた人も50万人に迫る。

    そうした人々は統計上は失業者に含まれない。2月の失業率は世界的な金融危機の影響が残った2010年1月と同水準の5.0%だった。
    15-29歳の青年層の失業率は全年齢層の数値の2倍以上の12.3%に達した。

    新たな成長源が見つからず、低成長が定着し、新規雇用が期待ほどは創出されていない。
    また、造船・海運業の構造調整で製造業就業者は減少が続いている。

    2月の就業者数は前年同月を9万2000人下回った。この傾向は当面続きそうだ。

    企業が雇用を手控えるため、自営業者だけが前年同月を21万人上回った。就業者5人に1人が自営業という計算になる。
    零細自営業者の半分は3-4年持たずに廃業しているのが現実だ。

    問題は雇用の冷え込みが一時的な問題ではないことだ。雇用がなければ景気は上向かず、景気が低迷すれば雇用は創出されない。
    構造的な景気低迷につながることを意味する。内需が冷え込んだのは雇用不況による心理的な萎縮で中産階級までもが財布のひもを締めたからだ。

    家計消費性向も過去最低の水準にまで低下した。それだけに自営業者の景気も悪化し、内需低迷がますます深刻化するという悪循環だ。

    大統領選の候補者は「雇用」を声高に叫ぶが、韓国経済が直面する構造的問題を全面的に見直し、
    「雇用創出型経済」の大転換するという差し迫った覚悟は見えてこない。

    大統領選の有力候補が示している雇用対策は、せいぜい税金を投入し、公共部門の雇用を増やすという程度だ。
    元々税金が投じられるべき別の場所から別の悲鳴が上がるはずだ。

    雇用をしっかり創出する方法はただ一つ。経済の活力指数を高め、傷を埋めていくことだ。
    医療、観光など各分野を縛る規制を画期的に緩和し、企業が新たな分野に投資を行い、採用を増やすムードをつくり出す必要がある。

    大企業の労組も青年の雇用に向け、賃上げ要求を取りやめる責任感を見せるべきだ。そんな大手術を伴わない対策は選挙用の詐欺に等しい。
    国民がそれを見抜けなければ経済は変わらない。


    2017/03/16 08:17
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/16/2017031600579.html

    引用元: ・【朝鮮日報/社説】失業者・就職放棄185万人、韓国経済の行く末[03/16]©2ch.net

    【【そこで第二次朝鮮戦争ですよ】「この傾向は当面続きそう」韓国の失業者135万人・就職放棄50万人に】の続きを読む

    1: きゅう ★@\(^o^)/ 2016/01/11(月) 12:37:59.46 ID:CAP_USER.net
    2016年1月10日、昨年は中国のテレビ番組に韓流タレントが出演する頻度がますます高くなった1年だったが、
    この年明けの特別番組にも各局が大量の韓流タレントを起用。
    その猛攻勢は今年もまだまだ続くと見られている。現代快報が伝えた。

    年をまたいで衛星テレビ各局が放送した年越し番組には、人気ダンスボーカルグループのBIGBANGをはじめ、
    女性ユニットのT?ARA、俳優チ・チャンウク、歌手のThe Oneなどといった韓流タレントが競って出演。
    次の波が来るのは来月の旧正月大みそかに各局が放送するスペシャル番組だが、
    すでにガールズユニットの少女時代などが出演する見込みとされている。

    現在、中国で製作・放送されているバラエティー番組の半数が韓国からフォーマット権を
    取得したものとなっている。こういった番組は中身も韓流色が濃厚で、数々の韓国人タレントが出演。
    すでに名前と顔の売れた人気スターばかりではなく、歌手オーディション番組の「我是歌手」では
    最新のシーズン4に唯一の外国人として出場している黄致列(Hwang Chi Yeol)が人気を集め、
    中国で大ブレークの兆しを見せている。

    すでに名前を知られた韓流タレントの場合、バラエティー番組の出演料は韓国での1シーズン分が
    中国では1回分に相当する。大量のファンを持ち視聴率を引き上げてくれる韓流スターの出演を
    中国のテレビ各局も歓迎しており、今年も出稼ぎタレントの数は増えるとみられている。
    (翻訳・編集/Mathilda)

    http://www.recordchina.co.jp/a126771.html

    引用元: ・【韓国】韓流タレントが中国年越し番組に大量出演、中国マネー狙い今年も“出稼ぎ”続く傾向[01/11]

    【無駄な努力をしたねw【韓国】韓流タレントが中国年越し番組に大量出演、中国マネー狙い今年も“出稼ぎ”続く傾向[01/11]】の続きを読む

    このページのトップヘ