まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:偽物

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/06/16(金) 20:29:06.93 ID:CAP_USER
    一般的に中国では「樹木盆景」の起源を唐初期と見る。その後、宋の時、高麗に入ってきて「盆栽(ブンチェ)」という名前を得て、また日本に渡って「ぼんさい」になった。

    現在の中国には都市のあちこちに盆景公園があり、政府の積極的支援で技術開発と共に多くの盆景を生産して世界各地に輸出を増やしている状態だ。日本もまた、盆栽村を作って国風展という名前で展示会を開き、世界盆栽連盟を結成するなど盆栽の普及・発展に心血を注いでいる。これに比べて我が国の盆栽は規模や技術面で中国や日本とは比べものにならないようだ。

    深夜、家の中で静かに盆景をを見ていると、自分もあたかも自然の一部になったような錯覚に陥ることもある。余裕を失った現代人が限定された空間の中だけでも悠悠自適に過ごして友とするには申し分ないわけだ。「人間精神の審美的活動を土台に自然景観を表現したもの」と言った盆景愛好家の言葉のように、表面だけを言えば盆景は明らかに芸術的造形物に違いない。しかし、切って捻って針金でぐるぐる巻きにする作業には残忍さまで感じられる。自然に対するすべての過程が真に非自然的だ。

    そのためか、盆景からは自然が奏でる激しい変化の中にも終始一貫した「平和と自由の交響楽」が聞こえない。人間の貪欲の中に他の生物を引き込んで如何におしゃれしてもその全てが束の間の幻想にすぎない。盆景が韓国でも中国でもなく唯一、日本で「盆栽」として花開いた理由は、彼らの国民性がその土台にあると思う。これは人為と模倣で物事を縮小し、自分の手中に作らなければ気がすまない特別な指向が自然に対する態度にもそのまま現れる、という意味だ。

    その点で、盆景の話を庭園に移してみれば日本人の閉じられた自然観がより一層明確になる。「客を迎える落葉の散った茶室の前庭をすっきりするように掃いた後、木を揺さぶって落葉を落とした」という日本の故事がある。何でもありのまま見ることができず、整えなければならない日本人の自然観はこの故事に基づく。どれほど人為的で閉鎖的なのか。一言で言えば、日本の庭園は自然を切り取って人間の望みの中に象徴的に配置した「虚構の庭園」だ。

    これに比べて私たちの庭園は自然と人間の調和を基礎にする。流れる水のように自然に、地形と地物をそのまま生かして、花を植えて良ければ花を植え、木を植えて良ければ木を植え、池一つを掘っても水生植物一つを植えても自然美人に対するようにし、日本のように刃物で過度に整形手術をしていない。従って私たちの庭園は自然と人間の生が一つになる「共存の庭園」と言える。

    日本最高の庭園がある足立美術館と朝鮮最高の園林である瀟灑園(ソセウォン)に行ってみればこれ以上説明は要らない。今日も日本人たちは自然を縮小して自分のものとするために熱心に盆栽を整えて庭園を育てるのに忙しい。

    たとえ偽物の宝石の指輪でも指にはめれば、さらにきれいに見えるという「錯覚の美学」により「残忍な貪欲」が文化の服を着たのではないだろうか?とにかく、日本人の閉じられた自然観の中にある自然は循環する自然ではなく全季節咲いていても香りがしない単なる造花にすぎない。

    イ・ヒョヌ(詩人)
    no title


    ソース:慶南新聞(韓国語) 日本人の「閉じられた自然観」-イ・ヒョヌ(詩人)
    http://www.knnews.co.kr/news/articleView.php?idxno=1217856
     
    前スレ:http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1497593637/
    ★1の立った時間:2017/06/16(金) 15:13:57.51

    引用元: ・【日韓】 日本人の「閉じられた自然観」~日本の盆栽や庭園は「残忍な貪欲」が文化の服を着た偽物。韓国の共存の庭園とは違う★2[06/16] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【劣等感からくる捏造と火病】「日本の盆栽や庭園は「残忍な貪欲」が文化の服を着た偽物」慶尚南道の慶南新聞(韓国語)】の続きを読む

    1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2015/11/25(水) 22:44:39.83 ID:CAP_USER.net
    2015年11月24日、韓国・聯合ニュースによると、他人の著書の表紙のみをすげ替えて自著として出版したり、こうした行為を
    黙認したりしたとして、韓国の大学教授200人余りが摘発された。

    韓国の議政府地検は24日、「表紙替え」による著作権法違反・業務妨害などの容疑で、全国50校余りの大学の教授ら
    200人余りを摘発したと明らかにした。検察は合わせて、こうした犯行を知りながら、新作と偽って図書を発行した出版社3社の
    社員4人についても捜査を進めている。

    「表紙替え」の方法は、すでに出版された専門書の表紙の著者名を自分の名前に変えるという実に単純なもの。一部の教授は
    疑いを避けるため、タイトルに文字を1、2字付け加えたり、逆に削除したりする手法も取っていた。こうした「表紙替え」は
    1980年代ごろから教授らの間で横行していたが、本格的な捜査が行われたのは今回が初めて。

    これについて、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せている。

    「大学と教授の名前を公表して!」
    「これが大学教育の現実。教授はこんなことをしておきながら、学生には自分の本を買うよう強要する」
    「詐欺師たちに教授の名はもったいない」
    「やってほしい研究はしないで、他人の物を盗むとは…」

    「学者という仮面をかぶった窃盗犯」
    「若者の職場が200人分空いたね」
    「こんな能力のない教授から学ぶ学生はどうなってしまうんだ?教授は70年代の卒論でやったようなことを、いまだにやっているのか」

    「偽物が世の中を牛耳っている」
    「こんなことを放っておいたら、法律も腐り、韓国も腐る」
    「韓国が世界の大学ランキングで評価されない理由がここにあった」
    「本がこれじゃ、論文は推して知るべし」

    (翻訳・編集/吉金)

    Yahoo!ニュース Record China 11月25日(水)21時20分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151125-00000045-rcdc-cn

    引用元: ・【韓国】韓国の大学教授200人摘発、他人の著書の表紙だけ替え自著として出版=韓国ネット「偽物が世の中を牛耳っている」[11/25]

    【小保方が善人に見える 【韓国】韓国の大学教授200人摘発、他人の著書の表紙だけ替え自著として出版=韓国ネット「偽物が世の中を牛耳っている」[11/25]】の続きを読む

    souiu


    1: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  ) 2015/05/01(金) 12:30:28.51 ID:???.net
    米国の韓国人和食店、“公益訴訟の脅威”がサンディエゴにも拡大・・韓国ネット「偽物がそんなに多いのか?」「大好きでいつも食べているのに…」 (FOCUS-ASIA.COM) - Yahoo!ニュース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150501-00000006-xinhua-cn&pos=4


    コリアタイムスによると、米国の韓国人経営和食店の多くがメニューに「ホワイトツナ」と表記しながら「エスカラー(Escolar=アブラソコムツ)」を出していた問題で、“公益訴訟の脅威”が
    サンディエゴにも拡大した。

    この問題は、韓国人経営の和食店が“習慣的に”メニューに「ホワイトツナ」と表記して「エスカラー」を出していたことを、カリフォルニア南部の法律事務所が問題視しているもの。

    これまでにロサンゼルスやサンフランシスコの韓国人経営和食店少なくとも数十店に、補償を要求する集団訴訟を予告する手紙が送られていることが明らかになっていた。

    サンディエゴでは、3月以降、韓国人経営和食店約30店に手紙が送られ、店主らが対策を協議しているという。ある店には、昨年11月に訪れた客からその際の領収書とともに「ホワイトツナを
    注文したが、中身はエスカラーだった。これは明らかに顧客をだます行為だ」などと書かれた手紙が送られてきたという。

    手紙の送り主の法律事務所は、サンディエゴの店に対して8~10万ドルを要求し、支払わなければ訴訟を提起するとしているという。

    すでにロサンゼルスやサンフランシスコでの動きは報じられていたが、「まさかここまで広がるとは思っていなかった」サンディエゴの経営者らは慌てて対策を協議。「同様の訴訟が広がりかねない」と
    懸念しつつも、とりあえずメニューから「ホワイトツナ」の表記を削除し、訴訟が提起された場合には共同で対処することだけを決めた状態という。

    地元の韓国系商工会議所の会長は「韓国系和食店はほとんどが零細」と要求額の支払いは難しいとの見解を示し、「上のレベルで対応策を模索している」と話している。

    この報道に対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

    「米国の寿司バーで食べるホワイトツナの9割が偽物らしい。偽物を出すことは知っていたが、思った以上にひどかった」

    「サンフランシスコの次は、サンディエゴまで?少しは是正する努力をしてほしい」

    「ホワイトツナ大好きでいつも食べているのに・・・」

    「本当に偽物がそんなに多いのか?」

    「騙す業者がいるから、食の安全が守れない」

    「ホワイトツナが高いから?」

    「ホワイトツナといって違うものを出すんだと?開いた口がふさがらない」

    「昨日もたらふく食べたのに・・・あれは偽物か?」

    「長期的な売上のことは考えていないか?」

    「韓国ではタイの代わりに、ティラピアを出すこともある」

    (編集 MJ)


    関連スレ
    【韓国】米国の韓国人和食店、公益訴訟の脅威がサンフランシスコにも拡大・・韓国ネットの反応[04/18] [転載禁止]©2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1429284870/

    引用元: ・【国際】韓国ネット「偽物がそんなに多いのか?」 ―米国の韓国人和食店、“公益訴訟の脅威”がサンディエゴにも拡大[5/1]

    【和食って時点ですでに偽物じゃんwww 【国際】韓国ネット「偽物がそんなに多いのか?」 ―米国の韓国人和食店、“公益訴訟の脅威”がサンディエゴにも拡大[5/1]】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/01/31(土) 11:42:43.07 ID:???.net
    大ストアチェーンのホームプラスはオンラインショップ上で偽物のナイキのスポーツシューズを販売した疑いがあることについて、
    依然として責任はディーラーにあると主張し、商品交換を拒んでいる。環球時報(電子版)が伝えた。

    2014年9月、李さんはホームプラスで並行輸入企業から10万3000ウォン(約1万1000円)のナイキのスポーツシューズを購入した。
    その後、李さんはロゴなどに異変を感じ、品質検査を依頼した。しかし、ホームプラス側は「商品はすべて正規品だ」と拒絶した。
    最終的に、李さんは特許庁にシューズの写真と購入のいきさつをつけて送り、品質検査を依頼した。特許庁の検査結果は
    「偽物の可能性が高い」というものだった。そして、李さんは特許庁に商品をナイキ本社に送るよう請求した。ナイキ本社の見解は
    「この商品はナイキ製ではない」というものであった。しかし、ホームプラスはこの事件の責任は自社にあるのではなく、ディーラー
    にあるはずだと商品交換を拒んだ。

    ホームプラスは「これはホームプラスが販売した商品ではなく、並行輸入業者がホームプラスを通して販売したもの。ホームプラス
    はすでにこの商品の販売を停止し、今後は損害の規模と状況から、この企業と取引を続けるか判断する」としている。
    (翻訳・編集/酒井)

    ソース:Record China  2015年1月30日 18時6分
    http://news.livedoor.com/article/detail/9733469/

    引用元: ・【韓国】韓国大手ストアチェーンが偽物のナイキの靴を販売、責任はディーラーにあると商品交換を拒否[01/31]

    【韓国人相手なら全拒否もまた正論なんだよな 【韓国】韓国大手ストアチェーン ホームプラスが偽物のナイキの靴を販売、責任はディーラーにあると商品交換を拒否[01/31]】の続きを読む

    1: 讃岐うどんφ◆DMVtSSFzcg 2014/10/18(土)12:52:37 ID:beHlZDQdi
    板橋20m墜落後の負傷者救助 '正義'分かってみれば '偽'


    真偽を確認せずに報道した専門キャンセルハプニング

    【城南=ニューシース】ガンジヒェ記者= 17日に発生した京畿道城南市板橋テクノバレー野外広場孔崩壊事故現場で犠牲者収拾を助けた40代義人は分かってみれば'偽'であった。
    さらに、この男性は、犠牲者が移送された病院に現れ、事故の負傷者と主張して治療を受けるかと対策本部の関係者と取材陣を握って事故を直接経験したように、当時の状況を伝え、国内のある有力メディアは嘘を濾過せずにそのまま受け入れ書いたことが分かった。
    最終的には、メディアは「偽りの正義」の言葉だけを信じて記事を出したが、慌ててその記事を下す寸劇を演出した。
    国民の大多数が切なさを抱いて見守る災害現場に事実確認すらせずに無責任な報道行為をしたという批判が出ている。

    18日、メディアの報道によると、インテリアアップをするカン某(47)さんは、テクノバレー周辺の工事現場訪問を終えて同僚1人と一緒に午後5時45分頃、広場を訪れた。彼孔施設端セメント顎に腰掛けて演奏を見守ってカバーが崩れ墜落して20m下に落ちた。
    まず、墜落した観客先頭離れたカンさんは、すぐに我に返って、ほこりがいっぱい事故現場で救助隊が到着する前に意識が残っている負傷者を救うなど、現場の収拾を助けた。
    以降に到着した救助隊を支援グミョンジュルで死傷者を孔の上引き上げ後、自分も上がってきて、救急車の後部座席ではなく、前の座席に乗って毎分コマ送りの病院の緊急治療室に移動した。
    しかし、消防当局と病院側に確認した結果、カンさんのこのような正しい行動は、事実と異なっていた。 まず消防救助隊が犠牲者を救助するときグミョンジュルは使用していないことが明らかになった。
    現場の救助活動を担当した毎分消防署の関係者は「死傷者全員を地下駐車場をによって構造だった」とし「死傷者が腕や足に骨折をたくさん着てグミョンジュルを利用するのは難しいうえ、地下20mの深さを計るのは容易ではないしようとしたが停止した」と述べた。
    続いて「骨折患者はグミョンジュルに引き上げるのは難しい」とし、 "構造の後ストレッチャーに載せて移送した」と付け加えた。

    http://www.newsis.com/ar_detail/view.html?ar_id=NISX20141018_0013239030&cID=10202&pID=10200




    【いかにも朝鮮って感じだ - 韓国野外公演転落事故で負傷者救助に当たった男性は偽物w さっそくいつものパターンキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ