まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:候補

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/15(木) 08:41:49.91 ID:CAP_USER
    韓国のメディア監視組織「民主的メディアのための市民連合(Citizens’ Coalition for Democratic Media)」が
    このほど発表した報告によると、同国の結婚仲介業者が複数のユーチューブ(YouTube)チャンネルで、
    ベトナム人を含む外国人女性を花嫁候補として商品のように広告している。

    報告によると、2019年1月1日~7月10日までの約6か月間に、
    25のユーチューブチャンネルで4515本の紹介ビデオが掲載された。

    ベトナムの情報サイト「Zing News(ジングニュース)」が無作為に選んで518本を観察したところ、
    大半がベトナム人女性で、仲介業者のインタビューに答える内容だった。

    以前に韓国人男性がベトナムに出向き、花嫁候補として多くの女性を品定めする方法が非人道的だとして問題となり、
    2012年に結婚仲介法が改正され、同時に多くの女性を紹介することが禁止された。
    その後、結婚仲介業者はユーチューブを利用する方法に切り替えていった。

    韓国国家人権委員会が2018年6月に調査した結果によると、外国人花嫁の42%(920人中387人)が暴力を受けたことがあると回答。
    受けた暴力のうち、精神的暴力は81.1%、性的暴力は67.9%に上り、77人は武器で脅されたことがあるとしている。
    https://www.viet-jo.com/news/social/190814075956.html

    引用元: ・【国際】 韓国のYouTube、ベトナム人花嫁候補を商品のように広告

    【さすが人身売買大国 【国際】 韓国のYouTube、ベトナム人花嫁候補を商品のように広告 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/22(木) 22:57:55.56 ID:CAP_USER
    ◆反発招いたチョ・グク氏は日本批判の最先鋒
    チョ・グク氏は1965年釜山に生まれ、82年に16歳でソウル大学法学部入学。学生時代は社会主義運動に関わり、後に米国留学した。文在寅(ムン・ジェイン)政権発足と同時にソウル大学法学部教授から、青瓦台(大統領府)の民情首席秘書官に転身した。身長185センチの美男で、与党・民主党の次期大統領有力候補の一人である。

    文大統領の内閣改造計画に伴って青瓦台を離れ、法務部長官候補に指名されることになった。適格性を審査する国会での人事聴聞会が8月末にも予定されているが、野党とメディアが身辺調査に乗り出すと、様々な疑惑が持ち上がり物議をかもしている。

    そのひとつは、民間投資会社に74億ウォン(約6億7000万円)もの巨額投資約定をしながら、実際には10億5000万ウォン(約1億3000万円)しか投資しなかったのは財産隠しではないかという疑惑。また親族を通じた不動産偽装売買疑惑も持ち上がっている。いずれも本人は知らなかった、合法だと主張している。

    もっと強い批判にさらされているのが娘と息子の問題だ。

    チョ・グク氏の娘は、高校3年生の時に大学の医学研究機関に2週間インターン勤務した後、医学関連の論文の著者に名前を連ねた。しかし、高校生が専門的な学術論文を書けるはずがなく、チョ・グク夫妻のコネによるものだったのではないかとのが疑惑の一つ目。

    さらに、その論文が学会誌に掲載された後、「随時入学」という一般入試とは別枠で高麗大学に入学を果たしたため、不正入学疑惑が持ち上がっている。

    また、米国生まれの息子が韓米の二重国籍状態で、これまで軍の入隊を5度も延期していることが報じられた。チョ・グク氏は、来年入隊させるつもりだと主張しているが、不正入学と徴兵忌避は、韓国社会で不公平の象徴として強い反発を呼ぶ事案だ。

    チョ・グク氏が日頃から社会の公正性、学閥万能主義批判を主張してきただけに、まさに「大ブーメラン」となって、その道徳性が強い批判にさらされる事態になっている。

    韓国政治に精通する、韓国のあるNGOの代表は、
    「投資したり金儲けをしたりするのは悪いことではない。しかし、チョ・グク氏は朴槿恵(パク・グネ)政権時代の不正腐敗、不公平を激しく批判してきた人物。彼の二重性と欺瞞は強い反発呼ぶだろう」
    と分析した。(石丸次郎)

    http://www.asiapress.org/apn/2019/08/korea/in-a-pinch/

    引用元: ・【韓国】文大統領の後継候補が大ピンチ 「公平」主張しながら財産隠しと子供の不正進学、軍入隊忌避など疑惑続々(8/21)

    【相応しい人物ではないか 【韓国】文大統領の後継候補が大ピンチ 「公平」主張しながら財産隠しと子供の不正進学、軍入隊忌避など疑惑続々(8/21) 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/08/30(木) 00:05:23.97 ID:CAP_USER
    no title

    ▲エイペクセル(株)のノーベル物理学賞韓国代表選定記念「ナノ革命で4次産業革命率いる」という主題の講演・討論が29日(水)開催された。(写真=内外ニュース通信)

    [ソウル=内外ニュース通信] 韓国の地元企業エイペクセル(株)が開発した「天然ナノ素材技術」がノーベル物理学賞韓国代表候補に選ばれた。

    韓国ノーベル財団(総裁イ・ヒジャ)が主催したエイペクセル(株)のノーベル物理学賞韓国代表選定記念「ナノ革命で4次産業革命率いる」という主題の講演・討論が29日(水)午後4時からゲイタートル(麻浦区)で開催された。

    この日の行事では韓国ノーベル財団ユ・ジェギ博士がノーベル物理学賞韓国代表選定経過報告をし、続いてノ・ウンレ議員(共に民主党)とユ・ドングァン麻浦区庁長、韓国産業融合学会チェ・マンボム会長の祝辞があった。

    特にエイペクセル(株)韓国天然ナノ科学館カン・テイル館長がノーベル物理学賞候補技術である「偉大なカルシウム」を紹介をした。

    この製品は既存の体内吸収率20パーセント未満のカルシウム剤を体内吸収率99.9パーセントにした画期的な製品だ。

    チョ・ギョンチョル記者

    ソース:NBNニュース(韓国語) 韓国ナノ企業エイペクセルノーベル物理学賞候補に上がって
    http://www.nbnnews.co.kr/news/articleView.html?idxno=171534

    前スレ
    http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1535547375/

    引用元: ・【ノーベル賞】ノーベル物理学賞韓国代表候補決定~韓国ナノ企業エイペクセルの「偉大なカルシウム」[08/29] ★3

    【【ノーベル賞】ノーベル物理学賞韓国代表候補決定~韓国ナノ企業エイペクセルの「偉大なカルシウム」[08/29] ★3 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/05/30(水) 11:44:12.78 ID:CAP_USER
    http://japanese.joins.com/article/838/241838.html

    大邱(テグ)地域の市民団体が韓日慰安婦合意を擁護したという理由を挙げて姜恩姫(カン・ウンヒ)大邱市教育長候補の辞退を求めた。

    勤労挺身隊ハルモニ(おばあさん)と共にする市民の会をはじめ、大邱地域40個余りの市民団体は28日、大邱市中区(チュング)ヒウム日本軍慰安婦歴史館で記者会見を開き、「姜前女性家族部長官が大邱教育長候補の登録をしたという事実に怒りと侮辱感を禁じ得ない」とし「韓日慰安婦合意を擁護した姜候補には教育長としての資格はない」として候補辞退を要求した。

    続いて「日本軍慰安婦生存者の名誉と尊厳を傷つける人が教育長になった時の学生の人権と教育福祉現場は想像するだけでもおぞましい」とし「このような人物は新たな時代の教育について語ったり、責任を負ったりするべき適任者ではないばかりか、民主主義と教育を壊した主役として断罪して審判を受けなければならない」と主張した。

    姜候補は2016年1月から昨年7月まで女性家族部長官を務めた。姜候補は2016年9月8日に京畿道広州(キョンギド・クァンジュ)にある社会福祉施設「ナヌムの家」を訪れ、慰安婦被害女性に「日本政府は過ちを反省し、謝罪し、許しを乞うた。財団にお金を送ってきたので、皆さんに分け与える予定だ。安心してほしい」と述べて批判を受けていた。

    引用元: ・【韓国】韓日慰安婦合意を擁護した教育長候補に「辞退し審判受けるべき」[05/30]

    【【韓国】韓日慰安婦合意を擁護した教育長候補に「辞退し審判受けるべき」[05/30] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2017/12/04(月) 15:50:58.63 ID:CAP_USER
    no title

    no title


    国際オリンピック委員会(IOC)が1日、公式ホームページに「もう一つのホームである平昌(ピョンチャン)五輪を待っているスター」として、米国の韓国系スター選手のクロイ・キム(17・写真)を紹介した。クロイは14歳で、最年少の米国代表に選出され世界を驚かせたが、五輪出場の年齢制限(16歳)で2014年のソチ大会には出場できなかった。

    4年を待っての初五輪出場ということもあるが、両親の生まれた国で開かれる平昌五輪は、クロイにとってはさらに格別なものがある。クロイはカリフォルニアで生まれ育った韓国系2世だ。おばたちが住んでいる韓国はクロイにとっては「第二の故郷」だ。

    父のキム・ジョンジンさんは1982年に26歳で800ドルを手に持って米国に移民した。2000年に生まれたクロイを、4才のとき初めてスノーボードを乗せたという。単なる趣味でやらせたことだが、クロイが6才のとき、全米スノーボード連合会(USASA)大会で銅メダルを獲得すると、キムさんは会社を辞めて娘と一緒にスイスに2年間の留学に出た。午前4時にジュネーバーを出発し、列車を2度乗り換えてフランスのアヴォリアーズ山で練習をしては、家に帰ってくると夜11時が過ぎていた。米国に戻ってからはキムさんは毎日練習地まで往復6時間を運転した。クロイは、今も「父の献身が今日の私を作った」と話している。

    10歳のときから細かい技術のトレーニングまで体系的に学び始めたクロイは、「天才スノーボーダー」と呼ばれるほど、急成長を見せ、14歳のとき初出場したハーフパイプW杯で優勝を果たし、世界に自身の名を知らせた。2016年のグランプリでは女子では初めて「バックドゥバック1080(連続3回転ジャンプ)」を成功させ100点満点を得て「クロイシンドローム」を巻き起こした。スノーボード史上、国際大会で満点が出たのは男子ハーフパイプの伝説、ショーン・ホワイト(米国)が2012年のXゲームで記録して以来初めてだった。

    まだ高校生のクロイだが、女子ハーフパイプの女王に君臨している。すでにXゲームで3年連続の金メダルと、2年連続の全米オープン優勝、米国発のユース五輪金メダル、国際スキー連盟(FIS)W杯ランキング1位という偉業を残している。

    任寶美

    ソース:東亜日報日本語版「クロイ・キム」 平昌五輪ハーフパイプの最有力「金」候補
    http://japanese.donga.com/List/3/all/27/1144584/1

    引用元: ・【平昌五輪】 ハーフパイプの最有力「金」候補「クロイ・キム」[12/02]

    【【でも米国代表なんでしょ? 】「平昌五輪ハーフパイプの最有力「金」候補は、韓国系の「クロイ・キム」」東亜日報】の続きを読む

    このページのトップヘ