まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:倍

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/02/21(火) 01:59:43.24 ID:CAP_USER
    来月小学校に入学する新1年生はハングル教育をこれまでの倍以上受けることになる。教科書はさらに薄くなり、遊びや活動中心の内容で構成される。教育部はことし3月から小学校1~2学年で使われる新しい教科書の改編内容を19日に案内した。

    学習負担を減らすために教科書のページ数は従来の80%水準となる。1年生1学期の教科書の場合、国語(国語・国語活動)は412ページから344ページに減り、数学(数学・数学活動)は322ページから220ページに減った。

    日本の道徳にあたる「正しい生活」や理科と社会をカバーする「賢い生活」、体育と音楽領域を総合的に学ぶ「楽しい生活」が統合された春・夏教科書は340ページから238ページに減った。

    新しい小学教科書はハングル教育を強調しているのが特徴だ。小学1年教育が事実上ハングルを学習済みで入学することを仮定していたことから、これまで私教育を誘発していたという批判にともなう改編だ。

    これまで小学1~2年生で27時間だったハングル教育時間は60時間に増える。授業は最も基礎的な「鉛筆の持ち方」から始めて子音・母音を学び、パッチム(母音の後ろについた子音)のない文字、パッチムのある字の順で習う。

    難しい二重パッチムは2年生までに習うようにする。機械的な書き取りはやめる代わりに、碁石で母音・子音の模様を作ってみるなど遊び中心に教えるようにした。

    教師用指導書には「書き取り問題を難しく出題したり、頻繁に実施したりしないように配慮する。特にこれを点数化しない」という内容が含まれた。

    教育部教科書政策課のキム・ジュヨン課長は「ハングル教育を公教育で責任を負うというのが改編の趣旨」と明らかにした。

    他の教科でもハングルの負担を減らした。字数を減らし、図など比重を増やしている。

    特に、数学では「ストーリーテーリング」の比重を大幅に減らした。ストーリーテーリングは単純に公式を覚えるのではなく学習内容に関する話を読み、自然に数学概念を教えるというやり方だ。

    だが、ハングルをきちんと理解できていない子供には難しすぎるという指摘が提起されてきた。

    教育部によると、ストーリーテーリングのページ数は従来の15.3%から7.3%に減った。

    一方、ことしから導入される新教科「安全な生活」は、週1時間ずつ創意的な体験活動時間を活用して進める。学校生活での事故や交通安全、災害安全などの内容を体で体験できるように構成されている。

    中央日報/中央日報日本語版 2017年02月20日15時23分
    http://japanese.joins.com/article/974/225974.html

    関連
    【韓国】小学生用漢字300字戦争 ハングル学界「まだ脳が熟していない子供たちに漢字の負担と恐怖心だけ植え付けることに」[2/20] [無断転載禁止]©2ch.net
    http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1487609583/

    引用元: ・【韓国】新小学1・2年生、ハングル授業が従来の倍、教科書はさらに薄くなり、遊びや活動中心の内容で構成される[2/20] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【これぞ究極のゆとり】韓国の新小学1・2年生、ハングル教育時間が倍に増えるも、教科書のページは減る】の続きを読む

    1: LingLing ★@\(^o^)/ 2015/08/29(土) 19:09:38.68 ID:???.net
    ■韓国、売春摘発件数が2年間で2.7倍、済州島は10倍に―韓国メディア
    Record China 8月29日(土)9時27分配信

    2015年8月28日、韓国・聯合ニュースは、同日、国会安全行政委員会に所属する最大野党
    ・新政治民主連合の劉大運(ユ・デウン)議員が韓国警察から入手した資料をもとに、最近の
    2年間で警察の売春摘発件数が3倍近く増加したと報じた。環球網が伝えた。

    資料によると、2012年に比べ、2014年の非営利風俗店での摘発件数は13.7%減少したが、
    売春摘発件数自体は2.7倍の増加となっている。そのうち、済州島での売春摘発件数は2012
    年は10件だったが、2014年には101件と約10倍となっている。

    地元警察によると、済州島地区では旅行客が増加しており、スマートフォンのチャットアプリを
    利用した性売買が増加しているという。劉大運議員は、「警察は粘り強く、取締まりを強化
    すべきだ」と指摘した。

    (翻訳・編集/霧島)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150829-00000023-rcdc-cn

    引用元: ・【韓国】 売春摘発件数が2年間で2.7倍、済州島は10倍に―韓国メディア[08/29]

    【韓国のお家芸【韓国】 売春摘発件数が2年間で2.7倍、済州島は10倍に―韓国メディア[08/29]】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/01/15(木) 16:00:09.43 ID:???.net
    今月13日、京畿道安山(キョンギド・アンサン)の多世代住宅で起こった人質劇は人質2人が殺害されるという悲劇で終わった。
    被疑者のA(47)が別居中の妻を呼ぶように求め、警察と対立するなか凶器を振り回して妻の元夫と養女が命を失った。
    同8日にはソウル恩平区(ウンピョング)で別居中だった妻が離婚を要求すると自身の11カ月の娘を監禁して「殺す」と脅迫した
    B(51)が警察に捕まった。さらに遡って同6日にはソウル瑞草洞(ソチョドン)で妻と2人の娘の首を絞めて殺害したC(48)が
    逃走6時間余りで捕まった。わずか8日の間に相次いで発生した「家族犯罪」だ。

    尊属・卑属殺害など、家族を対象に暴力を犯す犯罪が急増している。韓国警察庁の統計によると、家族犯罪は2008年1132件
    から2011年933件と減少傾向を示した後、2012年から再び増加している。2012年1036件、2013年1142件が発生した。
    特に最近6年間、毎年平均1143件の殺人事件が発生しているが、このうち家族殺害は毎年平均56件だった。殺人事件の約5%
    が家族の間で起きているということだ。米国(2%)や英国(1.5%)等に比べて数値が高い。類型別には家族暴行が3352件で
    最も多かった。続いて傷害(2292件)、殺害(336件)、脅迫(224件)等の順だった。

    最近、家族犯罪が増加している理由は何か。専門家は「経済的な理由」を真っ先に挙げた。ソウル地方警察庁検視官のチョン・
    ソングク博士は「10年前と比較して低成長が続く最近では、経済問題によって家族犯罪を起こすケースが増えた」と説明した。

    京畿(キョンギ)大犯罪心理学科のイ・スジョン教授は「経済的な理由で結婚などが破綻した場合、家族を利用して金銭的補償を
    受けようとする心理が働く」とし「保険殺人や遺産相続を狙った尊属殺人などがこれに該当する」と説明した。

    増える「精神疾患」も原因として取り上げられている。ソウル地方警察庁が昨年発表した「韓国の尊属殺害と子息殺害の分析」に
    よると、尊属殺害の原因のうち精神疾患と関連のある場合は全体の40%に達する。チョン博士は「先進国型の病気として過去に
    よく知られていなかったうつ病などに対する診断が、最近、犯罪原因として高い傾向を示している」と説明した。半面、過去の家族
    犯罪の主な原因だった「配偶者の浮気」は大幅に減った。

    「親に対する高い依存度」と「家父長的な家庭文化」等の韓国的な文化特性が家族犯罪を誘発しているという見解もある。子供の
    問題が解決できないのを親のせいにして親を殺害したり、親が子供を所有物と考えて子供と心中を試みる事例などが代表的だ。
    チョン博士は「親が子供を殺害して自殺するケースは韓国だけでよく見られる特性」としながら「家庭不和が高まる名節を前後に
    家族犯罪発生率が高く、子供のころに親から受けた家庭暴力が心の傷となって犯罪につながるケースもある」と話した。

    家族犯罪を減らすためには制度的な対策づくりと意識の変化が急がれるとの指摘もある。イ教授は「ささいな家庭暴力事件でも
    大型犯罪につながる可能性があるため警察など捜査機関が積極的に介入して強制処分を下さなければならない」とした。
    ソウル大医大法医学科のユ・スンホ教授は「子供を独立した人格体として認識する文化を定着させる必要がある」と話した。

    ソース:中央日報 2015年01月15日11時03分
    http://japanese.joins.com/article/325/195325.html?servcode=400&sectcode=400

    引用元: ・【韓国】殺人犯の5%は家族…先進国の2~3倍[01/15]

    【いかにも韓国社会らしいな 【韓国】殺人犯の5%は家族…先進国の2~3倍[01/15]】の続きを読む

    このページのトップヘ