まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:俳優

    1: 鴉 ★ 2017/12/17(日) 21:55:09.88 ID:CAP_USER
    「韓流が寒流に」の流れは変わったのか?~韓流映画とドラマのいま~
    2017年12月17日 12時11分
    コラム

    政治的に日韓関係は、春夏秋冬を問わず「厳寒状態」ともいわれた2017年。そんな中、K-POPでは兵役を終えた東方神起がドームツアーで約2年半ぶりに復活を遂げたほか、6月に日本デビューした女子中高生の間で絶大な人気を誇るガールズグループTWICEが、NHK紅白歌合戦にK-POPアーティストとして6年ぶりに出演するなど、明るいニュースも相次いだ。一方韓国ドラマは、2012年以降、フジテレビやTBSなどが地上波でのオンエアから次々と撤退。ヘイトスピーチや嫌韓ブームも重なり、「韓流ドラマは寒流に」と揶揄されたこともあった。だが、実は映画ドラマ共に、今も根強い人気を保ちつつ、新たなファン層を広げている。(文:桑畑優香)

     2017年の実績データを元とするTSUTAYA年間レンタルDVDランキングが先日発表された。アジアTVドラマ部門の結果を見ると、韓国放送時に最高視聴率41.6%を記録したソン・ジュンギ除隊後の復帰作「太陽の末裔 Love Under The Sun」を筆頭に、イ・ジュンギはじめ旬のイケメンスターたちが恋の駆け引きを演じる「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち」、本作で大ブレイクを果たしたパク・ボゴム主演の「雲が描いた月明かり」など、韓国の胸キュン・ラブコメディーがずらりと上位にランクイン。「韓国ドラマの主な視聴者層は初期のブームを継承する50代以上の女性だが、『太陽の末裔』は40代が中心で、20代のファンも多い」と、TSUTAYAの担当者。韓国ドラマの売り上げは、約18%で、洋画、邦画、アニメとならぶ4強ジャンルだという。

     同様に、「わが社では、韓国コンテンツは映画や歌舞伎と並ぶ3大柱の一つ」と証言するのは、スカパー!やケーブルテレビで放送しているCS放送局、衛星劇場の担当者だ。CSやBSで韓国ドラマはキラーコンテンツとされ、2017年11月現在CSで185本、BSで59本がオンエアされている(韓国コンテンツ振興院調べ)。衛星劇場でも韓国ドラマの放送を昨年の26本から今年は34本に増強した。

     中でも新しいトレンドはサスペンスドラマだ。ここ数年韓国ではケーブルテレビ局のドラマ制作が盛んになり、過激な暴力をタブーとしてきた地上波をしのぐ、自由な発想と表現の作品が続々と誕生。「シグナル」「ボイス ~112の奇跡~」などサスペンスの秀作が日本にも上陸している。さらに、今年の秋には、韓国でも大人気の作家、宮部みゆき原作の『ソロモンの偽証』(韓国版)がDVDとしてリリースされた。「良質のサスペンスによって、ラブコメファンのみならず、韓国ドラマを観る層の間口が広がった」 と、ドラマ配給会社エスピーオーの担当者は手ごたえを明かす。

     一方、韓国映画も好調だ。2015年に日本に輸入された韓国映画は43本、2016年は55本と上昇傾向にあり、いずれもアメリカおよびイギリス映画に次ぐ勢いだ(外国映画輸入配給協会調べ)。 特筆すべきは、9月に公開されたサバイバルアクション『新感染 ファイナル・エクスプレス』が、満席の劇場が続出するなど大きな反響を呼んだこと。ヒットの理由を映画配給会社ツインの担当者は、「ハリウッド的技術のゾンビ映画でありながら、イクメンになれない働きマンの父親と娘など韓国特有の人間ドラマがちゃんと描かれ、そこにほろっと感動したのでは」と分析。これまで韓国映画を観たことがなかった10代、20代が友達や恋人と映画館に足を運ぶ新しい流れを生んだ。

     もともと、『親切なクムジャさん』のパク・チャヌク監督や『殺人の追憶』のポン・ジュノ監督のような骨太の作品で40代以上の男性に人気の韓国映画だが、近年はイ・ビョンホンやカン・ドンウォン、チョン・ウソンといった「元韓流ドラマのアイドル」がトップスターとして君臨。イケメンで人気を博した(いまももちろんイケメン!)俳優たちが、年を重ねて演技派の役者へと成長。人気と実力を盾に、『MASTER マスター』や『アシュラ』などハードボイルドな作品に出演し、男女ともにファンの心を射止めている。

    https://m.cinematoday.jp/news/N0096674?__ct_ref=https%3A%2F%2Fwww.google.co.jp%2F

    引用元: ・【コラム】春夏秋冬を問わず「厳寒状態」ともいわれた2017年の日韓関係・・・それでも新たな人々を魅了する韓国ドラマ

    【【押し付けられてもね~!】韓国映画関係者「『勢いのある韓国映画にぜひ出演したい』という日本の俳優もたくさんいる」【cinematoday】】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/04(金) 10:38:36.34 ID:CAP_USER
     韓国映画「軍艦島」が、日本人配役に日本の俳優ではない、韓国人俳優を起用したキャスティングのビハインドストーリーが公開された。

     リュ・スンワン監督によると「軍艦島」には、日本人俳優が一人も出演していない。日本が歪曲している軍艦島の隠された真実を基にした映画であるだけに、日本の俳優をキャスティングするのが難しかったのだという。

     日本のエージェンシーを通してキャスティングを試みたものの、日本人俳優のキャスティングは叶わなかった。これは、自国内の活動を続けていかなければならない日本人俳優が、「軍艦島」に出演することに対して”負担”を感じたものとみられる。

     長くかかったキャスティング作業の末、俳優キム・ジュンヒが日本人”ヤマダ役”に、また、映画「パク・ヨル」や「ドンジュ」で印象的な日本人の演技を見せ注目された在日3世の俳優キム・インウが鉱業所所長”シマザキダイスケ”役に抜てきされた

     このキャスティングについてリュ・スンワン監督は「日本人役をキャスティングする過程は、本当に大変だった。数か月間、努力したが日本人俳優をキャスティングすることはできなかった。キム・ジュンヒとキム・インウが日本人役にキャスティングされたわけだが、観客へ強くアピールすることができる俳優だと思った」と説明。

     実際に、映画の没入度を高めているキム・ジュンヒとキム・インウは、観客に強い印象を残している。

    http://www.wowkorea.jp/news/enter/2017/0804/10195169.html

    no title

    引用元: ・【韓国】映画「軍艦島」に日本人俳優が出演していない理由とは…明かされたビハインドストーリー[8/04] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【本当に日本人に嫌がらせしたいだけ】軍艦島の隠された真実を基にした映画「軍艦島」に日本人俳優が出演していない】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/07/11(火) 06:28:24.56 ID:CAP_USER
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=183925&ph=0

    2017年7月10日、韓国・聯合ニュースによると、米CBSで放送されている人気ドラマ「Hawaii Five-0」に出演する韓国系俳優ダニエル・デイ・キムとグレイス・パクが、出演料差別問題でドラマを降板したことが分かった。

    9日(現地時間)、米CNN放送などによると、2010年から同ドラマに主演として参加してきた韓国系俳優2人は、同僚の白人俳優と同等の出演料の支払いを求めたが、拒否されたため降板を決めた。

    CBSは次のシーズンに向けた賃金交渉で、韓国系俳優2人に対し、共にドラマに出演する白人男性俳優より10~15%少ない出演料を提示したという。

    ダニエル・デイ・キムは自身のフェイスブックで「CBSと新たな契約条件の合意に至らず、ドラマを降板するという難しい決断を下した」と明らかにした。その上で「平等への道は簡単ではない。変化は難しいかもしれないが、未来に期待してほしい」と訴えた。

    CBSは声明を発表し、「ダニエル・デイ・キムとグレイス・パクはドラマの重要なメンバーだった。私たちは彼らを引き留めるため相当な賃金の引き上げを提供しようと努力したが、合意に至らなかった」と明らかにした。

    最近数年間、ハリウッドで性別や人種に基づく俳優の出演料差別問題は大きな話題となってきた。CNNは「今回の韓国系俳優2人の降板は構造的に白人・男性俳優が非白人・女性俳優より高く評価されるハリウッドの慣習が反映された」と指摘している。

    米ワシントン・ポスト紙も2人の降板について「米放送局のアジア人俳優への評価に疑問を抱かざるを得ない」と指摘し、「これまでに明らかになった事例は氷山の一角に過ぎない」と強調した。

    この報道に、韓国のネットユーザーからは「米国も人種差別問題がなくなるにはまだまだ時間がかかりそう」「米国は巧妙に差別を続ける国だ」「そんな!2人が出ているから今まで見続けてきたのに」「Hawaii Five-0は終わった。韓国人を見下して無事でいられるわけがない」など批判的なコメントが数多く寄せられている。

    そのほか「かっこいい。つらい決断だっただろうに」「プライドは誰かに守ってもらうものではなく、自ら守るものだ」など韓国系俳優の決断を称賛するコメントもみられた。

    また、「これでも韓国で米国映画が公開されたら見に行く人たちがいる。プライドはないの?」「この事実を知った後でも、韓国人は無名の米国人俳優との写真撮影会に群がるのだろう」「出演料が少なくてもいいというアジア系俳優はいくらでもいる」などと嘆く声も。

    一方「米国だけの問題かな?韓国でも同じことが言えるのでは?」「当然だよ。韓国では韓国人が最も多く出演料をもらうのだから」「出演料は人気度と比例するのでは?人種差別と騒ぐのはオーバー」との意見もみられた。

    引用元: ・【韓国】韓国系俳優が「ギャラ人種差別」問題で米ドラマを降板=韓国ネット「韓国人を見下すなんて」[07/11] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【勘違いしなさんな】「ギャラ人種差別」韓国系俳優ダニエル・デイ・キムとグレイス・パク、同僚の白人俳優と同等の出演料を求めたが拒否される】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@無断転載は禁止 2017/06/01(木) 11:18:57.02 ID:CAP_USER
    韓国ファンが送った「慰安婦ブレスレット」をつけて現れたハリウッド俳優
    2017年06月01日09時01分
    [? 中央日報/中央日報日本語版]

    Aさんが俳優トム・ハーディーに贈ったという慰安婦ブレスレット
    no title


    ハリウッド俳優トム・ハーディ(Tom Hardy)が、韓国ファンが贈った慰安婦ブレスレットをつけて現れた。

    30日、あるツイッタリアンAさんは自身がハーディに送った慰安婦ブレスレットを彼が手首にしていることを見つけたとし、写真数枚をツイッターに掲載した。

    Aさんが送ったブレスレットは慰安婦被害者女性を支援している企業マリモンドが製作したものだ。

    黄色・青色・茶色で編み込まれたブレスレットには少女を形象化した装飾が付けられている。

    31日(現地時間)、米紙ザ・サン(The Sun)にキャッチされたハーディの手首には該当の装身具と思われるブレスレットが巻かれていた。ハーディはブレスレットをしたままバイクに乗っている。

    ハーディの手首にあるブレスレットは二重なので、ひょっとしたらAさんが送ったプレゼントではないかもしれないが、Aさんは「このブレスレットは二重にもなる」とその様子を証明する写真を掲載した。

    Aさんはハーディに「慰安婦女性たちは太平洋戦争の被害者であり、性的奴隷として搾取されたが、何の賠償も受けることができなかった。そして依然とこの問題で戦っている」と、ハーディに慰安婦の存在を説明したと伝えた。

    それとあわせて「あなたがこのブレスレットをつけてくれたらとても大きな慰めになる。政治的に受け取らないでほしい」と伝えたと明らかにした。

    http://japanese.joins.com/article/667/229667.html?servcode=700&sectcode=740&cloc=jp|main|breakingnews

    引用元: ・ハリウッド俳優が慰安婦ブレスレットつけ登場 韓国人が「慰安婦は性奴隷で何ら賠償受けてない」「あなたにつけてほしい」とプレゼント [無断転載禁止]©2ch.net

    【【騙されたな】俳優トム・ハーディー「慰安婦は性奴隷で何ら賠償受けてない」慰安婦ブレスレットをつける】の続きを読む

    1: 鴉 ★@無断転載は禁止 2017/03/06(月) 20:48:54.90 ID:CAP_USER
    親日派騒動が影響? カン・ドンウォンが予定をキャンセル

     母方の曽祖父が親日派だとして騒動に巻き込まれていた俳優カン・ドンウォンが、予定されていた映画『隠された時間』コメンタリー収録の日程を取り消した。


     映画『隠された時間』を配給する(株)ショーボックスの関係者は6日午後、スターニュースの取材に対し「きょう(6日)、カン・ドンウォンが参加する予定だった『隠された時間』コメンタリーの収録は取り消しになった」と語った。

     この関係者は「今回のコメンタリー収録は『隠された時間』DVD制作に関連するもので、監督および主演カン・ドンウォン、シン・ウンスが参加する予定だった。この日程は、少し前から変更しようとしており、きょうの予定は取り消された。今後、日程を調整してあらためて行う予定」と説明した。

     続いて、カン・ドンウォンの日程取り消しについては「具体的なことはよく分からない」と言葉を濁した。

     カン・ドンウォンは最近、母方の曽祖父イ・ジョンマン氏に親日的な行動があったという記述について削除を要請し、物議を醸していた。その後、所属事務所のYGエンターテインメントとカン・ドンウォンは公式に謝罪を行った。その一方、カン・ドンウォンの母方の祖母が独立運動家ノ・ウォンピルの子孫だということも明らかにした。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170306-00002128-chosun-asent

    引用元: ・【韓国】「母方の曽祖父が親日派だ」騒動の影響?俳優カン・ドンウォンがコメンタリー収録の日程を取り消し [無断転載禁止]©2ch.net

    【【リアル李くん日記】「母方の曽祖父が親日派」俳優カン・ドンウォンの収録が取り消しに】の続きを読む

    このページのトップヘ