まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:保有

    1: まぜるな!キケン!! 2020/12/14(月) 15:24:34.29 ID:CAP_USER
    「最高尊厳を暗 する陰謀に関するコメディ映画のDVD10万個を風船に入れて北にまいた状況を考えてほしい。北は長射程砲を撃たないだろうか」。

    国会外交統一委員長を務める宋永吉(ソン・ヨンギル)議員(共に民主党)が14日、対北朝鮮ビラ禁止法(南北関係発展法)に対するフィリバスター(合法的議事進行妨害)の2番目に登場し、このように述べた。

    宋議員は「わが国の保守勢力が陥る誤謬は、北を悪魔化、殺人魔化しながらも、同時に彼らが非常に合理的で理性的な行動をすると錯覚すること」とし「北をそれほど非理性的な国だと批判しておいて、長射程砲を撃てばどうなるのか」と話した。

    保守陣営の対北朝鮮ビラ散布主張が、普段の北朝鮮に対する態度と矛盾するという指摘だ。宋議員は4時間にわたるフィリバスターで、対北朝鮮ビラ禁止法の必要性を説明した。

    宋議員は「戦争というものは意図でなく誤解と失敗から生じるケースがいくつも存在する。1912年のサラエボ事件が第1次世界大戦につながり、バルカン半島が欧州の火薬庫と呼ばれている」とし「韓半島(朝鮮半島)は第2のバルカン半島になるかどうかの岐路に常に立っている」と主張した。

    続いて「ある脱北者の客気、その団体の募金活動のためのイベント事業が国際的な紛争に飛び火すればどうなるのか」と語った。

    これに先立ち対北朝鮮ビラ禁止法のフィリバスターの最初に登場し、10時間も壇上に立っていた太永浩(テ・ヨンホ)国民の力議員に対し、「太議員は大韓民国の法の勉強をする時間が不足していたようだ。外交専門家というが、北で外交官をした」と批判した。

    太議員が対北朝鮮ビラ禁止法について「南北関係を牽引すべき法が処罰する法になっている」と述べたことを取り上げ、宋議員は「国民の生命・身体に危害を及ぼしたり、深刻な危険を発生させてはいけないという拘束要件を設けている。単にビラ散布によって罪が成立するのではない」と述べた。

    宋議員は文在寅(ムン・ジェイン)政権が主張してきた終戦宣言については、「終戦宣言にどのような意味があるのか、法的拘束力も一つもなく、守らなければいけない義務もない象徴的な宣言にすぎない」とし「ただ、雰囲気を非核化に向かわせるための環境づくりに意味がある。これを非核化と交換をしようというのは外交の基本を知らないことだ」と一蹴した。

    宋議員は6月、金ギョン侠(キム・ギョンヒョプ)議員が代表発議した韓半島終戦宣言要求決議案に与党議員174人と共に名を連ねた。

    宋議員は北朝鮮の核について「自分(米国)は5000個以上の核兵器を保有して毎年発展、開発しながらも、どうすれば北には核を保有するなと強要できるのか。バイデン政権になれば、また戦略武器協定と中距離ミサイル協定を提起しなければいけない」と述べた。

    韓米同盟に関しては「韓米同盟は米国の言う通りにするのではなく、同じ原則を共有する価値同盟だ。韓米同盟に批判の声を出すことについて針小棒大に話す保守メディアの偏狭な視点が間違っている」と指摘した。

    国会外交統一委員長のこうした発言に対し、野党は強く批判した。

    元外交部次官の趙太庸(チョ・テヨン)国民の力議員は中央日報との電話で「韓国の外交統一委員長でなく北の統一戦線部長のような発言だ。大韓民国の外交を助けるどころかつぶす行為」とし「586運動圏の考えが依然として北に傾倒していることを見せた。バイデン政権が文在寅政権をどう考えるか深く憂慮される」と話した。


    中央日報日本語版 2020.12.14 15:10
    https://japanese.joins.com/JArticle/273348

    引用元: ・【韓国与党議員】 「米国は核5000個も保有するが、北に核放棄を強要できるのか」 [12/14] [荒波φ★]

    【馬鹿議論【韓国与党議員】 「米国は核5000個も保有するが、北に核放棄を強要できるのか」 [12/14] [荒波φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/10/20(火) 08:31:29.75 ID:CAP_USER
     韓国石油公社が国内技術で初めて開発した海外ガス田をロシアの国営石油会社に「1ドル」で売却しようとしていることが19日までに分かった。産出量が開発当時に予想した量よりも急速に減少し、採算性が悪化したと判断したためだ。

     姜勲植(カン・フンシク)国会議員(共に民主党)によると、石油公社は最近、ベトナムの第11-2鉱区で保有するガス田の権益をロシア国営石油会社のザルベズネフチに1ドルで売却する計画について、法律コンサルタントを国内の法律事務所に依頼した。姜議員と石油公社によると、同鉱区はベトナム南部ブンタウから280キロメートル離れた海上にある。1992年に探査を開始し、2003年にガス田が発見され、06年12月に生産を開始した。石油公社と韓国企業が開発に加わり、韓国側の権益は75%だった。当時韓国側はこのガス田の開発で15億ドルの売り上げと23年間にわたる生産が可能と試算していた。

     しかし、生産開始から9年目の15年に生産量の減少が続き、運営コストが収益を上回り始めた。17年1月からは生産したガスを消費地まで輸送する際、契約上の最低量も満たせなくなった。しかし、同ガス田に関する輸送契約は29年まで有効だ。このため、生産量が減少しても、契約上の輸送料は29年まで払い続けなければならない。

     石油公社は第11-2鉱区の現在の価値を2019年末現在で「マイナス2億ドル」またはそれは未満と推定している。保有を続けるほど損失が出る資産だ。石油公社が昨年末までに同鉱区に投資した金額は7億5600万ドル、回収した金額は7億9700万ドルだった。27年間の収益は4100万ドルにとどまった。

     このため、石油公社は第11-2鉱区に対する韓国側の権益全部(75%)をザルベズネフチに1ドルで譲渡することを目指している。ザルベズネフチに金銭を支払って譲渡する案も検討されているという。

     姜議員は「エネルギー分野の政府系企業が経済性に関する綿密な分析なしで海外資源開発に参入し、相当な社会的コストを誘発している。公社は事業性を検討するための長期コスト、便益分析で専門性を強化し、戦略的重要性が低い事業に対する合理的な出口戦略を取りまとめる必要がある」と指摘した。

    朝鮮日報日本語版 10/20(火) 8:20
    https://news.yahoo.co.jp/articles/89cacb3a2ac9c5e1f39aaa09bf4f6d18fa936935

    引用元: ・【朝鮮日報】ガス田がたった1ドル、韓国石油公社が「涙の処分」 保有を続けるほど損失 2019年末現在で「マイナス2億ドル」 [10/20] [新種のホケモン★]

    【テンプレだなw【朝鮮日報】ガス田がたった1ドル、韓国石油公社が「涙の処分」 保有を続けるほど損失 2019年末現在で「マイナス2億ドル」 [10/20] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/04/09(木) 16:01:07.93 ID:CAP_USER
    大企業A社は昨年の売上高が49兆8765億ウォン(約4兆4600億円)、営業利益は1兆2693億ウォンだった。前年と比較すると売上高は4兆6344億ウォン減、営業利益は8339億ウォン減だ。同社の関係者は9日、「いろいろと対外環境が急速に悪化していて心配」とし「今年は新型コロナウイルスの感染拡大でいつよりも厳しい一年になりそうだ」と懸念を表した。

    こうした心配はA社に限られることではない。数値でも立証されている。韓国経済研究院がKOSPI(韓国総合株価指数)上場企業685社の昨年の業績を分析した結果、昨年の韓国企業の収益性は大きく悪化し、現金性資産が減少する一方、借入金は増加したことが分かった。昨年、上場企業の5社に1社は営業利益で利子費用も支払えず、こうした状況が3年続く限界企業は2017年比で倍に増えたことが確認された。

    分析の結果、上場企業685社の現金性資産(現金・預金など)は2018年の142兆ウォンから2019年には131兆7000億ウォンへと10兆3000億ウォン減少した。特に半分以上の企業(355社、51.8%)で現金性資産が減り、上場企業全体の現金性資産は2年連続で減少した。一方、企業の借入金は大きく増えた。企業活動に必要な投資金などを外部から調達するケースが増えたからだ。借入金から現金性資産を差し引いた純借入金は2018年の171兆2000億ウォンから昨年は236億9000億ウォンへと38.4%増えた。

    さらに大きな問題は「利益を出せない」企業が増えているという点だ。昨年、利子補償倍率が1より低い企業は143社と、上場企業5社に1社(20.9%)が営業利益で利子を支払えない状況であることが分かった。利子補償倍率は企業の一年の収入から利子費用として使う比率がどれほどかを表す数値。この倍率が1より小さければ、営業利益より利子として出ていく費用の方が大きいことを意味する。利子補償倍率1未満の企業数は2016年の94社から2018年には123社、昨年は143社と増えている。さらに3年連続で営業利益で利子費用を支払えない「限界企業」は2017年の28社から昨年は57社へと倍に増えた。韓国経済研究院側は「企業の売上高が伸びない中で営業利益は大きく減少し、収益性が悪化した」と指摘した。実際、2018年に1190兆3000億ウォンだった分析対象上場企業全体の売上高は昨年1151兆8000億ウォンと3.2%減少し、営業利益は111兆3000億ウォンから55兆5000億ウォンへと50.1%減少した。

    企業の業績不振は在庫資産でも確認される。分析の結果、昨年上場企業が保有する平均在庫資産は99兆9000億ウォンと過去最大だった。製品が売れないため、それだけ在庫が増える。在庫が売り上げに反映される速度を意味する在庫資産回転率は11.5回と、2017年(14.3回)以降、悪化が続いている。在庫資産が売り上げにつながる平均日数も2017年の25.5日から昨年は31.7日と2年間で6日間ほど増えた。それだけ商品が売れるのにかかる時間が長くなったということだ。

    韓国経済研究院のチュ・グァンホ経済政策室長は「慢性的な限界企業がすでに増えた状況で、新型コロナ経済危機で崖っぷちに追い込まれる企業はさらに増える見込み」とし「存立の岐路に立つ企業が危機を乗り越えられるよう支援が求められる」と述べた。

    中央日報日本語版
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200409-00000041-cnippou-kr

    4/9(木) 15:51配信

    引用元: ・【中央日報】韓国企業、保有現金が減少、昨年上場企業が保有する平均在庫資産は99兆9000億ウォンと過去最大 [4/9]

    【この国崩壊してるじゃないか 【中央日報】韓国企業、保有現金が減少、昨年上場企業が保有する平均在庫資産は99兆9000億ウォンと過去最大 [4/9]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/09(土) 20:24:35.80 ID:CAP_USER
    韓国が原潜保有を準備 識者は「日本が狙われる可能性」指摘
    2019.11.09 16:00

     韓国が、攻撃型の原子力潜水艦(原潜)を保有しようとしている──10月10日、韓国の沈勝燮(シム・スンソプ)海軍参謀総長は、海軍に対する国政監査の場で、「北朝鮮および周辺国に対する抑止戦力として原潜の有用性と必要性を認識し、原潜の保有の準備を進めている」と述べた。それまで噂されていた原潜の建造について、公式に認めたのである。

     さらに、韓国紙・朝鮮日報(2019年10月30日付日本語版)は、米ワシントンで開催された専門家討論会で米海軍関係者が〈「米国は韓国が同盟国だとしても(原潜)技術を渡さないだろう」と語った〉ことを伝えている。アメリカは韓国の原潜建造に技術供与しないということだが、記事はこう続いている。

    〈韓国国防安保フォーラムのムン・グンシク対外協力局長は「韓国は小型原子炉を輸出するほどの技術と潜水艦建造能力を持っている」と語った。原子力研究所は既に2000年代前半に原潜用原子炉の基本設計を終え、韓国政府当局は小型原子炉の試験施設も造ったといわれている〉

     アメリカの協力を得られなくても、韓国には自力で原潜を開発する能力があることを示唆しているのだ。しかし、なぜ韓国は原潜を保有しようとしているのか。

     その理由を探る前に、潜水艦の種類について説明しておきたい。潜水艦には「原子力潜水艦」のほか、ディーゼルエンジンや電動の補助モーターなどを動力とする「通常動力潜水艦」がある。

     原潜はわずかな核燃料で長期間運行でき、原子炉で海水を蒸留して真水を作れ、発電した電力で水を電気分解して酸素も作れるので、理論的には半永久的に海中を潜行できる。現実には搭乗員の食料補給と肉体的・精神的な疲労の問題があるので、任務期間はおよそ2か月とされる。

     一方の通常動力型は積める燃料の量によって航続距離に限界がある。船内の換気とエンジンのバッテリー充電のため定期的に浮上する必要もあり、その際に敵に発見されやすい。
    https://www.news-postseven.com/archives/20191109_1482264.html/2

    引用元: ・【話題】韓国が攻撃型原子力潜水艦の保有を準備 日本が狙われる可能性[11/9]

    【どこに沈めるんだよ 【話題】韓国が攻撃型原子力潜水艦の保有を準備 日本が狙われる可能性[11/9] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/06/17(月) 13:11:06.30 ID:CAP_USER
    【ロンドン時事】スウェーデンのストックホルム国際平和研究所(SIPRI)は17日、世界の核軍備に関する報告書を発表し、米英仏中ロにインド、パキスタン、イスラエル、北朝鮮を加えた9カ国の核弾頭保有数が、今年1月時点で計約1万3865個だったとの推計を明らかにした。

    〔写真特集〕世界の核実験・核兵器
    https://www.jiji.com/jc/d4?p=ncl122&d=d4_mili

     全体の保有量の約9割を占める米ロ両国が、新戦略兵器削減条約(新START)に沿って戦略核を減らしたことから、前年比600個の減少となった。一方で両国とも、既存の核兵器や生産施設の近代化と更新に向け「大規模かつ高額なプログラム」を推し進めているという。
     中国の保有数は前年比10個増の290個。北朝鮮は前年の推定10~20個から同20~30個に増えた。報告書は北朝鮮について、「昨年に核実験と中長距離弾道ミサイルの試射中止を宣言した後も、軍用核開発を安保戦略の中心に位置付け、優先的に取り組んでいる」と分析した。

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019061700152&g=int
    時事ドットコム 2019年06月17日07時36分

    引用元: ・【世界の核兵器】1万3800個=北朝鮮は最大30保有-国際平和研[6/17]

    【反戦団体と反核団体の皆さん【世界の核兵器】1万3800個=北朝鮮は最大30保有-国際平和研[6/17] 】の続きを読む

    このページのトップヘ