まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:価値

    1: まぜるな!キケン!! 2019/07/15(月) 11:58:11.48 ID:CAP_USER
    最近、中小企業を経営する友人から聞いた話だ。

    「先日、取引先の一つである日本の企業から注文が突然途絶えた。特に理由を言わなかったが、何となく感じるものがあった。日本社会全般のムードが変わった。それが安倍政権の経済報復よりも恐ろしい」

    そうだ。韓国語で社会ムードを意味する日本の「空気」が変わった。日本の報復が一回だけの性質のものではなく、経済だけでなく政治、社会、文化など様々な分野に拡大することを予告する。だからといって大騒ぎすることではない。国と国の間、特にいつでも隣人から敵に急変し得る近隣諸国の間で起き得ることだ。

    ただ、日本は過去の過ちが多いため、むやみに対してもかまわないと見て、露骨に反日を統治の道具としてきた文在寅(ムン・ジェイン)政権が外交的覚醒をする契機になることを望む。

    むろん、この政権のせいだけでもない。外交を知らなかったり、外交を内政の手段とした前任、前々任の大統領の責任も大きい。

    韓日関係が歪んだ決定的な原因提供者は李明博(イ・ミョンバク)元大統領だ。2012年9月、任期末のレイムダックと内谷洞(ネゴクトン)私邸問題で窮地に追い込まれた李氏は、独島(ドクト、日本名・竹島)訪問と「天皇謝罪」カードを出した。特に「天皇も心から謝罪するのでなければ、韓国を訪れる必要はない」という発言は、日本社会の底流のタブーに触れた。最悪の外交失策だった。

    後任の朴槿恵(パク・クンへ)大統領は、中国と日本の間で板跳び外交をした。任期前半、親中外交で米国に韓米同盟を疑わしめ、2015年9月には、中国国家主席、ロシア大統領と並んで天安門の城楼に立った。米国の対アジア同盟の中心軸を韓米同盟から日米同盟に移動させたのは、朴槿恵外交の最大の失敗だ。その3ヵ月後には、日本と関係修復をするとして拙速に慰安婦合意を結んだ。

    それでも国家間の合意は尊重されなければならなかった。問題があるなら、水面下で外交的解決を模索しておくのが正しい。にもかかわらず、文在寅政府は、この合意を事実上、踏み潰した。国家間の合意まで無視する韓国は「試合中にゴールポストを移動する国」という認識が日本社会に油をまき、元徴用工判決が火を付けた。

    日本の「空気」がこのように変わったのは、韓国に過去のような経済的優越を感じることができないことも大きい。生活に余裕のない日本人の間で、「一体いつまで謝るのか」という不満が高まっているようだ

    問題は突破口が見られないということだ。安倍政権は内部的に理由を集め、決定的な時期を選んで提起した。当分「回軍」する考えはない。鍵は米国だ。米国は決心すれば、日本の措置を撤回させる力がある。それが日米関係だ。しかし、米国も今のところその意向はないようだ。

    一部では、世界1位の韓国の半導体産業が打撃を受ければ、米国の半導体産業が反射利益を得るという分析もある。しかし、米国が商売だけを考えて動く国ではない。金鉉宗(キム・ヒョンジョン)大統領府国家安保室第2次長をはじめ政府当局者があたふたとワシントンを訪れてSOSを送っても、「韓日両国が解決する問題」と言うのには理由がある。

    韓米、日米同盟を基盤とした日米韓3国安保協力は、東アジアでの米国の中国に対する牽制戦略の核心だった。これまで米国が、日米韓協力を阻害する韓日対立にアレルギーを示し、水面下で仲裁役をしてきた理由だ。その米国が、今回は生半可な反応を見せるのは普通ではない。

    韓米日3国協力を成す2軸である韓米、日米同盟ではっきりと後者を選択したという信号ではないだろうか。でなければ必要な時だけ韓米同盟を掲げる韓国政府への警告かも知れない。

    米国の真意は時間が経てば明らかになるだろう。分かっていることは、一方的に恩恵を与え、受ける同盟はあり得ないということだ。にもかかわらず、韓国は長年、米国が提供する堅固な安保という同盟の権利は享受し、同盟の義務は忘却したのではないか。米中間の綱渡り外交は事実上、同盟に対する裏切り行為だ。

    日本の経済報復が韓米同盟の無力化の序曲にならないようにするには、同盟の義務とは何か、十分に考えなければならない。ホルムズ海峡派遣だろうが、何であれ、血で結んだ韓米同盟の価値を再び米国に確信させなければならない時が来た。

    July. 15, 2019 07:37
    http://www.donga.com/jp/List/article/all/20190715/1790113/1/

    引用元: ・【東亞日報】 韓米同盟を揺さぶる日本の経済報復  韓米同盟の価値を再び米国に確信させなければならない時が来た [07/15]

    【反米なのにアメリカ頼み【東亞日報】 韓米同盟を揺さぶる日本の経済報復  韓米同盟の価値を再び米国に確信させなければならない時が来た [07/15] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/04/20(金) 06:32:09.33 ID:CAP_USER
    http://www.recordchina.co.jp/b593089-s0-c30.html

    2018年4月18日、韓国・朝鮮日報は、かつてアジア最大ともいわれた“韓国の秋葉原”の現状を報じた。

    記事が伝えているのはソウル市内の龍山(ヨンサン)電子商店街。記事は1987年7月にオープンした同商店街について「2000年代初頭までは年間の売上高が10兆ウォン(約1兆円)を上回り『アジア最大規模のITのメッカ』といわれるほど発達した」と説明している。しかしその後、オンラインショッピングの広がりと共に主力商品だったパソコンの需要が激減。同商店街は没落し、空き店舗の平均が20%を超えるまでになったそうだ。現在は小売機能がほぼなくなり、オンライン電子製品の倉庫と化しているという。

    これを受け、ソウル市では今月3日、同地区一帯を都市再生でよみがえらせるとした「Yバレー革新事業」を発表したという。龍山に若い創業人口を引き入れて活気を取り戻すというのが軸にあり、2020年までに約200億ウォン(約20億円)を投入する予定。若い創業者らがアイデアを試作品として具現化できる空間を用意、また若者がアイデアを交わす講義室を設けて韓国名門の高麗(コリョ)大・延世(ヨンセ)大など5つの大学の現場キャンパスとして運営されるそうだ。韓国産業技術振興院(KIAT)、龍山区起業支援センターなど11の機関も入ることになっている。この他にも、若者・単独世帯のための住宅と文化複合施設、動く歩道橋(141メートル)も設置する計画だという。

    しかし、ソウル市が同事業の成功に自信を見せている一方で、商店街の業者らは「Yバレー革新事業は龍山の活性化対策ではなく、現政府が好む『若者の失業対策』のようで残念」「日本の秋葉原が低迷した際は、アニメやゲーム関連の文化・エンターテインメント流通空間にしたことで競争力を回復していた」などと主張し、同事業に首をかしげているという。

    なお、専門家らは「立地が良く未来価値も十分あるため、ソウル市がしっかりした支援と政策方向を提示すれば商店街がよみがえる可能性は高い」とみているとのこと。

    この報道に、韓国のネットユーザーからは「ぼったくりで非良心的な世界だった。自業自得」「詐欺ばっか働いてたから没落したんじゃない?」「一度商品を買ったら二度と行かないところ」「本人たちもよく分かってると思うよ。店員が怖くて誰が買いに行けるか」「店員の態度も最悪」などかなり辛らつなコメントが相次いで寄せられ、中には「まずは商人たちを集めて教育からすべき」と提案するコメントも。

    記事内の「秋葉原」の表現に対しても、「秋葉原はアニメのフィギュアなど商品が特殊だから行く価値がある」「秋葉原を目指すのはあまりにも大きな夢」と異論が唱える声が複数上がった。(翻訳・編集/松村)

    引用元: ・【韓国】アジア最大といわれた“韓国の秋葉原”の現状に、ネットが辛口コメント「秋葉原は行く価値があるけど…」[04/19]

    【【韓国】アジア最大といわれた“韓国の秋葉原”の現状に、ネットが辛口コメント「秋葉原は行く価値があるけど…」[04/19] 】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2017/12/20(水)22:54:00 ID:Dft
    2017年12月20日、韓国・MBNによると、韓国国内で「文在寅(ムン・ジェイン)大統領が中国で屈辱的な扱いを受けた」との声が高まっている
    ことに対して、中国の東華大学に勤務するウ・スグン韓国人教授が反論した。

    ウ教授は19日、韓国のニュース番組に出演し、文大統領の初の中国訪問について「首脳の訪問には段階があるが、中国は最も格が高い国賓訪問とした
    。それぐらい中国は韓国との気まずい関係を早く改善しようと努力した」と説明し、「“文在寅冷遇論”と煽り立てる韓国メディアが韓中関係を台無しにしている」と主張。

    さらに「中国が冷遇しているなら、韓国は訪問すらできていない」とし、「日本の安倍首相は5年目にしてまだ訪中が実現していない」と指摘した。

    http://www.recordchina.co.jp/b232257-s0-c30.html

    引用元: ・韓国教授「安倍は中国訪問すらしていない。冷遇されても行った価値ある」

    【【必死すぎて哀れ】韓国教授「文大統領の訪中、冷遇されても行った価値ある。安倍は訪問すらしていない」】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/10/18(水) 22:56:58.96 ID:CAP_USER
    訪韓するトランプ氏に韓米同盟の戦略的価値を認識させるべきだ
    Posted October. 18, 2017 10:02,

    トランプ米大統領が来月3日から14日まで、韓中日3ヵ国とベトナム、フィリピンなどアジア諸国を歴訪する。大統領就任後初のアジア歴訪で、日本を経て韓国には7日午前に到着し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と韓米首脳会談を行った後、8日午後に次の訪問先の中国に発つ。ホワイトハウスは、「トランプ大統領のアジア歴訪は、北朝鮮の脅威に対処し、韓半島の完全かつ検証可能で不可逆的な非核化を望む国際社会の決意を強めるだろう」と強調した。米大統領の韓国国賓訪問(State visit)は、1992年のブッシュ元大統領の訪韓以来。

    歴訪の日程を見ると、ハワイの米太平洋司令部を皮切りに、在日米軍と在韓米軍の基地を訪れ、北朝鮮の核・ミサイル脅威に対する軍事的選択肢の態勢を視察する。安保・経済同盟国である韓国にとっては、北朝鮮核問題の解決策を模索すると共に、韓米自由貿易協定(FTA)改正問題を両国首脳が虚心坦壊に議論できる絶好の機会だ。

    トランプ氏は米大統領としては、1993年のクリントン元大統領以来24年ぶりに国会演説も行う。ホワイトハウスは、「韓米両国の持続的な同盟と友情を確認し、北朝鮮に最大限の圧力を加えるために国際社会の参加を呼びかけるだろう」と明らかにした。代議機関である国会での演説を通じて、米国の圧力政策に対する韓国国民の同意を得る狙いがある。与野党を離れて韓米同盟を通じた最高の対北圧力に歩調を合わせなければならない。

    北朝鮮に対して対話と軍事的選択肢という2つのカードを握るトランプ氏は、韓中日3国の首脳と会談を行い、自身の選択肢を明確にするだろう。文大統領は、北朝鮮との対話に執着しているという米国内の憂慮を解消し、韓国が排除された米朝対話の危険性を周知させる必要がある。文大統領は17日、「韓国は今、平和を守り、作り出すための力が必要だ」とし、独自の防衛産業力の確保が切実だと強調した。平和を守る力を育てるまでは韓米同盟の力に依存し、韓半島に漂う安保危機から抜け出さなければならない。

    韓米FTAに対しても、大統領が談判を行い、両国が安保と経済で「ウィン・ウィン」のパートナーであるという確信をトランプ氏に与えることを望む。安倍首相は、トランプ氏が大統領当選者だった昨年11月、ニューヨーク・マンハッタンのトランプ邸まで訪ね、今では腹を割って話をする間になった。トランプ氏は1998年と1999年に2度訪韓したことがある。必要なら、トランプ氏と彼の家族の韓国内の人脈を総動員しなければならない。トランプ氏の訪韓は、日本と中国の訪問の間に挟まれている。韓国がただの経由地になってはならない。今度こそトランプ氏に韓国の戦略的価値が日本や中国に劣らないことを認識させ、「韓国素通り(コリア・パッシング)」という言葉がなくなるようにしなければならない。

    http://japanese.donga.com/Home/3/all/27/1097629/1

    引用元: ・【韓国】訪韓するトランプ氏に韓国の戦略的価値が日本や中国に劣らないことを認識させるべきだ

    【【物乞いに価値とかw】「訪韓するトランプ氏に韓国の戦略的価値が日本や中国に劣らないことを認識させなければ」東亜日報】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/07/19(水) 22:14:27.99 ID:CAP_USER
    韓日両国首脳はドイツG20会議で両国間協力活性化に合意しシャトル外交を復元することにした。慰安婦問題は両側の立場が平行線のまま懸案として残された。韓国政府は日本との関係推進のための方案として慰安婦など過去の問題解決と実質的協力関係推進を分離するツートラック(two-track)政策を推進すると見られる。

    事実、ツートラック政策は前政府も試みた政策だ。しかし、この政策は水面下に潜む両国間の過去の問題が日本側の妄言などを契機に浮上し、国民感情が噴出して両国関係が梗塞し、日本との実質的な協力関係の凍結が繰り返され、これまで効率的ではなかった。ツートラック政策の進展のためには過去の歴史解決と実質的な協力関係の推進努力をバランス良く進める政府と国民の冷静な(cool)理性的接近が必要と見られる。

    日本との関係再設定に向けた私たちの冷静な接近には日本のアイデンティティの洞察が役に立つだろう。最初は、日本国内右傾政権の永続性だ。日本の近代化を成し遂げた明治維新の理念に政治的ルーツを置く右傾勢力は伝家の宝刀の富国強兵に永久に執着する可能性が高い。日本の良心勢力は過去の歴史を客観的視点で見ているが、日本社会の主流になって執権代替勢力に成長することは期待薄だ。

    従って帝国主義時代に関する日本の右傾的歴史観は変わらないだろう。日本は過去の歴史を忘却したのではなく、本心では神国の栄光ある歴史と見ており、韓国の植民支配に関する反省と謝罪は真正性がない通過儀礼に終わる。日本が過去の歴史を反省するということは、自らの歴史とアイデンティティを否定することで、これは日本の本性と世界観の限界の向こう側にあることを私たちは見抜いた方が良い。

    二番目、日本人の倫理観だ。1899年、「武士道とは何か(Bushido、the Soul of Japan)」を執筆した新渡戸稲造は、西洋法学者が日本の学校では宗教教育がなく、学生たちに道徳教育ができない問題点を指摘したことを契機に自身に善悪の観念を悟らせたのが武士道であり、封建制度と武士道について知らずに現代日本の道徳観念は理解できない事実を悟ったと序文で明らかにしている。

    「菊と刀」の著者、ルース・ベネディクトは、日本社会は絶対者の神の前に立つ人間の罪の文化ではなく、贖罪意識のない恥の文化と指摘する。恥の文化は道徳の基本体系を形成する原動力が罪の自覚ではなく恥辱感であり、恥をまぬがれることが先行する。

    このような日本的な右傾性と道徳律の伝統は、人類共通の価値を幅広く共有できない閉鎖性に照らし、過去の歴史に対する日本の真の謝罪を期待するのは木によって魚を求めるようなものだ。日本との過去の歴史葛藤は一日にして解決できず、長久な時間が必要とされる課題と見るならば、私たちが韓日関係の再設定について冷静と度量の広さがある接近が望ましいと考えられる。

    これに加えて、私たちの社会発展を通じて日本人たちが私たちに真の尊重感を持って見るようにすれば、私たちが願う真の謝罪ももっと早くなると考えられる。

    シン・ギルス、元駐ギリシャ大使
    no title


    ソース:京畿日報(韓国語) [世界は今]日本との関係再設定
    http://m.kyeonggi.com/?mod=news&act=articleView&idxno=1375407

    引用元: ・【韓国】 日本との関係の再設定~日本の右傾性と道徳律の伝統は変わらないと見て、冷静と度量を持った接近が望ましい[07/19] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【こんなのが元大使とかw】京畿日報(韓国語)「日本的な、人類共通の価値を幅広く共有できない閉鎖性」】の続きを読む

    このページのトップヘ