まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:住民

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/14(木) 15:27:26.70 ID:CAP_USER
    北朝鮮住民2人を韓国政府が追放し国際法違反議論が続く中、北朝鮮住民を韓国国籍者と認定した大法院(最高裁)の判例が注目されている。

    大法院は1996年、北朝鮮の公民証を所持し中国を経て韓国に入国した北朝鮮住民のイ・ヨンスンさんが法務部ソウル外国人保護所の強制退去命令に不服として提起した処分無効確認訴訟で原告勝訴の判決を下した原審を確定した。

    イさんは1960年ごろに北朝鮮から中国に渡り、駐中北朝鮮大使館から海外公民証の発給を受けた。92年の韓国入国時は不正に発給を受けた中国の旅券を利用し、法務部は違法入国外国人と見なして強制退去を命令した。当時大法院は「北朝鮮国籍者であっても憲法上北朝鮮はやはり韓国の領土に属する韓半島(朝鮮半島)の一部であり大韓民国の主権が及ぶとみることができる」と判示した。裁判所はまた「イさんが不正に発給を受けた中国の旅券を持っていたという点ひとつだけで中国国籍取得者とはみられない。したがってイさんは依然として韓国国民としての地位を持つ」と説明した。当時の大法院判決は韓国の領土を「韓半島と附属島しょ」と規定した憲法第3条を援用した。

    統一部は「彼らは殺人など重大な非政治的犯罪で保護対象ではなく国際法上難民と認定できないと判断した」とした。だが96年の大法院判決からみると自国民に対し難民かどうかを検討するという論理的誤謬という批判を呼びかねない。峨山(アサン)政策研究院のコ・ミョンホン研究委員は「現政権が脱北者を事実上海外難民として対応するとしたもの」と指摘した。

    https://s.japanese.joins.com/JArticle/259603?servcode=500&sectcode=510
    ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2019.11.14 13:14

    引用元: ・【韓国大法院(最高裁)】1996年判例「北朝鮮も憲法上韓国の領土…北住民も国民」[11/14]

    【北朝鮮の分も韓国が預かって【韓国大法院(最高裁)】1996年判例「北朝鮮も憲法上韓国の領土…北住民も国民」[11/14] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン! 2019/06/15(土) 16:15:09.89 ID:CAP_USER
    15日午前7時10分ごろ東海(トンヘ、日本名・日本海)で漂流していた北朝鮮の漁船が韓国江原道(カンウォンド)三陟(サムチョク)港に曳航された。この漁船は操業中に機関が故障して動力を失ったことが調査で分かった。 

      韓国海軍は北朝鮮漁船が北方限界線(NLL)を越えたことを把握していなかった。三陟港沖で操業中だった韓国の漁船が北朝鮮の漁船を発見し、午前6時50分ごろ海洋警察に通報した。海洋警察は北朝鮮漁船を近くの三陟港で曳航した。 

      政府筋は「北の漁船は小さな木造船」とし「レーダーでは確認しにくいうえ、東海では多くの漁船が動いているので海軍が発見できなかったようだ」と伝えた。 

      関係当局は合同尋問班を設置し、漂流する漁船に乗っていた北朝鮮住民を取り調べている。

    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=254474&servcode=500&sectcode=510
    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2019年06月15日 13時58分

    引用元: ・【中央日報】NLL(北方限界線)越えた北朝鮮漁船、韓国海軍は発見できず住民が通報 海洋警察は北漁船を近くの三陟港で曳航した[6/15]

    【韓国の沿岸防備は穴だらけ♪ 【中央日報】NLL(北方限界線)越えた北朝鮮漁船、韓国海軍は発見できず住民が通報 海洋警察は北漁船を近くの三陟港で曳航した[6/15] 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2019/02/17(日) 22:32:08.13 ID:CAP_USER
    2019年02月17日12時24分
    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

    仁川(インチョン)の売春街として知られる「イエローハウス」の撤去が始まった。性売買従事女性らによると16日午前8時30分ごろに撤去作業員がフォークレーンを動員して集結地内の食堂の建物を壊し始めた。

    この一帯にはまだ住民が居住している。住民のイさん(38)は「撤去業者が食堂をはじめ空き家の性売買業者など近隣にある建物を順に撤去している。町内が荒廃しないか心配だ」と話す。

    昨年6月に仁川市弥鄒忽区(ミチュホルク)は崇義(スンウィ)1区域地域住宅組合の設立を承認した。組合はイエローハウスと周辺地域1万5600平方メートルにマンションを作るため撤去を予告した。先月この地域の一部商店街・住宅を撤去したが、議論になった性売買業者を撤去したのは初めてだ。

    弥鄒忽区崇義洞にあるイエローハウスは1962年に造成された。一時は30ほどの業者が営業していたが、2004年の性売買防止特別法施行、2006年の崇義洞都市住居環境整備事業計画策定などで減り、現在は10カ所ほどが残っている。

    性売買従事女性と業者関係者など20人ほどが「行く所がない」として退去を拒否しており、撤去過程での衝突も懸念される。先月13日には撤去業者関係者が性売買業者関係者を暴行して立件されている。

    住民らは撤去にともなう対策を要求したが、弥鄒忽区は民間再開発事業であり区庁は介入しにくいと明らかにした。仁川弥鄒忽警察署は衝突が発生した場合には人員を配置する計画だ。

    残った住民らはイエローハウス移住対策委員会を構成し、14日に弥鄒忽区庁前で無期限1人デモを始めた。オ・チャンイ委員会代表は「数十年間働いて暮らしてきた生活の基盤なのに移住費を1ウォンも払わずに突然出て行けというのが話になるか。組合に移住補償金を要求する」と話した。

    オ代表はまた「弥鄒忽区が性売買女性らに自活支援金を払うと広報したために組合がこれを言い訳として補償金を払わない。われわれが望むのは実効性のない支援金ではなく補償金だ」と話した。組合側は補償金を建物主にすべて支給しており、性売買従事女性に対する補償計画はないという立場だ。

    弥鄒忽区は昨年9月に脱性売買を条件に1人当たり1年ずつ年間最大2260万ウォンを支援する内容の「性売買被害者の自活支援条例施行規則」を公布した。だがこれに対し性売買女性らは「支援人数が3~4人に限定されている上に身元露出が懸念され実効性がない」と話している。

    https://japanese.joins.com/article/308/250308.html?servcode=400&sectcode=400

    引用元: ・【韓国】仁川で売春街の撤去作業開始 住民「撤去したら町が荒廃してしまう」

    【立ちんぼになるだけだろ 【韓国】仁川で売春街の撤去作業開始 住民「撤去したら町が荒廃してしまう」 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/10/01(月) 09:40:30.84 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20181001-00000036-jnn-int
    TBS系(JNN)

     北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相が、アメリカに住むコリア系住民との親睦会に極秘で参加したことがJNNの取材で分かりました。

     「北朝鮮のリヨンホ外相がやってきました。これからNYに住むコリア系団体との親睦会に参加します。今、店の前で迎えられました。団体の幹部とみられます。非常ににこやかな様子です」(宮本晴代記者)

     北朝鮮の李容浩外相は、ニューヨーク市内の高級中華レストランで、コリア系住民が開いた親睦会に極秘で参加しました。

     店内には南北統一を掲げたポスターが貼られ、李外相は30人あまりの参加者を前に、「北朝鮮は非核化に向けて努力している。アメリカはこれにふさわしい行動を取るべきだ」と語り、制裁の解除を訴えました。

     関係者によると、李外相は勧められたワインを口にし、気軽に握手にも応じたということで、アメリカや日本との会談など主要な外交日程を終え、くつろいだ様子だったことがうかがえます。

     「朝鮮半島の非核化に向けては、米朝関係の正常化が前提、不可欠となります」(北朝鮮国連代表部 リ・キホ参事官)

     また、これに先立って、北朝鮮国連代表部の幹部がニューヨーク市内で開かれた朝鮮半島問題に関するシンポジウムに登壇しました。

     非核化の前に、アメリカからの見返りとして「朝鮮戦争の終戦宣言を求める」との立場を強調しました。北朝鮮の外交官がこうした公の場でしゃべること自体、極めて珍しく、二度目の米朝首脳会談を前にアメリカに揺さぶりをかけた形です。

    引用元: ・【国際】北朝鮮外相、NYでコリア系住民と極秘親睦会[10/01]

    【【国際】北朝鮮外相、NYでコリア系住民と極秘親睦会[10/01] 】の続きを読む

    1: きゅう ★@無断転載は禁止 2017/09/23(土) 04:43:33.44 ID:CAP_USER
    【平壌9月22日発朝鮮中央通信】南朝鮮の「CBS」放送によると、19日、慶尚南道密陽市在住のチョ・ヨンサムという住民が「THAAD」配備を強要した米国とそれに積極的に追従したかいらい当局の事大主義・売国的策動に抗議して焼身自殺した。

    同日、彼はソウル市麻浦区上岩洞にある建物の18階露台に出て人々が眺める中、「THAAD行き、平和来い」と叫んだ後、体に引火物質を浴びせて火をつけた。

    全身3度火傷を負って重態に陥った彼は翌日病院で死亡した。---

    http://www.kcna.kp/kcna.user.article.retrieveNewsViewInfoList.kcmsf

    引用元: ・【南朝鮮】住民が不法な「THAAD」配備に抗議して焼身自殺 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【おや、本当に火をつけたのか】「THAAD」配備に抗議の住民が焼身自殺】の続きを読む

    このページのトップヘ