まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:低下

    1: まぜるな!キケン!! 2019/03/29(金) 12:31:26.64 ID:CAP_USER
    深刻な少子化による廃校の風がソウルまで広がっています。

    このような状況は、統計庁の人口推計にも反映されました。

    海外からの流入者を含めても総人口は2028年にピークに達した後、2029年から減少します。

    2016年の予測より3年も早まりました。

    特に15歳から64歳までの生産年齢人口の減少速度が速くなります。

    [キム・ジン/統計庁人口動向課長:(ベビーブーム世代の高齢化によって)2020年代には年平均33万人、2030年代には年平均52万人ずつ生産年齢人口が急減する見通しです。]

    仕事をすることができる人は減り、扶養を受ける人は増えるという話です。

    消費と投資が自然に減り、内需景気は存続が難しくなります。

    このため、2026年以降には、潜在成長率が0.4%水準まで下がりうるという分析も出てきます。

    暮らし向きが難しくなり、出産もより忌避することになり、経済は悪循環に陥ることができます。

    財政と年金も衝撃が予想されます。

    昨年、国民年金は2057年になると資金が底をつくと予想されましたが、今回の人口推計に基づいて枯渇時期がより早まる可能性があります。

    https://translate.googleusercontent.com/translate_c?act=url&depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.naver.com/main/read.nhn%3Foid%3D437 176id1%3D101%26aid%3D0000206211%26mid%3Dshm%26mode%3DLSD%26nh%3D20190328213808&usg=ALkJrhj_V-i2SsBSREjUNv2bTWXtkJM9CA

    引用元: ・【韓国崩壊】深刻な少子化と高齢化 2026年以降は成長率0.4%まで低下か深

    【一味ちがう気がする【韓国崩壊】深刻な少子化と高齢化 2026年以降は成長率0.4%まで低下か深 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2018/07/28(土) 10:26:19.14 ID:CAP_USER
    韓国軍が、北朝鮮との全面戦になった場合には平壌を2週間以内に占領して短期間で戦争に勝利するという内容の「攻勢的新作戦遂行概念」を廃棄したことが分かった。

    6・25(朝鮮戦争)停戦協定65周年に当たる27日、韓国国防部(省に相当)が文在寅(ムン・ジェイン)大統領の承認を得た「国防改革2.0」では、攻勢的新作戦概念が廃棄されただけでなく、地上軍の兵力削減、兵士の服務期間短縮などの内容が盛り込まれた。

    北朝鮮の非核化に進展がなく、通常戦力もそのままの状況で、韓国の対北朝鮮戦力だけを縮小・弱体化させるものという指摘が出ている。

    攻勢的新作戦遂行概念は、国防部の宋永武(ソン・ヨンム)長官の代表的な軍事戦略に挙げられてきた。宋長官は、これを通して「有事の際、『最短期間の内に最少の犠牲』で戦争を終結させることができ、平時には北朝鮮の挑発を抑制する効果がある」と説明してきた。

    しかし、複数の韓国軍関係者は「今年2月と5月に大統領府(青瓦台)が攻勢的新作戦遂行概念を含む国防改革案を差し戻し、その後、同概念は最終的に廃棄されたらしい」と語った。

    国防部は「現存する北朝鮮の脅威に対応するための『3軸体系』戦力の発展は、正常に推進したい」とコメントした。

    しかし国防改革2.0には、3軸を構成する「キルチェーン」「韓国型ミサイル防衛(KAMD)」「大量反撃報復(KMPR)」についての言及自体がない。

    国防部の説明とは異なり、KMPRとKAMD戦略に関しては、関連兵器・装備事業が既に縮小あるいは先延ばしを受け始めている。

    また韓国軍は国防改革2.0に伴い、常備兵力を現在の61万8000人から、2022年には50万人にまで減らすこととした。削減される11万8000人はすべて陸軍だ。同じ期間中に将官の数も436人から360人まで、76人減らす。この76人の内訳は、陸軍が66人、海軍・空軍がそれぞれ5人だ。

    兵士の服務期間は、陸軍・海兵隊で21カ月から18カ月へ、海軍で23カ月から20カ月へ、空軍で24カ月から22カ月へ、それぞれ短縮される。服務期間は、今年10月1日に除隊する者から2週間につき1日の割合で減らしていき、21年12月に短縮が完成する。

    ただし一線部隊では「兵力削減と服務期間の短縮で、対北朝鮮抑止力が弱まる」という懸念の声が強い。

    文大統領は27日、「きょうは停戦協定65周年で、65年前、韓半島の巨大な苦痛と害を招いた戦争を止めた。歴史的に深い意味があるきょう、国防改革2.0の報告対話を持つことになり、意義深く思っている」と語った。

    専門家らは「終戦宣言に必要な雰囲気を作り出そうとする文大統領は、北朝鮮をあまりにも意識しており、これは国防改革2.0の中心的な内容にも影響を及ぼした」と語った。


    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2018/07/28 09:32
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/07/28/2018072800431.html

    引用元: ・【韓国】 文大統領が「韓国軍12万人削減」発表、対北戦力低下の恐れも [07/28]

    【【韓国】 文大統領が「韓国軍12万人削減」発表、対北戦力低下の恐れも [07/28] 】の続きを読む

    1: ガラケー記者 ★ 2018/05/31(木) 13:34:19.79 ID:CAP_USER
     サムスン電子のスマートフォンのシェア低下は中国、インド、アフリカなど新興市場で始まった。サムスンが奪われたシェアは華為(ファーウェイ)、小米(シャオミ)といった中国企業が持っていった。2000年代半ば、サムスン電子が世界的な携帯電話端末メーカーとして浮上した当時、中国、ロシア、南米など新興市場で頭角を現したのと同様の現象が10年後に起きている。中国のスマートフォン業者は価格競争力を背景として、新興市場からサムスン電子を締め出して台頭中だ。電子業界関係者は「2011年に小米が初めてスマートフォンを発売した当時は、多くの人が中国でしか売れないと考えていた。しかし、中国企業は豊富な資本と技術力で今や欧州など先進国の市場でも韓国企業を脅かしている」と話した。
    ■新興市場でも中国でもトップ陥落
     サムスン電子は最近3年で人口10万人以上の巨大市場である中国、インド、アフリカでいずれもトップの座を譲った。特に中国では2013年時点では市場全体で売れるスマートフォンの5台に1台(シェア19.7%)がサムスン製だったが、現在は1%台にまで急落した。昨年10-12月には0.8%という衝撃的な数字まで低下した。サムスン社内でも「悲惨だ」「妙薬はない」という声が漏れる。
     サムスンは今年3月、「ギャラクシーS9」を発売し、今年1-3月にシェアを何とか1.3%まで回復した。サムスン電子が総力戦を展開しても、iPhoneを露骨にコピーした中国の零細ブランド「小辣椒」と同じシェアだった。年間4億6000万台規模の中国のスマートフォン市場で現在の1-4位は華為、OPPO、VIVO、小米と中国メーカーが占めている。
     人口13億人のインド市場でも昨年10-12月期に初めて中国の小米に1位の座を譲り渡した。小米は今年1-3月もトップを守り、サムスンとのシェアの差を5ポイントに広げた。小米は20万ウォン台(2万円台)の価格でも性能が優れており、コストパフォーマンスの高さでインドの消費者の心をつかんでいる。小米は年内にインドにスマートフォン工場3カ所を増設し、販売店も100カ所を新設するなどして、トップの座を固めたい構えだ。アフリカのスマートフォン市場でもサムスン電子(シェア27%)は昨年、中国の伝音控股(Transsion)が保有するブランド「テクノ」「アイテル」の合計シェア(28%)に及ばなかった。
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    2018/05/29 11:02
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/05/29/2018052901057.html

    引用元: ・【妙薬はない】サムスン電子、価格競争力も危機対応能力も低下[05/29]

    【【妙薬はない】サムスン電子、価格競争力も危機対応能力も低下[05/29] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/04/17(火) 18:58:47.01 ID:CAP_USER
    【世宗聯合ニュース】政府系シンクタンク、韓国開発研究院(KDI)の国際政策大学院のチョン・グォン教授とチェ・チャンヨン教授は17日、「KDI北韓(北朝鮮)経済レビュー」4月号に掲載した北朝鮮脱出住民(脱北者)に関する論文で、韓国入りした脱北者は滞在期間が長くなるほど人生に対する満足度と社会への適応性が低下する傾向にあるとする研究結果を明らかにした。

     この研究は2003年以降に脱北した20歳以上の脱北者1010人を対象にしたアンケート結果を基にしている。設問に対する回答は1点(全く当てはまらない)から5点(非常に当てはまる)まで5点の尺度を基準に測定された。

     アンケートの結果、韓国社会への適応性は滞在期間が5年以下と10年以上のケースを比べた場合、総じて0.1ポイント前後下落するか、または変動がなかった。人生に対する満足度も適応性と同程度の下落をみせた。論文は「滞在期間が長くなっても逆に適応度と満足度が低下するのは深刻な問題。より構造的な、上位の対策が必要だ」と指摘している。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2018/04/17/0800000000AJP20180417002300882.HTML

    引用元: ・【韓国】韓国入りした脱北者 滞在期間が長くなるほど人生に対する満足度と社会への適応性が低下傾向[04/17]

    【【韓国】韓国入りした脱北者 滞在期間が長くなるほど人生に対する満足度と社会への適応性が低下傾向[04/17] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/24(火) 09:14:33.37 ID:CAP_USER
    1988年に証券会社に並んで第一歩を踏み出した2人の新入社員に89年の株式市場は別世界だった。同年3月総合株価指数(現KOSPI)は初めて1000を超えた。

    「公募株申請約がある日には証券会社の支店ごとに長い列ができた。請約さえすれば何倍もの収益が保障された。外国人投資は制限されており、銀行・証券会社の固有口座、いくつもない投信会社を除けばこれと言った機関投資家もなかった。投資家はほとんどが個人だった。

    金融・貿易・建設の「トロイカ」を中心に常にストップ高を記録したが、証券会社もたくさん稼いで連日ストップ高だった。証券会社社員が『結婚相手候補1位』に挙げられた」。韓国投資バリュー資産運用のイ・チェウォン副社長の回想だ。

    IBK投資証券リサーチセンター長のイ・ジョンウ氏の記憶も似ている。

    「証券会社の支店で行う株式説明会を支店の事務所でするのは不可能だった。当時収容人数3000人のソウルオリンピック公園フェンシング競技場で説明会をしたが満杯になった。そこで言及された銘柄はすぐ次の日にストップ高となった。注文を手書きで処理するが追いつかず夜を明かして朝まで働いたことも多かった」。

    23日午前に一時韓国取引所ソウル事務所の大型電光掲示板には以前に見られなかった数字が表示された。「KOSPI2500.33」。80年にKOSPIがスタートしてから初めてついた2500台だ。

    その後KOSPIは2500を下回ったが、前日より0.02%の0.51ポイント上がった2490.05で取引を終えた。取引時間中と終値で最高値記録を並んで達成した。

    1000を突破した89年、1500と2000台を一気に突き抜けた2007年。韓国証券市場が新たな記録を書き換えるたびに汝矣島(ヨイド)は揺れた。だが今回は歓声が大きくない。

    まず韓国証券市場が外国人投資家中心に変わった。韓国取引所によると20日基準でKOSPI時価総額のうち37.5%は外国人が占めた。

    2007年から10年ぶりの最高水準だ。外国人投資家の特定銘柄への偏りは2007年より激しい。KOSPI上昇を牽引した時価総額上位銘柄の外国人比率を見るとサムスン電子が53.4%、SKハイニックスが47.8%、サムスン電子優先株が82.7%などだ。外国人投資家のIT銘柄偏重で現れた現象だ。

    韓国取引所がサムスン電子とSKハイニックスを除いて算出したKOSPI指数は23日基準1828.76にすぎない。7月27日に記録したサムスン電子とSKハイニックスを除いたKOSPI指数1843.31と比べむしろ後退した。両社を除いた残りのKOSPI銘柄の株価が3カ月前と比べむしろ下がったという意味だ。

    半導体株式を持っていない投資家にKOSPI2500「タッチ」の記録は他の国の話だ。

    ハンファ投資証券のクォン・ヒジン研究員は「内需が回復する兆しが見られない中で輸出製造業が景気を牽引しているがそれさえも半導体・化学を除いた残りの部門は好況とは言えず、証券市場も同じこと」と分析した。

    メリッツ総合金融証券リサーチセンター長のイ・ギョンス氏は「KOSPI株価上昇率と体感景気が大きく広がった状態」と診断した。続けてイ氏は「景気が良く株価が上がりそれによって内需が回復する善循環構造が現れないでいる」と指摘した。

    もちろん年内にKOSPIがさらに上昇するだろうという期待は相変わらずだ。大信証券マーケット戦略室チーム長のイ・ギョンミン氏は「今年10-12月期にKOSPIが2600までは十分に上昇可能だとみている。その中心にITがあるという点も変わりないだろう」と話した。

    代わりにイ氏は「株価指数の段階ごとに上昇と停滞を繰り返す『階段式の流れ』を見せる」と予想した。

    だが市場で懸念するのは新記録のその後だ。

    BNK投資証券リサーチセンター長のソ・ドンピル氏は「株式市場での二極化は激しくなっている。市場を主導する業種や銘柄が限定されており、これまで上昇した銘柄に対する警戒感が大きくなり市場の弾力は減少しかねない」と観測した。

    http://japanese.joins.com/article/699/234699.html

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【経済】韓国総合株価指数(KOSPI)が初めて2500を突破したが…歓呼がなかったのはなぜ?[10/24]

    【【1/4以上下がる】KOSPIが2500を初突破、ただしサムスンとハイニックスを除くと3カ月前より低下】の続きを読む

    このページのトップヘ